【全色解説】ホンダ CR-Vのおすすめ人気カラーランキング

ホンダCR-Vは、2016年に生産終了したものの、人気の高さから2018年2月に復活した経緯のある車です。

そんなSUVのCR-Vですが、デザインをさらに引き立てるボディカラーが全6色と厳選して用意されています。

それぞれどんな外観の特徴があるのか?ランキング形式でまとめていくので、ぜひ参考にしてください。

【全色解説】ホンダ CR-Vの人気カラーランキング

CR-Vは全てのカラーにこだわりを持つ全6色のラインナップとなります。

  • 1位 プラチナホワイト・パール
  • 2位 クリスタルブラック・パール
  • 3位 スーパープラチナグレー・メタリック
  • 4位 プレミアムクリスタルブルー・メタリック
  • 5位 シーグラスブルー・パール
  • 6位 プレミアムクリスタルレッド・メタリック

以下、それぞれカラーの特徴をくわしくご紹介します。

一番人気のカラーはプラチナホワイト・パール

プラチナホワイト・パール
(出典:https://www.honda.co.jp/CR-V/

CR-Vのカラーで一番人気があるのは、白系のプラチナホワイト・パールです。

パールと付いていることからも分かるように、単純な白ではなく、真珠のような上品な色合いになっています。

ホワイトはシンプルな印象を与える色ですが、CR-Vでは他の黒パーツが良いアクセントとなって引き締まった印象があり、非常にカッコいい仕上りとなっています。

最も人気があるカラーということもあり、プラチナホワイト・パールは、CR-V全体で見ても4割に近い人が選んでいます。

「清潔感と安心感がある」
「家族の誰が乗っても違和感がない」
「シンプルイズベスト」

こうした口コミが見られることから、CR-Vの定番カラーとして幅広い層から支持を得ていることが分かります。

ホワイトカラーについてはオプションで44,000円の追加料金が発生します。

ただ人気のあるカラーなので、手入れして乗り続ければ、売却するときにも高価買い取りが期待できるので、その意味でもおすすめのカラーです。

白に次いで人気があるクリスタルブラック・パール

クリスタルブラック・パール

CR-Vで一番人気があるのは白系のプラチナホワイト・パールですが、その次に人気があるのは、真逆の黒系です。

CR-Vのブラックは重厚感と高級感がダイレクトに伝わってきます。

パールが練り込まれているためスタイリッシュな印象もありCR-Vのカッコよさを最大に引き出しています。

黒系の色を選ぶだけで、一段階グレードが上がったような印象をあたえ、親しみやすい白系に対し高級感のある黒系も非常に人気があります。

ランキングでは2位となりましたが、ほぼツートップといえる人気カラーです。

「スタイリッシュな印象を受ける」
「重厚感が増して格好いい」

口コミではブラックは男性から高い人気があることも分かります。

また、オプション料金(44,000~60,000円)が発生しないのも人気の理由。

車自体の料金に比べれば高くないかもしれませんが、少しでもコストを抑えたい人にとってお金をかけず質のよいカラーを選べることは重要なので、そのままランキングの結果にも繋がっています。

陰影が目立つ塗装のスーパープラチナグレー・メタリック

スーパープラチナグレー・メタリック

人気3位は新色の「スーパープラチナグレー・メタリック」です。

グレー系の色は無難な印象を受けることから、元々人気は高いですが、CR-Vのグレーはひと味違います。

白と黒に比べると平坦な印象を受けるグレーですが、スーパープラチナ塗装によって、光が当たったときの陰影が強く感じられます。

しかも艶のあるメタリックカラーのため、CR-Vのボディをこの上なく美しく際立たせています。

今回のCR-Vでもっともスタイリッシュなカラーといえるでしょう。

CRVの新色で、44,000円の追加料金がかかりますが新しく登場するだけのことがある優れた色です。

グレー系のカラーに対する印象を変えてくれる上質なカラーでおすすめです。

深みのある青に生まれ変わったプレミアムクリスタルブルー・メタリック

プレミアムクリスタルブルー・メタリック

CR-Vのカラーランキングで4位は、プレミアムクリスタルブルー・メタリックです。

マイナーモデルチェンジ前はミッドナイトブルービーム・メタリックが青系を担当していましたが、そこから青の要素がさらに強まりました。

ホンダのブルーは完成度が高いことで知られますが、CR-Vにも当てはまります。

クリアな輝きの中にも深みと落ちつきがあり、CR-Vの持つスポーティーな雰囲気をもっとも引き出してくれます。

活動的な印象を与えてくれますので、車で色々と走らせたいという層から人気です。

白・黒・グレーに比べれば、ブルーはだいぶ数が少ないため街中で見かけることも少ないのですが、他の人とは違った色を選びたい人のニーズにも合っています。

66,000円の追加料金がかかります。

落ち着いた青系のシーグラスブルー・パール

シーグラスブルー・パール

マイナーモデルチェンジをしたCR-Vには、青系統のボディカラーが2種類用意されています。

そのうちホンダがこだわりを持って用意した新色がシーグラスブルー・パールです。

ブルー系ですが、実際に見てみると、シルバー系の上にブルーが乗ったような水色がかった見た目をしています。

濃い青に対して落ち着いた印象があり、きわめて上品で見るものを引きこむような美しさがあります。

色としてのオリジナリティもCR-Vではナンバーワン。

さらに追加料金がかからないのもメリットになるでしょう。

シーグラスブルーは年齢を選ばない特徴があり、優しい雰囲気を受けるのも隠れた人気の理由です。

力強い存在感のプレミアムクリスタルレッド・メタリック

プレミアムクリスタルレッド・メタリック

赤い車は、絶対に赤を選ぶほどこだわる人もいれば、目立つから照れると避ける人もいます。

ハッキリと好みが分かれることで、総合的な人気では最下位となりました。

ランキングで一番下の結果になりましたが、プレミアムクリスタルレッド・メタリックもは単にCR-Vのカラーとして見るなら、とても完成度の高い色です。

華やかでありながら深みを感じさせる赤のため乗る人を選びません。

ただ、この色にするためにはオプション料金(66,000円)が発生しますし、赤い色はちょっと恥ずかしいと考えている層がいるための結果です。

しかし、CR-Vの赤は落ちづきが感じられますので心配する必要はないでしょう。

赤好きの方にはおすすめできるカラーリングといえます。

ホンダ CR-Vの色・カラーの選び方は?

ホンダ CR-Vの色・カラーの選び方

原則は自分が好きなカラーを選ぶ

CR-Vは厳選された6色が用意され、定番色以外にもホンダがこだわりぬいたカラーリングが用意されています。

今回紹介したブルー系、赤系の色も非常に完成度が高いといえるでしょう。

そのためCR-Vについては自分が本当に良いと思った色を選ぶことが、深い満足感につながるはずです。

その意味で、まずは自分の好みで選ばれることを強くおすすめします。

迷ったらリセールバリューで選ぶ

CR-Vのボディカラーは、白と黒がツートップと言える状態です。

白なら安定感と誰が乗っても違和感のない万能性、黒は格好良さ、とそれぞれ良いところが分かれています。

しかし、それ以外にもホワイトとブラックが人気の理由はあります。

それは白や黒は売却するときに高く査定されやすいというもの。

多くの人が選ぶ色は需要があり、中古車の買取価格は、その車が市場でどれだけ需要があるのかによって変動するのです。

その意味でどうしても色選びに迷ったらランキング上位から選ぶと良いでしょう。

 

▼当サイトの人気記事はこちら

一番高く売れる!車買取サービス1位をご存じですか?
車の乗り換えを検討している方必見!車買取のランキング
今すぐ確認する