中古車KINTO

「中古車KINTOって何?」
「KINTOとの違いは?」
「中古車KINTOの料金は?」

などこのページでは、中古車KINTOとは何か?分かりやすくをまとめました。

またKINTO(キント)との比較も行っています。

KINTOを利用したい!「中古車KINTO」と「KINTO」のどちらを利用しようか迷っている方は参考にしてみてください。

記事監修 こおた
車関連会社に30年以上所属のキャリアを持つファイナンシャルプランナー。

中古車KINTOとは?いつから始まったの?

中古車KINTO
(出典:https://www.carsensor.net/direct/

中古車KINTOはリクルート運営の「直売カーセンサー」で利用できる、KINTOの中古車版のサブスクリプションサービスです。2020年5月に開始され、現在では63台のリースが可能で、徐々に知名度が広がっています。

中古車KINTOは一般的な車サブスクと同じく、税金・メンテナンス料、諸経費などがコミコミになります。

さらに中古車のため安い料金で車をリースすることが可能です。

>> 直売カーセンサーの公式サイトはこちら

中古車KINTOとKINTOの違いを比較

ここでは「中古車KINTO」と「KINTO」の違いを表にして比較しました。

それぞれにメリット・デメリットがあるので確認しておきましょう。

  中古車KINTO KINTO
車のタイプ 中古車 新車
車種 13 33
レクサス なし あり
契約年数 2年~ 3年~
料金 1.54万~ 1.46万~(※)
ボーナス支払い 不可
任意保険 なし or あり あり
月額走行
限度目安
1,000km~ 1,500km~
提供会社 リクルート(※) トヨタ
納車 1ヵ月~ 1.5ヵ月~

※2021年4月5時点の情報
※ボーナス支払いプラン含む
※「直売カーセンサー」内で中古車KINTOの利用が可能

中古車KINTOは車種が少ない

「中古車KINTO」は「KINTO」に比べて選べる車種が少なく、型も古いものが主流となっています。

  • もっとも多いのがヤリスの前身モデルのヴィッツ。
  • 生産中止のモデルあり
  • レクサスは選べない(2021年4月時点)

中古車KINTOは安いが注意が必要

中古車KINTO
(出典:https://www.carsensor.net/direct/

「中古車KINTO」は「KINTO」に比べて安い料金プランがあります。

例えば中古のヴィッツであれば6年(72カ月)プランで、月額1.54万円から選ぶことができます。

しかし「中古車KINTO」で注意したいのは安いプランの車種の多くが6年(72カ月)リースになっているため、長期契約を結ぶ必要があります。

任意保険ありだとKINTOの方が安い場合がある

「中古車KINTO」は任意保険なしを選ぶことができ、その分だけ月額リース料が安くなっています。

しかし、任意保険ありで選ぶと「中古車KINTO」と「KINTO」の価格は、KINTOの方が安い場合があります。

トヨタ ライズの場合

  中古車KINTO KINTO
任意保険 あり あり
月額料金 4,35万~ 3,98万~
契約期間 2年 3年

※2021年4月時点

中古車KINTOではライズのような最新モデルになると、任意保険が込みになります。

そして任意保険込みで月額料金を比較すると、「中古車KINTO」と「KINTO」はさほど変わりません。

したがって「最新モデル」や「任意保険あり」という条件であれば、「KINTO」を選ぶ方が良いでしょう。

ぎぶさんぎぶさん

中古車KINTOは一見安く見えますが、通常のKINTOの方が良い場合もあるので気をつけてください。

中古車KINTOのメリット・デメリット

あらためて「中古車KINTO」のメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

メリット

  • 契約期間は2年から選べる
  • 安い料金プランがある
  • 任意保険あり or なし から選べる

デメリット

  • 車種の数が少ない
  • 安い料金プランはリース期間が長い
  • 新モデルはKINTOより高い場合がある
  • ボーナス支払い不可

「中古車KINTO」は安い料金プランがありますが、月額1万~2万円台の多くが6年契約になっているため、短期で乗りたい方には向きません。

ただ、とにかく価格の安さを追求するのであれば中古車KINTOはおすすめです。

なお新しいモデルになるとKINTOより高い場合があるので注意しましょう。

「中古車KINTO」と「KINTO」はどちらを選ぶと良い?

「中古車KINTO」と「KINTO」のどちらが良いか?については、それぞれ目的や考え方によって異なってきます。

KINTOについては以下の記事でも解説しているのでご参考ください。

>> 【高すぎる?】トヨタKINTOのメリット・デメリット・評判を解説!料金は高いのか?

中古車KINTOが向いている人

  • 契約期間が長くても良いので安い方が良い
  • 古い型で良いので安い方が良い
  • トヨタではなくカーセンサーのサービスで問題ない

KINTOが向いている人

  • 任意保険込みで安く乗りたい
  • 新車や最新モデルに乗りたい
  • ボーナス払いを利用したい
  • トヨタのサービスを受けたい

「中古車KINTO」と「KINTO」でとぢらにするか?ポイントになるのが任意保険になります。

任意保険なしであれば「中古車KINTO」、任意保険ありなら「KINTO」がおすすめであり、そのように覚えておくと良いでしょう。

「KINTO」の方が最新モデルを選べたり、ボーナス払いを利用できるなど選択肢の幅が広く、トヨタのサービスが受けられます。

KINTOの任意保険はほぼフルカバーの保険で、自分の家族だけではなく、友人など運転を許可した人なら誰でも補償されるのも強み。

トータルで考えると基本はKINTOがおすすめです。

>> KINTOの公式サイトに行く

全体のまとめ

このページでは中古車KINTO(キント)とは何か?いつ始まったのか?

また、通常のKINTO(キント)との違いについてご紹介してきました。

中古車KINTOははじまったばかりのサービスで認知度は低いですが、これからサービスが強化され、より広まっていくことでしょう。

「中古車KINTO」と「KINTO」はそれぞれメリット・デメリットがあるので、ぜひ自分に合う方を選ぶようにしてください。

中古車KINTOのよくある質問と回答

中古車を購入する場合と比較してどっちがおすすめ?

たとえばトヨタ ヴィッツの場合で比較すると以下のとおりです。

中古車で購入する場合

  • 購入価格:約110万円
  • 税金・税金・メンテナンス料、諸経費別

中古車KINTOでリースする場合

  • 月額価格:1,54万円
  • 6年契約
  • トータル価格:110万円
  • 税金・税金・メンテナンス料、諸経費込み

どちらがお得か?は感じ方によりますが、「手間をかけたくない」「税金や保険料を気にしたくない」という方は中古車KINTOの方が向いているでしょう。

月額料金には何が含まれるの?

中古車KINTOでは以下が月額料金に含まれます。

  • 車両本体価格
  • 登録時手数料
  • 登録時車検整備費用
  • 重量税(リース契約開始分のみ)
  • 自賠責保険料(リース契約開始分のみ)
  • 自動車税(リース期間分)
  • 納車陸送費 ※北海道・沖縄納車の場合は別途納車費用が加算

任意保険については車種によって含まれるもの、含まないものがあります。

納車はどこでするの?

車が納車される場所は申込みをした方のご自宅になります。

毎年の自動車税はどのように対応する?

リース会社が納税してくれるため、お客様が別途納税することはありません。

また車検の際は、納税証明書を郵送してくれます。

「中古車KINTO」と「KINTO」はどっちが良いの?

本記事にあります“「中古車KINTO」と「KINTO」はどちらを選ぶと良い?”の項目をご確認ください。

基本的にはKINTOをおすすめしていますがケースバイケースになります。

ぜひ本記事をじっくりと確認し、ベストな選択をしてください。