タフト 自動車

【2024年】タフトの納期・値引き最新情報まとめ!納車が早まるコツも解説

2020年9月24日

タフトの納期・値引き最新情報

タフトはダイハツから販売され、高い人気をほこる軽トールワゴンです。男女問わず支持をあつめリセールバリューが高いことでも知られています。

そんなタフトについて「納車はいつか?」「値引きはいくら出るか」について詳しくまとめました。

満足のいく買い物になるための情報を徹底解説しているのでご参考ください。

ダイハツ新型タフトの最新納期

タフトの最新納期

タフトの最新納期目安は以下の通りです。

  • 1~2ヶ月程度

タフトの納期は1~2ヶ月程度と早まっており、ライバルのハスラーより早いでしょう。

納期の早さを理由にタフトに決められるお客さまもいます。

人気のため受注が増えていることや、工場の稼働状況が変動しているため、納期が変動することはあるのでご注意ください。

ダイハツの不正問題により受注停止している場合もあり、購入を希望する場合は販売店にその旨を伝えておきましょう。

タフトの納期・納車事例と口コミ

タフトの納車事例と口コミをまとめました。

口コミによる納期事例

  • 3ヵ月
  • 2ヵ月半
  • 2~3ヵ月
  • 3ヵ月
  • 2ヵ月
  • 2ヵ月
  • 3ヵ月半
  • 3~4ヶ月
  • 4ヶ月
  • 3~6ヶ月
  • 2~4ヶ月
  • 1~2ヶ月

最新納期に関する口コミ

店舗によって納期に差があり、口コミでは1カ月から4カ月ほどのゾーンになっています。

自分は、7/12に契約して、9/26にようやく納車となります!タフトを通して仲良くしていただけたらうれしいです!よろしくお願いします。
納期は4カ月待ち。

今後の納車状況については、刻々と変化する可能性があります。

最新状況をチェックして、購入のタイミングを検討していきましょう。

ダイハツ タフトの納車が早まるコツ

新型タフトの納車を遅らせないためのポイント

タフトの納期が遅れるとそれだけでストレスや不安を感じるものです。

しかし、こちらで注文を少し工夫すれば、納期遅れは防ぐことができます。

車に対して強いこだわりを持っていなければ、3つのポイントを押さえておきましょう。

人気のカラーとグレードを選ぶ

タフトの値引きレポート

まずは人気のカラーやグレードを選ぶのがおすすめです。

メーカーも人気の車種については注文が多く入ることを想定して、生産に力を入れています。

供給台数が多いため、注文したらより早く納車される可能性も高まります。

タフトの人気カラー

新型タフトの場合、人気のボディカラーといわれているのが以下の4色です。

  • レイクブルーメタリック
  • シャイニングホワイトパール
  • ブラックマイカメタリック
  • フォレストカーキメタリック

特にレイクブルーメタリックは新型タフトのイメージカラーで、高い人気を誇ります。

タフトの人気グレードは「G」

タフトのグレードは、XとG、Gターボの3つのシンプルな構成です。

Xが廉価モデルですが、Gグレードの方が値段は高い半面、アダプティブドライビングビームやアルミホイール、ルーフレール、スーパーUV&IRカットガラスなどの装備が充実しています。

装備の実質的な価格よりもXとの値段差が少なく、お買い得です。

オプションをつけ過ぎない

オプションをつけるとなると、それだけ納車までの作業が多くなります。

納期も延びますので、本当に必要なものだけをつけてオーダーを出すことが重要です。

特にディーラーオプションは後付けできるため、迷ったらつけずに納車後につける方が得策です。

事前準備に注意

タフトを購入するにあたって、事前に必要な書類は以下の通りです。

軽自動車で必要なもの

  • 印鑑
  • 住民票
  • 保管場所届出(主に人口10万人以上の市)

軽自動車購入時は、「印鑑」と「住民票」が必要で、お住まいの地域によっては「保管場所届出」も必要です。

保管場所届出は、軽自動車を購入した後で申請しても問題ありません。

必要書類は、しっかり準備しておきましょう。

中古車を高く売る方法

もし車の乗り換えを検討している場合、まずは中古車を高く売ることから考えましょう。

中古車を一番高く売る方法は、複数のお店に査定依頼を出すことです。

人気のナビクル車査定なら簡単な入力で、無料で一括査定の結果が分かるのでおすすめですよ。

ダイハツ新型タフトの値引きレポート

タフトの値引きレポート

ダイハツ タフトの値引きに関する全体レポートをまとめました。

  • 値引き相場はオプション込みで15万円
  • 限界の値引き額は40万円
  • 値引きは妥当水準
  • 競合車種はスズキのハスラー
  • 限界値引きをするには下取りアップを

タフトには「ハスラー」という明確なライバル車がおり、競争の激しい「SUV型軽自動車」となりますので値引きは可能です。

オプション値引きはしやすい一方、本体値引きはゼロ回答の事例もあり、値引きはやや辛口といえます。

ただ、軽自動車であるため妥当な水準といえます。

ダイハツ タフトの最新値引き相場

データは、グーネット・価格ドットコム・購入者の口コミの最新データを平均化し、もっとも正確な数値となっています。

  • 値引き相場:15万円(本体+オプション)
  • 値引き限界額:40万円(本体+オプション)
  • 値引き難易度:普通

本体価格とオプションで15万円以上値引きできれば合格と考えて問題ありません。

通常は10万円以下でストップがかかることが多いので注意しましょう。

体験談を見てみると、本体価格は値引きに応じてもらえなかったという声もでています。

このページを見て少しでも優位に進めましょう。

タフトの値引き交渉の流れ

タフトの値引き交渉の流れ

タフトの値引き交渉をするといっても、具体的にどう進めればいいかわからないという人もいるでしょう。

しかし、値引き交渉の流れはシンプルです。

競合車を引き合いに出す

どの車種でも競合車があるものですが、タフトは特にライバル車がひしめいています。

減速は「競合車との間で何を購入するか迷っているが、値引きしれもらえるならタフトに決めたい」という風に伝えましょう。

購入の意思を示した上で、ハンコを持って即決するという気持ちを見せると効果的です。

タフトのライバル車(軽SUV)

  • スズキハスラー
  • スズキジムニ―
  • スズキ スぺーシアギア
  • 三菱eKクロス

新型タフトの場合、最大のライバル車となるのがスズキのハスラー。

ハスラーはタフト発売と近い時期にフルモデルチェンジしているため、ハスラーを持ち出してみるのはおすすめです。

このとき「条件が良ければ即決しますよ」と伝えると、値引きに応じてもらえる可能性もアップします。

オプション値引きのポイント

本体価格の値引き交渉をして、これ以上に引き出せそうになければ、そのタイミングでオプションをつけるので値引きしてほしいと持ちかけます。

オプションも値引きできると、実質的にタフトを値引きしてもらったのと同じです。

そのためにどんなオプションをつけるべきか、前もって準備しておきましょう。

タフトを安く買うなら下取りアップも意識

新型タフトの最新納期目安

タフトは人気の車種であり、今すぐ購入したいと思っている人もいるでしょう。

その場合、思うような値引き交渉ができないかもしれません。

もしそうなら、今乗っている車を高く下取りしてもらうことで実質的な値引きを図りましょう。

そのためには自分の車の査定相場を把握しておくことが大切です。

WEBの一括無料査定が便利

複数の買取店で見積もりを取るのが大変であれば、一括査定サイトを利用しましょう。

もっとも定番の「ナビクル」では無料ですぐに査定相場が分かります。

ここでの情報をもとにディラーの下取り価格と比べるとよいでしょう。

\45秒入力で買取相場が分かる/

相場を確認後、あらためてこのページの続きをご確認ください。

タフトの値引き競合車ランキング

タフトの競合車ランキング

タフトの値引き交渉をするのであれば、競合車の特徴を把握することは大切です。

あらためて、ランキングとともにライバル車のポイントをまとめました。

1位 ハスラー

スズキから発売されているハスラーは、たびたびタフトと比較される競合車。

ハスラーがライバルになるのは、そのコンセプトからもわかります。デザインテーマは「タフさ」と「力強さ」で両者とも同じ。

基本的なコンセプトが一緒なので、迷っていることが伝えやすいです。

ダイハツのディーラーもハスラーの存在は十分意識しているはずなので、値引きの際に持ち出すのがおすすめです。

2位 ジムニー

同じくスズキから発売されている車種のジムニーも競合車種になります。

ジムニーも人気が高いのでタフトと迷っていると伝えて値引きすると良いでしょう。

新型タフトは、ハスラーよりもこのジムニーを意識して開発されたのではないかと指摘する声も出ています。

ジムニーは武骨なデザインに仕上がっており、加飾されている個所はほとんどなく、いたってシンプルなつくり。

一方タフトはSUVらしいタフさを押さえているものの、楽しい遊び心も感じられます。

3位 スぺーシアギア

同じくスズキから出ているスぺーシアギアも、タフトと同じくアウトドアテイスト満載の軽SUVとなっています。

遊び心と機能性を持ちあわせているという点では、かぎりなくタフトと似ていると言っても過言ではありません。

以上のライバル車を引き合いに出されることをおすすめします。

タフトのリセールバリューをチェック

タフトのリセールバリューをチェック

リセールバリュー

ダイハツ タフトは軽自動車の中でもリセールバリューが高い強みがあります。

そのため、タフトは新車での購入が非常におすすめです。

よりリセールを考えてタフトを購入するのなら、ボディカラーとグレードを意識して下さい。

リセールバリューの高いカラー

  • シャイニングホワイトパール
  • ブラックマイカメタリック
  • レイクブルーメタリック

ホワイト・ブラックはタフト以外でも人気が高く、老若男女誰が乗っても違和感がないため、中古車でも買い手がつきやすいです。

また、レイクブルーメタリックは新型タフトのイメージカラーになっています。

「この車種といえばこの色」というイメージカラーは人気が高く、需要がありリセールバリューも期待できます。

リセールバリューの高いグレード

順位グレード価格(2WD/4WD)
1位G1,485,000/1,611,500円
2位Gターボ1,606,000/1,732,500
3位X1,353,000円/1,479,500円

タフトのグレードは以上3つだけなので、グレード選びで迷うことはまずないでしょう。

上位グレードの方がリセールバリューは高いでしょう。

Gグレードがおすすめ

もっとも人気の高いのはGグレードです。

廉価モデルのXと比較して新車価格は13万2000円と高めです。

しかし「X」にはついていない装備が多数搭載されていて、それゆえリセールも期待できます。

この装備の合計が18万円相当といわれているため、Gグレードを購入したほうが実質的にはお買い得になるわけです。

Gターボはアウトドア派に人気

「Gターボ」はターボエンジンと共に、運転支援機能が加わります。

ターボは燃費が悪いのでは?と不安になる人もいるかもしれませんが、ターボでもNAエンジンと比較して、ほとんど燃費も悪化しません。

高速道路や山道などを走行する機会の多い人はこちらを選びましょう。

タフトの納期・値引き最新情報まとめ

あらためて、ダイハツ タフトの全体ポイントをまとめると以下のとおりです。

  • タフトの納期は1~2ヶ月
  • 納期に幅があるので注意
  • 値引き相場はオプション込み15万円
  • 限界の値引き額は40万円
  • 値引きは出にくいので注意

タフトは納期が早いため、「買い時」ということができるでしょう。

安定した値引きが見込めますので、ハスラーなどのライバル車を引き合いに出して交渉してください。

軽自動車の中ではリセールバリューも高く、購入して損のない一台といえます。

【愛車の最高額が分かる】ナビクル車買取

愛車の無料査定申し込み直後、すぐに買取相場が分かるのが魅力で、他の査定額と比べることができて重宝します。
76.9%の方が高く売却できたと実感し、上場企業運営だから安心です。


【納車前に車売るなら】MOTA車買取

やりとりするのは高額査定の上位最大3社だけで、電話ラッシュが苦手という人も安心です。最大20社が競い合うため愛車の高額査定が期待できるが魅力。


関連記事はこちら

  • この記事を書いた人

ぎぶさんの車購入ガイド

ぎぶさんの車購入ガイドは、自動車メディア業界で長年の経験を持つプロが、車の新型モデルや最新の納期、モデルチェンジ情報など、車を購入する際に気になる情報を独自の取材に基づいて発信しています。

-タフト, 自動車

© 2024 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5