クラウン 自動車

新型クラウンの最新値引き情報!2024年の相場はいくら?

新型クラウンの値引き情報

セダンから新しく生まれ変わったトヨタ新型クラウン。

460万円から高い物では700万円近くなる新型クラウンですが、値引きはどうなっているのでしょうか?

値引きは考えていない方もいるかもしれませんが、先代モデルは35万円~55万円の値引きも出ています。できれば、お得に購入したいものです。

本記事ではクラウンの値引き相場とともに安く買うためのコツをくわしくご紹介していきます。

新しい車を購入する前に、愛車の査定相場を知っておきましょう。

ディーラー下取りや買取で損をしないためには、車一括査定の結果と比べることが大切です。

人気のナビクルは、無料で車一括査定ができて45秒で査定相場が分かります。

無料査定は下記の公式HPで可能です。

現在の愛車の最高額をチェック!

 

トヨタ新型クラウンの値引き相場の最新レポート

トヨタ新型クラウンはセダンから大きく生まれ変わり、すでにに値引き成功事例が出ています。

値引きは5万円前後が多い傾向にありますが、工夫次第でさらに見込める状況です。

値引き相場はグーネット・価格ドットコム・口コミの最新事例を平均化することでもっとも正確な数値を算出しています。

細かい内訳は以下のとおりになります。

車両本体+オプションの合計値引き

  • 16万円

クラウンは大胆な戦略でセダンからSUVをはじめとする4つのタイプに生まれ変わりました。トヨタとしては何としても成功させたいところ。

ゆえに現行モデルのクラウンを購入したいのであれば今は狙い目でしょう。

値引きは5万円程度という口コミは多いですが、オプション込みで16万円までは狙えます。

車両本体の値引き相場

  • 12万円

オプションの値引き相場

  • 4万円

オプション値引きは交渉する価値があります。

オプションは例え値引きできなくても、サービスでつけてもらえる場合があります。

サイドバイザーが3万円程度ですから、こうした安価なオプションを追加してもらえないか?購入を前提に打診してみましょう。

高価な買い物ですので、オプション値引きや追加を打診して損はありません。

クラウンの限界値引き額

  • 50万(オプション含む)

販売店やディーラーとの関係性にもよりますが、購入すると決めているのであれば、無理ない範囲で値引きは持ちかけてみるほうが良いでしょう。

クラウンの値引きのコツは大きく2つ

新型クラウンの値引き方法

新型クラウンはそれほど工夫しなくても値引きを引き出しやすい状況ですが、値引きのコツは大きく2つあります。

  • ライバル車と競合させる
  • トヨタ店同士で競合させる

ライバル車と競させる

ライバル車の見積もりを元に値段交渉を行うという、メジャーな方法です。

ただ、現在のクラウンは他車より値引きが出やすい状況なので、ライバル車と競わせるよりもトヨタ店同士で競わせる方が有効です。

トヨタ店同士で競合させる

過去に専門で販売していたトヨタ店をはじめ、トヨタ系列店で競合させることも有効です。

シンプルに「他の店舗より安くしてくれれば買う」という交渉の仕方で良いでしょう。

トヨタ新型クラウンのライバル車は?

クラウンの値引きにおいて、ライバル車と競合させることは必須ではありませんが、余裕がある方に向けてご紹介します。

ここではクラウンクロスオーバーのライバル車をご紹介します。

  • ハリアー(トヨタ)
  • カムリ(トヨタ)
  • NX(レクサス)
  • ES(レクサス)

新型レクサスのライバルは全てトヨタ系列となっていますが、「ハリアーと迷っているが、値引きしてくれるならレクサスにしたい」という風に交渉するのが良いでしょう。

クラウンを安く買うなら下取りアップが大切

クラウンを安く買うのであれば、ディーラー下取り価格のアップも大切です。

ディーラー下取りは安くなる傾向にあり、ここで損をしないための工夫を行いましょう。

やるべきことはシンプルで、事前に一括見積もりをして下取り査定と比べるだけ。

店舗に足を運ぶのは大変ですので、インターネットが便利です。

人気の「ナビクル車査定」でクイック見積もりを把握しておくと、理不尽な下取り価格になっても避けられるでしょう。

下記にて、無料で1分以内に見積もりが手に入ります。

※45秒の入力で見積もり査定額が分かります。

ディーラー下取りを出す際に、事前の見積もりは今や基本です。

査定を済ませてから続きの記事をご覧ください。

トヨタ新型クラウンの納期

  • 納期:6ヶ月以上

トヨタの中でクラウンの納期は標準クラスですが、半導体不足の影響で遅れています。

さらに納期を早めるためには、標準色の中でもベーシックカラー(白、黒、シルバー)を選んだり、オプションをつけすぎないといった工夫も肝心です。

クラウンの値引きしやすい時期は?

クラウンの値引き時期

営業さんの権限で割引可能な額は決まっていますが、その額はタイミングによって変わります。

その額が大きくなるのが3月、6月、7月、9月、12月です。

クラウンのように安くない買い物では、値引きしやすい時期を待つのも手でしょう。

3月、6月、7月、9月、12月がよい

より確実に値引きを狙うならボーナス期(6月、7月、12月)、決算期(3月、9月)に合わせて購入すると良いでしょう。

特に決算期は台数をさばかなければならないので大幅な値引きが出やすいです。

クラウンのリセールバリューをチェック

最後にクラウンを購入時に、考えておきたいのがリセールバリューです。

リセールバリューとは、下取りに出した場合、どれだけの価値がつくかを指します。

クラウンは高価な買い物になりますので、その後のカーライフを考えた場合、このリセールバリューの把握は重要です。

同じ新型クラウンでも、カラーやグレードにより、リセールバリューは変化しますので、注意が必要です。

リセールバリューの高い色は?

まずはリセールバリューの高いカラーを確認しましょう。

  • 1位 ホワイト系
  • 2位 ブラック系
  • 3位 シルバー系
  • 4位 プレシャルブラックパール

クラウンについてはベーシックカラーの人気が顕著です。

人気順としては、カラーはホワイトに人気が集まりやすく、次いでブラック系、そして安定のシルバーです。

リセールバリューを意識するなら、上位のカラーをチョイスすることが望ましいでしょう。

トヨタ新型クラウンの値引きまとめ

クラウンはSUVをはじめとする新しい形で販売されるようになって値引きがしやすくなりました。

現行モデルのクラウンを購入したいのであれば今は狙い目でしょう。

大幅な値引きが出やすい状況で、納期も早いなど申し分がありません。

今回ご紹介したようにトヨタ店同士で値引き競合をさせたり、下取りアップまで意識できると、かなりお得にクラウンを購入できるでしょう。

クラウンの購入を検討している方はぜひこのページを参考にしてみて下さい。


関連記事はこちら

-クラウン, 自動車

© 2024 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5