ライズのサイズ

SUVでも快適にドライブしたい、という要望に応えるように、トヨタから2019年11月に新型ライズが発売されました。

ダイハツ「ロッキー」と同型車であり、SUVでありながら、街乗りもしやすい設計になっているライズですが「実際のサイズは?」と気になるはずです。

このページはトヨタ ライズの詳しいサイズや実用性について解説をおこないます。

ぎぶさんぎぶさん

気になるライバル車や、RAV4・CHRとのサイズも徹底比較していますので参考にしてみてください。
なぜ、ライズが爆発的に売れているのか分かるはずです。

ライズのサイズ・大きさの注目点

ライズのサイズ・大きさの注目点
(出典:https://toyota.jp/raize/

ライズのサイズの注目点は車体が大きすぎず、小さすぎない点です。コンパクトSUVであるC-HRほどの車体の大きさはないが、SUVらしく、しっかりとした広さが確保されています。

価格の部分でも、CH-RやRAV4ほどの金額はしないため、手軽に乗れるSUVを探している人にはピッタリの自動車となります。

ライズの見た目の詳しいサイズ

ライズの詳しい見た目のサイズを見てみましょう。

  • 全長 3995mm
  • 車高 1620mm
  • 車幅 1695mm

5人乗りSUVとしては、大きさに少し物足りなさはありますが、逆にライズの持ち味です。サイズ的に大きいSUVの場合、家族共同では使えない、という家庭も多々あるためです。

ライズはこの全長・車高・車幅を抑えることで「皆が使えるSUV」を実現しました。SUVの運転で怖いのが狭い道での運転ですがライズは気になりません。

ライズであれば、街中もラクに走れますので、日常使いにもおすすめです。

ライズは大容量の収納が可能でコストカットも可能

ライズの収納
(出典:https://toyota.jp/raize/

次にラゲージサイズを見てみます。

  • 荷室高 755mm
  • 荷室高 865mm
  • 荷室幅 1000mm
  • 荷室容量 396L(トヨタCHRは318L)

絶妙なサイズ感であるライズですが、見た目のサイズからは想像できないほどの絶妙な室内空間を維持し、大容量で荷物が積みやすく設計されています。

ライズより一回り大きいCHRの荷室容量を上回っていることからも、収納性の高さがよく分かります。

ライズはSUVであり、サイズ的に大きさもある程度は確保されてはいますが、5ナンバー車になります。5ナンバーになるだけで、税金や維持費のコストカットも可能。また、市街地での駐車場問題もほとんどクリアすることできます。

以下、さらにライズの詳しいサイズを解説していきますので、今回の記事を確認して購入を検討してみてください。

ライズの室内のサイズ・広さをくわしくチェック

ライズの室内のサイズ・広さ

ライズの室内のサイズや広さについて、ここから、もう少し深掘りしていきます。

  • 長さ 1995mm
  • 幅  1420mm
  • 高さ 1250mm

数字で見るとイメージがつきにくい部分もあるかもしれません。似た室内の広さでは、トヨタ車ではヴィッツ(ヤリス)やアクアといった車があります。

両車とも、室内のサイズはライズと同等ですが、室内幅や室内高はライズが上回っていますので、5人乗りの際の乗り心地は、ライズの方が上です。

実際に試乗してみた感想としては、運転席でそれなりのスペースを取っても、後部座席にはある程度のゆとりが感じられます。

子供連れで出かける時は、かなり広く後部座席のスペースを確保できます。また、大人を乗せても、それなりにゆとスペースがあり安心です。

ライズで車中泊はできるのか?

ライズは他のSUVよりも室内サイズは多少小さいですが、車中泊は十分可能です。

ただし、後部座席を完全に前に倒し、助手席を思いっきり前にやらないと、かなり狭い印象を受けましたので、大柄な男性の場合には、多少窮屈に思えるかもしれません。

ライズの収納サイズをチェック

ライズの収納サイズ

前述している通りサイズを確認すると、小型SUVとしては十分すぎる広さを確保しています。

ライズの荷室広さは以下です。

  • 荷室長 755mm
  • 荷室高 755mm
  • 荷室幅 1000mm
  • 最大容量 369L

さらにフロアボードを外すと、下に追加で収納スペースが出現しますので、実際にはさらに荷物を積むことができます。

長尺物を積む場合は、後部座席をフラットにすることで積むことも可能。約1500mm~1600mmほどのスペースが生まれ、ゴルバッグや釣竿といったアウトドア用品も積載可能です。

ライズとライバル車(クロスビー)との比較

ライズとクロスビーの比較
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

ライズの類似車との比較

ライズはコンパクトSUVというカテゴリですが、通常のSUVよりサイズが小さく、ライバルといえる車は、同じコンパクトSUVのスズキクロスビーです。

トヨタとダイハツは、このクロスビーを意識してライズ、およびダイハツのロッキーを投入したと言われています。

実際にクロスビーとライズの大きさ・室内サイズを比較してみます。

見た目サイズ

   全長  車高  車幅
 ライズ  3995mm  1620mm  1695mm
 クロスビー  3760mm  1705mm  1705mm

室内サイズ

  長さ 高さ
ライズ 1995mm 1420mm 1250mm
クロスビー 1705mm 1355mm 1280mm

ライズとクロスビーの大きさや室内サイズを比較すると、大きな差はありません。基本的にライズは、クロスビーの対抗車のため、当然といえば当然といえます。

価格的にも大きな差はありませんが、ライズが後発のため、室内空間や荷室など総合的にはライズの方が上回っている印象です。

ライズとC-HR・RAV4との大きさを比較

ライズとCHRの比較

同じトヨタで、定番SUVといえるトヨタC-HRやRAV4との大きさやサイズの違いが気になっている方もいると思いますので見ていきます。

見た目サイズ

全長 車高 車幅
ライズ 3995mm 1620mm 1695mm
CHR 4390mm 1550mm 1795mm
RAV4 4610mm 1690mm 1865mm

こうして見ると、ライズは小ぶりなSUVですが、高さにゆとりあることが分かります。

街乗りを前提とし、乗りやすく小回りが効いてアウトドアも検討する場合には、ライズはかなりおすすめです。

見た目の迫力を求めるならばRAV4、その中間ならCHRが向いています。

室内サイズ

車体サイズには違いがありますが、室内サイズはどうでしょうか?イメージがつきやすいように、実際のデータをもとに、ライズとC-HR、RAV4の室内サイズを比べます。

長さ 高さ
ライズ 1995mm 1420mm 1250mm
CHR 1800mm 1455mm 1210mm
RAV4 1890mm 1515mm 1230mm

意外なことに、室内広さとしてはライズは両車と比較しても、そこまで遜色のない広さです。

C-HRと比較すると、実はライズの方が室内サイズが広いこともわかります。

荷室のスペース  ※カッコ内は最大容量

長さ 高さ
ライズ (369L) 755mm 755mm 1000mm
CHR (318L) 770mm 675mm 約1000mm
RAV4 (580L) 1015mm 880mm 1335mm

数値でみると、ライズの優秀さが際立っています。見た目の大きさとしては迫力に欠ける部分はありますが、室内の広さ的には、C-HRを上回る結果が出ています。

一回り大きいRAV4クラスになると、サイズではかないませんが、コンパクトサイズでこれだけの室内空間を確保できていれば優秀です。

なお、実際に乗って見ると、数値ではわからないものが見えます。実際の乗り心地も非常に重要ですので、数値だけに惑わされないようにしましょう。

ライズの運転のしやすさはSUVでトップクラス

ここまで、トヨタの新型ライズのサイズを中心に解説をしてきました。

結論としては絶妙な大きさということができ、ライズが大ヒットした一因と考えられます。

これまでにない利便性を備えた大きさ

ライズは小型SUVであり、SUV特有の迫力には少し欠けますが、小回りの効く大きさや、大きさに反比例した室内サイズは目を見張るものがあります。

個人的にはかなり便利なサイズのクルマが出てきたなという評価です。

普段乗りに適し、アウトドアにも対応できるSUVと言える車がライズです。総合的に比較すると、ライズはSUVの中でも優れたバランス感覚があります。

最終的には、ぜひ自分のライフスタイルを踏まえて購入を検討してみてください。

スポンサーリンク