新型eKクロスの最新値引き

2019年3月28日に発売され、SUVライクな軽自動車として話題を集めている三菱eKクロス。

デザイン性の高さに加え完成度も高く、購入を検討されている方もいるのではないでしょうか?

その中で実際に購入するにあたり確認しておきたいのが値引き相場です。

新型車の値引きは辛口と言われますが、できればお金をかけずeKクロスを購入したいものです。

そこで本記事では、eKクロスの値引き相場、限界額、商談に必要な競合車を解説します。

ぎぶさんぎぶさん

下取りアップやリセールバリューに至るまで、損をしないための情報をすべてご紹介しています。

三菱新型eKクロスの値引き情報まとめ!

まずは、新型eKクロスの値引き情報について全体をまとめました。

  • 値引き相場はオプション込みで7万~8万円。
  • 限界額は10万円。
  • 値引きはやや辛口。
  • 競合車はハスラー、スぺーシアギア、キャスト
  • 限界額を引き出すには下取りアップが必須。
  • おすすめグレードは「G」。

それでは、以下よりくわしく見ていきましょう。

新型eKクロスの最新値引き相場

三菱新型eKクロスの最新値引き相場
(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

  • 車体本体の値引き:3万~4万円
  • 車体本体+オプション値引き:7万~8万円
  • 値引き限界額:10万円 (乗りだし価格の5%)
  • 値引き難易度:やや辛口

新型車は値引きが辛口と言われ、最終的な値引き相場の半分程度が一つ目安となります。

その意味で大幅値引きはできませんが、eKクロスは一定の値引きは期待できます。

軽SUVは競争が激しく、新型eKクロスは三菱自動車が非常に力を入れているためあるていどの値引きは可能と言えるでしょう。

またeKクロスは装備やオプションが充実し、オプション値引きの割合が大きい車です。オプション値引きも交えて限界額を引き出していきましょう。

軽自動車の車体値引きランキング

1位  ホンダ・Nワン:6~13万円
2位  ダイハツ・タント:6~12万円
3位  ホンダ・Nワゴン:5~11万円
4位  スズキ・ハスラー:5~11万円
5位  ダイハツ・ウェイク:5~10万円
5位  ムーヴキャンバス:5~10万円
7位  ホンダ・ワゴンR:4~8万円
8位  スぺーシアギア:3万~5万
8位  三菱eKクロス:3~4万円
9位  ダイハツ・ミライース:2~4万円
10位  ホンダ・Nボックス:1~3万円

新型eKクロスは人気の新型車ということで、リアルタイムでの本体値引きはやや辛口な水準となっています。

今後は値引きが額が緩和されることが予想されますが、現時点ではオプション値引きや下取りアップを強く意識しておきましょう。

新型eKクロスの値引きが期待できる時期

新型eKクロスの値引き時期
(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

eKクロスは2019年3月28日発売となりますが、一般的に半年~1年以上経過すると値引きは緩和傾向になってきます。
その意味では、値引きが緩和されるまで様子を見てみるというのも一つの手です。

ただ、軽自動車はSUVやミニバンと比べ、大幅な値引き額になることはないので、筆者としては必要以上に待つ必要はないと考えています。

ボーナス時期と決算シーズンは狙い目

どうしても値引きが苦手という方におすすめ時期は、ボーナス時期(7月、12月)、決算シーズン(3月、9月)です。

この時期は商談会やキャンペーンを打ち出すことが多く、ディーラー側も値引きの受け入れ態勢ができています。その意味で、誰でも値引きをもちかけやすいんですよね。

大幅に値引き額が変わることはありませんが、この時期を狙うのもおすすめです。

ぎぶさんぎぶさん

この時期は値引きをもちかけてもまったく違和感がありません。

すぐに購入をする場合は下取りアップが重要

下取りアップ

新型eKクロスは発売したばかりのため、本体価格での大幅値引きは難しい状況にあります。

このような場合、下取りアップさせて新車を安く買うようにしましょう。

ディーラー下取りは安いので注意する

一般にディーラーの下取り価格は低めに見積もられていると言われています。

つまりディーラー下取り価格をアップさせることは値引きと同じ効果があります。

下取りアップさせる方法はカンタンで、事前にインターネットで見積もりを取っておくだけ。

実店舗に足を運ぶと大変ですが、これだと誰でもすぐにできます。

現在はもっともポピュラーで無料でできる「かんたん車査定ガイド」で、複数の見積もりを1分以内に入手することができます。

かんたん車査定の公式サイトは下記より

こちらを元に「他の買取店ではいくらだった」と下取りアップを交渉してみましょう。

下取りアップできれば新型eKクロスを安く買えますし、仮に下取り交渉に応じてもらえない場合は他の販売店に行くという選択もできます。

今すぐeKクロスの購入を検討されている方は、最優先して押さえておきましょう。

新型eKクロスの納期は1~2ヵ月

  • 1ヵ月~2ヵ月

eKクロスは、新型車となりますが平均納期が早いことも特徴です。

すぐに乗りたい方にとってもおすすめの新車と言えますね!

新型ekクロスの価格と乗りだし価格

新型eKクロスですが、見積もり依頼すると200万円オーバーしたという声が非常に多く、軽自動車の中でも決して安い部類ではありません。

そこで、購入する前に「価格」と「乗りだし価格」を確認しておきましょう。

新型eKクロスの価格一覧

グレード名 燃費(WLTCモード) 価格(税込)
T 2WD 19.2 km/L 1,666,500
T 4WD 16.8 km/L 1,798,500
G 2WD 21.0 km/L 1,584,000
G 4WD 18.8 km/L 1,716,000
M 2WD 21.2 km/L 1,441,000
M 4WD 18.8 km/L 1,573,000

もっとも安い価格のグレードが「M 2WD」で1,414,000

最上位グレードの「T 4WD」は1,798,500となっています。

安く買いたいという場合も、一般に上位グレードほど値引き額は拡大傾向にあるため、全体のバランスを考慮されることをおすすめします。

乗りだし価格は200万~260万

乗りだし価格の平均値は、オプションをつけた場合に200万~260万円となっています。

以下では実際の口コミをいくつかご紹介します。

もっとも高いグレード「T」で見積もりを取った場合、260万円台になったという声もあり、実際の価格差には注意しておきましょう。

新型eKクロスの値引き交渉の流れ

新型eKクロスの値引き交渉の流れ

新型eKクロスは発売直後のため値引きは辛口ですが、できる限り限界額を引き出す方法をご紹介していきます。

あらためて値引き相場を整理すると以下の通り。

  • 車体本体の値引き:3万~4万
  • 車体本体+オプション値引き:7万~8万
  • 値引き限界額:乗りだし価格の5%

軽自動車の新車の値引き相場は価格の5%前後とされており、それ以上の値引きは難しいことは知っておきましょう。

例えば、eKクロスの乗りだし価格が200万円の場合は、上限は10万円となります。

原則的に競合車と競合させる

eKクロスの値引きの原則は、競合車と競合させることになります。

SUV型の軽自動車の競争は激しいため、スぺーシアギア、ハスラーやキャストと競合させることで値引きが期待できます。

具体的には気になるライバル車の値引き状況を販売店で確認し、その値引き額を引き合いに出して値引きを引き出しましょう。

ekクロスは人気車ですが値引きしてくれれば車を購入するという意思がディーラーに伝われば、値引きできる可能性はグッと高まりますよ。

ぎぶさんぎぶさん

競合車については後ほど解説しますが、自分が本当に気になる車を一つピックアップしておくのがよいでしょう。

新型eKクロスはエクステリアに注目

ekクロスの見た目
(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

非常に完成度が高いと評判のeKクロスですが、人気の理由は何といっても見た目のカッコ良さにあります。

ワイルドなフロントマスクは同社のデリカD5譲りで、「デリカという名前でも良かったのでは?」と思わせるほどクラスを超えた迫力のある見た目が特徴。

それだけではなく見た目はとても洗練され、ボディーカラーも11色と充実しています。

軽自動車とは思えないSUV風の迫力に、洗練されたデザインを持つeKクロスは男女ともにおすすめできる車と言えるでしょう。

新型eKクロスで値引きしたいオプション

新型eKクロスは前述している通り、装備やオプションが充実しています。

特にオプション値引きは、eKクロスの値引きで重要なポイントになりますので、必須レベルのオプションはチェックしておきましょう。

eKクロスで必須レベルのオプション

  • オリジナル7型ナビゲーション&ドライブレコーダーパッケージ(¥153,144)
  • ラゲッジマット(¥5,832)
  • フロアマット(スタンダード版)(18,750円)
  • 親水鏡面ドアミラー(15,098円)
  • ETC(24,796円)
  • リアビューカメラ(18,900円)

注目のエクステリア・インテリアオプション

  • エクステリアメッキパッケージ(26,373円)
  • エクステリアガーニッシュパッケージ(38,016円)

ラゲッジマットやフロアマットについては、大定番のオプションとなりますので、値引きはできないか?あるいは無料でつけてもらえないか交渉してみましょう。

ディーラーオプションについては、ディーラーの裁量が設けられているので、本体価格よりも値引きが期待できる場合があります。

自分が気になるオプションを予めピックアップしておいて、やりすぎない程度に値引き交渉をすることも大切です。

新型ekクロスの競合車を解説!

新型ekクロスの競合車

新型eKクロスの競合車となるのは、同じSUV型の軽自動車である「ハスラー」「キャスト」「スぺーシアギア」となります。

値引きを引き出すためにも、競合車の情報は一通りチェックしておきましょう。

スズキ・スぺーシアギア

eKクロスの強力なライバル車となりうるのがスズキ・スぺーシアギアです。

2018年12月に発売された新型車であり、SUVライクな見た目のカッコ良さはeKクロスに並ぶと言っても過言ではありません。

元々、N-BOXの次に売れているスぺーシアから更に進化して登場しており、現時点でeKクロスの最大のライバルであると言うことができます。

しかも、スぺ-シアギアの方が、eKクロスの上位グレードよりも価格は良心的です。

スぺーシアギアの値引きも辛口な傾向にあるため、値引き額で競合させるというよりも、「スぺーシアギアと迷っているが、eKクロスを値引きしてくれれば即決します」というように交渉するのが良いでしょう。

新型スペーシアギアの値引き情報

スズキ・ハスラー

同じくeKクロスのライバルとなるのがSUV型軽自動車として大人気のスズキ・ハスラーです。

ハスラーは軽の中では値引きが期待できる部類に入りますので、販売店で値引き額を確認しておき、「ハスラーの値引きは~円だが、それ以上に値引きしてくれればeKクロスを買います」といった交渉が有効になるでしょう。

新型ハスラーの値引き情報

ダイハツ・キャスト

最後に、競合車としておすすめしたいのがダイハツ・キャスト。

ダイハツ・キャストは競合車の中でもオプション含む値引き相場が14万円と、値引きが引き出しやすい車種となっています。

こちらも同様に販売店で値引きを確認し、その額を引き合いに出しながらeKクロスの値引きを引き出していくことが有効になります。

三菱eKクロスの値引き情報のまとめ

あらためて新型eKクロスの値引き情報をまとめると以下の通りです。

  • eKクロスの値引きは辛口だが充分可能
  • 値引き限界額は乗りだし価格の5%。
  • オプション値引きが狙い目。
  • 値引きは辛口な分、下取りアップなどの工夫も必要。
  • 競合車はスぺーシアギア・ハスラー・ウェイク。
  • 競合車が多いので、値引きはしやすい。

eKクロスは新型車という点では値引き額は低いですが、工夫しだいで安く入手できます。

また、発売されてからある程度の日数が経過すれば値引き額は拡大されるため、さらに値引きしやすくなるでしょう。

今すぐ欲しい方は、下取りアップも含めた今回の手順を何度も確認しておきましょう。

eKクロスのリセールバリューをチェック

ぎぶさんぎぶさん

こちらは必須情報ではありませんので、値引きの準備を済ませてから確認してください。

値引きの準備を終えたら、最後にeKクロスのリセールバリューをチェックしきましょう。

リセールバリューとは売り値のことで、価値の高い色やグレードを購入しておくとそれだけでお得感が高まります。

以下ではリセールバリューの高い色とグレードをご紹介ししていきます。

リセールバリューの高い色

原則的にリセールバリューの高い色は人気と比例します。

アンケート調査会社に依頼して発表されたeKクロスの人気色ランキングは以下の通りです。

  • 1位:ブラックマイカ
  • 1位:ホワイトパール
  • 3位:レッドメタリック/ブラックマイカ
  • 4位:オリーブグリーンメタリック/チタニウムグレーメタリック
  • 5位:ライトニングブルーマイカ/スターリングシルバーメタリック
  • 6位:サンドイエローメタリック/ホワイトソリッド
  • 6位:ナチュラルアイボリーメタリック /サンシャインオレンジメタリック)
  • 8位:レッドメタリック

リセールバリューで考えるならば、白・黒・赤が手堅いと言えるでしょう。

新型eKクロスのホワイトとブラックは、色が単調にならない作りになっていて非常にカッコよく、純粋におすすめできるカラーでもあります。

リセールバリューの高いグレード

  • 1位:G (2WD)
  • 2位:T (4WD)
  • 3位:G ( 4WD)
  • 4位:T  (4WD)
  • 3位:M (2WD・4WD)

一般的に上位グレードほどリセールバリューが高くなりますが、中間グレードとなる「G」は、燃費こそ最上位のTより落ちるものの標準装備は大きく変わりません。

その上でGはTよりも81000円安く、コストパフォーマンスが若干高いと考えられます。

また、2WDと4WDでは2WDがおすすめです。

4WDは2WDに対し車体価格がアップする上、車重の増加で燃費も低下します。また、4WDが必需品という地方以外では下取り価格に反映されない場合があります。

ぎぶさんぎぶさん

このように、値引きとともにリセールバリューも意識して、お得に買い物していきましょう。

スポンサーリンク