ノア 自動車

トヨタ新型ヴォクシーの人気色・カラーまとめ!全6種のラインナップでおすすめは?

トヨタ新型ヴォクシーの人気色・カラー

ミニバンの中でもトヨタのヴォクシーは、国内屈指の人気をほこる車です。

新型が登場して、今までとは違うエクステリアや性能にも注目が集まっています。

ヴォクシのボディカラーはシックな色合いが多いですが、微妙にニュアンスが異なるので迷う人もいると思います。

このページではヴォクシーの人気カラーをまとめ、色選びのポイントをご紹介します。

ヴォクシーの見た目と色の特徴

トヨタ新型ヴォクシーの人気色・カラー

ヴォクシーは、ファミリー向けやレジャーにもピッタリなゆったりサイズのミニバンで、モデルチェンジによって見た目が大きく変わりました。

新しくなった外観と、人気の色の傾向について確認しておきましょう。

見た目はクールな印象にオラオラ感がプラス

マッシブグレー

ヴォクシーは前モデルと比べ、アグレッシブで大型のフロントグリルがまず目につきます。幅と高さがあり、力強い印象を与えています。

元々はクールでスポーティーなイメージの車ですが、アルファードのようなオラオラ感が増しました。

全体としては、クールで重厚な印象を高めるブラック調のボディカラーが人気です。実際に全7色のうち3色がブラック調となっています。

グレード別の見た目の違い

ヴォクシーは、福祉車両を除けばガソリン車とハイブリッド車にそれぞれ2グレードずつ用意されています。

上級グレードの「S-Z」のハイブリッド車のみ、タイヤは17インチと1サイズアップし、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装をすることで高級感が増しています。

細かい点をのぞくとグレードごとの見た目の違いはありません。

ボディカラーは7種のラインナップ

 名称 色 料金
ホワイトパールクリスタルシャイン33,000円
メタルストリームメタリックなし
マッシブグレー濃灰なし
アティチュードブラックマイカなし
スパークリングブラックパール
クリスタルシャイン
黒紫
(光沢あり)
33,000円
グリッターブラックガラスフレーク
(ラメ入り)
33,000円

人気カラーの傾向は?

ヴォクシーは重厚感と高級感があるミニバンで、軽めの印象を与える色よりも落ちついた色が好まれる傾向にあります。

多くのオーナーが「アティチュードブラックマイカ」を選び、このモデルならではのイメージを考えると、ブラック系がやはり人気です。

トヨタ新型ヴォクシーの人気色・カラーのランキング

トヨタ新型ヴォクシーの人気色・カラーのランキング

ここからはヴォクシーの人気色をランキング形式で紹介していきます。

人気ベスト6は以下のとおりです。

人気色ランキング

1位:アティチュードブラックマイカ
2位:グリッターブラックガラスフレーク(+ 33,000円)
3位:ホワイトパールクリスタルシャイン(+ 33,000円)
4位:メタルストリームメタリック
5位:マッシブグレー
6位:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(+ 33,000円)

ヴォクシーの人気カラーはブラック系となりますが、3色用意されているためどうしても人気が分散されています。
そのためベスト3には「ホワイト」がランクイン。

同じブラック系でも、いくつかの異なる色が用意されていますので、その違いを見ながら人気カラーランキングをチェックしてみましょう。

1位:アティチュードブラックマイカ

アティチュードブラックマイカ

ブラック系の中でもアティチュードブラックマイカは、安定した人気をほこり最も多くのオーナー様が選ばれています。

ギラギラとした黒ではなく落ちついた色ですので、ヴォクシーの高級感がより一層漂うものとなっています。
よく見るとブルーも入っているので重すぎるということもありません。

アグレッシブな新型ヴォクシーのデザインにも合っていて、ワンランク上の高級感があります。

他のブラック系と違って有料色ではないのも人気の理由。また、ブラックは無難な色でもありますので、リセールバリューが高いというのも選ぶ人が多い理由です。

本色はコストパフォーマンスにも優れ非常に手堅い選択になるでしょう。

2位:グリッターブラックガラスフレーク

グリッターブラックガラスフレーク

ブラック系の中でも、ラメが散りばめられているため、光を受けるとところとそうでないところの対照があるのが特徴です。

見た目は「アティチュードブラックマイカ」とほとんど変わりませんが、新色ということで高い人気をほこります。
光が当たるとグレーっぽくも見えるので重すぎないのもポイントです。

落ち着いたイメージも出してくれて、ファミリー層にもピッタリでしょう。
リッチな雰囲気があって質感も高く、追加費用をかけてもこの色を選ぶ人が多いのも納得できます。

3位:ホワイトパールクリスタルシャイン

ホワイトパールクリスタルシャイン

公式発表で人気3位となっているのが、ホワイトパールクリスタルシャインです。

ブラック系が3色に分かれているため、販売台数で見ると人気が分散していることからホワイトのランキングが高くなっています。

清潔感でさわやかな印象で、いわゆる外れのないカラーリングです。
あらゆる年代層から好まれる色で、ファミリー層からも支持されやすいことからヴォクシーでも需要は高いです。

高級感があり落ちついた絶妙なクリームの入り方もトヨタならではというところで、安っぽいホワイトの印象はゼロ。
ソフトでありながらもヴォクシーらしいスポーティーな雰囲気が良く出ています。

ヴォクシーは明るい色が少なく、ホワイトはパールクリスタルシャインしかありませんので、ホワイト系ならこれ一択でしょう。

4位:メタルストリームメタリック

メタルストリームメタリック

メタルストリームメタリックは、クールでメカっぽい印象を与えてくれる配色です。

落ち着いた色合いなのですが、高級感もあって特に若い世代から好まれるお洒落なカラーとなっています。

金属的な感じが、シャープなフロントデザインと合ってブラックとはかなり違う雰囲気を作り出しています。

定番の色で汚れも目立ちにくいので外れのないカラーとなります。

5位:マッシブグレー

マッシブグレー

モノトーンばかりのヴォクシーの中で、一番色味があるのがマッシブグレーです。
グレーとは言いますが、ブルーが入っているので、見る人によっては青緑系のカラーと表現することもあるでしょう。
モノトーンの中でより明るさの出てくる色となりますので、ファミリー向けの色合いと言えます。

6位:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」は、人気がないわけではありませんが、ブラック系では「アティチュードブラックマイカ」と「グリッターブラック」の需要が高く、有料色(+ 33,000円)のため順位となっています。

ブラック系の中でもパールが散りばめられているので、洗練された華やかな印象が強いでしょう。

あまり重厚すぎるのは避けたいという人や、女性でブラックを選びたい方にピッタリのカラーといえます。

本色はトヨタの他の車でも人気色となっているので安心して選べます。

ヴォクシーの新色「グリッターブラックガラスフレーク」とは

ヴォクシーを購入される方で、「アティチュードブラックマイカ」と「グリッターブラックガラスフレーク」の違いが分からないという声がよく挙がります。

実際に肉眼で見てもこの二つは大きな違いがありません。
その上で新色である「グリッターブラックガラスフレーク」の特徴をまとめると以下の通りです。

グリッターブラックガラスフレークとは

  • 基本はブラック
  • よく見るとラメが散りばめられている
  • 光に当たるとキラキラ輝く
  • 光が当たると少しグレーっぽく見える
  • ほこりが少し目立ちにくい
  • 漆黒好きには向かない

「グリッターブラックガラスフレーク」はよく見るとラメが散りばめられていたり、光にあたると少しグレーっぽく見えます。
その意味ではオリジナリティのある色といえます。

漆黒好きの人には「アティチュードブラックマイカ」がおすすめですが、新色に惹かれる方は「グリッターブラックガラスフレーク」をおすすめします。

トヨタ新型ヴォクシーの人気色・カラーまとめ

人気色ランキング

1位:アティチュードブラックマイカ
2位:グリッターブラックガラスフレーク(+ 33,000円)
3位:ホワイトパールクリスタルシャイン(+ 33,000円)
4位:メタルストリームメタリック
5位:マッシブグレー
6位:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(+ 33,000円)

人気カラーの傾向にもあるように、トヨタ新型ヴォクシーでは定番色でもある、ブラック系がおすすめです。
大きく変わった外観とのコンビネーションも、やはりこれらのカラーだとよくマッチして映えるからです。

ただし、全てが定番カラーのラインナップとなっていますので、どの色を選んでも失敗することはないでしょう。

細かい色の違いまで確認した上でヴォクシーを購入していきましょう。

中古車高騰の今、高額査定が出る絶好のチャンス

車の乗り換え時は、まず車を高く売ることから考えましょう。

買取やディーラー下取りで安くならないために、複数の店で査定しておくことは大切です。

無料一括査定できる「ナビクル車査定」では簡単な入力で査定結果が分かり人気です。

査定だけでも問題なく、1分以内にできるためチェックしておきましょう。

▼ナビクルの公式サイトはこちら

関連記事はこちら

sponsored link




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。

-ノア, 自動車

© 2023 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5