RAV4の評価と口コミ

このページでは口コミを通じて、新型RAV4の評価をまとめました。

5代目・RAV4は、ワイルドなSUVのイメージをベースにしながら、トヨタらしい繊細な配慮のあるモデルに仕上がり、2019年4月10日に発売。

人気の車種となりますが、全体の口コミ評価は以下の通りとなっています。

エクステリア 5
内装 4
燃費 4.5
走り 4.5
価格 3.5
ぎぶさんぎぶさん

各項目ごとに、くわしく評価していきます。

実際の口コミも沢山ご紹介します。

トヨタ新型RAV4の全体の口コミ評価

まず、新型RAV4の特徴・試乗インプレッションについては「 LOVECARS!TV!」さんの動画でとてもよくまとめられています。

2019年にカーオブザイヤーを受賞しましたが、納得の出来栄えといえるでしょう。

あらためて、RAV4の詳細な口コミの平均評価は以下となります。

 項目 評価
エクステリア 97点
内装 85点
燃費 95点
走り 95点
価格 75点

全体としてはハイアベレージを叩きだし、総合評価はかなり高いです。

それでは、くわしい口コミ評価を見ていきます。

見た目の口コミは最高クラスの評価

新型RAV4のエクステリアの評価
(出典:トヨタ RAV4

力強さと洗練さが共存するデザイン

新型RAV4のエクステリアは、SUVならではのパワフル&ワイルドな雰囲気がありつつも、洗練されています。

オフロードを走る冒険心を駆り立てるデザインを施した一方で、アーバンライフにもマッチした洗練されたイメージのスタイリングに仕上がっています。

カラーバリエーションも豊富で、RAV4だけの色も揃います。

トヨタ新型RAV4の人気色・カラーランキング!200人のアンケート結果を公開

デザイン性の高さはトヨタでも屈指

実物はえぐいほどカッコいい。
RAV4かっこいいなあ。レクサスNXとかより全然かっこいい。
(引用:ツイッター

RAV4はトヨタ車で最もカッコいいという口コミが出るほど高評価を得ています。

切れ長のヘッドランプ、台形をベースにしたデザインを採用することで洗練された印象が高まりました。

ボディはワイドになり、大型化したタイヤを装着し、最低地上高もアップ。

ロアボディやホイールアーチもブラックに統一し、力強い印象です。

日本のSUVにはない力強く、洗練されたデザイン性は高く評価ができます。

新型RAV4のエクステリアついての口コミ

旧型とは比べものにならないくらいカッコいい。
やっぱりカッコいいけどデカい。
新型RAV4を見かけたが、あまりのカッコよさに見とれてしまった。色はシルバーメタリックでした。
1,855mmの全幅は普通の立体駐車場に入れるのは無理なので、繁華街などへ乗り入れる際は注意が必要ですね。マンションの駐車場でも簡単に車庫入れできるとは限りません。

紹介した口コミや評価から、RAV4のワイドなボディは、日本の狭い駐車場への乗り入れという観点からはマイナス・イメージもあります。

しかし、その点については以下で解説をしています。

ボディーは問題になるほど大きくはない

rav4のサイズ

新型RAV4は「大きくなった」という口コミが多く、サイズについておさらいしておきたいと思います。

なお、実際のオーナーからサイズについての不満はほぼ見られません。

数値的に大きすぎるのではないか?と不安になったが、実際に乗ってみると違和感はなく、絶妙なサイズ感だと思う。
C-HRより一回り大きいが、慣れれば問題は感じない。

旧型からワイドになった

新型RAV4は旧型・RAV4と比較して、ホイールベースは-30mm、全長は+5mm、全幅は-10mm、全高は+5mmとなっています。

ホイールベースや全幅は小さくなったものの、全長や全高が大きくなり、ワイドになっています。

ライバル車と比べてもワイド

新型RAV4は、フォレスターと比較して、ホイールベース・全長・全高は小さいものの、幅広なボディとなっています。

CX-5と比較すると、ホイールベースは小さいですが、全体的にワイドです。

RAV4(HV) フォレスター CX5
 全長(mm)  4,600  4,625  4,545
 全幅(mm)  1,855  1,815  1,840
 全高(mm)  1,685  1,715  1,690

RAV4の気になるのは、ワイドなボディが日本の道路に合うかどうかという点。

口コミで問題は出ていませんが、試乗をしてから購入するのがよいでしょう。

サイズについては以下で深掘りしています。

RAV4のサイズ(車幅・車高・室内)は?大きさや乗りやすさを徹底解説!

ぎぶさんぎぶさん

新型RAV4はワイドボディになりますので、その点は注意しておく必要があります。

内装は安定した仕上りも、質感は賛否あり

RAV4の内装の評価
(出典:https://toyota.jp/

RAV4の内装は、機能性と上質感を持たせることに成功しています。

具体的には、幅が広くフラットなインパネやセンターコンソールを採用し、見通しの良さとヒザのホールド感を実現。

SUVらしい硬い材質以外にも、随所にソフトパッドを装着することで、機能性に加え、メリハリをつけたインテリアになっています。

ただ、口コミでは賛否両論も見られました。

新型RAV4のHYBRID G見てきた。
エクステリアはいいと思う。
内装は…うーん、微妙。物足りない。何が?と言われても困るけど。
価格と車格を考えれば妥当なのかな。(引用:ツイッター

質感については賛否が分かれるところですので、その点は注意しておきたいところです。

細かいディテールや収納は合格点

RAV4は統一感や遊び心を表すために、インテリアはエクステリアの多角形をイメージした形状を採用するなど、ディテールもこだわっています。

6:4分割可倒式リヤシートを搭載し、広々としたラゲージスペースを確保。

収納にいたるまでデメリットらしいデメリットは見られません。

RAV4の内装の口コミ

AV4納車しました!かっこいいわぁ
釣り具も積めるし、すごく広くて乗りやすい!(引用:ツイッター
シートが固すぎず、柔らかすぎずとても良い。
結構曲がる。室内広くて圧迫感皆無。(引用:ツイッター
内装はブラックの人が多いけど、白も室内が明るくなってかなり良い。
センターコンソールの大きなダイヤルは、グローブをしたままでも操作がしやすいように装着されていて、使い勝手が良さそう。

内装の口コミ評価は上々です。

細かい点はグレードごとに異なるため、グレード選びは以下の記事もご確認下さい。

トヨタ新型RAV4のおすすめグレードランキング!一番人気はアドベンチャー

 

燃費は同クラスのライバル車より優れる

RAV4の燃費評価

新型RAV4・フォレスター・CX-5のWLTCモード燃費は次の通りです。

フォレスターやCX-5と比較しても、燃費は優れていることがわかります。

中でも、ハイブリッド車(HV)はこのクラスで20㎞/Lを達成している点に注目です。

規格 RAV4 フォレスター CX-5
HV車:4WD  20.6km/L  14.0km/L  18.6km/L
HV車:2WD  21.4km/L  19.4km/L
ガソリン車:4WD  15.2km/L  13.2km/L  13.0km/L
ガソリン車:2WD  15.8km/L  14.6km/L

RAV4は価格が上がっているので純粋に比べられませんが、燃費単体で見ればハイスペックであるといえます。

新型RAV4の燃費の口コミ

高速にてアドベンチャーグレードで23キロリッターの燃費がでた!
ガソリン車でも燃費はよい。
RAV4 hybrid 燃費が恐ろしい。。。 リッター20って、前乗ってたプリウスよりいい。(引用:ツイッター
新型RAV4(ハイブリッド車)の燃費に注目ですね。

ワイドボディーのSUVなのに20㎞/Lを超える燃費は素晴らしいですね。

新型RAV4(ハイブリッド車)なら、燃料代が安いCX-5(ディーゼル車)と比較しても、燃料費が同等もしくはもっと低く抑えられそうですね。

RAV4の燃費性能はハイブリッド車の評価が高いですが、ガソリン車についても、フォレスターやCX-5よりも優れています。

同社のハリアーよりも優れているので、燃費面でも「買い」といえますね。

トヨタ新型RAV4は超低燃費!実燃費が優れる理由を徹底解説

走りの評価が高く、乗り心地も申し分なし

RAV4の走りの評価

走りの安定性と乗り心地は申し分なし

ハンドルが軽く、静粛性、動力性能、乗り心地、いずれも文句なし。
見た目のTHE SUV感に反して物凄い乗りやすい。

ブレーキも加速感も滑らかでフォレスターと同じ2リッターとは思えないくらいだった。(引用:ツイッター

トヨタは今回、新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」(ガソリン車)および「新型E-Four」(ハイブリッド車)を採用。

さらに最適なチューニングを施されたリヤサス(※)を採用したことで、優れた操縦安定性と乗り心地を発揮しています。

 

RAV4の最高出力をライバル車と比較

新型RAV4のハイブリッドはパワーがあることも特徴となっています。

RAV4・フォレスターの最高出力は次の通り。

車種 最高出力
RAV4:2.0Lガソリン 126kW(171ps)/6,600rpm
RAV4:2.5LハイブリッドE-four 163kW(222ps)
RAV4:2.5LハイブリッドFF 160kW(218ps)
フォレスター:2.5Lガソリン 136 kW(184 ps)/5800 rpm
フォレスター:2.0Lハイブリッド 107 kW(145 ps)/6000 rpm

数値で見てみると新型RAV4ハイブリッドのパワーは一目瞭然です。

一方、ガソリン車のパワーはそれほどでもないことが分かります。

新型RAV4の走行性能の口コミ

RAV4はやっぱり乗り心地がいい。
高速も走りやすく、走りが静かでロングドライブができる。

車重があるので小回りはきかないが、走りやすい。

これまでのE-Fourに比べリヤモーターがパワーアップしているので、走行性能については期待できますね。
ガソリン車はパワフルなエンジンとまではいかないようですが、Direct shift-CVTとの組み合わせで、キビキビとした走りが期待できます。

紹介した口コミや評価から、RAV4のガソリン車はキビキビした走り、ハイブリッド車はパワフルな走りができることが分かります。

価格は適性水準。安いという口コミも

トヨタ RAV4は様々なグレードが用意され、価格帯はさまざまです。

新型RAV4の中でも、上級グレードを選ぶと乗り出し価格が400万円を超えることが想定され、このクラスでは高いと感じられます。

現在は、値引きも緩和されてきているため、値引き情報もチェックしてください。

なお、ガソリン車の低グレードを選べば乗り出しが300万円程度で収まるので、決して高いとはいい切れません。

グレード 駆動方式 価格
X FF 2,656,500
X 4WD 2,887,500
G 4WD 3,261,500
G Z 4WD 3,410,000
アドベンチャー 4WD 3,195,500
ハイブリッドX FF 3,261,500
ハイブリッドX E-Four 3,514,500
ハイブリッドG 4WD 3,888,500

ライバル車との価格を比較

新型RAV4、フォレスターの価格は下の表にまとめました。

  RAV4 フォレスター
ガソリン 2,608,200~3,137,400円 2,808,000~3,024,000円
HV 3,202,200~3,817,800円 3,099,600円~3,817,800円

新型RAV4は旧型から価格がアップしていますが、他車と比べて割高感はありません。

新型RAV4の価格の気になる口コミ

決して安いクルマではないが、買うだけの価値がある。
C-HRよりも天井が高くて、荷質が広いのに、価格は大差なし。

買うなら断然RAV4だな。

価格については、新型RAV4は、ハリヤーより抑えられているので、ハリヤーを購入しようと思っていましたが、迷いますね。
新型RAV4(ハイブリッド車)は、低いグレードでも350万円越えを覚悟していましたが、意外と安かったので安心しました。

紹介したように、RAV4については割安感がある口コミや評価があります。

新型RAV4は文句なしで買いと評価できる

近年、ハリヤーやCH-Rのように都会的でスタイリッシュなSUVを展開してきたトヨタなので、力強くカッコいいエクステリアのRAV4の存在感は抜群です。

エンジンや安全装備、燃費を考慮してもハリアーを上回っており、トヨタのSUVのなかでもかなりおすすめといえます。

ランドクルーザーは大きすぎて運転が心配だけど、力強いSUVに乗ってみたい人には新型RAV4はぴったりでしょう。

価格が気にならなければ、新型RAV4は文句なしで買いといえます。

RAV4のディスカウント情報はこちら!

値引き

口コミ評価の高い新型RAV4ですが既に値引き成功事例が出てきています。

人気の新型車のため値下げは辛口ですが、トライしてみる価値はあるでしょう。

やり方はカンタンで、最新の相場と競合車を押さえるだけ。

購入を検討している方は一度確認しておきましょう。

RAV4の値引きレポート

 

▼当サイトの人気記事はこちら

一番高く売れる!車買取サービス1位をご存じですか?
車の乗り換えを検討している方必見!車買取のランキング
今すぐ確認する