新車 自動車

【2023年】デリカミニの納期・値引き情報まとめ!納車遅れを防ぐコツは?

デリカミニの納期・値引き情報

このページは三菱デリカミニの納期・値引きの最新情報を更新しています。

デリカミニは「eKクロススペース」の後継モデルとして誕生し、軽スーパーハイトワゴンとして高い注目をあつめています。

半導体不足で納期は不安定ですが、納車が早まるコツも含めてご紹介します。

ライバル車は多いですが、新型モデルのため値引きは注意が必要です。

値引きのコツもご紹介しているのでお得に購入していきましょう。

監修者

監修者

ぎぶさん

日本車を中心にあらゆる自動車に精通し、車の最新情報を調査している。車業界で働いた経験と知識を活かし、リアルな情報を書いている。

掲載される数値は予測値であり、正確性を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

三菱デリカミニの最新納期情報

デリカミニの納期・値引き情報

三菱デリカミニの最新納期目安は以下のとおりです。

最新納期目安

  • 6ヶ月程度

デリカミニの最新納期目安は、先行予約の段階で「6ヶ月程度」となっています。

人気化が予想されることや、半導体不足の影響などで納期は遅れる可能性があるので注意が必要でしょう。

「タント」や「ハスラー」などライバル車も、納期が通常より遅いことを踏まえれば、大きな問題はありません。


デリカミニの話題性はトップクラス!
購入を検討するなら、1日でも早く注文しておくことをおすすめします。

デリカミニの納期推移

デリカミニの納期推移をまとめています。

契約時期納期目安の事例
2023年3月6ヶ月程度
2023年3月6ヶ月程度
2023年2月6ヶ月程度
2023年1月6ヶ月程度

2023年5月に正式発売予定で、先行予約はすでにはじまっています。

話題性がとても高いため、納期の遅れは心配されるところ。

軽自動車で長い納期になるケースは少ないですが、注目車のため動向には注意していきましょう。

デリカミニの納車遅れを防ぐコツ3つ

デリカミニの納期・値引き情報まとめ

納期が気になるデリカミニですが、なるべく早く手に入れたい人のために納車遅れを防ぐコツを3つご紹介します。

(1) 人気カラーとグレードを選ぶ

人気のボディーカラーとグレードは生産枠が多く、販売店も在庫を確保している可能性が高いためこちらを押えておくのが無難です。

新車の傾向としてツートーンカラーは納期が遅れやすいため注意しましょう。

デリカミニの人気カラーは以下の通りです。

人気カラー

1位 ホワイトパール ※有料
2位 ブラックマイカ
3位 チタニウムグレー

ホワイト、ブラック系は安定した人気をほこります。

SUVライクな軽自動車ということで「アッシュグリーンメタリック」や「ナチュラルアイボリー」のカラーもおすすめです。

アッシュグリーンはデリカミニを象徴するカラーで、完成度が高いことから一定の人気があることが予想されます。

人気グレード

  • T プレミアム
  • G プレミアム

装備が充実し、リセールが期待できる上級グレードの人気が高いでしょう。

「T Premium」と「G Premium」は、マイパイロットをはじめとする安全装備、ラゲッジボードや電動パーキングブレーキなどが標準装備となります。

こうした充実ぶりをみてもPremiumグレードはおすすめです。

しかし、装備が多いと納期遅れになることがありますので、ディーラーに納期遅れは大丈夫か聞いておきましょう。

(2) オプションを厳選する

デリカミニの納期・値引き情報まとめ

新車の納期遅れの要因となっているのが「オプションの部品不足」であるケースが増えてきています。

気になるオプションや装飾品を全てつけてしまうと、何かしら部品不足によって納期が遅れてしまうといった可能性もゼロではありません。

心配な人はディーラーに「納期が遅れそうなオプションはないか?」聞いておいて、納期優先ならオプションは絞りましょう。

(3) 別の店舗にも足を運ぶ

受注状況によって販売店ごとに納期に差が出ることがあります。

万が一、提示された納期が遅いと感じるようなさいは、念のため別の店舗に足を運んで納期を聞いてみるとよいかもしれません。

同時に値引き交渉もできるため、販売店をいくつかまわるのがおすすめです。

販売店が一つしかない場合でも、県をまたいで足を運ぶ価値があります。

デリカミニの最新値引き情報

デリカミニの納期・値引き情報

デリカミニの最新値引き相場、値引き交渉のコツをご紹介していきます。

新車購入を検討している方はご参考ください。

値引き相場目安

  • 本体+オプション値引き相場:8万円
  • 値引き難易度:やや難しい
  • 価格帯:およそ180万~

デリカミニの値引きについては、何もしなければ0~5万円程度となっており、新型車ということもあり値引きは辛口となっています。

さまざまな事例を踏まえた目指したい値引きラインとしてはオプション込みで8万円となります。

オプション込みで10万を越える例もあり工夫次第でしっかりした値引きは可能。

10万円以上の値引き事例はありますが、平均相場ではないので注意しましょう。

さまざまな情報がでまわっていますが、高い数字を参考にすると失敗しがちです。

あくまで値引きの平均相場を確認しておきましょう。

下取り車があればデリカミニを安く買える

デリカミニの納期・値引き情報まとめ

新車の購入にかかる費用は、下取りする車の査定額と合わせて考えることが重要です。

仮に値引きが辛口でも、下取り査定が高ければデリカミニを安く買えます。

ディーラー下取りは安いので注意

ディーラー下取りについては、驚くほど安い価格を提示されることがあります。

そのため、事前に買取業者から下取り相場を確認しておくことは必須です。

買取専門店であればディーラー下取りより高く買いとってくれますので、その見積もりを用意しておきましょう。

無料査定ができるサービスで押さえておきたいのが「ナビクル車査定」です。

ナビクルでは45秒以内のクイック査定があり、査定相場がすぐに分かるためこの情報を押さえておきましょう。

高い下取り相場を知っておけば、損をすることがありません。

無料で1分以内にできるため、早めに済ませておきましょう。

▼ナビクルの公式サイト

相場を確認後、あらためてこのページの続きをご確認ください。

デリカミニの値引き交渉のコツ

デリカミニの納期・値引き情報

三菱自動車の販売店は各都道府県に一つしかないケースもあり、基本的にはライバル車と競合させていくことが大切になります。

デリカミニのライバル車は以下のとおりです。

ライバル車

  • タント ファンクロス
  • スぺーシア ギア
  • ハスラー
  • タフト

「タントファンクロス」と「スぺーシアギア」は明確なライバル関係にあり、実際に購入を迷う人が多いのでおすすめです。

デリカミニの値引きの流れ

デリカミニのライバル車について、あらかじめ値引き条件を出してもらい、それを元に「タントでは~万円の値引きが出ているので、デリカミニでも出してほしい」というように交渉するのが有効です。

新車の値引きが辛口でも、ライバル車の情報を伝えることで、値引きが引き出せることはよくあります。

購入の意思を示すために印鑑等を持参してきていることもディーラーに伝えておくと万全です。

こうすることで少なくとも値引きゼロは回避できるはずです。

別の販売店で値引き交渉する

デリカミニの納期・値引き情報まとめ

販売店によっては「値引きはいくらまで」と決めているところもあり、いくら工夫しても値引きできない場合があります。

できれば、なるべく別の販売店にも足を運ぶことをおすすめします。

注意ポイント

各都道府県に販売店が1つしかない場合も、越県する方法があります。
本命は最後にして、最初に越県するやり方がおすすめです。

一つの三菱販売店で値引きを引き出すことができたら、別の販売店でその情報を元に値引き交渉をします。

本命の販売店は最後に行くとよいでしょう。

「他店では~万円出ているので、それ以上出してくれれば購入したい」と伝えれば問題ありません。

値引き額はもちろん下取り金額や接客応対などトータルで判断して、どこの販売店で購入するのか決めるのがおすすめです。

デリカミニのリセールバリュー

デリカミニの納期・値引き情報

リセール予想

(3.5)

デリカミニは安定したリセールバリューが期待でき、タントやスぺーシアといった人気車と同じくらいといえます。

国内でライバル車は多いものの、独自の存在感と価値があり、軽自動車で最大級のキャビンスペースの広さやフラット格納をそなえるなど利便性も抜群。

コアなファンがつきやすく、デリカミニは買い手がつきやすいこともリセールバリューの高さにつながるでしょう。

ただ、リセールバリューは状況によって変動するのでご注意ください。

高リセールが予想されるカラー

  • 1位 ホワイトパール×ブラックマイカ
  • 2位 ホワイトパール ※有料色
  • 3位 ブラックマイカ
  • 4位 チタニウムグレー
  • 5位 アッシュグリーン×ブラックマイカ

人気色と同じで白、黒がリセールバリューが高く、アウトドアテイストなアッシュグリーンも人気化が予想されます

なお、ツートンカラーは納期遅れにつながることがありますので、購入前に確認しておくことをおすすめします。

リセールが高いグレード

  • T プレミアム
  • G プレミアム

原則的には装備が充実するグレードや、上級モデルの方が高く売れやすいでしょう。

「G」よりも「G Premium」、「T」よりも「T Premium」の方がリセールバリューという観点では有利といえます。

ただ、価格や納期など全体の兼ね合いをみて購入されるのがおすすめです。

駆動方式は2WDと4WDが用意されますが、どちらでも問題ありません。

三菱デリカミニの納期・値引き情報まとめ

三菱デリカミニの納期・値引きについて全体をまとめました。

まとめ

  • 最新納期目安は6ヶ月程度
  • 納期遅れには要注意
  • 値引き相場目安は8万
  • 値引きは辛口
  • 値引きするなら競合車を引き合いに
  • リセールバリューは良好

デリカミニは先行予約の段階ですが、人気化が予想されるため納期は長めにみておくとよいでしょう。

新型車ということで値引きは辛口ですが、そこは割りきる必要があります。
ライバル車を引き合いに出したり、越境で経営元のことなる三菱の販売店同士の値引き交渉をしていきましょう。

値引きはしにくいもののリセールバリューは高く、魅力にあふれた車ですのでおすすめの一台です。

納期や値引きについてじっかり準備をして、満足のできる買い物をしていきましょう。

中古車高騰の今、高額査定が出る絶好のチャンス

車の乗り換え時は、まず車を高く売ることから考えましょう。

買取やディーラー下取りで安くならないために、複数の店で査定しておくことは大切です。

無料一括査定できる「ナビクル車査定」では簡単な入力で査定結果が分かり人気です。

査定だけでも問題なく、1分以内にできるためチェックしておきましょう。

▼ナビクルの公式サイトはこちら

関連記事はこちら



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。

-新車, 自動車

© 2023 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5