新車 自動車

【2023年】CX60の納期・値引き情報まとめ!納車遅れを防ぐコツは?

CX60の納期・値引き情報

マツダCX60の納期・値引きについてリアルタイムで情報を更新しています。

予想以上の受注を獲得していることから「最新納期」や「納車遅れはないか?」気になるという人もいると思います。

また競合の激しいSUVのため値引きはどこまで出るのかも気になるところです。

今回は納期・値引きにくわえ、納車が早まるコツやお得に買うための方法までご紹介していきます。

マツダCX-60の最新納期情報

CX60の納期・値引き情報

納期目安

  • ディーゼル車:2~3ヶ月
  • ガソリン車:3~4ヶ月
  • PHEV車:4~5ヶ月

最新状況ですが、ガソリンモデルなど一部で納期遅延の連絡が入っていますが、大幅な納期遅れは見られない状況です。

直近では2カ月程度の納期という口コミもよく見られるようになりました。

遅れがあっても1カ月程度というケースが多く、他社と比べると良好です。

CX60は非常に評判がよく、ガソリン車はお値打ち感があるため特に人気といえるかもしれません。

グレードやボディーカラーでも納期に差が出ていますので、購入前にはそういった点も確認しておきましょう。

CX60の納期・値引き情報

他の人気SUVと比べて納期は早いため、他の車をキャンセルしてCX60を注文される方もいる状況です。

ただ、納期は長くなる可能性もあります。現在自動車業界では、慢性的な部品の供給不足に陥っています。特に半導体不足はいまだ解消されていません。
CX-60も納期が1日でも早く購入されることをおすすめします。

下取り車があればCX-60を安く買える

CX60の納期・値引き情報

新車の購入にかかる費用は、下取りする車の査定額と合わせて考えることが重要です。

仮に値引きを引き出せても、下取り車が買い叩かれては意味がありません。下取り車を最大に評価してもらうことが大切です。

ディーラー下取りは安いので注意

ディーラー下取りについては、驚くほど安い価格を提示されることがあります。

そのため、事前に買取業者から下取り相場を確認しておくことは必要になります。

買取専門店であればディーラー下取りより高く買いとってくれますので、その見積もりを入手しておきましょう。

無料で見積もりを入手できるサービスで押さえておきたいのが「ナビクル車査定」です。

ナビクルでは45秒以内のクイック査定があり、査定相場がすぐに分かるためこの情報を押さえておきましょう。

高い下取り相場を入手しておけば、損をすることがありません。

無料で1分以内でできるため、早めに済ませておきましょう。

相場を確認後、あらためてこのページの続きをご確認ください。

CX-60の納期・納車の口コミ

CX60の納期・値引き情報

ネットにはすでにCX-60の予約をした人の口コミをいくつか抜粋してご紹介します。

納期に関する口コミ

グレードによっては3カ月で納車可能とのこと。

納期予定は3カ月。

ディーラーでは試乗車が常に動いてる状態で、電話が鳴り止まない状態らしい。
納期も1~2月(XD-HYBRIDで)と3.4ヶ月待ち。
(引用:ツイッター)

納期は4カ月。

発売時に納期6ヶ月以上だったのが3カ月以上に変わっていました。

半導体不足で納期の遅れる可能性があるといわれた…。

グレードによる納期遅延の声

グレードに関しては販売店によって遅れが出ているものがあるようです。

CX60はグレードによって納期に開きが出ている状況のため注意が必要です。
プレミアスポーツは納期未定という声から「5カ月」という声も出ています。

グレードによる遅延は販売店によって変わるケースもあるため、あらかじめ「納期が遅いグレードはないか?」聞くとよいでしょう。

口コミでは3-4ヶ月が目立っており他のSUVよりも早いことがうかがえます。しかし、予定より納期が遅れたという声も出ています。

マツダCX-60の納期が早まるコツ

CX60の納期・値引き情報

(1)グレードと色に注意する

CX-60の中でも売れ筋のグレードや色はあります。このような人気グレードや色は発注台数の多くなることを見越し、工場でも生産ラインを強化する傾向があります。

グレードや色にこだわりがなければ、納期が早いグレードや色はないか?購入する際にディーラーに聞いてみましょう。

販売店によって納期や在庫はことなり、あらかじめそのことを意識しておくとよいでしょう。

(2)キャンセル車も視野に

CX-60のような人気車種の場合、注文数の多い半面キャンセルも多くなりがちです。そこでCX-60の商談をする際に「キャンセルが出たら連絡がほしい」とディーラーに持ちかけてみましょう。

ディーラーとしては、キャンセル車はお店のストックになります。「キャンセル車を引き取る」といわれれば、願ってもない話です。

キャンセル車が出れば優先的に回してもらえ、早期納車が可能です。
かならず購入しなければいけないわけでもありません。

納期遅れが問題の今、このような選択肢を増やしておくのも有効です。

中古車を高く売る方法を確認

もし車の乗り換えを検討する場合、まずは中古車を高く売ることから考えましょう。

中古車を一番高く売る方法は、複数のお店に査定依頼を出すことです。

人気のナビクル車査定なら簡単な入力で、無料で一括査定の結果が分かるのでおすすめですよ。

CX-60の値引き相場レポート

CX60の納期・値引き情報

CX60の値引き交渉する場合、どこに目標設定すればいいかまとめました。

値引きは実際の口コミと、大手車メディアの数値を元にもっとも平均的な数値を算出しています。

値引き相場

  • 車両本体+オプション値引きの目標:15万円
  • 車両本体値引き:13万円
  • オプション値引き:2万円
  • 車両本体価格:299万2000円~626万4500円

注文された方の口コミをもとに平均データを出すと、車両本体の値引きの平均は13万円で、オプション込みで15万円です。

ただ、値引きは渋い傾向にあり5万円が限界という事例も見られます。

ハリアーやエクストレイルといった強力なライバル車を引き合いに出したり、マツダ同士で値引きを引き出していきましょう。

オプション値引きも忘れずに

CX60の納期・値引き情報

CX60は車両本体だけでなく、オプションの値引き交渉を持ちかけることも有効です。オプションだけでも2-3万円の値引きをしてもらえる可能性があります。

車両本体とは別にオプション値引きの交渉も忘れないようにして下さい。

CX60の値引き交渉のコツ

CX60の納期・値引き情報

マツダCX60はとにかくライバル車が強力なので、これらを引き合いに出して値引きするのが極めて有効です。

CX60のライバル車

  • ハリアー
  • レクサスNX
  • エクストレイル
  • アウトランダー
  • RAV4

「トヨタ ハリアーと迷っているが、CX60の方が納期が早いので決めたいと思っている」という形で迷っていることを伝えましょう。

CX60のライバル車は強力なので、なるべくライバル車の販売店にも足を運んでおくことはおすすめです。

購入の意思をハッキリ示す為に印鑑を用意したり、契約する姿勢を見せると値引きが引き出しやすくなります。

販売店によって値引きルールは異なるため、値引きが渋いと感じたら系列の異なるマツダ販売店に足を運ぶようにしましょう。

CX60のライバル車の特徴は以下の通りです。

(1)ハリアー

価格

  • 299万円~504万円

プレミアムSUVの名にふさわしい高級SUVであり、プレミアム路線をはかるCX60と充分なライバル関係となります。

コストパフォーマンスに優れる高級SUVとして価格帯も似ています。

ハリアーの方が人気が高い一方、納期の長期化が深刻なためその辺りを迷っている理由として、「値引きが出るならCX60に決めたい」と伝えましょう。

(2)エクストレイル / アウトランダー

価格

  • 319万8800円~449万9000円(エクストレイル)
  • 462万1000円~532万0700円(アウトランダー)

エクストレイルは走りの質が極めて高い車で、同じく走りを重視して作られたCX60とは明確な競合関係といえます。

エクストレイルには3列仕様もあり、居住空間の実用性はCX60を上回ります。
(姉妹車のアウトランダーも同様)

ただし、納期はCX60の方が早いため迷っていることを伝えた上で、値引き交渉をしてみましょう。

CX-60を即納車するなら新古車も

CX60の納期・値引き情報

CX-60の新古車は出回りはじめています。新車とほとんど変わりないけれども中古車扱いになるので、新車よりもお得に購入できます。

新中古車なら即納可能

新古車の場合新車と違って、すでに在庫があります。お店の方で簡単なメンテナンスや整備を行うだけで納車されるので、即納も可能です。

インターネットでは「ズバット車販売」などに無料で登録しておけば、CX-60が入荷した時に連絡がもらえます。

カーセンサーなどにも出ており、値落ちはしていないため現状であれば新車の方がお得感はありますが、納車を優先するならありでしょう。

CX60のリセールバリュー予想

CX60のリセールバリュー

(4.0)

マツダの中でもCX60はしっかりしたリセールバリューが期待できるでしょう。

予想ではCX-5およびCX-8よりも高いリセールが期待されます。

リセールが高いボディーカラーは「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」「ジェットブラックマイカ」「ソウルレッドクリスタルメタリック」が若干高い傾向ですが、他を選んでも大きく落ちることはありません。

グレードはどれを選んでもOK

グレードによるリセールの差はなく、どのグレードを選んでもリセール的には問題ないでしょう。

オプションは最低限必要なものをつけておけばリーセルに影響はありません。

リセールを気にせず車を購入できるのもCX60の魅力です。

注意ポイント

現状、EVのリセールバリューはあまり高くない傾向が見られますので、電気自動車とハイブリッド車の中間にあたるPHEVは様子見が吉かもしれません。

CX60の欠点・デメリット

CX60の購入前に確認しておきたい欠点・デメリットは以下の通りです。

  • 車幅が広く駐車に注意が必要
  • スぺース効率が低い
  • 値引きが辛口

マツダ車の中でもCX60はサイズがありますが、街中でも問題なく走行できるように設計されています。ただし、車幅が広く駐車場などでは入らない場合もあるため、事前に確認しておく必要があるでしょう。

CX60の車幅

  • 1,890mm

ミドルサイズSUVとしては標準クラスのキャビンスペース(居住空間)を確保しているものの、CX5と同等であることからスペース効率が高いとは言えません。

CX60は高級路線を打ち出していることから値引きが出にくいのもデメリット。
ただし、高級車と比べると明らかに割安であり、値引きが出なくても大きな問題ではないでしょう。

CX-60を注文してから納車されるまでの流れ

CX60の納期・値引き情報

マツダのディーラーでCX-60を購入する場合、販売店で契約すると工場で車の製造作業が始まります。

注文から納車までの流れ

  1. 販売店で契約
  2. 販売店が工場に発注
  3. 工場から販売店に出荷
  4. 販売店に新車が到着。点検・整備を行う
  5. お客さまに納車

車が工場で出来あがると、この時点でディーラーから「工場から出荷されます」という連絡がお客さんのもとに届くことがあります。

工場から出荷されると、ディーラーの方で最終的な点検・整備が行われるため、納車までには半月~1カ月程度はかかります。

もしディーラーオプションをつけているのであれば、さらに納期は長引く可能性もありますので注意してください。

CX-60の納期遅れを防ぐには

CX60の納期・値引き情報

CX-60は手続きに不備があると、さらに納期は延びてしまいます。納期遅れを防ぐためには、必要書類の準備を早めに進めましょう。

購入するにあたって、名義変更などさまざまな手続きが必要です。その際に提出しなければならない書類がいくつかあります。

自分で手配しなければならない必要書類を確認しておきましょう。

(1)実印と印鑑証明、またはデジタル署名を準備する

CX60の納期・値引き情報

ディーラーで手続きする際に書類を作成しますが、そこに署名と実印による捺印が必要です。ですから実印を忘れずに携帯してください。そして押印した印鑑が実印であることを証明する印鑑証明も必要です。

印鑑証明はお住いの市区町村役場で交付を受けることが可能。ただし印鑑証明を発行してもらうためには印鑑登録の手続きが必要です。もし印鑑登録がまだなら、印鑑登録の手続きをまず済ませてください。

近年はデジタル署名で手続きできるディーラーも出てきています。この場合、実印も印鑑証明も必要ありません。デジタル署名に対応しているか、ディーラーに確認しておくとスムーズでしょう。

(2)車庫証明を用意する

CX60の納期・値引き情報

車庫証明は住んでいるところを管轄する警察署で手続きできます。この時いくつか必要書類を作成して提出しなければなりません。

車庫証明の申請手続きをしても、即日交付してもらえません。車庫証明を受け取るには後日再度警察署を訪れないといけないのです。

中には仕事などの関係で、何度も警察署に行けないという人もいるでしょう。もし書類に不備があると、さらに時間がかかります。時間がない、自力で手続きするのが不安というのであれば、ディーラーに相談してみるといいでしょう。

ディーラーの中には本人に代わって、車庫証明手続きの代行サービスを行っているところもあります。数万円程度かかりますが、多少お金がかかってでも確実かつスピーディに手続きを進めたければ、代行はおすすめです。

マツダCX-60の納期・値引き情報まとめ

最後にマツダCX-60の納期や値引きについて全体的にまとめました。

ポイント

  • 納期目安は2~5カ月
  • グレードや色で納期は変わる
  • 値引き相場はオプション込みで15万円
  • 下取り車があれば安く買える
  • 購入前には準備をしっかりする

納期は他と比べて早いですが、それなりにはかかると考えておきましょう。

値引きは一定のラインは期待できます。

できるだけ早く納車してほしければ、人気のグレードや色を聞いてこちらを注文することです。もしくはキャンセル車を回してもらうようにお願いしたり、新古車を中古車市場で見つけてくるのも一つの手です。

納車が早まるための工夫はさまざまあるのでこのページをご参考ください。

CX-60は販売台数を順調に伸ばしています。今後さらに人気になる可能性は十分あります。
ですからCX-60が欲しければ、早めに注文を出すように心がけましょう。

中古車高騰の今、高額査定が出る絶好のチャンス

車の乗り換え時は、まず車を高く売ることから考えましょう。

買取やディーラー下取りで安くならないために、複数の店で査定しておくことは大切です。

無料一括査定できる「ナビクル車査定」では簡単な入力で査定結果が分かり人気です。

査定だけでも問題なく、1分以内にできるためチェックしておきましょう。

▼ナビクルの公式サイトはこちら

関連記事はこちら

sponsored link




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。

-新車, 自動車

© 2023 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5