ライズ 自動車

ライズ/ロッキーで車中泊するコツは?フルフラットの広さやおすすめアイテムまで解説!

ライズ/ロッキーで車中泊

アウトドアにも街乗りにも便利で、経済性も高いとことでコンパクトSUVに人気が集まっています。

その代表格と言えるのが、ダイハツのロッキー、OEMとなるトヨタのライズです。

使い勝手の良いサイズ感で、いろいろなシーンで活躍してくれます。車中泊向けには作られていませんが、工夫すれば車中泊は可能です。

ただし、そのコンパクトさゆえに、快適に寝られるのか疑問に思う方もいるでしょう。

このページはライズ/ロッキーで車中泊するコツを解説します。

最後はポイントを一覧でまとめているので参考にしてくだあい。

トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキーで車中泊はできる?

トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキーで車中泊

車中泊をするための条件

  • 大人が完全に横になれる
  • 床がフラット
  • 荷物を積めるスペースがある

車中泊をするには最低限、大人が完全に横になって過ごせるスペースがないといけません。そこで寝るわけですから、可能な限りフラットな床となることも条件です。

さらに車中泊する場合、寝るだけでなく、アウトドアを楽しむのがセットになっています。よって、荷物を積めるスペースが確保できることも必要な条件です。

ライズで快適な車中泊はできるのでしょうか?

フロントシートを押して固定すれば車中泊のスペースはできる!

ライズ/ロッキーで車中泊するにはシート移動が大切です。

普通の状態でフルフラットにするだけだと、運転席のシートまでの幅は1,400mmちょっとくらいしか取れません。このままだと、大人が寝るのは不可能です。

スペースを生みだす基本

しかし、ライズ/ロッキーはフロントシートをフロントガラス方面に押して固定すれば、さらにスペースを長くできます。
およそ250mm、シートが前に移動しますので、かなりスペースが生まれます。これにより車中泊のスペースを確保できます。

人によっては寝るのが厳しい

ライズ/ロッキーは、最大1,700mmのフラットスペースを確保できることになります。身長が低めの方であれば、そのままで寝られるくらいです。

口コミでは170cmなら大丈夫という声もありますが、大柄の男性は注意が必要です。

対角線上に横になれば誰でも寝れる!

体を対角線上に横にして寝れば、ほとんどの人が車中泊が可能です。

対角線の長さを測ると1,850mm程度になるため、このくらいならほとんどの人が十分余裕を持って寝られるでしょう。

フロントシートをスライドさせた分、足元は浮きますが、荷室側を頭にすることで無理なく横になれます。フルフラットにしたリアシートの凸凹が足の方にくるので、この方向での使い方が快適です。

大人1人の車中泊に向いている

このように、リアシートをフルフラットに倒し、フロントシートをスライドさせることで、ライズ/ロッキーでも車中泊が可能です。

ただし、対角線上に横になる必要があるので、大人が2人が並列になって寝るのは難しいでしょう。もし2人での車中泊をするとなると、足を曲げるなど窮屈な姿勢で横になるしかありません。大人1人での車中泊が限界と考えておきましょう。

1人で車中泊を条件とするなら合格

車中泊ではアウトドア用品などを車内に置いておく必要もあります。そのためのスペースも考えると、1人分の寝るスペースと荷物でギリギリというところでしょう。

決して広々としているわけではありませんが、必要なスペースは確保できるため、1人で車中泊を条件にするなら合格ラインです。

ライズ/ロッキーで車中泊をする3つのポイント

 

この投稿をInstagramで見る

 

OH❗️(@raize_beatpp1)がシェアした投稿

大人1人であれば、問題なくライズ/ロッキーで車中泊ができます。

しかし、スペースに限りがあるため快適に過ごすためには多少の工夫が必要となります。

ここからはより楽しい時間を過ごすためのポイントを3つご紹介します。

  1. すき間に荷物を入れよう
  2. 収納スペースはルーフボックスで確保
  3. モバイルバッテリーは用意しておく

すき間に荷物を入れる

前述の通り、ライズ/ロッキーで寝るためには、リアシートをフルフラットに倒し、フロントシートを前にスライドさせることになります。運転していた時のように、荷室に荷物を置いておくわけにはいきません。

そこで、シートとシートの間、倒したシートの下部などに荷物を入れてすき間を生かしましょう。

フロントシートで空いたすき間に物を置いてフラットに

フロントシートは前方にスライドしているため、リアシートとの間に広めの「すき間」が生まれます。ここにも荷物をおいて、よりフラット化させましょう。

まず、下の方には重くて硬いものを置き、その上に柔らかいものをのせます。そして、倒したリアシートと同じ高さになるように調整してください。これで、空いたすき間に物を置くと同時に、寝る時に体もフラットにできます。

すき間を埋めて、車中泊のマットを敷けばバッチリです。

物がなければエアクッション等を置く

荷物がなく、シート間のすき間が空いてしまうのであれば、エアクッションを持参するのもありです。空気を入れることで、ちょうどシートの高さまでスペースを埋められるものがありますので、活用しましょう。使い終わったら空気を抜けば場所を取ることもなく、邪魔になりません。

口コミでは「折り畳みコンテナ」をシート間のすき間に入れている人もいました。

収納スペースはルーフボックスで確保

車中泊をする日とキャンプ場でテントを張る日があるとか、アウトドア用品をたくさん持っていきたいといった場合、寝るスペースと収納スペースを確保するのは難しいです。

そのため、収納スペースを広げる工夫をしないといけません。

たとえば、スペアタイヤをしまっておく場所に細々としたツールを入れるなど、すき間を完全に使い切ります。

ルーフボックスがイチオシ!

ライズ/ロッキーは、ルーフボックスを取り付けるなど、荷物を車外に収納できる機能を設けるのもおすすめです。ルーフボックスは鍵をかけられますので、アウトドアサイトでも安心して荷物を入れたままにしておけます。

長さがある製品を選べば、長尺物も収納できて助かります。

モバイルバッテリーは用意しておく

車中泊をする場合、照明やスマホ、扇風機などのための電源が必要です。

ライズ/ロッキーにも、USBポートが合計3か所設けられています。しかし、この電源はエンジンを切ってしまうと使えなくなります。そのため、車を停めて寝る時には、別に電源を置かないといけません。

いくつかの方法がありますが、スペースを無駄に取らないためにも、モバイルバッテリーを用意するのがベターです。小さくても、スマホの充電や小さな家電なら十分使えるだけの容量を持ちます。サイズと性能を比較して、購入しておきましょう。

ライズ/ロッキーで快適な車中泊をするための場所選び

ライズ/ロッキーで快適な車中泊をする

快適に車内で泊まるための準備ができたら、どこで車中泊をするかを考えることになります。快適に過ごすための場所選びのポイントを押さえましょう。

許可されている場所を探す

そもそもの条件として、勝手にどこにでも車中泊して良いわけではないことを覚えておきましょう。もちろん、災害時などの緊急の場合には仕方がありませんが、基本的には許可を得て、夜間駐車をさせてもらうことになります。

車中泊専用の場所を利用する

間違いがないのは、オートキャンプ場やRVパークと呼ばれる、車中泊専用の場所です。ただし、こうした場所は料金がかかりますし、どこにでもあるわけではないです。

そこで、道の駅を利用する人が多くいます。実際、多くの道の駅では長時間停めても問題なく、車中泊も自由にして良いとしています。トイレはもちろん、車中泊を想定して、シャワー設備を備えているところもあります。

ただし、昼間の利用はOKであるものの、車中泊は禁止しているケースも見られます。事前に利用条件を確認しておきましょう。

必要な設備が近くにあるかどうかチェック

長い時間過ごすことになるため、少なくともトイレが近くにあるかどうかは調べておきましょう。外で用を足すというのはマナー上良くありません。

近くに24時間営業のコンビニがあれば利用させてもらうこともできますが、買い物をした上で許可を求めるなど、マナーは守りましょう。

オートキャンプ場などはトイレ完備ですが、それ以外の場所は事前に周辺の設備を調べておく必要があります。

ライズ/ロッキーで車中泊をする際の注意点

ライズ/ロッキーで車中泊をする際の注意点
(出典:https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

ライズ/ロッキーで安全に車中泊をし、快適に過ごすためには、いくつかの注意点を覚えておくべきです。

特に、車の中での過ごし方には気を配るようにしましょう。

大きい荷物は最小限に

ライズは成人男性の場合、、リアシートをフルフラットに倒し、フロントシートを前にスライドさせることで車中泊が可能です。
この状態で荷室は使えず、スペースも限られるため、車中泊をするならば大きい荷物は最小限にとどめるのが得策です。

体を動かすこと意識する

動きを取りづらい車内での時間は、エコノミークラス症候群になるリスクを高めます。そのため、できるだけ頻繁に外に出て体を動かすなど、血流を促すことです。

あるいは車内でマッサージをする、足を頭より高くして寝るなどの工夫をしましょう。

無理な予定を立てないこと

ベッドで寝るのと違い、車中泊で体を完全に休めるのは難しいものです。長時間の運転の後は疲れが溜まっていますので、早めに就寝して、睡眠をしっかりとりましょう。

何日間も車中泊を続けるのであれば、無理な予定を立てず、余裕を持って行動することを心がけてください。

トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキーの車中泊のポイントまとめ!

あらためてライズ/ロッキーの車中泊のポイントをまとめると以下の通りです。

これだけ押さえたら後は自分で色々と工夫してみてください。

ポイント

  1. ライズ/ロッキーで車中泊は可能
  2. フロントシートを前に押せば車中泊スペースが取れる
  3. フロントシートを動かして空いたすき間には物をおく
  4. 直線で寝るなら身長170cmまでが目安
  5. 対角線で寝るなら身長185cmまでが目安
  6. 荷物の収納はルーフボックスがおすすめ
  7. モバイルバッテリーは常備しておく

ライズ/ロッキーはコンパクトSUVということで、車内スペースが限られています。

それでも、シート位置や収納を工夫することで、充分に車中泊が可能です。上手に車内を使って、楽しく車中泊をしてください。

ライズをお得に買うための方法

ライズ

ライズはきちんと値引きをして購入できることをご存じですか?

トータル20万円以上の値引き事例も多くでています。

ライズを安く買うためには、事前に値引き相場を確認し、下取りも含めて交渉をすることが大切になります。

くわしくは下記の記事でご紹介しています。

>> 新型ライズの値引きレポート

 

中古車高騰の今、高額査定が出る絶好のチャンス

車の乗り換え時は、まず車を高く売ることから考えましょう。

買取やディーラー下取りで安くならないために、複数の店で査定しておくことは大切です。

無料一括査定できる「ナビクル車査定」では簡単な入力で査定結果が分かり人気です。

査定だけでも問題なく、1分以内にできるためチェックしておきましょう。

▼ナビクルの公式サイトはこちら

関連記事はこちら

sponsored link




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。ウォルターインターナショナル合同会社運営。

-ライズ, 自動車

© 2022 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5