MX-30 自動車

MX30のサイズ(車幅・車高・室内)は?大きさや乗りやすさを徹底解説!

MX30のサイズ

MX30は2020年秋にマツダから発売された新型SUV車です。

販売好調で人気のMX30ですが、購入するうえで気になる一つにボディサイズがあります。

「外観・内装のサイズはどうなってるか」
「運転する時に無理なく取り回しできるか」
「駐車スペースに収まるか」

など購入する前に確認しておきたいポイントはさまざまです。
このページでは、気になるMX30のサイズ(全長・車高・車幅)について解説していきます。

ほぼ同じサイズのCX30とも比較していますので参考にしてください。

MX30の外観サイズ(全長・車高・車幅)と注目ポイント

MX30の全長・車高・車幅

気になるマツダ の新型クロスオーバーSUVであるMX30のボディサイズは以下の通りです。

外観サイズデータ

・全長:4395mm
・車高:1550mm
・全幅:1795mm
・ホイールベース:2655mm
・乗員定員:5名
・最低地上高:180mm
・車両重量:1460kg(2WD)

この外観サイズですが、実は同じくマツダの【コンパクトSUV】であるCX-30と比較すると全長と全幅は同じになります。車高のみCX-30が1540mmに対してMX30が1550mmとなり10mmだけ高くなります。

コンパクトSUVであるCX30と同サイズということで、運転のしやすい取り回しに優れたサイズといえるでしょう。

さらに車高を10mm上げた分、利便性とオリジナリティを高めることに成功しています。

乗り降りや荷持つの積み下ろしが楽!

MX30のサイズ

ボディサイズを見れば、ほぼCX-30と同じなので取り回しに大きな差はありません。しかし、MX30の方がより使いやすく、女性やファミリー向けにも向いています。

MX30の外観的特徴となるのは「フリースタイルドア」と呼ばれる観音開きになるセンターオープン式のドア。このドアを採用することで利便性を高めています。

フロント側のドアは82度、リヤ側は80度まで大きく開きます。この構造によって乗り降りのしやすさだけでなく、荷物の積み下ろしがとても楽になります。

MX30のサイズ

運転席の後ろには、シートを動かせるボタンがついているため、後ろ席もスムーズな乗り降りが可能です。

ベビーカーや車いすでの乗り降りや、積み込みのしやすさまで考えて設計されているので、一般的なSUVよりも幅の広いユーザー層が使い勝手のよい作りになっています。

MX30の室内長・室内幅・室内高のサイズはどれくらい?

MX30の室内長・室内幅・室内高のサイズ

幅広いユーザー層にとって室内へのアクセスがしやすく作られているMX30ですが、室内サイズは以下のようになっています。

室内サイズデータ

・室内長:1835mm
・室内幅:1500mm
・室内高:1205mm

ボディサイスそのもののはCX-30とほぼ同じであるため、室内空間も同じくらいになるのではと思われがちですが、その点は注意が必要です。

MX30の後部座席は頭上と足元がCX-30よりも狭い

MX30のサイズ

MX30における「頭上スペース」と「後部座席のレッグスペース」はCX-30と比較するとX30は若干狭くなります。

・MX-30 後席ヘッドルーム:939mm
・CX-30 後席ヘッドルーム:973mm

・MX-30 後席レッグルーム:764mm
・CX-30 後席レッグルーム:921mm

※リアヘッドルームとは、後席のシートの座面から天井までの寸法。
※リアレッグルームとは、後席の足元に確保されるスペース。

MX30の後席は成人男性(170cm)が座るとコブシ2つ分が空くほどで、しっかりとスペースは確保されていますが、それでもCX30の方が余裕があります。

長距離旅行やアウトドア向けのクルマではない

MX30は、どちらかというと都市部で使うセカンドカーという位置づけで展開しているSUVになるので、後部シートに人が乗車して長距離移動をしたり長時間運転するというシチュエーションはあまり考慮されていません。

ファミリーでの長距離旅行やアウトドアにも大活躍という車種ではないので、どんな用途で使うつもりかを考えたうえで購入を検討することをおすすめします。

前席のヘッドルームはCX30よりゆとりあり

MX30のサイズ

前席のヘッドルーム(シートの座面から天井までの寸法)について言えば、CX-30よりもMX30に軍配が上がります。

前席ヘッドルームのサイズ

・MX-30 前席 ヘッドルーム:981mm
・CX-30 前席 ヘッドルーム:967mm

MX30では運転席をはじめ、前席はゆったりとした乗りやすさが感じられるでしょう。

MX30の積載量は合格点?CX-30と比較してチェック

MX30のサイズ

MX30の積載量は、同サイズのCX-30と比較すると少なくなります。

MX30の積載量

・MX-30 積載量:366L(1,171L) ※スーツケース4つ積むことが可能
・CX-30 積載量:430L(1,406L)

カッコ内は後部シートを含んだ積載量になります。積載量の差が意外と大きいと感じる人もいるかもしれません。

それでも、日常の実用レベルでは十分な積載量を確保し不満は感じられないでしょう。

トランクには機内持ち込み可能サイズのスーツケースが4つ積めます。機内持ち込みできるサイズは、縦・横・高さが合計115cm以内ですから、普段使いからちょっとしたレジャーまで十分に使えるサイズです。

サブトランクもあり

MX30はフロア下にも小物を収納できるサブトランクがあります。
そして、バックドアの開口部は荷物の積み下ろしがしやすい高さに設計されているので非常に使い勝手がよいです。

MX30は駐車場選びに困らない?

MX30駐車場

SUVの購入を検討している人にとって、さまざまな駐車場に対応できるサイズであるかどうかという点も確認しておきたいポイントです。

SUVは車高が高くボディーが広いため、買い物出かけたら車両サイズに対応している駐車場が無くて困ってしまうことや、都市部で駐車場を借りようとしたら近所で対応していないことがあります。

MX30は駐車場の心配は基本不要

駐車場についてMX30は、ほとんど心配する必要はありません。

もともと都市部で使われることを想定して作られているため、3ナンバーサイズではあるものの取り回しのしやすいサイズで、すべての駐車場に対応可能です。

最小回転半径は5.3mで、狭い駐車場でも慣れてしまえば苦になることはありません。

狭い駐車場も立体駐車場も問題なし

MX30の車高は1550mmとなります。国内の機械式立体駐車場には車両の高さ制限がありますが、ほとんどの機会駐車場が1550mmまでの高さとなっています。MX30は、ピッタリこのサイズに収まっているのです。

MX30の購入を考えるにあたって駐車場問題については、ほぼ心配する必要はないでしょう。

大きさで考えるとMX30のライバルはヤリスクロス

MX30とヤリスクロスのサイズ比較

ボディサイズや室内の広さで比較するとMX30のライバルとしてあがるのが2020年8月末に登場したトヨタ ヤリスクロスです。

最後に、このライバル車とサイズを比較してみましょう。

ヤリスクロスの室内サイズ

・室内長 1845mm
・室内幅 1430mm
・室内高 1205mm

MX30と比較すると、室内長はわずか10mmだけヤリスクロスの方が長く、幅はMX30、高さに関しては同数値となっています。

実際に乗ってみると、10mmの室内長はさほど気にならなかったです。むしろ、MX30は70mm幅が広いので、空間のゆとりを感じられました。

実際の口コミではヤリスクロスよりも、MX30の方が室内空間にゆとりを感じるという声が出ています。

トランク容量はMX30の「366L」に対してヤリスクロスは「390L」と多いので、荷物を車につみっぱななしにする人や皆でお出かけする機会が多い人にとってはヤリスクロスの方が使いやすいかもしれません。

マツダMX30のサイズまとめ!全く新しいSUVといえる

MX30は、ボディサイズこそCX30や国内メーカーのライバル車と大きな差はないものの、
観音開きになるセンターオープン式のドアを採用することで、ベビーカーや車イスでの乗り降りや積み込みのしやすさまで配慮されています。

SUVでありながらコンパクトで取り回しがよく、国内全ての駐車場に対応できるように設計されたサイズ感も絶妙です。

一般的なSUVと比べても女性からファミリー層まで幅の広いユーザーが使いやすいクルマと言えるでしょう。

ネックとしては、後部シートに人を沢山乗せて長距離運転したり、アウトドアを楽しむというシチュエーションはそこまで考慮されていない点だけは注意。
どちらかというと都市に最適化されたSUVです。

外観や内装のデザインや質感も申し分なく、新しいタイプのSUVと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.

ぎぶさんの車購入ガイド

大手自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、国内車に精通しています。このサイトは車の購入・売却に役立つ情報を発信。徹底した中立視点と、分かりやすいレビューを心がけています。 / 運営会社




-MX-30, 自動車

© 2021 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5