CX30のグレード

このページではマツダファンの方から、新たにCX-30に興味を持った方に向けておすすめグレードをご紹介していきます。

マツダCX30は、CX3とCX5のちょうど中間にあたるモデルです。

CX-3はデミオがベースだったので居住空間がやや狭く、かといってその上となると一気にミドルクラスのCX-5となって大きい、ということで中間を埋める車が必要でした。

そこで傑作マツダ3をベースに開発し、投入したのがマツダCX-30です。

ぎぶさんぎぶさん

デザインは最上級。どのグレードに乗っても気分が高まることは間違いありません。CX-30を愛する筆者がまとめていきます。

マツダCX-30のグレードの基本情報

CX30のグレードの基本情報

CX-30のおすすめグレードを紹介する前に、基本情報をまとめておきます。ここでは、あえて分かりやすく大別していきます。

まず、マツダCX-30には2.0Lガソリン・1.8Lディーゼルターボ・新開発となるSKYACTIV-Xの3種類のエンジンが用意されています。

ガソリンのタイプ

  • 2.0Lガソリン(20S)
  • 1.8Lディーゼルターボ(XD)
  • SKYACTIV-X(X)

次にグレードのタイプを大別し、それぞれの特徴をカンタンにまとめます。

グレードのタイプ

  • 最上級グレードの「Lパッケージ」
  • 中間グレードの「プロアクティブ・ツーリングセレクション」
  • ベースグレードの「プロアクティブ」
  • 廉価グレードの20S

Lパッケージ

Lパッケージは最上級グレードです。シートが本革仕様となり、内装色にはリッチブラウンが採用されるなど、主にインテリアがグレードアップされています。

プロアクティブ・ツーリングセレクションとプロアクティブの違い

「プロアクティブ・ツーリングセレクション」と「プロアクティブ」の違いは運転席パワーシート、ステアリング&シートヒーターなど装備面の有無になります。

ツーリングセレクションの方が装備が充実していると覚えておけば問題ありません。

価格差はエンジンの種類を問わず、ベースグレードのプロアクティブに対しプロアクティブ・ツーリングセレクションが約12万円高に設定されています。

最廉価版の20Sについて

最廉価版の20Sはプロアクティブの22万円安に設定されていますが、オートエアコンや8.8インチワイドモニターなど、主要装備は付いていて見世物グレード的な廉価版ではありません。

2WDと4WDについて

すべてのグレードで4WDも選択可能(約24万円高)ですが、最低地上高が高く、スタッドレスタイヤに履きかえれば大抵の雪道には対応できるので、SUVといえ必ず4WDを選ぶ必要はありません。

冬場の積雪量が多い地域やウィンタースポーツによく出かける、という方以外は軽量で燃費も良い2WD車でもよいでしょう。

ガソリン・ディーゼル・ SKYACTIV-Xエンジンの特徴と違い

CX30のエンジンの違い

マツダCX-30に用意されるエンジンは2.0Lガソリン、1.8Lディーゼルターボ、2020年1月にデビューするSKYACTIV-X(圧縮着火式ガソリンエンジン)の3種類です。

ガソリンエンジン(20S)

2.0LガソリンエンジンはスカイアクティブGと呼ばれ、CX-30の中では低グレードに搭載されますが、単なる廉価版仕様ではありません。高い圧縮比により低燃費と余裕のあるパワーを実現し、ノンターボならではのスムーズな高回転の伸びが特徴です。

ディーゼルエンジン(XD)

1.8Lディーゼルターボは低回転から2.5L車並みの力強いトルクを発生、それでいてディーゼルエンジンのネガであるノイズや振動は極力抑えられています。

WLTCモードでは19.2km/Lという低燃費を実現、軽油なので燃料費も安く家計にはもっとも優しい仕様といえます。

2.0Lガソリン、1.8Lディーゼルターボはマツダ3に搭載されているものと同じですが、CX-30では増えた車重に対応するためギア比の見直しを行っているため、マツダ3と比較して動力性能で不満を感じることはありません。

SKYACTIV-X(X)

話題のSKYACTIV-Xエンジンですが、乱暴な言い方をすれば、ガソリンとディーゼル、それぞれのメリットをミックスしたエンジンです。

従来のエンジンよりも、多くの空気を取り込んでぎゅっと圧縮し、より少ない燃料で燃焼させることで高い効率と低燃費を実現。さらに、高回転域まで気持ちよく回るというスポーツ性も兼ね備えています。

マツダCX-30のおすすめグレードランキング

マツダCX-30のおすすめグレードランキング

以上を踏まえ、マツダCX-30のおすすめグレードをランキング形式で紹介していきます。

全てのグレードが優れていますが、その上でベスト6に厳選してまとめました。

  • 6位 X プロアクティブ
  • 5位 20S
  • 4位 20S Lパッケージ
  • 3位 20S プロアクティブ・ツーリングセレクション
  • 2位 XD プロアクティブ
  • 1位 XD プロアクティブ・ツーリングセレクション

6位 X プロアクティブ

  • 価格:¥3,294,500
  • エンジン:SKYACTIV-Xエンジン

話題のSKYACTIV-Xエンジンを搭載したベースグレードとなります。

SKYACTIV-Xエンジンは発売が2020年1月からとなっています。マツダ3に搭載されて年内にデビューする予定だったのですが、ジャーナリストを招いての先行試乗会において、パワーやフィーリングにやや辛い評価があったことを受け、仕様の見直しを行っています。

最大の変更点はレギュラーガソリン仕様からハイオク仕様へと変更されたことで、燃料費が高くなることから低燃費のメリットはやや薄れてしまいました。

価格はXプロアクティブで3,294,500円と、XDの最上級グレードで本革仕様のXD Lパッケージより約22万円高いことを考えると割高な印象も受けます。

世界初のエンジンで燃費がよく高性能。秘めたるポテンシャルはすさまじいものがありますが、不透明な部分もあり6位としました。

※今後順位が入れ替わる可能性があります。

5位 20S

  • 価格:2,392,500(AT・MT共通)
  • エンジン:ガソリン

新型マツダCX-30のベースグレードとなるのが20Sです。

必要な装備は揃っていますが、パドルシフトやパワーリフトゲートが省略されるなど、プレミアムSUVと考えると少々さびしい部分は見られます。

また、前後ランプをふちどるシグネチャーLEDランプがないため、詳しい方であれば廉価グレードであることが一目で判別できてしまうのが気になる方もいると思います。

とはいえ、性能面では上級グレードと変わりなく、上級グレード同様の215/55R18タイヤ&18インチアルミホイールも装備されることから2,392,500円(消費税込)という価格は性能や車格を考えれば十分リーズナブルといえます。

予算が厳しい中でCX30を購入したい方には個人的におすすめしたいグレードですね。

4位 20S Lパッケージ

  • 価格:2,794,000(AT・MT共通)
  • エンジン:ガソリン

20Sの最上級グレードですが300万円を切る価格(FF仕様)で本革シートやLパッケージのみに用意されるリッチブラウンの内装色、フレームレスルームミラーが装備されます。

他社の2L級のSUVで本革仕様を選ぶと車体価格は300万円以上となるので、価格に対する満足度はかなり高いです。

最上級グレードでも割安感があり、ガソリンエンジンで装備が充実したCX-30に乗りたいという方におすすめです。

3位 20S プロアクティブ・ツーリングセレクション

  • 価格:2,733,500円(AT・MT共通)
  • エンジン:ガソリン

価格と性能、そして装備のバランスが取れたグレードがガソリン車の20S プロアクティブ・ツーリングセレクションです。

Lパッケージとの差額は6万円ほど安くなっていて本革シートなどの豪華装備が不要という場合には、こちらをおすすめします。

2位 XD プロアクティブ

  • 価格:2,887,500円
  • エンジン:ディーゼル

XDプロアクティブはディーゼルエンジンのベースグレードです。ベースグレードといっても装備は充実し、まず不満は出ないレベルに仕上がっています。

マツダのディーゼルエンジンは低回転域から発揮される大排気量車並みのトルクによる走りの良さに加え低燃費、かつ軽油仕様によるランニングコストの安さが魅力です。

カタログ燃費もガソリンが15.4km/Lに対し、ディーゼルは19.2km/Lとなっています。

ディーゼルエンジンはガソリンに比べ重量面で不利ですが、直進安定性の面ではプラスに作用するので長距離をゆったりとクルージングするSUV的なニーズにマッチしています。

車体価格も300万円以下(FF仕様)と、割安な点も評価できますね。

1位  XD プロアクティブ・ツーリングセレクション

  • 価格:300.8500円
  • エンジン:ディーゼル

XDプロアクティブの装備を充実させたグレードがプロアクティブ・ツーリングセレクション。

XD プロアクティブの12万円高となりますが、スーパーUVカット、IRカットガラスに運転席・助手席パワーシートとステアリング&シートヒーターなどを追加していますが価格差は抑えられているのでコストパフォーマンスが高いです。

さらにXD プロアクティブにでは装備されないCTS(クルージング&トラフィックサポート:渋滞走行中にステアリングアシストを行う)機能が追加されている点も見逃せません。

渋滞走行時のストレスが格段に解消される機能なので、都市部で通勤などに使用するユーザーには必需品となりますのでおすすめです。

全体のまとめ

マツダCX-30のおすすめグレードをまとめると以下の通り。

  • 6位 X プロアクティブ
  • 5位 20S
  • 4位 20S Lパッケージ
  • 3位 20S プロアクティブ・ツーリングセレクション
  • 2位 XD プロアクティブ
  • 1位 XD プロアクティブ・ツーリングセレクション

ディーゼルエンジンを上位にしましたが、CX30はガソリン・ディーゼルともに甲乙つけがたい水準にあり、予算を押さえたい方はガソリン車、燃費と走りを重視するならディーゼル車を選ぶと良いでしょう。

また、価格と内容のバランスを考えると「ツーリングセレクション」がおすすめです。

どのグレードに乗っても外れはありません。後は本記事を参考に、自分の目的に合わせてグレードを選んでみて下さい。

スポンサーリンク