Pocket

新型eKクロスの評価と口コミ

こんにちは。ぎぶさんです。

三菱新型eKクロスは、2019年3月28日に発売されたSUVテイストの軽トールワゴン。

ekワゴンのスポーティー版として販売されていたekカスタムに代わり、SUVテイストを取り入れたモデルとして新発売されました。

本記事では、そんな新型eKクロスの評価を口コミを通じてまとめました。

ぎぶさんぎぶさん

メリットとデメリットの両面をお伝えしていきます!

三菱eKクロスの全体の評価

評価
エクステリア 92点
内装 97点
収納 99点
走り 95点
価格 85点
燃費 90点
総合 95点

まず、eKクロスの全体評価ですが、非常に良いといっても過言ではありません。

一方で価格は少し高いという口コミも目立ちました。

それでは、以下よりくわしく見ていきましょう。

新型eKクロスのエクステリアの評価と口コミ

eKクロスのエクステリア


(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

新型eKクロスのエクステリアは、過去最大クラスの話題を呼びました。

賛否両論はありますが、高く評価する口コミも多く、インパクトのあるデザインが最大の特徴といえるでしょう。

最新口コミ

「eKクロスのデザイン、すごいカッコいいと思います。これを実際に見たらみんな感動すると思う。」

最新口コミ

「なんかすごい圧を感じるデザインだな。世間ではこれがイケてるんだろうか…」

確かに見慣れていないことで違和感を覚えるかもしれません。

ただ、このダイナミックなフロントマスクは、デリカD:5にも採用される「ダイナミックシールド」と呼ばれるデザインです。

既に実績のあるデザインを取り入れていることが高評価へとつながっています。

eKクロスのエクステリアの詳細

eKクロスのサイドビューは、ベースとなったekカスタムよりもホイールベースが65mm延長されていて、彫刻的なラインで力強さが強調されました。

また、ホイールアーチとサイドシルガーニッシュにブラックが採用され、リアは、テールゲートガーニッシュとリアバンパーにシルバーのアクセントが施され、全体的にSUVテイストを強調しているのがわかります。

エクステリアの評判

それでは、実際の評判をみていきましょう。

最新口コミ

「デリカD:5を思わせる迫力あるフェイスが好印象です。
こういうちょっとケバいぐらいのデザインの方がインパクトがあって売れると思います。」

最新口コミ

「フロントのデザインに目が引かれるけど、サイドもリアも全体的にSUVらしさが強調されていて、軽自動車とは思えないほどのダイナミックさが感じられます。」

最新口コミ

「なんかカミソリみたいなデザインですね。もっとシンプルな方が良かったな…」

最新口コミ

「ちょっとデリカのおもちゃのような印象です。ちょっとダサいかな。」

デリカD:5のフルモデルチェンジの時も見慣れないからか賛否両論ありましたが、eKクロスのデザインに関しても抵抗を感じている人はいます。

悪評は多くありませんが、フロントデザインが好みの分かれるポイントのようです。

しかし、全体的にダイナミックさを強調したSUVテイストに好感を覚えるという人は多く、悪い口コミは多くありません。

デリカD:5の評価が徐々に高まったように、eKクロスもデザインが浸透していくうちに評価高まるでしょう。

新型eKクロスの内装の評価

eKクロスの内装


(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

広々とした室内空間

eKクロスは、室内空間が広く確保されているのもメリット。コックピットは十分な広さがあり、視野も広くて運転しやすくなっています。

後部座席も足元空間とヘッドクリアランスがしっかり確保されていて、大柄な男性が乗っても窮屈さを感じさせません。

実際の口コミでは、大人4人で乗っても快適といわれ、広々とした室内空間に高評価があつまっていました。

また、サイドステップが低く設計されているため、小さなお子さんからお年寄りまで乗り降りしやすいと評判です。

爽やかで上品なインテリアとシート

ekクロスの室内

インテリアは、ブラックを基調にブルーを採用。シートにはエンボス加工のデザインが施され、生地は凹凸を感じられるデザイン。これらデザインは口コミでも高い評価をあつめています。

基本的にekワゴンと同じデザインですが、eKクロスはメーカーオプションにプレミアムインテリアパッケージが設定。(M以外)。こちらは、ストライプのファブリックと淡いブラウンの合成皮革によるコンビネーションです。

座席シートについても厚みがしっかりし、座り心地も申し分ないという評判が目立ちました。

内装に対する評判

最新口コミ

「ダイナミックなエクステリアに対して、上質な雰囲気が感じられるインテリア。広さもあって座り心地も良いし大満足。」

最新口コミ

「ブルーの配色がカッコいい。室内が広いから落ち着きが感じられて運転しやすそう。」

このように、賛否両論あるエクステリアに対して、eKクロスの内装に寄せられる口コミはほとんどが好意的なものです。

上質感があり、座り心地に優れたシートも好評で、室内空間についてはほとんどの人が高く評価しています。

新型eKクロスの収納力をチェック

eKクロスには収納スペースがたっぷり用意されており、軽自動車とは思えないほどの収納力と高く評価する口コミが多いです。

荷室は後席をスライドさせて拡大させることができ、フラットにすることも可能。

eKクロスの荷室


(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

助手席のドアに車検証や小物を入れるのに便利な収納が用意(合計13三か所)されているのも大きなメリットです。

eKクロスの小物入れ

ちょい置きできる収納が充実しているのもこうポイントですね。

最新口コミ

「これだけ物入れがあると不便を感じない。大きさもちょうどいいし、助手席側まで使い勝手がよく考えられている」

また、前席を倒すとほぼ完全なフラットとなり、広大な荷室空間が登場します。車中泊にも無理のない広さです。

加えて、荷室の底板を外すことでさらに高い収納力を発揮します。

軽自動車としての収納性は満点に近い出来といえるでしょう。

新型eKクロスの燃費性能に対する評判

eKクロスの燃費


(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

マイルドハイブリッドシステムを搭載した気になるeKクロスの燃費性能を、まずカタログ値からチェックしてみましょう。

カタログ燃費の評価

グレードは「M」「G」「T」の3種類で、それぞれに2WDと4WDモデルがあります。

JC08モードでの燃費は、2WDモデルが「M」29.8km/L、「G」29.4 km/L、「T」25.2km/L、4WDモデルが「M」「G」25.4km/L、「T」22.8km/L。

カタログ燃費で30.0km/Lを超えないことに対し、不満を持つ声もいくつか見られました。
その一方で、実燃費を評価する声も出ています。

実燃費に近いとされるWLTCモードについても記しておきましょう。

WLTCモードは、2WDモデルが「M」21.2km/L、「G」21.0km/L、「T」19.2km/L、4WDモデルが「M」「G」18.8km/L、「T」16.8km/Lとなっています。

標準装備が充実した上での燃費になりますので、総合的にみると燃費については一定の評価ができると思います。

燃費に対する口コミ

最新口コミ

「eKクロスを試乗してきました。30分程度走ったところ燃費は20.6km/Lでした。なかなかいいのではないでしょうか。」

最新口コミ

「60km/hでエンジンは1200回転。瞬間最高では40km/Lを記録した。素晴らしい低燃費。」

走行時の環境や道路事情などで燃費は大きく変わりますが、実際にeKクロスに試乗した人からは高く評価されていることがわかります。

eKクロスの走りの評価

eKクロスの走り


(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

eKクロスには新型のマイルドハイブリッドシステムが搭載されており、低燃費でトルクフルな走りが楽しめるのが特徴です。

また、グレード「T」は、ターボエンジン搭載のモデルです。パワフルな走りに定評があり、大人4人であっても坂道をすいすい走れると評判です。

最新口コミ

「ターボ仕様に乗ったが、上り坂でもグイグイ走って気持ちいい。走行性能に不満なし。」

最新口コミ

「足回りがしなやかで適度にコシも感じられて好印象。
4WDモデルに試乗しましたが、コーナーリングが安定しており、ロールも少なくて気持ちよく走れる車という印象です。」

最新口コミ

「ターボ搭載車は加速時にエンジンの音が少々気になる。
しかし、ある程度加速してしまえばとても静かで、ロードノイズもかなり抑えられている。
最低地上高が高めに設定されている影響もあるだろう。
総じてとても静粛性に優れた車だと思う。

実際にeKクロスに乗った人にはその走行性能は総じて好評です。

マイルドハイブリッドで静粛性に優れていること、ターボは上り坂でも力強く走ること、コーナーリングでも車体が安定していることなどが理由に挙げられています。

オーナーの口コミで特に不満を挙げる人は見当たりませんでした。

新型eKクロスの価格の評価

eKクロスの価格は、「M」が2WDモデル1,414,800円、4WDモデル1,544,400円。
「G」が2WDモデル1,555,200円、4WDモデル1,684,800円。「T」が2WDで1,636,200円、4WDで1,765,800円です。

SUVらしさを楽しみたいならターボエンジン搭載モデルの「T」ということになりますが、その分価格は高くなっています。

乗りだし価格には注意

いくつかディーラーオプションを付けるとなると、総額で200万円を超えるでしょう。オプション次第では220~240万円になってしまいます。

軽自動車に安さを求める方にとってはデメリットと言えるかもしれません。

しかし、eKクロスのは他と比べ標準装備が充実していることは考慮しなければなりません。サイドエアバッグ・カーテンエアバッグなど安全装備は群を抜いて割高感はありません。

価格に対する口コミ

最新口コミ

「ターボ車は安いとは言えないけど、スズキのスペーシアギアと比べたらこんなもんかなと思う。」

最新口コミ

「エントリーモデルでオプションも付けないなら安いけど、せっかくなら上位グレードがいいし、オプションも付けたいし…。
う~む…、悩む値段だな。」

性能を考えると妥当という意見もありますが、乗り出し価格が高くなってしまうことに不満に感じる人もいるようです。

最近は軽自動車でも値引きが渋いですから、予算に200万円は見ておいた方がよいでしょう。

最大のライバル・スズキハスラーとの比較

eKクロスとハスラーの比較


(出典:http://www.suzuki.co.jp/

eKクロスのライバルには、スズキのスペーシアギア、ダイハツのムーヴ、ホンダのN-WGNが挙げられますが、SUVテイストで同じコンセプトのハスラーが代表的です。

価格は、eKクロスが1,414,800~1,765,800円、ハスラーが1,100,520~1,748,520円です。
ハスラーの方がより廉価な価格が用意されています。

燃費はJC08モードでは、eKクロスが22.8~29.8km/L、同じくマイルドハイブリッドシステムを搭載したハスラーが27.8~32.0km/L。

ハスラーの方が選びやすく思えますが、eKクロスの方が居住性、収納性、走行性能、安全装備は上回っています。

アウトドアも楽しみたい場合はeKクロス一択と言えるでしょう。

【結論】eKクロスはSUVテイストの軽自動車好きには買い

あらためて、eKクロスの全体評価を確認してみましょう。

  • エクステリア 92点(好みが分かれる)
  • 内装 97点
  • 収納 99点
  • 燃費 90点
  • 走り 95点
  • 価格 85点
  • 総合 94点

ここまで欠点の少ない軽はめずらしく、極めて総合力の高い車であることが分かります。

価格はネックになりますので、積極的に値引きしていくことも大切になるでしょう。

エクステリアのデザインが個性的なので好みは分かれますが、そこを魅力に感じる人ならeKクロスは非常におすすめできる車です。

このタイプの軽自動車をお求めの方にとって「買い」というのが結論です。

ekクロスの最新値引き情報はこちら

評価の高いeKクロスですが値引きできる場合があるのをご存じですか?

軽自動車はの値引きは辛口ですが、競合が激しいため値引きは期待できます。

値引きのコツはカンタンで、相場と競合車を押さえるだけ。

購入を検討している方は、お得に買う方法も確認しておきましょう。
三菱新型eKクロスの値引き情報

 

スポンサーリンク