Pocket

フリードモデューロXの本体価格と値引き相場は?

フリードモデューロXの値引き
(出典:http://www.honda.co.jp/

フリードモデューロXは、ベース車両のフリードにより磨きをかけて完成させた車です。

さまざまのオプションが付いて、本体価格は283万円から315万円。
通常のフリードと比較すると50万円ほど高くなっているのが特徴です。

本記事ではそんなフリードモデューロXの値引き情報をレポートしていきます。

値引き相場から限界額、納期、値引き交渉方法までまとめました。

フリードモデューロXの値引き相場

  • 本体価格:10万円~20万円
  • オプション値引き:1万~5万

フリードモデューロXは発売されて間もないですが、値引きには比較的寛容です。

フリードモデューロX値引き情報は少なく、結果もマチマチですが本体価格の値引きは平均としては15万円前後が目安になります。

オプション値引きも含めた合計値としては、20万円前後が目標金額となります。
ほぼフリードと変わらないため、特別難しいことはありません。

フリードモデューロXの値引き限界額

値引き限界額は、実例から本体価格とオプション値引き込みで35万円前後となります。

ただ下取り車込みとなると、40万円以上の値引き成功例もあります。
大幅な値引きを目指す場合は、下取り交渉も意識しましょう。

フリードモデューロXの値引き目標額と限界額

  • 目標額:20万円前後(オプション値引き込み)
  • 限界額:35万円前後(オプション値引き込み)

通常販売されている自動車ではなく、フリードをグレードアップさせた自動車になりますので、競合の少ない車体となります。

また、販売台数もフリードに比べると若干値引きしにくい側面はあります。
ただフリードが値引き可能なように、フリードモデューロXも値引きは可能です。

オプションをつけると元値が高くなるので、積極的に値引きしていきましょう。

フリードモデューロXの納期・納車の目安

フリードモデューロXの値引きと納期

フリードモデューロXを購入する場合には、どれぐらいの納期になるか気になるところですが、一般平均より長めです。
回転が早いわけではなく、口コミでは3ヵ月かかるという声も多く見られています。

通常のフリードより納期はかかる

通常のフリードをベースにしてパーツを交換したり取り付けていきますので、販売しているときにはまだ出来上がっていない状態になります。

そのため、通常のフリードの納車までの期間がおよそ1ヵ月ほどになりますが、パーツ交換等を考えると1ヵ月~3ヵ月ほどの時間を見込んでおくと良いでしょう。

フリードモデューロXを値引きする上での競合車

フリードモデューロXの値引きを考える場合には、個々のライバル会社が作っている自動車と競合させることが基本です。

フリードのライバル自動車ではトヨタのシエンタが代表的ですが、シエンタは価格が210万円から250万円であるため、モデューロXとは金額帯に違いが出てきてしまいます。

セレナやヴォグシーと競合させるのがベスト

そこで、競合車として日産のセレナやトヨタのVOXYなどを競合させるのがベストになります。

グレードによって異なりますが、日産のセレナやトヨタのVOXYは280万円から300万円くらいの金額になりますので、十分競合する自動車と言えます。

大きさは違うものの、同じミニバンですので比較の対象としておすすめです。

フリードモデューロXの値引きの手順

フリードモデューロXの値引き手順

フリードモデューロXの値引きをしてもらう場合、即決しないことが肝心です。

値引きの前例が少ない車だけに、待つことで状況が好転することがあります。

値引きされることを前提に販売価格を設定しているため、値引きはしぶとく粘りましょう。

競合車と悩んでいることを伝える

担当の営業マンには「他の会社の自動車を見たが、もう少し安ければ購入を検討してもよい」と伝えることが基本です。

悩んでいることを伝え、購入の意思が伝われば値引きをしてもらえる可能性が高くなります。

フリードモデューロXは、フリードの上位相互版ということで購入を迷う人が多い車種です

迷うこと自体は自然なので、悩んでいることを伝えて値引きを引き出しましょう。

値引き前例の少ない車種は保留が基本

金額を提示された場合でもすぐに契約せずに、「他のの会社の自動車も見たいので少し考えさせてください」といい保留します。

値引き前例の少ないモデュ―ロXの値引きを最大に引きだすためには、保留しながら交渉を続けることが大切です。

そうすることで思わぬ値引きを引き出せることがあります。

2~3日ぐらい経過した後にもう一度販売店に行くくらいの気持ちでいると良いでしょう。

値引き額の引き上げは下取りが最大のポイント

下取り込みであれば大幅な値引きも期待することができます。

しかし、一般的にディーラー下取り価格は安く買い叩かれてしまうのが一般的です。

そこでディーラー下取りをお願いする前に、自分が持っている車の複数見積もりを必ず用意しておきましょう。

見積もりはインターネット上でも簡単に入手することができます。

もっともポピュラーな「かんたん車査定」の場合は、一度に複数の見積もりが入手できるので、分からない時はこちらを利用すると良いでしょう。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

ディーラー下取り価格は驚くほど安くなってしまうことがありますが、事前に見積もりを見せておくと結果は異なってきます。

簡単にできることは、確実に済ませておくと良いでしょう。

スポンサーリンク