新車 自動車

新型プラド、フルモデルチェンジで「ランクル250」に!値段や発売日、2024年最新情報

新型ランクルプラドのフルモデルチェンジ

トヨタの大人気車種であるランドクルーザープラド。

「ランクルプラド」の愛称で親しまれ、悪路走破性と頑丈なボディ剛性、そして信頼性から日本だけではなく世界中で愛されています。

ランクルプラドの現行モデルはデビューから14年が経過し、フルモデチェンジで「ランクル250」に生まれ変わりました。

今回は、フルモデルチェンジするランクル250の値段や発売日、グレード一覧表など最新情報を紹介します。

私自身、入念に実車を確認していますので、感想も交えてご紹介していきます。

新しい車を購入する前に、愛車の査定相場を知っておきましょう。

ディーラー下取りや買取で損をしないためには、車一括査定の結果と比べることが大切です。

人気のナビクルは、無料で車一括査定ができて45秒で査定相場が分かります。

無料査定は下記の公式HPで可能です。

現在の愛車の最高額をチェック!

 

新型プラド、フルモデルチェンジで「ランクル250」に変更

新型プラド、フルモデルチェンジで「ランクル250」に変更

ランドクルーザープラドは、「ランドクルーザー250」として生まれ変わり、2023年8月2日に世界初公開されました。

変更理由としては、ランドクルーザーの下位互換というイメージを刷新するため。

これまで「ランクルプラド」や「プラド」と言われてきましたが、ランクル250になることで「ランクル」として独立した存在になることが期待されます。

また、米国ではプラドが「ランドクルーザー」の名前で販売されているため「ランクル250」にすることで統一されるメリットがあります。

ランクル250となり大きく生まれ変わる

ランクル250

ランクル250はデザイン、サイズ、スペック、装備すべての面でプラドから進化し、生まれ変わりました。

デザインは大幅に刷新されて、丸目タイプのファーストエディション(初回限定)と通常版の2種類を用意。(上記画像は丸目タイプ)

サイズもプラドからひとまわり大きくなっています。

全長全幅全高
ランクルプラド4,825mm1,885mm1,835-1,850mm
ランクル2504,925mm1,980mm1,870mm

実車を見た私の印象ですが、ランクル250はサイズの大きさが車のカッコよさにつながっており、大きさに必然性を感じました。

確かに生で見ると大きいですが、それが見事に調和しています。

プラドが、"ランドクルーザー250"という名称でリリースされることで、新型モデルに対する期待はこれまでになく高まっています。

新型プラド(ランクル250)の発売日はいつ?価格帯は

新型プラド(ランクル250)の発売はいつ

ランクル250の発売日は、2024年3月にファーストエディションから市販が開始し、通常モデルの市販開始が5月以降でしたが、豊田自動織機の不正の影響もあり1~3ヶ月の延長される見込みです

正式な発売日は未定のため決定されましたら更新していきます。

現行プラドの生産が終わるタイミングが11月であり、そこで新型に切り替わるはずでしがた生産の都合で遅れています。

すでに事前受付を開始している販売店は多く、なるべく早めに購入の意思を伝えておきましょう。

基本は抽選販売となりますが、先着順を採用するところもあり販売店ごとに販売方法は異なります。

ランクル250の価格予想

新型プラド、フルモデルチェンジで「ランクル250」に

エントリーモデルとして見込まれるランクル250の予想価格は「500万台後半」となり、プラド(4代目、150系3,670,000円〜)よりも価格上昇が見込まれます。

当初、日本モデルは400万円台と言われましたが、「ランクル70の価格(480万円)」と「海外モデルの価格(5万5000万ドル)」を踏まえると、最低価格は500万円を越える可能性があります。

値上げの要因としては、生産部品のコスト上昇や安全運転支援システムの追加、ディスプレイオーディオの標準化、そしてパワートレインの改変などが挙げられます。

私自身は、プラドと比べてインテリアの高級感がアップした印象が強く、500万円超でも納得感はありました。

価格帯はプラドよりランクル300に近いと思っておくと良さそうです。

新型プラド(ランクル250)の魅力を解説!グレード一覧表あり

新型プラド、フルモデルチェンジで「ランクル250」に変更

ランクル250のデザインは、2023年8月2日に世界初公開されました。

「ランクル60」のレトロ感と「レクサスGX」の高級感を組みあわせたエクステリアが大きな反響を呼んでいます。

全グレード一覧表

通常モデルファーストエディション
グレードZXVXGXZXVX
発売2024年5月~7月予定2024年6月~8月予定
価格未公開未公開未公開未公開未公開
ライト角目角目
丸目(OP)
角目丸目角目
丸目(OP)
エンジン2.8ディーゼル2.8ディーゼル
2.7ガソリン
2.8ディーゼル2.8ディーゼル2.8ディーゼル
シート7人乗り/3列7人乗り/3列5人乗り/2列7人乗り/3列7人乗り/3列
タイヤ20インチ18インチ18インチ18インチ18インチ
プラチナホワイト
ブラック
ブロンズ
スモーキーブルー
サンド×ライトグレー
プラチナホワイト
ブラック
ブロンズ
プラチナホワイト
ブラック
プラチナホワイト
ブラック
サンド×ライトグレー
プラチナホワイト
ブラック
サンド

丸目の標準装備はファーストエディション「ZX」のみで、残りは「VX」にて有料オプションで取りつけることができます。

ボディーカラー展開もグレードごとに異なりますので確認しておきましょう。

エクステリア

外観は「ランクル300」に近いサイズとなり、横幅はランクル300の1,980mmを越えた、2,139mmとなっています。

フロントマスクは、丸目のタイプを含む2つの異なるデザインが用意されます。丸目についてはファーストエディションが標準装備の他、「VX」グレードでも有料オプションで選択可能です。

新型プラド、フルモデルチェンジで「ランクル250」に変更

新型プラド、フルモデルチェンジで「ランクル250」に変更

「原点回帰」を思わせるようなレトロ感に加え、ランドクルーザー300と同様にシャープで角ばった印象があり高級感が表現されています。

直線基調のデザインは正確なハンドリングをするために左右の見切りの良さを追求した結果で、より実用的なデザインとなります。

実車を見てみると『ハイラックス』から引き継いだ大型のタイヤハウスにより、その存在感が一層増していていました。

ランクル250のスペック

ランクル300と同じフレームを採用

ランクル250のスペック

また、ランクル250は、上位モデルの「ランクル300」と同じフレームである「GA-F」プラットフォームを採用。

これは、トヨタが最新のTNGA設計思想に基づき、ランドクルーザーの伝統的なラダーフレームを一新したもの。

このプラットフォームは、車重の軽量化、重心の最適化、サスペンションの改良などにより、全体の安定性と剛性を向上させることに成功しています。

なお、この「GA-Fプラットフォーム」は、レクサスのフラッグシップSUVである「LX」でも使用されています。

レクサス「LX」、トヨタ「ランクル300」、そして新型ランクルプラドであるランクル250は、それぞれに独自の特性を持つと思われますが、上位グレードと同じプラットフォームを共有しているというのは喜ばしいニュースと言えるでしょう。

ディーゼルターボに8速ATを追加

パワートレインは「プラド」から継承する形で直4「2.8ℓディーゼルターボ」「2.7ℓガソリン」の2タイプとなり、VXグレードを除く全てが「2.8ℓディーゼル」となります。

ディーゼルターボには8速ATが追加され、車のパフォーマンスが向上し、スムーズで力強い走りが楽しめるようになりました。

時期は未定ですが新世代「2.4ℓターボハイブリッド(8速AT)」の国内導入も予定されており、燃費とオフロードのバランスはランクル随一となるでしょう。

ランクル250はインテリアと装備が豪華に

ランクル250のインテリアと標準装備

ランクル250は装備と機能もとても豪華な内容になっていて非常に注目度が高いです。

注目ポイントは以下のとおりです。

  • 上級モデルは12.3インチの超ワイドディスプレイ搭載
  • 全グレードフル液晶メーター搭載
  • 電動パワー ステアリングを採用
  • パワー調整機能付きのヒーター採用
  • ベンチレーションを備えたSofTexフロントシートを採用
  • タイプCのUSBポートが7箇所に増量
  • Toyota Safety Sense 3.0 スイートが標準装備
  • 新開発の複筒式ダブルウィッシュボーン式ショックを採用
  • コイルスプリング式マルチリンクサスペンションを採用

ランクル250は、細部までこだわり抜いた作り込みとなっていて、トヨタの先端技術を存分に体感できるものとなっています。

新型プラド(ランクル250)の最新情報まとめ

フルモデルチェンジされた新型プラド(ランクル250)について、全体をまとめると以下の通りです。

  • ランクル250の名称で販売が決定
  • 発売日は延期により2024年4月~8月の見込み
  • 予想価格は500万円台後半
  • デザインはプラドから一新される
  • プラドより一回り大きなサイズに変更
  • 内装、スペック、装備は大幅に進化

ランクル250の発表は2023年8月に行われましたが、既に発表されたレクサスの「GX」との差別化も図られ、期待を越える内容と言えるでしょう。

発売日と価格は正式公開されていませんが、いずれ公式で情報解禁されるでしょう。

フルモデルチェンジで大幅に進化したランクル250に期待です。


関連記事はこちら

-新車, 自動車

© 2024 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5