アルファード 自動車

フルモデルチェンジした新型アルファードの魅力を解説!価格・内装からグレードの選び方まで

フルモデルチェンジした新型アルファード

2023年6月21日、8年ぶりにフルモデルチェンジされたトヨタ新型アルファードがデビューしました。

4代目新型アルファードは、フルモデルチェンジでどのように進化したのでしょうか?

この記事では、新型アルファードの魅力と進化を紹介し、悩んでしまう価格・グレードの選び方まで徹底解説します。

新しい車を購入する前に、愛車の査定相場を知っておきましょう。

ディーラー下取りや買取で損をしないためには、車一括査定の結果と比べることが大切です。

人気のナビクルは、無料で車一括査定ができて45秒で査定相場が分かります。

無料査定は下記の公式HPで可能です。

現在の愛車の最高額をチェック!

 

フルモデルチェンジした新型アルファードの価格とグレード

新型アルファードの価格とグレード一覧

新型アルファード40系の価格を一覧にして、それぞれのグレードの特徴を簡潔にまとめました。

40系アルファードの価格

グレードエンジン駆動税込価格
Executive Lounge2.5LHEVE-Four8,720,000円
2WD(FF)8,500,000円
Z2.5LHEVE-Four6,420,000円
2WD(FF)6,200,000円
2.5Lガソリン4WD5,598,000円
2WD(FF)5,400,000円

価格帯は540万円~872万円となり、先代モデルから最低価格は180万3000円アップされました。

新型アルファードのグレードは、非常にシンプルな構成になっていて、「Executive Lounge」と「Z」の2種類のみです。

エンジン・駆動方式の違いによって6つの選択肢があります。

全グレードに2WDとE-Fourがあり、「Z」グレードのみガソリン車が選択できます。

上記のグレード以外に、福祉車両のウェルキャブシリーズも発売され、グレードは「G」となっています。

以下、2つのグレードの特徴について見てみましょう。

Z

アルファードのフルモデルチェンジ

新型アルファードのラインナップを見ると、エントリーグレードに位置する「Z」ですが、新型アルファードに相応しい豪華仕様になっています。

基本的な装備はExecutive Loungeとほとんど変わらず、大きな違いといえばセカンドシートのパワーロングスライド機能がないなど一部だけです。

購入を検討する場合は、基本的に「Z」グレードでもまったく問題ないでしょう。

Zグレードの特徴は、パワートレーンが2種類から選べることで、「2.5L直列4気筒ガソリンエンジン」と「2.5Lハイブリッド」があります。

今のところ、Zグレードの2.5Lガソリンエンジンで2WDを選ぶのが、新型アルファードで一番低価格になるチョイスです。

Executive Lounge

アルファードのフルモデルチェンジ

「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」は、言うまでもなく新型アルファードの最上位グレードで、完全に2列目シートのパッセンジャーが主役になるグレードです。

Executive Loungeには、シートにプレミアムナッパ本革、インテリアオーナメントにUZURAMOKUという専用の木目調素材を採用していて、ワンランク上の豪華なインテリアとなっています。

このグレードは、Zグレードの18インチタイヤよりゴム厚のある17インチタイヤをあえてチョイスすることで、さらに快適な乗り心地を実現しています。

Executive Loungeのパワートレーンは、ハイブリッド(HEV)のみの設定です。

2023年6月にアルファードがフルモデルチェンジ!

アルファードのフルモデルチェンジ

アルファードは、トヨタが販売する最上位の高級ミニバンであるとともに、日本を代表するミニバンといえる存在です。

アルファードの魅力は、ファミリーユースからビジネスカーまで幅広く使える奥深さと、その圧倒的な存在感でしょう。

ついにデビューした新型アルファードは、どのような進化を遂げたのかを確認し、気になる販売状況もチェックします。

新型アルファードのコンセプトと進化した点

アルファードのフルモデルチェンジ

歴代アルファードは、「快適な移動の幸せ」がコンセプトの一つですが、新型アルファードはそれを極めることをコンセプトに開発されました
「今までも快適だった」と思われるかもしれませんが、新型アルファードは目に見えないところで大きな進化をしています。

実は先代モデルまで「分かる人には分かる弱点」を抱えていましたが、新型アルファードはその弱点を克服しました。
これはアルファードに限らずミニバン共通の問題で、それは「スライドドアであるためボディ剛性が低く、2列目シートが不快な振動をする」というものです。

アルファードのフルモデルチェンジ

アルファードのフルモデルチェンジ

新型アルファードではTNGAプラットフォームを最適化し、ロッカーストレート構造に床下Vブレースを追加したほか、構造用接着剤を最適塗布することでボディの変形を効率よく抑制し、優れた操縦安定性と不快なシート振動の低減を実現しました。

つまり新型アルファードの快適性は、さらに高みへ昇ったといえるのです。

気になる最新の販売状況

新型アルファードは、最初から2023年8月分までの初回生産枠が、全国トヨタディーラーへの割り当て数は決まっていました。
そのため発売直後から、ほぼ全てのディーラーで初回ロットは完売状態となっています。

初回生産枠以降の生産分については、割り当てが未定となっているので注意が必要です。

なお新型アルファードは、毎年改良を加えていくイヤーモデル制になるので、長く待ったとしても最新版のアルファードを手に入れることができます。

新型アルファードの魅力とは?デザインと内装

アルファードのフルモデルチェンジ

新型アルファードは、トヨタのフラッグシップミニバンとして、全てがレベルアップされて登場しました。

トヨタが「徹底した心づかいによって磨き抜かれた」という新型アルファードの魅力について、進化した部分を中心に詳しく見ていきましょう。

存在感あるエクステリアデザイン

アルファードのフルモデルチェンジ

新型アルファードの大きな魅力は、「静謐(せいひつ)と躍動」という2つのエッセンスを研ぎ澄ませた、存在感のある上質なエクステリアデザインです。

3代目アルファードで賛否両論のあったフロントフェイスは、4代目になって力強さだけでなく、洗練さが増しました。

巨大になったフロントグリルと一体化した3眼LEDヘッドランプに、LEDのクリアランスランプとコーナリングランプが縦に並び、迫力ある眼差しです。

アルファードのフルモデルチェンジ

サイドからリアに至るデザインは、調和と感性をもたらすボディの流線により、これまで以上に洗練された印象を受けます。

箱型というミニバンデザインの成約の中で、闘牛が躍動しているような塊感のあるデザインは、一目で新型アルファードだと分かるデザインです。

快適さ極まる内装

アルファードのフルモデルチェンジ

並みいる高級セダンを押しのけ、今やエグゼクティブカーとしての顔も持つアルファードですが、新型となってラグジュアリーな室内空間がさらに上質になりました。

考え抜かれたおもてなし装備で、すべての人が心地よく過ごせる快適性を極め、「快適な移動の幸せ」を体感できます。

VIPだけではなく、ファミリーカーとして大切な家族も安らぎの時間を過ごせます。

アルファードのフルモデルチェンジ

最上級のExecutive Loungeでは、セカンドシートの表皮に上質な肌触りの本革を採用し、パワーロングスライドやパワーオットマンで、そこは至福の空間です。

また「前後左右独立温度コントロールフルオートエアコン」を備え、後席用のコンソール吹き出し口を設定することにより、自由度の高い空調を実現しています。

先代モデルでは各所に点在していた照明や各種スイッチ類は、利便性を高めるため、天井中央に集約されました。

このように新型アルファードは、後席の快適性を極限まで考え尽くした室内空間を実現しています。

ドライバーも快適なコックピット

アルファードのフルモデルチェンジ

新型アルファードは、後席の快適性だけではなく、ドライバーの快適さも追求した運転しやすいコックピットも特徴です。

クルーザーをイメージしたコックピットは、レイアウトやデザインを変更できるマルチインフォメーションディスプレイ、運転席前面のガラスに必要な情報を表示するカラーヘッドアップディスプレイなど、ドライバーの快適装備も充実しました。

また、ステアリングホイールのスイッチから多くの操作が可能なので、運転に集中することができるでしょう。

ドライバーが快適に運転へ集中できることが、結果的にすべての人が優雅な移動時間を楽しむことに繋がります。

乗降性のよさ&大容量の荷室

ミニバンの特徴であり大事なポイントでもある後席の乗降性も、新型アルファードには様々な工夫がされています。

乗降時に体を支えるための「センターピラーロングアシストグリップ」は、グリップ部の長さを620mm確保し、小さいお子様から大人まで誰もが握りやすくなっています。

アルファードのフルモデルチェンジ

全車にメーカーオプションで設定できる「ユニバーサルステップ」は、開口幅のドア作動に連動して地上約220mmの位置にステップが出現するおすすめの機能です。

またミニバンにとって大事な広いラゲッジスペースですが、先代モデルから引き続き3列目シートを格納すれば大容量の荷室に変更できる機能が継承されています。

スイッチだけで開閉できる「パワーバックドア」は、任意の位置でドアを停止できるので、狭い場所でも荷物の出し入れができるでしょう。

最新の安全・先進装備

アルファードのフルモデルチェンジ

進化し続けるトヨタの先進の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が、新型アルファードには全車標準装備されています。

ぶつからないをサポートする「プリクラッシュセーフティ」や、高速道路のクルージングをサポートする「レーントレーシングアシスト」、ついていくをサポートする「レーダークルーズコントロール」など、多くの機能が安全をサポートします。

また新型アルファードは、高度運転支援技術「トヨタチームメイト」を搭載し、駐車時、渋滞時の運転をサポートします。

ハイブリッド車には、停電などの非常時に電気製品が使える「アクセサリーコンセント」が標準装備され、消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使用することができます。

新型アルファードのグレードの選び方は?

アルファードのフルモデルチェンジ

新型アルファードのグレード構成は、今のところ非常にシンプルで、選択肢は全部で6種類です。

グレード選びは何を基準に考えたら良いのか、そのポイントを考えてみましょう。

Executive Loungeが必要なのか考える

新型アルファードのグレード選びで最初に考えるべきなのが「Executive Lounge」か「Z」のどちらかという選択です。

まず、200万円以上の価格差を考えると、「Zグレード」が妥当な選択肢となります。

ただExecutive Loungeは、Zグレードではオプション扱いとなっている装備の多くが標準装備となっているため、装備や機能をできるだけ増やしたいのであれば、最初からExecutive Loungeを選択するのもアリです。

2種類のパワートレーンと駆動方式を選ぶ

アルファードのフルモデルチェンジ

新型アルファードのパワートレーンは、「Executive Lounge」はハイブリッドモデルのみとなっていますが、「Zグレード」であればガソリンエンジンとハイブリッドの2種類から選択できます。

もしZグレードにするとして、ガソリンエンジンとハイブリッドのどちらを選ぶべきなのでしょうか?

参考データとして、Zグレードのパワートレーン別のカタログ燃費(WLTCモード)を確認します。

パワートレーン駆動方式燃費(km/L)
2.5LハイブリッドE-Four16.7
2WD(FF)17.7
2.5LガソリンNA4WD10.3
2WD(FF)10.6

ガソリンモデルとハイブリッドモデルの価格差は、80万円以上とかなり大きいですが「燃費で元を取ろう」という考え方はすべきではありません。

そこで考えるべきはリセールバリューのことで、先代モデルでは「2.5S Cパッケージ2WD」が鉄板グレードといわれていました。

では新型アルファードでどのグレードがこれに相当するか考えると、おそらくZグレードの2.5Lハイブリッド2WDになるでしょう。

グレード選びでは手放すときのことも踏まえ、トータル的なコストパフォーマンスを見ることが大切です。

Zより下のグレードを投入するという噂

2023年6月21に販売が開始された新型アルファードは、Executive LoungeとZという2つのグレードだけでデビューしました。

これは当然予想された多くのバックオーダーを考慮して、生産するグレードを絞ったためと言われており、生産が落ち着いたときにはZグレードより下のグレードが販売されると予想されています。

具体的には、ぐっとお手頃価格になった「Gグレード」が2025年夏に登場予定となっています。

また追ってPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが投入されるようなので、場合によってはすぐに飛びつかず、少し様子を見るべきなのかもしれません。

新型アルファードと新型ヴェルファイアの比較

新型アルファードと新型ヴェルファイアの比較

新型アルファードの発売と同時に、新型ヴェルファイアも投入されたのですが、この姉妹車はどのような違いがあるのでしょうか?

初代ヴェルファイアは、2代目アルファードのネッツ店向けモデルとしてデビューし、ほぼエクステリアデザインの違いだけといえる存在でした。

一時期は消滅するといわれたヴェルファイアですが、新型になりアルファードと明らかに違うキャラクター付けがなされています。

新型アルファードと新型ヴェルファイアの比較

その違いを簡単にいえば、「乗り心地重視のアルファード」に対して、「走り重視のヴェルファイア」です。

ヴェルファイアのグレードは、「Executive Lounge」と「Z Premier」ですが、Z Premierには2.4L直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載するモデルがあります。

またヴェルファイアは、全グレードが19インチタイヤ装着車で、足回りもアルファードより固めにチューニングされています。

グレードエンジン駆動方式税込価格
Executive Lounge2.5LハイブリッドE-Four8,920,000円
2WD(FF)8,700,000円
Z Premier2.5LハイブリッドE-Four7,120,000円
2WD(FF)6,900,000円
2.4Lガソリンターボ4WD6,748,000円
2WD(FF)5,550,000円

デザイン以外にも、細かな違いがあるので押えておきましょう。

フルモデルチェンジした新型アルファードの魅力まとめ

トヨタ新型アルファードのフルモデルチェンジのポイントをまとめると、「正当な進化と隙のない完成度」と言うことができそうです。

先代モデルからかなり値段も上がってしまったのですが、そのクオリティも価格に負けないくらい向上しています。

事前の予想通りすでに注文が殺到していて、欲しくてもなかなか手に入らない状態です。

しかしグレードの追加やイヤーモデル制の導入などもあり得るので、これからも新型アルファードから目が離せません。


関連記事はこちら

-アルファード, 自動車

© 2024 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5