新型アルファードの値引きレポート

LLクラスのバンでは、圧倒的な人気を誇るトヨタ新型アルファード。2018年にマイナーチェンジを完了し、さらに人気が高まっています。

値引き相場は35万~38万円、限界額は90万円と一定の値引きが期待できます。

せっかく購入するなら限界まで値引きを行い、お得にアルファードを購入しましょう。

ここでは、新型アルファードの値引きについて全情報をご紹介していきます。

ぎぶさんぎぶさん

ネット上の大幅値引きできるという触れ込みは要注意。人気車ゆえにディーラーも強気ですが、ポイントを押さえれば値引きできます!

トヨタ新型アルファードの値引きレポート

新型アルファードの値引き情報まとめ

早速ですが、新型アルファードの値引きの全体レポートをまとめました。

全体レポート

  • 値引き相場はオプション込みで35〜38万円。
  • 値引き限界は90万円。
  • 難易度は普通。ミニバンの中では辛口。
  • 競合はヴェルファイア、オデッセイ。

アルファードはリセールバリューも高く、グレード選びまで押さえると完璧です。

それでは新型アルファードの値引き相場に関して、くわしくみていきましょう。

新型アルファードの最新値引き相場

新型アルファードの最新値引き相場
(出典:https://toyota.jp/alphard//

  • 値引き相場:35万~38万円(オプション込み)
  • 限界値引き:90万円

オプション値引きを加えて、約35万円以上の値引きに持っていけたら合格点です。

過去のモデルで、最高で90万円ほどの値引きが出たこともありますが、現時点ではこの値引き額を引き出すのは難しい状況。

それほどアルファードの人気は高く、値引きはカンタンではありません。

同タイプの車体値引きランキング

  • 1位 日産 セレナ 約50万円
  • 2位 日産 エルグランド 約40万円
  • 3位 ホンダ オデッセイ 約36万円
  • 4位 ホンダ ステップワゴン 約32万円
  • 5位 トヨタ ヴェルファイア 約30万円
  • 5位 トヨタ アルファード 約30万円

アルファードは値引き相場としては下位に位置しています。人気の高い車種ですので、値引額についてはディーラーも強気です。

しかし、値引きできないわけではなく、値引き実績は多く出ていますので、オプションと合わせて値引きしていきましょう。

アルファードの取扱販売店

トヨペット、カローラ、ネッツ

※現在は、トヨタモビリティに統合されているところがあります。

アルファードは値引きしやすい時期を狙う

新型アルファードは値引きしやすい時期にするのが原則

新型アルファードに限らず、自動車には値引きが期待できる時期が存在します。それはボーナス時期と決算時期です。

ボーナスや決算シーズンは値引きが持ちかけやすい

ボーナス商戦(6・7月、12月)の時期は、財布の紐が緩いうちに、できるだけ成約してもらおうと、各ディーラーが一斉に値引きをしかけてきます。

また、決算時期(3月、9月)は、ディーラ側も台数を多くさばかなければならず、ここでも大幅値引きが期待できます。

この時期は「決算大セール」「大商談会」といった”のぼり”が高確率で立てられますが、このタイミングで値引きを持ちかけるとディーラーも反応してくれます。

アルファードのような人気車は、販売店に値引きの受け入れ体制があるかどうかも大切。

「値引きをしてあげますよ」というタイミングを狙いましょう。

今すぐ購入する場合は下取りアップが必要!

車の下取りアップ

新型アルファードは、かなりの人気車種ですので、状況によっては値引き額が思った以上に引き上がらないことが想定されます。

そのような場合、無理に値引き交渉するのではなく、下取りアップの交渉に切り替えることも一つの手法です。

ディーラー下取りは安いので注意

基本的にディーラー下取りは安く見積もられています。

何も知らないまま、安い金額で下取られると大きな損失です。下取り価格をアップは、値引き額をアップさせていることと同じ価値があります。

下取りアップさせる方法はカンタンで、見積もりを入手しておくだけです。

事前に見積もりを入手し、大幅な損失を回避

見積もりを入手するには、無料の「かんたん車査定ガイド」を利用するのが定番です。

「かんたん車査定ガイド」であれば、ネット上で最短1分で複数の見積もりが入手できます。

ここで入手した見積もりを元に、新型アルファードの下取り価格をチェックすると大幅な損失を防ぐことができます。

新型アルファードの値引き交渉の流れ。強力なライバル車を引き合いに出すのが基本

新型アルファードの値引き交渉の流れ

新型アルファードの値引き交渉の流れを確認していきましょう。あらためて、新型アルファードの値引き相場をみていきます。

  • 値引き相場はオプション込みで35〜38万円
  • 限界値引きは90万円
  • 値引き難易度は普通

ベストなタイミングで競合車と競合させる

新型アルファードの値引き交渉は、強力なライバル車と競合させていきます。

具体的には値引きが引き出しやすいヴェルファイアや、リーズナブルで高級感の高いオデッセイがおすすめです。

「ヴェルファイアの値引きは30万円出たが、それ以上にしてくれれば今すぐ契約したい」という進め方がベスト。

値引きシーズンに足を運び、かつ契約の意思を示して値引きするのがよいでしょう。

販売店もアルファードの値引きは強気ですが、ポイントを押さえた値引きをすれば、よい結果を得ることができるはずです。

新型アルファードで値引きしたいオプション

新型アルファードで値引きしたいオプション

アルファードで限界値引きを目指すなら、オプション値引きは重要です。

本体値引き交渉が限界に達したと感じた後に、オプション値引き交渉を行いますが、自分が必要なオプションを決めておきましょう。

以下はアルファードで必須レベルのオプション一覧です。

新型アルファードで必須レベルのオプション(税別)

  • T-Connnectナビ 10インチモデル ¥272,500
  • 10.9インチモデル 後席ディスプレイ ¥95,000
  • ドライブレコーダー ¥57,500
  • ETC2.0ユニット ¥30,000
  • 10.9インチ セーフティーモニター¥30,000

ナビは社外品にすることで費用を押さえる方法もありますが、トヨタはT-Connnectナビの評判が良く、まずはダメ元で値引き交渉してみるのも手です。

定番のエクステリア・インテリアオプション(税別)

  • フロアマットセット(ロイヤルタイプ) ¥82,000
  • 室内カーテン(遮光機能付き) ¥52,000
  • 革調シートカバー ¥138,000
  • 9インチ アルミホイール&タイヤセット¥337,000
  • エアロパーツ&マフラーセット ¥395,000

ディーラ―オプションの値引きはディーラーに裁量があるので、購入を迷っているものは値引きを持ちかけてみましょう。

オプションをプラスすることで、自分好みの新型アルファードにアップデートできますよ。

新型アルファードの競合車ランキング

新型アルファードの競合車ランキング

新型アルファードの競合車は、同クラスのバンであるヴェルファイア、オデッセイ、エルグラウンドが代表的です。

自分が気になった競合車をうまく競わせて、値引き交渉をスムーズに進めていきましょう。

1位 トヨタ ヴェルファイア

新型アルファードの兄弟車であるヴェルファイア。トヨタ同士、さらには兄弟車同士で競わせることは可能かというと、可能です。この場合、同じトヨタであっても、違う販売店同士で競わせることがポイントになります。

同じトヨタでも、店舗が違えば資本が違ったり、場合によっては同資本であっても、店舗同士で競い合っています。

店舗が違うかどうかは、ホームページをチェックして運営会社の名前が違えばOK。

むしろ、トヨタ車購入の意思が高い見込み客として、最大限の値引き額を引き出せる可能性もあります。

2位 ホンダ オデッセイ

新型アルファードと並び、根強い人気を確保しているの高級バンがホンダオデッセイです。

新型アルファードほど尖った印象はなく、落ち着いた雰囲気ですが、オデッセイは新型アルファードよりも燃費が優れ、さらに高いコストパフォーマンスを誇っています。

販売員に対し、価格で悩んでいるという説明で値引き交渉は通用するでしょう。
新型オデッセイの最新値引きレポート

3位 日産 エルグランド

日産エルグランドは、新型アルファードの直接ライバルとなる車です。

人気としては新型アルファードの方に分がありますが、絶対的優位性を確保しているとは言えません。日産エルグランドを新型アルファードに当てることは、有効な戦法です。

新型アルファードのリセールバリューをチェック

新型アルファードのリセールバリューをチェック

値引きと共に重要なのが、新型アルファードのリセールバリューです。

買う前から売り値を気にするのは変だ、とも思われるかもしれませんが、新型アルファードのリセールバリューは非常に高いので、大きな恩恵を受けられます。

以下、新型アルファードのリセールバリューの高い色・グレードを紹介します。

リセールバリューの高い色

新型アルファードの人気色ランキングは以下の通りになります。

  • 1位 ホワイトパールクリスタルシャイン
  • 2位 ブラック
  • 3位 スパークリングブラックパールクリスタルシャインガラスフレーク
  • 4位 ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
  • 5位 グラファイトメタリック
  • 6位 ダークレッドマイカメタリック
  • 7位 スティールブロンドメタリック

アルファードでリセールバリューの高い色は、白か黒が鉄板になっています。

上位の2色はリセールが高いだけでなく、単純に人気のある色です。リセール的には同系統の4位までがおすすめです。

リセールバリューの高いグレード

  • 1位 2.5 SCパッケージ
  • 2位 2.5 S
  • 3位 2.5 SAパッケージ
  • 4位 2.5 X
  • 5位 2.5 ハイブリッドS

ハイブリッドよりも、ガソリン車の方がリセールバリューが高いという結果ですが、あまり差はありません。

意外な点としては、最高仕様であるエグゼクティブラウンジシリーズのリセールバリューが予想以上に低いということ。

必ずしも高価格=高リセールというわけではなく、バランスの取れたグレードの評価が高いといえるでしょう。

新型アルファードの値引き情報の総まとめ!

あらためて、新型アルファードの値引き情報を振り返ります。

  • 値引き相場はオプション込みで35〜38万円。
  • 限界値引きは90万円。
  • 値引き難易度は普通。
  • 競合車はヴェルファイア、オデッセイ、エルグランド。
  • おすすめグレードはSCパッケージ
  • 限界額を引き出すには下取りアップが必要。

アルファードは人気車であり、ネット上の大幅値引きできるという触れ込みには要注意。

今回挙げた工夫を意識して、すすめていきましょう。

限界を目指すなら下取りアップが必要ですが、無料の「かんたんクルマ査定」を利用しておき、ディーラー下取り価格とかけ離れていたら、交渉したり、他で売ることも検討しましょう。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

クルマ査定は無料で、1分以内にできます。

カンタンにできることから始めて、アルファードの値引きの流れをつくっていきましょう。

 

スポンサーリンク