新車 自動車

【2022年】レヴォーグの納期・値引き情報まとめ!納車遅れは大丈夫?

レヴォーグの納期・値引きの最新情報

ぎぶさんの車購入ガイドです。

スバルの旗艦車種「レガシィ」を受け継ぎながら、一回り小型のDセグメントワゴンとして登場したのが「レヴォーグ」です。

2020年10月に初のフルモデルチェンジを経て、現在は2代目モデルが流通しています。

新開発の1.8Lターボエンジンが搭載されるなど変更が施された新型レヴォーグですが、現在の納期はどうなっているのでしょうか?

このページでは、最新納期と値引きについてご紹介します。

新型レヴォーグの納期・納車の最新情報

レヴォーグの納期・値引きの最新情報

ぎぶさんの車購入ガイドでは、最新の口コミを元に最新納期を算出。

レヴォーグはエンジンタイプによって納期が異なるので、それぞれ見ていきます。

レヴォーグの納期

  • 1.8L:半年程度 ※生産停止期間に注意
  • 2.4L:2ヶ月半~4ヶ月

レヴォーグ1.8Lは、4月下旬から2ヶ月半程度の生産停止予定となっていますが、それを含めない場合の納期は「半年」が目安です。

レヴォーグ2.4Lの納期は早まっているという口コミが出ており、納期は2ヶ月半~4ヶ月が目安となります。

エンジン価格
GT1.8L310万2,000円
GT-H1.8L332万2,000円
GT EX1.8L348万7,000円
GT-H EX1.8L370万7,000円
STI Sport1.8L370万7,000円
STI Sport EX1.8L409万2,000円
STI Sport R2.4L438万9,000円
STI Sport R EX2.4L477万4,000円

納期遅れは大丈夫?

レヴォーグ1.8Lの一時生産停止はあくまでエンジン不具合による一過性のものであり、納期について不安になることはありません。

ただ、注文が集中することで納期遅れにつながる可能性はありえます。

新型レヴォーグを狙っているのなら早めに注文をしておきましょう。

新型レヴォーグの納期を短くする方法

レヴォーグの納期・値引きの最新情報

新型1.8Lのレヴォーグについて「そんなに待てない」という人もいると思います。

これから購入を検討している人、すでに注文している人、それぞれ納期で困っている人に納車を早めるコツをご紹介します。

売れ筋のグレードを狙う

一つは売れ筋のグレードを狙う方法です。

新型レヴォーグのグレードで流通台数が多いのは「1.8STI Sport EX」であり、売れ筋と言ってよいでしょう。そのほか、「GT-H EX」と「GT EX」も売れています。

売れ筋グレード

  • STI Sport EX(1.8L)
  • GT EX(1.8L)
  • GT-H EX(1.8L)

同じく生産ラインでも、売れ筋の生産に力を入れているでしょう。ニーズの低いものより高いものの方が売れやすいのは当然であり、売れ筋のグレードが多くなるのは不思議ではありません。

したがって、特にこだわりがなければ人気グレードの購入を検討してみましょう。

ライバル車・中古車を狙う

納期が待ちきれない場合は、ライバル車か中古車を狙うのもありでしょう。

レヴォーグは「ステーションワゴン」ですが、ライバル車のマツダ3とマツダ6にもワゴン車が用意されています。
クオリティーの高さは一切遜色なく、マツダは納期に力を入れているためライバル車を検討してみるのもおすすめです。

また、レヴォーグは中古市場にも出回っているため、すぐ必要であれば中古車という選択肢もありでしょう。

キャンセル車を狙う

納期が長いレヴォーグはキャンセルが出ることも予想され、販売店はキャンセル車をなるべく早めに処分したいと考えます。

グレードやボディカラー、オプション等を選べませんが「レヴォーグなら何でもよい」という方には狙い目です。

キャンセル車を狙うのであれば、ディーラーにキャンセル車が出たら連絡してほしいと伝えておきましょう。

新型レヴォーグの値引き相場!交渉のコツまで解説

レヴォーグの納期・値引きの最新情報

レヴォーグの値引き相場は、最新の口コミと自動車メディアの情報を平均化し、もっとも正確な数字をご紹介しています。

値引き相場

  • 車両本体+オプション:18万円
  • 車両本体:5~10万円
  • 値引き限界:35万

新型レヴォーグは値引きしやすいタイプの車ではありません。

車両本体の値引きが5~10万円で、オプション込みで18万が相場です。
オプションが多いほど値引き額も大きくなり、最大35万円以上の値引きがでた事例もあります。

カンタンに値引きはでないので注意しておきましょう。

競合車を利用した値引きが基本

値引き交渉のやり方としては、ライバルを利用するのが定番です。

レヴォーグのライバル車は以下のとおりです。

ワゴンタイプ

マツダ3
マツダ6

SUVタイプ

ハリアー
RAV4
レクサスUX

自分が気になるライバル車をリストアップしておき、それらと新型レヴォーグとの購入を迷っていることを伝えて交渉してみてください。

スバルのディーラー同士で競合させる

スバルのディーラーは都道府県に各一つずつなので、ディーラー同士の値引きはできないと思われがちですが、そうではありません。

正規ディーラーとはとは別に、どこのメーカーとも専属契約を結ばず、複数のメーカーの新車を販売する「サブディーラー」という存在があります。

正規ディーラー同士の競合が難しくても、サブディーラーを利用すれば上手に値引きを引き出すことはできます。

ややマニアックですが覚えておいて損はないでしょう。

新型レヴォーグの値引きの最大ポイントは一つ

レヴォーグの納期・値引きの最新情報

レヴォーグを値引きする上でのポイントは「購入の意思をしっかりと示す」ことです。

見積もり目的や冷やかしではないことを示すために、購入者側で用意する書類はあらかじめ準備しておきましょう。
契約書にいつでも判を押せる・サインをできることを伝えるのです。

すぐ契約できる態勢で交渉に臨むほうが、ディーラー側も本腰を入れてくれます。
「あと〇〇円値引きしてくれたら、今日契約します」という言い方をすれば、最大の一押しになるでしょう。

レヴォーグの購入前に下取り車の査定額をチェックしておく

スバル レヴォーグは値引きがしにくいタイプの車として知られます。

故にいくら値引きしてもらえるかだけでなく、これまで乗っていた車の下取り額と合わせて考えるようにしましょう。

新型レヴォーグからの値引きが渋い場合でも、これまで乗っていた車を高い金額で下取りしてもらうことができたら、トータルで成功といえます。

ディーラー下取りは安いので注意

ディーラーの言い値で下取りを決めてしまうと損をすることがあります。というのも、ディーラーでは中古車の下取りに積極的でなく、あくまで新車購入客に対するサービスの一環として下取りを行っているため。

一般の人の場合、下取り査定で提示された金額が妥当な金額かどうか判断できません。「サービスしておきました」と言われたら、「そんなものか」と思ってしまいがちです。

それを防ぐためには、事前に中古車買取業者に査定してもらい、妥当な査定額を把握しておきましょう。

ネットの一括査定サイトを利用すれば、売りたい車の情報を入力するだけで、一度に複数の業者に査定を依頼することができます。

もっともポピュラーな「ナビクル」では、45秒で無料のクイック査定が可能です。

ナビクル車査定の公式サイト

新型レヴォーグの値引き交渉のためにも、まずは一括査定で車の適正な下取り額を把握しておきましょう。

スバル レヴォーグの納期・値引きの最新情報まとめ

あらためて、これまでの内容をまとめました。

レヴォーグの納期

  • 1.8Lの納期は半年程度
  • 2.4Lの納期は2ヶ月半~4ヶ月
  • 値引き相場は18万円
  • 値引きはしにくいので注意
  • ディーラー下取りに出す前に一括査定サイトを利用する

1.8Lの納期はそれなりにかかるため、ディーラーでもよく確認してから購入するのが良いでしょう。
後のことを考えても、しっかり納期説明をしてくれる誠実な販売店から買うべきです。

納期が遅れたり連絡がないとかなりストレスになるので、販売店はしっかりと見極めて注文するようにしてください。

レヴォーグの値引きは出にくいため、下取り車を高く買取ってもらうことで損をしないように気をつけていきましょう。

The following two tabs change content below.

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。ウォルターインターナショナル合同会社運営。

-新車, 自動車

© 2022 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5