Pocket

新型ジムニーの値引き相場レポート

こんにちは。ぎぶさんです!

1970年から発売され、今も熱狂的なファンが存在する車、それがジムニーです。「ジムニスト」と呼ばれるほどのファンをもつジムニーに、2018年7月に待望の新型が登場しました。

ここでは、新型ジムニーの値引き相場と限界まで安くするコツを解説していきます。

本業が車関係であり、既にジムニーの販売について精通していますので、インターネット上の情報を見るよりも参考になるはずです。

ぎぶさんぎぶさん

現場の生の最新情報をご紹介します。

新型ジムニーの値引きレポートのまとめ

まず、新型ジムニーの値引きレポートをまとめると以下の通りになります。

  • 値引き相場はオプション込みで9万~12万円。
  • 限界額は60万円。
  • 値引きは辛口。
  • 競合車が少ないので要注意。別資本同士で競わせるのもあり。
  • 限界額を引き出すには下取りアップが必須。
  • 資産価値の高いおすすめグレードは「XC」。

新型ジムニーの値引きに関してですが、結論を言えば「辛い」となります。

あえて辛いという表現を利用しているのは、厳しいというよりも、交渉や購入先で値引き額が大きく変わってくるからです。

ただし、値引きができないことはなく、トライする価値は大いにあります。

それでは、以下よりくわしくみていきましょう!

新型ジムニーの値引き相場の最新情報

新型ジムニーの値引き相場


(出典:http://www.suzuki.co.jp/

基本的に新型ジムニーを始めとする、軽自動車の新車値引きの相場は決まっています。

  • ディーラー:3%(4万円)
  • 特約店:5%(7万円)
  • オプション値引き:5万円
  • 値引き限界:60万円

ディーラーで約3パーセント、特約店が約5パーセントです。新型ジムニーの一番安いタイプの本体価格が145万円(税込)ですから、これをベースに算出した場合、ディーラーで約4万円、特約店で約7万円の値引きを引き出せる可能性があります。

ディーラーと特約店の違いとは?

ここで気になるポイントが、ディーラーと特約店の違いではないでしょうか。意外と知られていませんが、スズキは正規ディーラーより、特約店の方が地域に多く存在します。

正規ディーラーは、メーカーから厳しく値引きを制限されているパターンが多いですが、特約店にはそのような圧力は存在しません。

そのため、メーカーからの圧力のない特約店の方が、値引きも少し高めに設定できる仕組みになっています。

特約店の見極め方

正規ディーラーと特約店の見分け方ですが、特約店は基本的に、個人が経営している販売店や整備工場になります。スズキの看板を掲げていて、横の方に別に社名を掲載しているお店は特約店と考えてください。

お得に新型ジムニーを購入するなら、特約店での見積もりは外せません。

新型ジムニーの値引きが期待できる時期

新型ジムニーの値引き時期

新型ジムニーを限界まで安い金額で購入するには、購入する時期もポイントです。時期によっては、思った以上の条件を引き出せる可能性があります。

ジムニーが良い条件で購入できる時期は3月と9月

新型ジムニーにおいて値引きや条件交渉がスムーズにいきやすい時期は3月や9月です。

この2つの月は決算月ということもあり、ディーラーとしても多くの数字を欲しています。
とにかくお得に新車を購入したい人は、決算月に狙いを絞るといいでしょう。

7月や12月といったボーナス時期も狙い目

決算時期以外で狙うのは、ボーナス商戦が繰り広げられる7月や12月です。

ボーナス時期は、他の月よりも消費者の財布はゆるくなりがちです。そして、販売側はその隙を見逃しません。新車を購入してもらうにには、他の商品に目がいく前に、お得な条件を提示して成約に持ち込もうとします。

本体価格を極端に下げるのは難しいかもしれませんが、この時期はオプション品の大幅な値引きを狙うことが可能です。

新型ジムニーの値引きは競合車をちらつかせる

新型ジムニーの値引きのコツ

新型ジムニーをできるだけいい条件で購入するには、交渉は必須です。そして交渉をスムーズに行うには、それなりの材料が必要になります。

新型ジムニーを購入検討の際、交渉の材料として競合車をちらつかせるのは、好条件を引き出させる重要な戦法の一つです。

新型ジムニー競合交渉のポイントは?

仮に新型ジムニーを購入することを決めていても、競合車と迷っているフリをすると、販売側も「逃してはならない」と思い、それなりの条件を提示してくるものです。

ただ一つ、問題があります。それは、ジムニーに匹敵する競合車が他社にはない、ということです。以前は、三菱パジェロミニなどが競合として存在していましたが、現在は既に販売されていません。

別資本同士で競わせる

あえて競合というならば、同じスズキのハスラーが候補にあがります。同じスズキですが、スズキはディーラーや特約店同士でも、基本的には別資本の会社です。

つまり、別の販売店の方が安いかもしれない、という話をちらつかせることで、好条件を引き出すことも可能です。

そうなると、新型ジムニー同士で互いに競合させることが最も確実です。

新型ジムニー競合交渉の流れ

いきなり値引きの話はNG

新型ジムニー値引き交渉をスムーズに行うためにも、ある程度のシナリオを事前に練っておくことは重要です。

ディーラーや特約店に行った際、いきなり値引きの話をするのはNGです。

あくまでさりげなく、新型ジムニーを購入希望であることを告げて、そこから他店も見てきたなどの、軽い牽制を入れていきましょう。

相手もプロです。値引き交渉であると気づかれても、購入意思があるとみれば、好条件を提示してくる可能性はあります。しかし、本体価格を相場よりも下げることは難しいはずです。

本体価格の値引きに成功したらオプションと下取り交渉

先述した金額近くまで、本体価格の値引きに成功したのならば、それ以上、本体価格に関しては交渉はせずに、オプション品の値引きやサービスの交渉を行います。

なお、オプション割引は、最初にしないようにだけ注意して下さい。

最初にしてしまうと、車の本体価格の値引きに組み込まれてしまう恐れがあります。

下取りで損をしないために事前の準備を!

ジムニー下取り

新型ジムニーを安く購入するためにも、下取り価格はかなり重要になります。

ここでのポイントは、ディーラーや特約店の提示する下取り価格で即決するのではなく、必ず事前に買取専門店でも見積もりをもらっておくことです。

ディーラーや特約店で下準備なく下取りを依頼すると、間違いなく市場価格より安い金額で下取られると考えましょう。

そのようにならないためにも、事前の他社見積もりは必須アイテムです。

他社の複数見積もりはネットで入手しておく

他社の見積もりについては、実際の店舗に足を運ぶ必要はありません。

現在は無料で一括査定できるサービスがあり、最も定番の「

かんたん車査定ガイド」を利用しておくと良いでしょう。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

ディーラー下取りを出す際に、事前見積もりの準備は今や必須です。

とにかく新型ジムニーは人気車種であり、本体値引きもそこまで大きくは望めません。

しかし、交渉しなければ最大限の値引きやサービスを享受できないのも事実です。今回、解説した内容を元に、好条件で新型ジムニー(Jimny)をゲットしてください。

新型ジムニーのリセールバリューをチェック

最後に新型ジムニーのリセールバリューの高い色とグレードをご紹介します。

強く意識することはありませんが、車は資産価値がありますので、リセールバリューをチェックしておくことをおすすめします。

リセールバリューの高いカラーランキング

基本的には、人気色がリセールバリューが高く、ランキングをご紹介します。

  • 1位 ジャングルグリーン
  • 2位 ブルーイッシュブラックパール
  • 3位 シルキーシルバーメタリック
  • 4位 ピュアホワイトパール

ブラック、シルバー、ホワイトは安定した人気をほこり、おすすめのカラーです。

特にブラックはカッコいいと評判が良く、リセールバリュ―が高いと言えるでしょう。

また、定番色ではありませんがジャングルグリーンも人気があります。

もし、購入で迷ったら上記の中から選べば外れがありませんよ。

リセールバリューの高いグレードランキング

  • 1位 XC(5MT) 新型ジムニーの最上級グレード。マニュアル車。
  • 2位 XC(4AT) 新型ジムニーの最上級グレード。オートマ車。
  • 3位 XL(4AT) 新型ジムニーの中位グレード。オートマ車。
  • 4位 XL(5MT) 新型ジムニーの中位グレード。マニュアル車。
  • 5位 XG(5MT) 新型ジムニーの下位グレード。マニュアル車。
  • 6位 XG(4AT) 新型ジムニーの下位グレード。オートマ車。

リセールバリューが高いのは、装備が充実している最上位グレードになります。

ジムニーで半数以上のシェアも誇っていて購入する上で、XCは鉄板と言えるでしょう。

なお、マニュアル車とオートマ車はリセールバリューに大きな違いはありません。

XCグレードの装備をチェック!

最上級グレードのXCは、中位グレードのXLと比べると16万円の価格差があります。

しかし、XCはその価格差以上に、装備が充実していることが特徴です。

最後に、XCグレードの全装備をまとめておきたいと思います。

グレード名 主な装備
XCグレード
安全装備

軽量衝撃吸収ボディー TECT<テクト>
歩行者傷害軽減ボディー
頭部衝撃軽減構造インテリア
運転席・助手席SRSエアバッグ
SRSカーテンエアバッグ
フロントシートSRSサイドエアバッグ
助手席シートベルト警告灯
助手席シートベルトリマインダー
後席シートベルト警告灯(2名分)
後席シートベルトリマインダー(2名分)
デュアルセンサーブレーキサポート
誤発進抑制機能(4AT車)
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
ハイビームアシスト
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能[車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度]
エマージェンシーストップシグナル
ESP(R)
ヒルホールドコントロール
ヒルディセントコントロール
ブレーキLSDトラクションコントロール(4WD-L)
4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]
LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレべリング機構、LEDポジションランプ付]
ヘッドランプウォッシャー
オートライトシステム
ライト自動消灯システム
フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
サイドアンダーミラー
ヒーテッドドアミラー
フロントディスクブレーキ
エンジンクラッチスタートシステム(5MT車)

快適装備

エアコン[エアフィルター付] [フルオート]
フロント2スピーカー
クルーズコントロールシステム
キーレスプッシュスタートシステム[エンジンスイッチ、携帯リモコン、リクエストスイッチ(フロントドア、バックドア)]
電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]
運転席シートヒーター
助手席シートヒーター

インストルメントパネル

本革巻ステアリングホイール
ウレタンステアリングホイール
ステアリングオーディオスイッチ
チルトステアリング
マルチインフォメーションディスプレイ

インテリア

運転席バニティーミラー[チケットホルダー付]
助手席バニティーミラー[チケットホルダー付]
助手席乗降グリップ
ブロンズメタリックエアコンサイドルーバーリング
サテンメッキ調エアコンセンタールーバー
メッキインサイドドアハンドル
メッキパーキングブレーキボタン
メッキシフトノブ加飾(5MT車)
サテンメッキ調シフトノブ加飾(4AT車)
防汚タイプラゲッジフロア(リヤシートバック背面、ラゲッジボックス)
残照式3ポジションルームランプ(リヤ)

安全装備・インテリア・エクステリアにおいて、中位グレードにはない装備を全て完備。

リセールバリューまで考えるのならばXCグレードが鉄板であることは明白です。

スポンサーリンク