新型タントカスタムの最新値引き情報

こんにちは。ぎぶさん(@give333)です!

2003年に登場して以来、3代目となる新型タントカスタムは、軽ハイトワゴンの市場をけん引してきたモデルです。

広々した室内に加え、個性的で迫力のあるデザインが受けて大ヒットしました。

そのタントについては、値引きして購入したい方もいるのではないでしょうか?

この記事ではタントカスタムの値引き相場・限界額・値引きのコツを詳しくご紹介します。

新型タントカスタム 値引き相場レポート

新型タントカスタム 値引き相場レポート
(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

新型タントカスタムの 値引き相場については次の通りです。

  • 車両値引き相場:5~15万円(平均:10万円)
  • 車両価格+オプション値引き相場:16~19万円(平均:17万円)
  • 値引き限界:25万円
  • 値引き難易度:低い

値引きが難しいといわれる軽自動車の中で、値引きはしやすいといえます。

軽自動車の値引き相場ランキング

新型タントカスタムの値引き相場のデータについて紹介しました。

他の軽自動車と比べると値引き難易度は低く、その根拠として他の相場をご紹介します。

軽自動車の車両値引き相場ランキング

1位ダイハツ・タントカスタム:5~15万円
2位 ホンダ・Nワン:6~13万円
3位 ダイハツ・タント:6~12万円
4位 ホンダ・Nワゴン:5~11万円
4位 スズキ・ハスラー:5~11万円
6位 ダイハツ・ウェイク:5~10万円
6位 ダイハツ・ムーヴキャンバス:5~10万円
8位 スズキ・ワゴンR:4~8万円
9位 スズキ・スペーシアギア:3~5万円
10位 ダイハツ・ミライース:2~4万円
11位 ホンダ・Nボックス:1~3万円

軽自動車の値引き相場ランキングの結果からタントカスタムは1位という結果になり、他の車種と比較しても値引き額はトップとなっています。

最近、フルモデルチェンジしたワゴンRやNボックスに加え、新登場したばかりのスペーシアギアに対して、タントカスタムはモデルチェンジしてから5年以上経過しているため、値引きで対抗したいという考えがあるのでしょう。

新型タントカスタムの値引きの実例

新型タントカスタムの値引きについての口コミ
(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

実際に新型タントカスタムを契約した人の値引きについての口コミは気になると思います。

そこで、具体的な例を紹介します。

RS トップ エディション SA IIIの車両値引きが15万円、オプション値引きは5万円でした。買換えて正解でした。SA IIIのおかげで奥さんがぶつけないですんでいるので大事に乗りたいです。

RS トップ エディション SA IIIの車両値引きが10万円、オプションは5万円でした。軽自動車は初めてでしたが、見て目がよい上、小さいながら、しっかり仕上がっており満足です。

車両値引きが5万円、オプション値引きは10万円でした。価格は高いと感じましたが、室内は広々している上、かっこいいし、SA IIIには期待したいです。

RS SAIIの車両値引きが10万円、オプション値引きは5万円でした。存在感があり美しいデザインも気にいって購入しました。

口コミではSA IIIに期待して購入した人が多く、合計15万円程度の値引きでも購入される方が目立ちました。

新型タントカスタムの値引き相場の動向

新型タントカスタムの値引き相場の動向について
(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

新型タントカスタムの値引き相場の動向については次の通りです。

  • 2018年(10月):17万円(車両値引き+オプション値引き)
  • 2018年(11月):17万円(車両値引き+オプション値引き)
  • 2018年(12月):17万円(車両値引き+オプション値引き)
  • 2019年(1月):17万円(車両値引き+オプション値引き)
  • 2019年(2月):17万円(車両値引き+オプション値引き)
  • 2019年(10月):17万円(車両値引き+オプション値引き)

最近のタントカスタムの値引き相場の動向をまとめると、2018年10月から直近まで17万円となり、安定しています。

特別仕様車のVSシリーズは狙い目か

2018年12月に、特別仕様車のVSシリーズが登場したことが注目です。

VSシリーズは、特別なインテリアやエクスリアの装備に加え、パノラマモニター、右側パワースライドドアなどが採用していながら安い価格帯になっているため、値引きが同じであれば、このシリーズを狙ったほうがお買い得かもしれません。

オプション割引で限界を引き出そう

ディーラーオプションは、メーカーオプションと異なり、ディーラーが仕入れや取り付けを行うで値引きが可能です。

ディーラーオプションの価格に含まれるディーラーの利益は幅広く、物によって20%、物によっては80%といった感じで様々です。

ただ、撥水加工やボディーコーティングは、ディーラーの利益は80%以上だといわれ、ディーラーにとっては値引きし易いです。

そのため、新型タントカスタムの商談で、ディーラーオプションも含めこれ以上値引きが引き出せないと感じたら、撥水加工やボディーコーティングをお願いして、限界を引き出すことにチャレンジしてみましょう。

新型タントカスタムの値引きがしやすい時期

新型タントカスタムの値引きが期待できる時期

車は、ボーナスシーズンや決算期は値引きが期待できる時期ということはよく知られています。

もう一歩、踏み込むと新型タントカスタムは軽自動車であることを視野に入れてください。

軽自動車を乗っている人ならご存じとは思いますが、軽自動車税は月割に適応しておらず、4月1日の時点での所有者に一括で課せられます。

例えば、4月中で4月2日以降にタントカスタムを購入し登録できるようにしてもらえれば、1年分の軽自動車税が節約できて、値引きしてもらったことと同じ効果があります。

新型タントカスタムの値引き交渉方法は2つ

ライバル車との競合(最もおすすめ)

新型タントカスタムは今人気の軽ハイトワゴンというカテゴリーに属しているので、ライバル車も多いです。

ライバル車と競合し、値引き交渉することは最もおすすめです。

ダイハツの系列店以外にトヨタのディーラーも視野に入れる

ダイハツの系列店であっても経営する会社が違う場合は、競合することでより多くの値引きを引き出せる可能性はあります。

それでも値引き額に納得できない場合は、ダイハツの自動車はトヨタのディーラーでも購入できるので、来店して商談してみるのもありです。

タントカスタムの値引きは競合車を引き合いに

タントカスタムの競合車
(出典:https://www.honda.co.jp)

新型タントカスタムのライバル車は、同じ軽ハイトワゴンに属するN-ボックス、スペーシア、デイズといわれており、軽自動車の2019年1月の新車販売台数のランキングは次の通りです。

軽自動車の新車販売台数のランキング

  • 1位 N-ボックス:19192台
  • 2位 スペーシア:14350台
  • 3位 デイズ:13541台
  • 4位 タント(カスタムを含む):13125台

ランキングから、上位4台の販売台数は肉薄しており、軽自動車の販売台数ではトップシェアを誇るダイハツとしては、他社には負けたくないという意気込みがあると考えられ、ライバル車を引き合いにだすことは、有効だと考えられます。

新型タントカスタムの値引き交渉の流れ

新型タントカスタムの値引き交渉の基本の流れ

タントカスタムの競合車は、N-ボックス、スペーシア、デイズだと紹介しました。

まず、ホンダ、スズキ、日産のディーラーに行って、それぞれの車の見積もりを貰い、一番値引き額が高いものを用意しましょう。

ダイハツのディーラーに行って、その見積もりを見せ、もう少し値引きしてくれたら、タントカスタムを購入したいから、検討して欲しいと言って、見積もりを貰います。

基本的にやることはこれだけです。

他社の見積もりを見せられることを嫌うディーラーもいますので、口頭だけでも構いません。

最大のポイントは、安くしてくれればタントカスタムを買うという意思を伝えることです。

値引き限界を狙うなら下取りアップは必須!

ディーラーの場合、どれだけ状態が良かったり、装備が充実していても下取りの査定額がアップすることは少ないようです。

むしろ、ディーラー下取りは安く買い取られるのが常識となっています。

そのためディーラーで下取り交渉を行う際には、事前に見積もりを用意しておきましょう。

車買取専門店に行くのは手間がかかって無理、という方もいると思います。そのような人は、ネットの一括査定サイトを利用して、見積もりを入手しておきましょう。

現在、無料で一括査定を行ってくれるサービスでは最も定番の「かんたん車査定ガイド」を利用するのが、早くてカンタンです。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

上記にて、無料で1分以内に見積もりが分かります。

現在の車の価値が下がる前に、早めに見積もりを入手しておきましょう。

もし、査定額がアップすれば、値引きと同じ効果があります。

タントカスタムのリセールバリューをチェック!

リセールバリューとは、中古車市場での価値のことで、タントカスタムを購入しても、グレードや色によって、リセールバリューが異なり、買取り価格も上下します。

車には資産価値があるので、余裕がある方はチェックしておきましょう。

そこで、まずはタントカスタムのグレード別のランキングを紹介します。

リセールバリューが高いグレード

  • 1位: タントカスタム RS トップエディション リミテッド SAIII
  • 2位: タントカスタム X トップエディションリミテッド SAIII
  • 3位; タントカスタム RS トップエディション SAIII
  • 4位: タントカスタム X トップエディション SAIII

タントカスタムのグレードは複雑ですが、「RS」も「X」もトップエディション リミテッドが高く売れる傾向にあります。

ともに1年落ちにいたっては、140万~158万円の下取り結果が確認できています。
高く売れる理由としては、やはり装備が充実しているためと考えられます。

なお、RSとXを比べると、RSの方がリセールバリューが高いこともわかります。

上位4位までのグレードの主要装備は以下の通りです。

グレード別装備一覧

グレード名 専用装備
タントカスタム RS
トップエディション リミテッド SAIII
・パノラマモニター対応カメラ
・15インチアルミホイール
・専用大型エアロバンパー&メッキフロントグリル
・ダークメッキLEDヘッドランプ
・革巻ステアリングホイール
・本革インパネセンターシフ
・ターボエンジン
タントカスタム X
トップエディションリミテッド SAIII
・パノラマモニター対応カメラ
・右側パワースライドドア
・トップエディション専用14インチアルミホイール
・専用大型エアロバンパー&メッキフロントグリル
・ダークメッキLEDヘッドランプ
・ウレタンステアリングホイール
・ウレタンインパネセンターシフト
タントカスタム RS
トップエディション SAIII
・15インチアルミホイール
・専用大型エアロバンパー&メッキフロントグリル
・ダークメッキLEDヘッドランプ
・革巻ステアリングホイール
・本革インパネセンターシフ
・ターボエンジン
タントカスタム RS
トップエディション SAIII
・トップエディション専用14インチアルミホイール
・専用大型エアロバンパー&メッキフロントグリル
・ダークメッキLEDヘッドランプ
・ウレタンステアリングホイール
・ウレタンインパネセンターシフト

「トップエディション リミテッド」は、パノラマモニター対応カメラや右側パワースライドドアがついているのが特徴です。

売却のことまで考えるのであれば、装備が充実したグレードを選びましょう。

リセールバリューが高い色

リセールバリューが高い色については、断トツでブラックとホワイトとなっています。

タントカスタムの場合は、特にブラックが高く売れる傾向がありますね。

定番色はリセールバリューが高くつきやすいため、おすすめのカラーとなります。

上記以外では、汚れの目立ちにくいシルバーも人気がありますよ。

タントカスタムの乗りだし価格

最後に、もっともリセールバリューの高い「タントカスタム RS トップエディション リミテッド SAIII」で乗りだし価格をシミュレーションしてみました。

シミュレーション(目安)

  • メーカー希望小売価格:¥1,749,600
  • 自動車取得税:¥23,300
  • 自動車重量税:¥5,600
  • 自賠責保険料(37か月分):¥35,610
  • 安心ドラレコプラン 8インチ ハイエンド メモリーナビ:¥226,022
  • カーペットマット:¥25,553
  • ラゲージトレイ:¥9,072
  • 合計:¥2,074,757

タントカスタムで最上級グレードかつ、最低限のオプションで200万円前後になります。

先に述べた通りリセールバリューは高いので、上位グレードを上手に値引きして、安く買うことがもっともお得と言えるでしょう。

スポンサーリンク