アルファード 自動車

【2022年】アルファードの値引き実例まとめ!総額80万円安くするのも可能?

新型アルファードの値引きレポート

このページではアルファードの最新値引き実例、限界額、安く買うコツをまとめました。

アルファードの値引きは、うまくいけばかなり安くすることもできます。

実際に総額80万円以上の値引きができた実例も出ています。

せっかく購入するなら限界まで安く、お得にアルファードを購入しましょう。

リアルタイムで情報をくわしくまとめているので確認してください。

トヨタ新型アルファードの値引きレポート

新型アルファードの値引き情報まとめ

新型アルファードの値引きレポート(タイプゴールド含む)をまとめました。

値引き相場は、現地取材・価格ドットコム・ツイッターのデータを平均算出しています。

リアルタイムで網羅しておりもっとも客観的な数値が分かります。

全体レポート

  • 値引き総額 60万円
  • 値引き限界 100万円
  • 難易度は普通。ミニバンの中では値引きしやすい
  • 競合車はヴェルファイア、エルグラウド

※scパッケージ、sタイプゴールドも含めた平均値となります。
※姉妹車のヴェルファイアの値引き限界は170万円となっています。

アルファードの最新値引き実例

新型アルファードの最新値引き相場
(出典:https://toyota.jp/alphard/

アルファードの最新値引き実例は以下のとおりです。

  • 車体本体値引き 45万
  • オプション値引き 15万円
  • 値引き総額:60万円(オプション込み)
  • 値引き限界額:100万円

オプション値引きを加え、約60万円以上の値引きに持っていけたら合格点です。

過去のモデルで、最高総額で10万円ほどの値引きが出たこともありますが、現時点でこの値引きを引き出すのはやや難しい状況。

アルファードの人気は高く、値引きもカンタンではありません。

購入者の値引き実例


アルファードはモデル末期だから5月には来るっぽい 550万を490万に値引き😂下取りは他で出してもいい条件付き。(引用:ツイッター)
ちなみに現金購入でメーカーとディーラーOP合わせて100万ほど。(引用:ツイッター)

車両本体とオプション込み、さらに現金購入となると総額100万円までは可能であることが分かります。

ミニバンの値引き総額ランキング

  • 1位 トヨタ アルファード 約60万円
  • 2位 日産 エルグランド 約52万円
  • 3位 日産 セレナ 約42万円
  • 4位 ホンダ オデッセイ 約36万円
  • 5位 ホンダ ステップワゴン 約32万円

アルファードはミニバンの中では値引きしやすいクルマです。

値引き実例も多くでていますので、積極的に狙っていきましょう。

アルファードは今買うべきか?

アルファードは今買うべきかどうかについては、結論からすると買うべきでしょう。

最大の懸念である納期についてアルファードは3~4ヶ月と他のトヨタ車と比べても安定供給がされている状況にあります。

モデルチェンジが控えていると言われますが、そうなると納期も不透明になります。

現在は値引きがしやすい状況であり、新車で購入して資産化してしまうのがベストでしょう。

新品のアルファードを手に入れるとその迫力と美しさに心が躍ります。

今後納期がどうなるか分からない以上、アルファードは今すぐ買うべきでこのチャンスを逃さない方が得策です。

アルファードの総額を安くするなら下取りアップが必須

車の下取りアップ

アルファードは人気車種のため、値引きが思ったほど出ない場合もあります。

そのような場合、下取りをアップさせて安く買えるように工夫することが大切です。

ディーラー下取りは安いので注意

ディーラー下取りは安く見積もられやすく何も知らないまま下取られると大きな損失です。

そのため下取りアップを意識して、アルファードの購入金額を抑えましょう。

事前に見積もりを入手して損失を回避

買取専門店はディーラーより高値をつけてくれるため、まずはその見積もりを入手しておきましょう。

無料で見積もりを入手できるサービスはいくつかありますが、クイック査定ができる「ナビクル車査定」はおすすめです。

ナビクルは45秒以内の査定で、査定相場がすぐに分かるためこの情報を手に入れておきましょう。

\45秒で無料クイック査定をする/

 

車を下取りに出すにしても、中古販売店に売るにしても「だいたいの査定結果」を知っておくとかなり有利になるでしょう。

アルファードで限界値引きを引き出すなら販売店を複数まわる

アルファードは直営のトヨタ店、トヨペットやネッツ、カローラ店などすべての販売店で購入できるようになっています。

傾向としては直営のトヨタ店よりも、独立したトヨペットやネッツの方が総額値引きが大きかったという口コミが目立ち、中でもトヨペットは定評があります。

大切なのは"販売店によって値引きが異なる"という点で、いくつかの店をまわって損はありません。

後述するライバル車と競合させるのが面倒な人は、トヨタ系列店をまわり総額が一番安いお店でアルファードを買うのも良いでしょう。

アルファードの値引き交渉の流れ。ライバル車を引き合いに

新型アルファードの値引き交渉の流れ

新型アルファードの値引き交渉の流れを確認していきましょう。

値引きの流れはシンプル

アルファードの値引き交渉は、強力なライバル車と競合させていきます。

具体的には値引きが引き出しやすいヴェルファイアや、直接的なライバルのエルグランドがおすすめです。

「ヴェルファイアの値引きは60万円出たが、それ以上出れば今すぐ契約したい」という進め方がベスト。

販売店もアルファードの値引きは強気ですが、ポイントを押さえた値引きをすれば、よい結果を得ることができるはずです。

新型アルファードの競合車ランキング

新型アルファードの競合車ランキング

新型アルファードの競合車は、同クラスのバンであるヴェルファイア、エルグラウンドが代表的です。

自分が気になる競合車をうまく競わせて、値引き交渉をスムーズに進めていきましょう。

1位 トヨタ ヴェルファイア

新型アルファードの兄弟車であるヴェルファイア。兄弟車同士で競わせることは可能かというと、可能です。
さらに、同じトヨタであっても、違う販売店同士で競わせることがポイントになります。

基本はトヨタ店、トヨペットやネッツ、カローラ店とありますので、まずは同じ店で兄弟車同士を競わせて、満足できなければ他の店で競わせると完璧です。

2位 日産 エルグランド

日産エルグランドは、新型アルファードの直接ライバルとなる車です。

人気としては新型アルファードの方に分がありますが、絶対的優位性を確保しているとは言えません。日産エルグランドを新型アルファードに当てることは、有効な戦法です。

アルファードを買う人の年収は?お金がなくても購入する人は多い

「アルファードを買う人の年収は?」
「自分が買っても大丈夫?」

アルファードは有名人からも人気があり、高年収の人が買っている印象があるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

アルファードを買う人の年収は決まっておらず、年収があまりない方からも人気です。

軽自動車に乗っていたけど、家族が増えたのでレンタルした時に乗り心地が良かったアルファードが欲しい。

年収が低い人からも人気の理由は以下の通り。

  • 廉価グレードがあり352万円~から購入可
  • ものが良い
  • 高リセールが期待できる

アルファードは一番高いグレードで742万円、人気のタイプゴールドで424万円かかりますが、エントリーモデルは352万円~となります。

ガソリン車であれば新車総額で500万円を切って購入されている人もいて、同じトヨタのヴォクシーやノアよりも割安感があります。

アルファードは現在、高リセールが期待できる状況にあり、資産として考えれば損失はなく、気軽に買いやすいのもべストセラーになっている理由です。

アルファードのリセールバリューをチェック

新型アルファードのリセールバリューをチェック

値引きと共に重要なのが、新型アルファードのリセールバリューです。

買う前から売り値を気にするのは変だ、とも思われるかもしれませんが、新型アルファードのリセールバリューは非常に高いので、大きな恩恵を受けられます。

以下、新型アルファードのリセールバリューの高い色・グレードを紹介します。

リセールバリューの高い色

新型アルファードの人気色ランキングは以下の通りになります。

  • 1位 ホワイトパールクリスタルシャイン
  • 2位 ブラック
  • 3位 スパークリングブラックパール
  • 4位 ラグジュアリーホワイトパール
  • 5位 グラファイトメタリック
  • 6位 ダークレッドマイカメタリック
  • 7位 スティールブロンドメタリック

アルファードでリセールバリューの高い色は、白か黒が鉄板になっています。

上位の2色はリセールが高いだけでなく、単純に人気のある色です。

リセール的には同系統の4位までがおすすめです。

リセールバリューの高いグレード

  • 1位 2.5 SCパッケージ
  • 2位 2.5 S
  • 3位 2.5 SAパッケージ
  • 4位 2.5 X
  • 5位 2.5 ハイブリッドS

ハイブリッドよりも、ガソリン車の方がリセールバリューが高いという結果ですが、あまり差はありません。

意外な点としては、最高仕様であるエグゼクティブラウンジシリーズのリセールバリューが予想以上に低いということ。

必ずしも高価格=高リセールというわけではなく、バランスの取れたグレードの評価が高いといえるでしょう。

新型アルファードの値引き実例のまとめ!

あらためて、新型アルファードの値引き情報を振り返ります。

  • 値引き目安は総額で60万円
  • 限界値引きは100万円
  • 値引き難易度は普通
  • 競合車はヴェルファイア、エルグランド
  • おすすめグレードはSCパッケージ
  • 限界額を引き出すには下取りアップが必要

アルファードは人気車のため、ネット上の大幅値引きできるという触れ込みには要注意。

今回挙げた工夫を意識して、すすめていきましょう。

限界を目指すなら下取りアップが必要ですが、無料のクイック査定を利用し、だいたいの査定結果を押さえておきましょう。

\45秒で無料クイック査定をする/

大幅値引きするのはもちろん、今ある車を高く買取ってもらうことも大切です。

アルファードは高価なので値引きと下取りアップを組みあわせて総額を抑えたいところ。

後悔をしない買い物をしてアルファードのある生活を満喫していきましょう。

The following two tabs change content below.

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。ウォルターインターナショナル合同会社運営。

-アルファード, 自動車

© 2022 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5