新車 自動車

車の見栄やステータスから抜け出せる手ごろな国産車4選

車の見栄やステータスから抜け出せる手ごろな国産車

「車のヒエラルキーに巻きこまれたくない。」
「車にステータスを求めるべきか?」
「車で見栄をはって後悔した。」

など、周りの目を気にして疲れてしまうことはありませんか?

車はブランドと同じような面があり、ステータスやヒエラルキーがわずらわしく感じることがあります。

今回は、見栄やステータスを気にする人の心理を解説するとともに、ヒエラルキーから抜け出せる国産車を紹介します。

記事監修 こおた
自動車関連会社に30年以上所属のキャリアを持つカウンセラー。現在は生活困窮者のために活動を行う。

車で見栄をはる人の心理とは?

車で見栄をはろうとする人とは潜在的な自信のなさを抱え、うわべだけの信念を持たない人のことを指します。

そういう人ほどブランドや高級車を好み、それに乗ることで自信を満たそうとします。

「他者よりも上に立ちたい」
「他者にマウントを取りたい」
「自慢をしたい」
「自分が価値のある存在だと思いたい」

車で見栄をはる人ほどブランドや最先端にこだわり、他者の車を見下す傾向があります。

また、お金のあるなしに関わらず、貧乏な人が高級車を買うようなケースもよくあり、それも潜在的な自信のなさが理由といえるでしょう。

車がステータスになるのは時代遅れ

良い車に乗っていることがステータスになる時代はありましたが、若者の車離れとともにその価値観は薄れつつあります。

多用性のある生き方が尊重される現代において、車がステータスになるというのは時代遅れといっても過言ではありません。

それどころか高級車はブランドイメージで価格を高くしているものもあり、きちんと見極めないと買って後悔する恐れがあります。

むしろ、周りから何と言われようと自分が乗りたい車にのり、無駄な出費をなくす方が楽しいカーライフを満喫できるでしょう。

車のヒエラルキーから抜け出せる手ごろな国産車4選

今回は、車のヒエラルキーから抜け出せる国産車を4つご紹介します。

いずれも輸入車や高級車ではなく、価格も安いですが、唯一無二の存在感があります。

よって他人から比べられることもありません。

もし、周りの目を一切気にせずに車に乗りたいという場合は押さえておきましょう。

マツダ MAZDA3

マツダ MAZDA3

「周りが高級車が多く、普通の車が買いにくい」
「車で馬鹿にされたくない」
「良いクルマがほしいが予算がない」

デザイン性の高いクルマに乗りたくても、高級車を買うほどの予算がない。

そんな時にこれ以上なくピッタリなのがMAZDA3です。

MAZDA3は200万円台から購入できますが、デザイン性の高さは国内外とわず折り紙つき。

高級車と遜色ない車が、半額以下で手に入れることができます。

世界中のあらゆるデザインアワードを受賞しており、誰が見ても一目で「カッコいい」「美しい」と思える見た目をしています。

2020年にはワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)の部門賞しましたが、実質的に世界でもっともデザインと評価されたことになります。

こうした車を安価で購入できるのは非常にめぐまれており、おすすめの一台です。

MAZDA3の公式サイト

MAZDA3

トヨタ ハイエース

トヨタ ハイエース

ハイエースは商用車といったイメージがありますが、日常使いとしても使いやすく、とてもおすすめなクルマです。

ハイエースは「機能性」と「楽しさ」を追求したクルマであり、他の高級ミニバンと比べられることがありません。

いってみれば世界でも唯一無二の存在ということができます。

ハイエースをカスタムして楽しんでいると、ヒエラルキーから抜け出すことができ、車ライフを思う存分楽しむことができるでしょう。

ハイエースは高級ミニバンと比べると300万円台から購入ができ、ミニバンとして見ても割安感があります。

大きさも混雑した都市部で走れるように設計されているため、デメリットらしいデメリットがありません。

盲点になりやすい車ですが非常におすすめしたい一台です。

ハイエースの公式サイト

ハイエース

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

「男性だと軽自動車に乗りにくい」
「軽自動車は馬鹿にされるので嫌だ」

男性の場合は軽自動車に乗ることに抵抗がある人もいますが、そんな不安を吹き飛ばしてくれるのがスズキ ジムニーです。

軽自動車であることを忘れさせるジムニーは唯一無二のデザインと存在感で、圧倒的な評価を獲得しています。

もともとクロスカントリー車としての色合いが強かったですが、日常使いにも最適化され、アウトドアにもピッタリの車になります。

軽自動車だからこそ200万円以内でも購入できるお値打ち感があります。

車好きからの支持も厚く、高級車とジムニーを並べて保有しているオーナーさんもいます。

そんな車をお手頃価格で購入できてしまうのは、非常に恵まれているといえます。

ネックと言われていた納期の長さも年々短くなってきていますよ。

ジムニーの公式サイト

ジムニー

スズキ クロスビー

スズキ クロスビー

「かわいい車に乗りたいがいつも煽られる」
「いかにも可愛い車が苦手」

軽自動車はかわいいデザインが多いですが、サイズが小さいことから煽られやすいというデメリットがあります。

また、いかにもかわいい車は苦手という大人の方もいるでしょう。

そんな時におすすめの車が「クロスビー」です。

クロスビーはカッコよさとかわいらしさを兼ねそなえた国内で唯一無二のSUVで、男性からも女性からも支持があります。

SUVの殆どはカッコよさを意識して作られていますが、クロスビーはクールなたたずまいの中にもかわいらしさがあります。

また、丸みがありとてもオシャレな設計になっており、他のクルマと比べられることがありません。

価格帯もお手頃な水準で、絶妙な立ち位置にある注目車ということができるでしょう。

クロスビーの公式サイト

クロスビー

車の見栄やステータスから抜け出せる国産車まとめ

昔のように車で「見栄」や「ステータス」をはる時代は終わりました。

今は車そのものの良さや機能といった、本質的な部分が見られるようになっています。

中でも今回ご紹介したクルマを購入すれば、他人からマウントを取られたり、ヒエラルキーに悩まされることはないでしょう。

しかも、いずれもお金をかけずに購入することが可能です。

知名度が高いわけではないので見落とされがちですが、クルマの購入・買い替えを検討する方は、今回のラインナップもぜひ押さえておきましょう。

The following two tabs change content below.

ぎぶさんの車購入ガイド

大手自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、国内車に精通しています。このサイトは車の購入・売却に役立つ情報を発信。徹底した中立視点と、分かりやすいレビューを心がけています。 / 運営会社




-新車, 自動車

© 2021 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5