Pocket

車の値引き交渉ガイド

はじめまして。ぎぶさん(@give333)です。

新車を購入する際、必ず行いたいのが「値引き交渉」です。

車の値引き交渉はもやは常識と言われていますが、初めての場合は戸惑う可能性があります。

ディーラーの営業マンも値引きについては熟知しているため、ネットや雑誌の断片情報だけでは簡単にはいかないという現実があります。

ただ、値引き交渉にはきちんとした手順があります。

インターネットはさまざまな情報があふれますが、大切なのは基本を押さえることです。

このページでは車の値引きで本当に必要な情報だけをまとめています。

ボリュームがあるので、保存か印刷をし、最後のQ&Aもふくめお役立てください。

車の値引き交渉でよくあるケース

cardiscount8

値引き交渉については、個々のお客様それぞれに対応していては営業マンもやりきれません。

そこで表向きには下記の対応が考えられます。

・値引きは一律で~円。

値引きをする場合はあらかじめ決められた金額、という返答が基本になります。

特に人気の車種の場合は、値引きは難しいと考えられます。

ただ、これらは表向きの考え方に過ぎません。

車の値引き交渉の基本とポイント

車の値引き交渉のコツは、ライバル車を引き合いに出し、「本命とどちらを買うか迷っている」ことを伝えることです。

つまり競合させて割引を狙うわけです。
定番の手法ですが、今も昔も有効であることは代わりありません。

車の場合のポイントとしては、

  • 本命の車と競合する他メーカーの車の見積もりを取って競合させる。
  • 販売系列の違うところがあれば、そこでも見積もりを取って競合させる。

無理のない範囲で見積もりを取っておき、競合させることが大切です。

ただ、最近ではディーラ―もこうした手法は熟知しているため、注意が必要になります。
そこで、絶対に失敗しないための流れとポイントを以下にまとめました。

ライバル車の見積もりをもらう

まず、自分の本命の自動車のライバル車にあたる自動車の見積もりを入手しましょう。

ここでは本命の車を引き合いに出し、なるべく値引きされた見積もりを貰うのが理想です。
最悪、ライバル車の価格情報をメモするだけでも問題ありません。

できる限り、ライバル車の情報を知ろうとすることが大切になります。

本命とライバル車で迷ってると伝える

次に本命の車に対しては、「ライバル車とどちらにするか迷っている」とディーラ―に伝えましょう。ライバル車も見に行って、見積もりを取っていることを伝えて下さい。

なお、ライバル車の見積もりは見せる必要はありません。

他社の見積もりを見せる行為は心証を悪くすることがありますし、見積もりだけ見せて「安くして」と言って、安くしてくれるほどディーラーも単純ではありません。

大事なのはあくまでも、本気でライバル車と迷っていることが伝われば良いのです。

その上で、本命車を値引きしてくれれば、購入するというのが値引き交渉の本質です。

この点を踏まえて、以下の注意点さえ気をつければ値引きは上手くいきます。

新車を値引きする時の注意点

新車値引きの注意点

最初から値引きの話はしてはいけない

ここからは注意点ですが、最初からディーラ-に値引きの話をしてはいけません。

早い段階で値引きの話をするのは心証が悪くなるのでやめましょう。あるていど、ディーラーの話を聞いてから切り出すのが得策です。

よく一日目は話を聞き、二日目に交渉するというテクニックがありますが、そこまで待たなくても大丈夫ですが、慎重なほうが成功の確率は上がります。

こちらの情報は絶対に出してはいけない

値引き交渉の場では「自分の予算」を伝えないことが大切です。

相手に「予算」が知られると、ディーラーのペースとなって、値引き幅が限定されます。このように、こちら側の情報は必要以上に伝えないようにしましょう。

値引きの場では、ペラペラと話しすぎないように気をつけてください。

車を買う意思をしっかり伝えよう

車を本気で買いたいという気持ちを伝えれば営業マンも乗ってきます。

買いたいという気持ちと共に、お金は限られてしまっている旨をディ―ラ―には伝えましょう。

その上で他店の見積もりの話をすれば、値引きの話もスムーズに行きます。

必要なオプション類は決めておく

本体価格の値引きが難しい場合、値引きを引き上がる要素としてオプション割引があります。

そのため、新車を購入する場合は、オプション(装備)はどんなものを買うか? イメージしておきましょう。

ちなみに大幅な値引きが期待できるのはディーラー報酬が高いオプション。
例えば、以下の通り。

・カーコーティング
・上級ナビ

また、もしオプションの値引きをする場合は、絶対に最初に言わないで下さい。最初にオプション値引きが成立すると、本体価格の値引きに組み込まれる恐れがあるからです。

営業マンも他店より高ければ値下げに応じる

car-nebiki

営業マンの仕事は「車を売る」ことです。

本当に買う意思のお客様であれば、上客であることは間違いありません。

したがって、車の値引き交渉をする時には、他店の情報を伝えることが確実な手段になります。

ライバル店の価格情報というのは、営業マンさんも欲しているところなので、この方法で値下げ交渉をしても嫌がられることはありません。

値引き競合のやりすぎは注意

アフターフォローでお世話になる場合もあるため、値下げ交渉を何度も何度も繰り返すのはひかえましょう。自分の中で落とし所が見えたら引くバランスも大切です。

そこまで意識できれば車の値引き交渉で失敗することはありません。

車の値引きをする時期について

基本は即行動で大丈夫

一般的に車の値引きは決算期の3月と9月、ボーナス商戦の12月が有効と言われます。

ディーラーにもノルマがあり、上記が有効なのは事実ですが、とらわれ過ぎてはいけません。

車の値引き交渉においては当人のモチベーションが最優先されるべきであり、「車を買いたい」「値引きしたい」と思ったら、即行動で問題ありません。

ネット上に溢れる細かいテクニックに振り回されないようにしましょう。

車種別の値引き相場と手順

以下では、車種別の値引き相場と手順をまとめたリンクとなっています。

自分が購入したい車がなくても、似た車であれば手順は同じなので参考にしてください。

軽自動車(あいうえお順)

N-BOXの値引き / N-VANの値引き / S660の値引き / アルトの値引き / シフォンの値引き /
ジムニーの値引き / デイズの値引き / ハスラーの値引き / プレオプラスの値引き /
ミライースの値引き / ミラトコットの値引き /

コンパクトカー

カローラスポーツの値引き / クロスビーの値引き / スイフトの値引き / ソリオの値引き /
タンクの値引き / デミオの値引き / トールの値引き / ノートの値引き / リーフの値引き /
ルーミーの値引き /

SUV

C-HRの値引き / CX-5の値引き / ヴェゼルの値引き /

ミニバン

エスクァイアの値引き / シエンタの値引き / ステップワゴンの値引き / セレナの値引き /
ノアの値引き / フリードの値引き /

セダン・他

アクセラの値引き / インサイトの値引き / プリウスの値引き / シャトルの値引き /

 

下取り査定額を引き上げてさらに得する方法

car--nebiki

新車を値引きすることができたら、最後に車の下取りの査定額を上げてもらいましょう。

こちらは非常に見落としがちなポイントになるため、注意して下さい。

たとえ値引きが成功しても、下取りが安くなってしまっては元も子もありません。

下取りの査定額についても、値引きと同様に言い値で受け取らないことがポイントです。

どういうことか? 具体的に説明していきます。

下取り査定価格は上げられる

車の下取り査定価格というのは、かなり低く見積もられていると言われます。

なぜかというと、営業マンが交渉の手段で利用できるからです。

「下取り査定価格を特別にアップしますのでご契約頂けませんでしょうか?」

というように、お客さまにお得感を与えて契約を結びつけようとするわけです。

ここでのポイントは、下取り査定価格というのは低く見積もられている可能性があること。
そして、高くできる余地があるということです。

下取り査定価格を上げるにはデータを用意する

下取り査定価格を上げるやり方は、車の値引き交渉の際とまったく同じです。

一言で言えば、提示された下取り査定価格以上のデータを用意すれば大丈夫です。

下取り査定価格の高いデータを用意するには、ネットの一括査定サービスを利用することがおすすめです。

わざわざ店舗に足を運ばずに、カンタンに時間をかけずに見積もりが入手できますよ。

車の一括査定サービスを選ぶコツ

車の一括査定サービスは沢山ありますが、おすすめなのは「かんたん査定ガイド」です。

公式サイトには”今すぐ32秒で査定”と書かれるほど、かんたんさと早さが魅力です。
一括査定は今すぐ知りたいものなので、有名かつ早いところがベストです。

「一括査定サービスに申し込むと勧誘の電話が鳴るから嫌だ」

と思う方もいるかもしれませんが、かんたん車査定ガイドではしつこい勧誘もありません。

こうしたネットの一括サービスを利用すると良いでしょう。

くわしくは以下でも解説しているので、チェックしてみて下さい。
ディーラー下取りのメリットと査定額をアップさせる方法

一括査定サービスの結果を上手く生かす

一括査定サービスで下取り価格を用意しておいて、生かすことが大事です。

営業マンが提示した査定額と、一括サービスの査定額に大きな食い違いがあれば査定額を上げてもらえる可能性は高いです。

また、あらかじめ見せておけば不当な金額で下取りされるリスクを防げます。

見積もり価格は10万円単位で変わることもあり、車を安く買うポイントになります。

自動車の値引きはシンプルに考えれば上手くいく

車の値引きについては、さまざまなテクニックや裏技と呼ばれる方法も出回るようになりました。しかし、あくまでもシンプルに行うのが鉄則です。

情報をつめこむと失敗したり、気持のよい買い物につながらなくなる恐れがあります。

また、ケースバイケースなので、他人の値引き情報が役立つとは限りません。

当ページの情報で、値引きの必要情報は全てそろっています。無理はせずポイントだけ押さえて交渉していきましょう。

車の値引きに関するQ&A

ずばり車の値引きの極意とは何?

雑誌やネットでさまざまな値引き体験が書かれていますが、それを真似したからといって上手くいくとは限りません。

それよりも、想像以上に上手くいかないといったケースがほとんどでしょう。

値引きの本質はディーラーとのコミュニケーションにあります。

つまり、

  • ディーラーが自分に売る気があまりない。
  • ディーラーとの相性が悪い。

ような場合は何をやっても上手くいきません。

そのため、販売店に行って「自分には売る気がないな」「ディーラーと相性が悪いな」と感じた場合は、引きさがってしまうのも一つの手です。

特に迷っているのに挨拶の一つもないようであれば、話になりません。

逆にディーラーが売る気があって、相性が良ければ、たとえ相手が上の立場ではないとしても、何とか値引きしようとしてくれるはずです。

このように、車の値引きの本質にはディーラーとのコミュニケーションがあることを知っておくと、無駄がなくなり全てがスムーズ流れるでしょう。

オプション値引きはどうやれば良いの?

オプション値引きは、値引き限界額を引き出す上では大切になります。

ただし、特別むずかしいことはありません。

やるべきことはカンタンで、あらかじめ自分が購入を決めていたオプションについて値引きを打診するだけです。

あらためて大切なことは以下の通りです。

・事前にしっかり購入するオプションを調べておく。
・本体価格の値引き交渉が終わった後に打診する。

ディーラーからは、「このオプションを買ってくれれば値引きします」という提案のされかたをすることがありますが、事前に調べていれば対応できます。

つまり、自分がどういうオプションを購入したいか?しっかり調べてイメージしておくことが肝心です。

あとは、適切なタイミングで値引きを打診していきましょう。

その他、車の値引き情報はこちらもチェック!!

値引き情報

基本的な値引きについては上記の通りですが、更に補足情報があります。

下記を押さえれば値引きに関する全ての情報を把握することができます。

興味のある項目だけでも、ぜひご確認下さい。

中古車の値引きについて

新車とは異なり、中古車では値引きができるの?と疑問に思う人もいるかもしれません。

実際に中古車の値引きは難しい側面があるのは事実です。

しかし、工夫次第では値引きすることも可能です。
さらに、中古車では値引き以外でも、「安く買うコツ」があります。

中古車の購入を検討されている方は、ぜひチェックしておきましょう。

中古車の値引きの交渉方法まとめ

新車の値引き相場とは?

そもそも新車の値引き相場はどのくらいなのか?知っておきたいところではないでしょうか。

実は新車には値引き相場があり、さらに限界値引き相場と呼ばれるものがあります。

そこで、値引きを高めるには「時期」「オプション」「交渉法方法」「下取り」など。
いくつか注意しなければならないポイントがあります。

新車の値引きをされる方は、関連記事をぜひチェックしておきましょう。

新車の値引きはどのくらいが相場なのか?徹底検証

車のオプション割引

車の値引きには大きく分けて、「本体割引」と「オプション割引」があります。

初心者の方の場合、複雑になるので本体割引だけがおすすめですが、慣れてきたらオプション割引も挑戦してみることがおすすめです。

ただ、オプション割引をするとその分、本体割引率が甘くなってしまうなど注意点があります。

さらに、オプションの中には割引できないものも存在しています。

「本体割引」も「オプション割引」もどちらもしっかり行いたい!という場合は、ぜひ関連記事を確認してみて下さい。

メーカーオプションとディーラーオプションは値引き可?違いは?

展示車や試乗車の値引きについて

誰もが一度は気になる「展示車」や「試乗車」の値引きについて。

これらは値引きでき、安く変えるのではないか?と思う方も多いのではないかと思います。

「展示車」や「試乗車」にはそれぞれ役割があり、簡単には割引購入できない側面があります。

しかしながら、計画を立てて工夫を凝らすことで値引き購入できるケースがあります。

簡単ではありませんが、下記では展示車や試乗車の値引きの値引きの仕組みについて解説しています。興味のある方はご確認下さい。

展示車や試乗車の購入や値引きは可能か?徹底解説!

車の値引きにベストな時期の詳細

車の値引きにベストな時期はいつか?という話は値引きで良く挙がるテーマです。

結論としては時期によって大きな差はなく、買いたいと思った時に買うのがベストです。

しかし、ボーナスの時期や決算の時期になると値引きしやすくなる、という話が広まったことにより、値引きを持ちかけやすい時期は存在しています。

ディーラーも販売ノルマを抱えていることもあり、決算の直前ではそうした場合は値引きしやすいのも事実でしょう。

気にし過ぎる必要はありませんが、基本的な情報は確認しておくと良いでしょう。

車の値引きにベストな時期はいつ?安い買い時のまとめ

車購入時にカットできる諸費用

車を安く買うには「値引き」が最も近道ですが、それ以外に「諸費用をカットする」という方法があります。実は、さまざまな諸費用をカットすることができ、これらを実行することで更にお得になります。

カットできる費用は主に、下記の通りです。

  1. 車庫証明費用(1万円~1万5,000円)
  2. 納車費用(1万円~1万5,000円)
  3. 下取り査定料(5,000円~1万円)
  4. 下取車手続き代行費用(5,000円)

上記に関しては、誰かに頼むのではなく自分でもできることです。

車庫証明書は、流れを抑えておく必要がありますが、それ以外は難しいことはありません。

多少の手間を書けても車を安く買いたい!という場合はぜひ押さえておきましょう。

車購入時にカットできる諸費用まとめ!いくら節約できるのか?

値引きをする上で人気車の特徴を知っておこう

基本的な車の値引きの流れは、ここまでを見ておけば問題ありません。

ただ、より優位に車の値引きをしたい場合、人気車の特徴を知っておくと有効です。

各ジャンルにおける人気車について認知しておくと、値引きの際に引き合いに出すことができて有利です。

下記には、ジャンルごとの人気車の特徴をご紹介しますので、もし余裕がある場合はチェックしておきましょう。

いずれも最高評価をつけられる車種であり、ライバル車として重宝します。

軽自動車の人気車

ホンダ新型N-BOXの評価
スズキ新型アルトの評価

SUVの人気車

トヨタ新型C-HRの評価
ホンダ新型ヴェゼルの評価

コンパクトカーの人気車

マツダ新型デミオの評価
スズキ新型スイフトスポーツの評価
ダイハツ新型トールの評価

ミニバンの人気車

トヨタ新型シエンタの評価
トヨタ新型フリードの評価

ワゴン車の人気車

ホンダ新型シャトルの評価

電気自動車の人気車

日産新型リーフの評価
日産新型ノートe-POWERの評価
日産セレナe-POWERの評価

値引きで人気車種を引き合いに出すのは効果的

車の値引きにおいて、ライバル車と競合させながら値引きするのは定番ですが、人気車種を引き合いに出すのが最も効果的です。

例えば、軽自動車の購入を考えるのであれば、売上ナンバーワンのN-BOXを引き合いに出せば、ディーラー側も負けられないという気持ちになります。

また、SUVであれば圧倒的な人気をほこるC-HRを引き合いに出すと効果的です。

このように、各ジャンルにおける人気車種と特徴を知っておくと、値引きがスムーズになるため、上級者を目指す方は抑えておきましょう。

燃費やグレードの情報まで抑えておけば完璧

値引きする上で、自分が購入したい車とライバル車の「燃費」や「グレード」を把握していると、完璧と言えます。

車の値引きをすると言ってもグレード間の差があり、「このグレードとこのグレードで迷っているが、こっちが買いたい」というように、細かな値引き交渉ができます。

また、燃費情報を知っておけば、「あちらよりも、こっちの方が燃費が悪い分安くして欲しい」という交渉も可能です。

このように客蕎麦に知識があると、ディーラー側にとって負担がかからず、スムーズに移行しやすいと言えるでしょう。