n-boxのグレード

こんにちは、ぎぶさんです。

国内販売台数1位の人気をほこるホンダN-BOXですが、N-BOXとN-BOXカスタムという2構成のラインナップがあり、グレードの種類も多く分かりにくい側面もあります。

そこで本記事では、N-BOXを購入する上で、おすすめの人気グレードをランキング順でご紹介していきます。

ぎぶさんぎぶさん

このページを見れば、自分にとってベストなグレード選びができるようになります。

nbox(エヌボックス)のグレード選びのポイント

nbox(エヌボックス)のグレード
(出典:https://www.honda.co.jp/Nbox/)

N-BOXの全グレード一覧

まずは、N-BOXの全グレードを分かりやすくまとめました。

グレードは合計13つと多く、やや複雑であるため注意しましょう。

グレード 2WD 4WD
G 1,411,300円 1,544,400円
G・L 1,543,300円 1,676,400円
G・スロープ 1,575,640円 1,696,640円
G・EX 1,642,300円 1,775,400円
G・スロープL 1,699,040円 1,820,040円
G・L ターボ 1,738,000円 1,871,100円
Custom G・L 1,746,800円 1,879,900円
G・EX ターボ 1,793,000円 1,926,100円
Custom G・EX 1,801,800円 1,934,900円
G・スロープL ターボ 1,895,600円 2,016,600円
Custom G・スロープL 1,898,840円 2,019,840円
Custom G・L ターボ 1,941,500円 2,074,600円
Custom G・EX ターボ 1,996,500円 2,129,600円

すべてのグレードに安全装備の「Honda SENSING」が装備されています。

N-BOXかN-BOXカスタムか

N-BOXは大きく分けて、N-BOXとN-BOXカスタムとの2構成で成り立っています。

両車の違いはエクステリアにあります。N-BOXは飽きのこないスタンダードなデザインに対し、N-BOXカスタムはドレスアップされ、スポーティーな見た目に仕上がっています。

価格はアップするものの、現在はN-BOXカスタムの方が人気が高く、スタンダードとどちらを選ぶかは悩みどころとなります。

ターボエンジンかノーマルエンジンか

次に、i-VTECエンジンと、ターボチャージャーを搭載した2つのパワートレインも、注目しておきたいポイントです。

高速など走り重視であればターボエンジン、街乗りなどの普段使いで燃費重視であればノーマルエンジンをチョイスしましょう。

新型N-BOXのおすすめグレードランキング!

それでは、これまでの情報と実際の人気を踏まえた上で、おすすめのグレードランキングをベスト5までご紹介していきます。

  • 1位 Custom G・L ターボ
  • 2位 Custom G・L
  • 3位 G・L
  • 4位 G・L ターボ
  • 5位 G

N-BOXのグレードは全13種類。

上位はいずれもおすすめとなりますので、この中から自分の用途に合うグレードを見つけていくとよいでしょう。

ぎぶさんぎぶさん

13つのグレードから厳選した上で、くわしくまとめているので購入の参考にしてください。

1位 Custom G・L ターボ 1,941,500円(税込)~

n-boxのCustom G・L ターボ
(出典:https://www.honda.co.jp/Nbox/)

おすすめグレードランキング第1位は、Custom G・L ターボです。

ドレスアップされたカスタムモデルは、N-BOXの中でも特に人気が高いです。その理由はスポーティーなエクステリアと、大型アルミホイール。より引き締まった印象にあります。

軽自動車とは思えない、ワンランク上の上質感を備えているのがポイント。

上級グレードのなかでも、価格差以上に内容が充実しています。

グレードが上位になるほど値引きもしやすくなるため、その点でも割高感はありません。
ホンダ新型N-BOXの値引き情報

内装・インテリア・パワーも申し分なし

内装はブラックとメッキパーツを使用した仕上げで、スピードメーターの視認性が、旧モデルと比較して格段に良くなりました。

シートは「プライムスムース&トリコット」と呼ばれるコンビを採用し、高級かつなめらかな手触りになっています。アームレストはフロント・リアともに装備されているので、快適なドライビングをサポートします。

パワートレインはターボチャージャー搭載のiVTEC。最高出力は47kW[64PS]/6,000rpm、最大トルク104N・m[10.6kgf・m]/2,600rpmとなっていて、低回転域で最大トルクを発揮する仕様。

軽快かつパワフルな走りも楽しめるグレードで、価格以外は非の打ちどころがありません。

2位 Custom G・L  1,746,800円(税込)~

n-boxのCustom G・L

ランキング2位はCustom G・Lです。

N-BOXカスタムのスタンダードモデルとも言うべきグレードです。上位モデルとの違いはインテリアとパワートレイン。

インテリアの質感は上位モデルと遜色ない高品質で、全体的に落ちついた印象です。

内装はブラック基調なので、高級感のある内装に仕上がっているといえます。

シートはトリコットを使用しており、滑らかな肌触りです。

さらに低燃費かつパワフルなiVTECエンジンを搭載。カタログ値では27.0km/Lというスペックになっているので、まずまずの燃費といえるでしょう。

4人大人が乗ると高速で苦戦する

ネックはパワートレインです。搭載されているiVTECエンジンは、最高出力:43kW[58PS]/7,300rpm、最大トルク:65N・m[6.6kgf・m]/4,800rpmとなっています。

低燃費重視型ということもあって、出力は抑え気味。街乗りであればスムーズに走行できますが、4人大人が乗った状態での高速走行は苦戦すると思います。

しかし、上級グレードかつ日常乗りメインであれば価格的にはもっともおすすめです。

3位 G・L  1,543,300円(税込)~

n-boxのG・L

ランキング第3位はG・Lです。

日常乗りで価格も抑えたいという方にはベストマッチなグレードになるでしょう。

N-BOXのベースとなるGに、快適な装備をプラスした実用的なグレードです。内装はベージュ×ブラウン基調の暖かい色合いが特徴。

旧モデルでもベージュ系の人気が高かったこともあり、今回もその流れを踏襲する形になっています。シートは手触りの良いトリコットを使用しているので、ソファーに腰を掛けているかのような感覚です。

女性やファミリーに人気

カスタムの先進的なデザインとは打って変わって、優しいデザインになっていることから、ファミリーや女性にも人気のタイプになっています。

パワートレインはiVTECを採用し、カスタムG・Lと同じエンジンです。やはりこちらもタウンユースに最適な一台といえるでしょう。

高速を利用して遠出するというよりは、買い物や子どもの送り迎えなど、日常的に使う人におすすめです。

4位 G・L ターボ 1,738,000円(税込)~

n-boxのG・L ターボ

第4位はG・L ターボ。

G・L との違いはパワートレインとパワースライドドアとなります。G・L パワースライドドアが左側のみなのに対し、G・L ターボは両側とも自動で開閉できます。

インテリアはG・Lとほぼ同じで特に大きな違いはありません。カスタムと比べると、ややチープな印象です。

ドライブをするならG・L ターボは必須

G・Lとどちらにするか迷っている場合に決め手になるのが、使用目的になります。

G・L ターボに搭載されているiVTECインタークーラーターボは、最高出力:47kW[64PS]/6,000rpm、最大トルク:104N・m[10.6kgf・m]/2,600rpmというスペックです。

リッター100馬力を達成しているので、高速走行だけでなく、追い越しもスムーズにできます。

山道などアップダウンの多い路面でも、ストレスの少ない走りが可能。

週末は家族でドライブに出かける機会が多い、山道などアップダウンの多い道路を走る機会が多いという方に向いている一台です。

5位 G  1,411,300円(税込)~

n-boxのG

さいごに第5位はスタンダードなGです。

こちらはとにかく購入価格を抑えたい、という方におすすめのグレードになります。

ベースグレードですが、フルオートエアコンやホンダセンシングが標準装備になっています。上位モデルとの違いは、パワースライドドアが省かれていることと、シートアレンジに制限があることです。

内装はGL、GLターボと同じくベージュ×ブラウン基調となります。

価格は安いがスペックは悪くない

普段乗りという形で割り切って乗るのであれば、十分なスペックです。エクステリアも上位モデルとの差はほとんどなく、外観から判別できません。

値段設定を見ると税込140万円に抑えられていますので、手が届きやすいグレードに仕上がっています。

軽自動車の値段が上昇する中、価格を抑えたグレードを用意するというのは評価できます。パワートレインもG・Lやカスタムと変わらないので、悪くはありません。

N-BOXとN-BOX Custom(カスタム)の違い

nboxとnboxカスタム

N-BOXとN-BOXカスタムでは、明らかにN-BOXカスタムに人気が集まっています。

両車の違いはエクステリアとインテリアです。パワートレインについては同構成になっているので、決め手となるのは質感です。

NBOXとNBOXの見た目の違いは?

N-BOXのエクステリアはシンプルなデザイン、インテリアは落ち着いたブラウンとベージュを基調とした仕上げになっています。

NBOXカスタムはスポーティーで高級感がある

対するN-BOXカスタムはスポーティーで大胆なデザイン。エアロパーツと大型ルミホイール、9灯式LEDヘッドライト、大型フロントバンパーなど、見た目の印象がN-BOXとは全く異なり、高級感も倍増しています。

インテリアはブラックを基調としたデザインになっているので、スポーティーなエクステリアをより引き立てているといえます。

ぎぶさんぎぶさん

どちらにするか好みが分かれるところですが、シンプルがよい方はN-BOX。

より高級で人気のモデルがほしい方はN-BOXカスタムがおすすめです。

N-BOX(エヌボックス)のおすすめ人気グレードランキング

N-BOXとN-BOXカスタムのグレードランキングでまとめると次のようになります。

  • 1位 Custom G・L ターボ
  • 2位 Custom G・L
  • 3位 G・L
  • 4位 G・L ターボ
  • 5位 G

全部で13種類のグレードがありますが、上位さえ押さえれば外れがありません。

ランキング上位を占めたのはN-BOXカスタムです。おすすめの理由としてエクステリア、インテリアデザインともに上質で、リセールバリューが高いことが挙げられます。

カスタム以外では、価格も含めた全体バランスが優れるG・Lも人気です。

なお、すべてのグレードに、安全をサポートするホンダセンシングが採用されています。

下位グレードであっても、満足できる装備が整っているのもN-BOXの魅力でしょう。

新型N-BOXを割引して買う方法をチェック!

値引き情報

新型N-BOXは値引きできる場合があるのをご存じでしょうか?

値引きは辛口といわれますが、最大で30万円の値引き事例が出ています。

現在は競合も激しく、一定の値引きが期待できるでしょう。

値引きの仕方はカンタンで、相場を押さえてコツを押さえるだけです。

N-BOXの購入を検討する方は、値引き情報もチェックしておきましょう。

N-BOX(NBOX)の値引き情報!最新相場と値引き方法のまとめ

 

スポンサーリンク