このページではマツダの人気モデルであるCX-5のおすすめグレードをまとめました。

CX-5はマツダを代表するSUV車であり、2年連続でSUV車の販売台数国内ナンバーワンを記録した過去があります。

グレードは全11つにまで及びますが、どのグレードを選べば良いでしょうか。

ぎぶさんぎぶさん

これからCX-5の購入を検討する人に向けて情報をまとめました。

新型CX-5のグレードの見どころ

CX5のおすすめ人気グレード
(出典:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

新型CX-5には全11つのグレードがラインナップされています。
CX5のグレード情報(公式)

その違いについて理解するにあたって、まずエンジンが2種類ラインナップされていることを頭に入れましょう。

CX-5の場合、大きくガソリンエンジンとディーゼルエンジンに分類されます。

両者の違いについては詳しく後で見ていきますが、2種類のエンジンのあることは頭に入れておいてください。

グレードによって安全装備も異なる

マツダ新型CX-5の場合、「危険認知支援システム」や「誤発進抑制機能」などの搭載されている機能がグレードによって異なります。

運転に自信がない、安心して運転したいと思っているのなら、安全装備の充実しているグレードを選びましょう。

新型CX-5のおすすめ人気グレードランキング

CX-5のおすすめ人気グレードランキング

以下は、人気グレードランキングを通じCX-5のグレードの特徴をご紹介していきます。

複雑なグレード構成になっているため、人気ベスト5を押さえておくのがおすすめです。
すべてのグレードは、CX5の公式ページで確認できます。

  • 5位 20S プロアクティブ (ガソリン)
  • 4位 25S Lパッケージ (ガソリン)
  • 3位 XD プロアクティブ (ディーゼル)
  • 2位 25S (ガソリン)
  • 1位 XD Lパッケージ (ディーゼル)
ぎぶさんぎぶさん

5位までの人気グレードを押さえておけば失敗がありません。

それぞれ、くわしく解説していきます。

人気5位 20S プロアクティブ

  • エンジンタイプ:ガソリン
  • 価格:2,800,000円
  • 2WDのみ

5位は20S プロアクティブで、名称の通り20Sをベースにしています。

基本的なスペックは20Sと同じ。エンジンはガソリンタイプで排気量は2000ccです。駆動形式は2WDのみのラインナップ。

しかし、20Sにはない機能がついているのがポイント。具体的には危機認知支援技術や運転支援技術、衝突回避支援・避難軽減技術などの最新の「安全性能」があります。

安全性を重視して新車を購入しようと思っている方は、20Sプロアクティブの購入を検討してみるといいでしょう。

見た目も19インチの切削加工のアルミホイールを採用し、高級車のような佇まいです。

人気4位 25S Lパッケージ

  • エンジンタイプ:ガソリン
  • 価格:3,010,000円
  • 2WD/4WD

ガソリンエンジン搭載に絞った場合、最上級に位置するのが25S Lパッケージです。

5位の25S プロアクティブの動力性能や「安全性能」を引き継ぎ、プラスアルファの搭載されている車とイメージしてもらえればいいです。

具体的には公式ページを確認すると、エクステリア/インテリアオプションは4つ追加され、利便性を高めるオプションも4つ追加。

外装・内装の質感が高まり、ステアリングヒーターやIRカットガラス、パワーリフトゲートが追加され利便性もアップしています。

駆動形式で見ると、2WDのほかにも4WDもエントリー。より多くの人のニーズにこたえられるグレードに仕上がっています。

人気3位 XD プロアクティブ

  • エンジンタイプ:ディーゼル
  • 価格:3,110,000円
  • 2WD/4WD

3位として紹介したいのが、XDプロアクティブです。

ベースのXDにプラスする形で危機認知支援技術や運転支援技術、衝突回避支援・避難軽減技術の最新鋭の安全性能がフル装備されています。

さらにエンジンは2200ccのディーゼルエンジンを搭載を搭載。MT車も選べます。

マツダのディーゼルエンジンは、一般のディーゼル・ガソリンエンジンよりも高トルク、低燃費です。ディーゼルエンジン搭載SUV車では国内No1の売上をほこる人気もあります。

ガソリン車のようにパワー不足を感じることはなく、加速も申し分ありません。

マツダで走る喜びを感じられるディーゼル車はやはり人気が高いといえますね。

人気2位 25S

  • エンジンタイプ:ガソリン
  • 価格:2,790,000円
  • 4WDのみ

25SはCX-5の基本性能をベースにしたコアモデルになります。しかしベーシックな20Sと比較して排気量が2500ccにまでアップし、4WDの駆動形式を採用しているのが大きな違い。

4WDを採用したことで、街乗りのほかにも山間部や雪国を走行する際にも安定した走りも期待できます。

エンジンはガソリンターボエンジンのSKYACTIV-G 2.5を搭載。

安全面や装備はシンプルですが、コスパで見るとCX-5の中でも優れモノといえます。できるだけ安い価格の車が欲しい、でも必要な装備はきちんとカバーしているものがいいと思っている人にはおすすめです。

人気1位 XD Lパッケージ

  • エンジンタイプ:ディーゼル
  • 価格:3,330,000円
  • 2WD/4WD

新型CX-5のグレードの中でも最も人気かつおすすめなのが、XD Lパッケージです。

クリーンディーゼルを搭載する中では最上級グレードになっています。

装備の面でもかなり充実し、安全装備もパーフェクト。新たにMT車が追加されています。
XD Lパッケージの装備

価格は少し高くなりますが、CX-5はディーゼルエンジンの評価が高く、見た目も装備的にもベストなグレードで文句なし。

マツダのすべてが詰まったグレードといえます。

ぎぶさんぎぶさん

価格の安さで選ぶならバランスに優れる25S、価格が関係なければ全てが最高クラスのXD Lパッケージがおすすめです。

新型CX-5のガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い

新型CX-5のガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い

先ほど少し触れたように新型CX-5のグレードは、大きく分けてガソリンエンジンとディーゼルエンジンに分類できます。

最期に、両者の違いについてカンタンにご紹介します。

なおガソリンエンジンの場合、グレードによって2.0リッターと2.5リッター、2.5リッターターボエンジンがラインナップ。ディーゼルエンジンについては2.2リッターのターボエンジンのみです。

運転のしやすさならガソリン、走りを重視するならディーゼル

両者を比較した場合、運転しやすさを重視するならガソリンエンジンがおすすめ。一方、加速を楽しみたいと思っているのならディーゼルエンジンに一日の長があります。

ガソリンエンジンの場合、アクセルをしっかり踏み込んでいる分なら、それほどパワー不足を感じることはありません。

しかし大人数が乗車している、上り坂で加速する、高速道路での車を追い越す場合には少しパワー面で不満を感じるかもしれません。

CX-5の醍醐味はディーゼルエンジン

走りを楽しむならば、ディーゼルエンジンです。実際に走行すると、かなりのパワフルさです。2.2リッターのターボエンジンは低速域から少しアクセルを踏み込んだだけでも、どんどん加速してくれます。

ガソリンエンジンで厳しかった大人数乗車時でもしっかり加速してくれます。スポーティな走りを楽しみたいなら、ディーゼルエンジンの方がおすすめ。

ディーゼルエンジンでは、運転中エンジン音がうるさいと思われますが、新型CX-5のディーゼルは車内で窓を閉めると、エンジン音はほぼ気になりません。

新型CX-5のおすすめグレードについてのまとめ

あらためて新型CX-5のおすすめグレードのランキングをまとめました。

  • 5位 20S プロアクティブ (ガソリン)
  • 4位 25S Lパッケージ (ガソリン)
  • 3位 XD プロアクティブ (ディーゼル)
  • 2位 25S (ガソリン)
  • 1位 XD Lパッケージ (ディーゼル)

まずは上記の人気グレードを押さえておけば外れはありません。

マツダは安全装備などが最先端の技術をどんどん自車に導入しています。基本は装備の充実しているグレードが、安全に快適に運転できておすすめです。

CX-5の場合、グレードによって最大100万円くらい価格に違いが生じます。予算のことも考えて、自分にとってベストなグレードを選びましょう。

 

スポンサーリンク