ダイハツ院型トールは、コンパクトカーなのに広々とした室内空間を持つ、人気車です。

小型なので軽自動車と同じように小回りが利きますから、狭い道や駐車も楽々!
さらに、広い室内空間・低床式・スライドドア式なので、小さなお子さんやお年寄りが乗り降りしやすく、居住性も抜群。

コンパクトカーの完成形とも言われますが、実際どのグレードを購入すれば良いでしょうか?
このページではトールのグレードことの価格や装備の違いを、まとめました!

ダイハツ・トールは、どのグレードがおすすめ?

thor-grade
(出典:http://www.daihatsu.co.jp/index.htm

トールのグレードには、主に「標準グレード」「カスタムグレード」の2種類があります。
さらに、「標準グレード」にはさらに3種類に分けられます。

購入を買い替えを検討する際、どのグレードを選べばいいのか、迷ってしまいますよね。

ここでは、ダイハツ・トールのグレードごとの価格・装備の違いを解説し、おすすめのグレードをランキング形式でご紹介します!

ダイハツ・トールの各グレードの価格は?

以下、グレードごとの価格・燃費をご紹介します。
かなりの数がありますが、混乱しないように注意しましょう。

一度に頭に入らない!という場合は、こちらのページを印刷しておくのもおすすめです。

※価格は税込 ※燃費はJC08モード

「標準グレード」

◯X

2WD   1,490,500   24.6km/L
4WD   1,666,500   22.0km/L

◯X “SA Ⅲ”

2WD   1,556,500   22.0km/L
4WD   1,732,500   24.6km/L

 

◯G “SA Ⅲ”

2WD   1,716,000   24.6km/L
4WD   1,892,000  22.0km/L

◯Gターボ “SA Ⅲ”

2WD   1,837,000   21.8km/L

「カスタムグレード」

 

◯カスタムG “SA Ⅲ”

2WD   1,870,000   24.6km/L
4WD   2,046,000   22.0km/L

◯カスタムGターボ “SA Ⅲ”

2WD   2,002,000   21.8km/L

ダイハツ・トールの各グレードの装備は?

トールは大きく分けて、「標準グレード」と「カスタムグレード」の二種類があります。

この二つは装備に大きな違いがあるので、ぜひ抑えておきましょう。
それぞれの装備の違いは以下の通りになります。

標準グレードの装備

  1. 14インチのホイールキャップ
  2. メッキフロントグリル
  3. ハロゲンヘッドランプ・LEDリアランプ
  4. ウレタン ステアリングホイール

カスタムグレードの装備

  1. 14インチアルミホイール or 15インチアルミホイール
  2. カスタム専用メッキフロントグリル
  3. LEDヘッドランプ・LEDリアランプ3D
  4. 革巻 ステアリングホイール

このように、カスタムグレードには上級装備が揃っています。
一つ一つの装備のレベルがアップする感じですね。

標準グレードにするか、カスタムグレードにするか迷ったら参考にしましょう。

”SA II”とは何?

SA IIは衝突回避支援システム「スマートアシスト2」が搭載されたグレードです。

車に搭載されたセンサーや世界最小のカメラを利用して、運転者や歩行者・先行車の安全をサポートしてくれます。
主には、

  • 衝突警報機能(先行車や歩行者との衝突を察知したら、警告・緊急ブレーキが作動)
  • 車線逸脱警報機能(車線からはみだすと警報・回避操作をしてくれる)
  • 誤発進抑制制御機能(アクセル・ブレーキの踏み間違い予防)

といった機能があります。
自動車事故の多くに玉突き事故があり、重宝する機能です。

「標準グレード」の各グレードの装備について

標準グレードの各グレードの特徴と装備をご紹介します。

X

最も安価なグレードになります。

主な装備
・単眼メーター
・左側のみがスライドドア式
・UVカット機能付きガラス
・2スピーカーT

G

Xよりも上級グレードです。Xと異なり両側スライドドアになります!

主な装備
・2眼メーター(タコメーター付)
・両側スライドドア
・スーパーUV&IRカット機能付ガラス
・4スピーカー
・クルーズコントロール(アクセルペダルを踏まずとも定速走行してくれる機能)

Gターボ

ターボ付きグレード。ガンガン走らせる方におすすめです!
“SA II”が標準でついている以外は、Gグレードとほとんど変わりません。

「カスタムグレード」について

標準グレードの「G」に加えて、

・カスタム専用自発光式2眼メーター
・カスタム専用シート(撥水加工)
・6スピーカー

といったかなり豪華な装備となっています。装備を極めたい方におすすめです。

ダイハツ・トールのおすすめグレードランキング!

それでは、おすすめグレードをランキング形式でご紹介!

第1位 ダイハツ・トール Gターボ “SA Ⅲ” (2WD)

車体価格:1,837,000
燃費:21.8km/L

トールは、コンパクト性や収納性の多さ・居住性の良さなどを考慮すれば、街乗り向き。
ですので、価格が高価でなく、必要最低限の装備が揃っている「標準グレード」のX・Gが選択肢に入ります。

両グレードを比較した際、「X」では左側にしかスライドドアがありません。
その点を考えれば、両側スライドドアである「G」が一番におすすめ!
買い物の荷物やお子さんを抱えて手が塞がっていても、両側スライドドアなら簡単ですよね。

Gターボ “SA Ⅲはターボ車なのでパワーがあり、「クルーズコントロール」も付いていますから、高速道路での利用や長距離もバッチリ対応します。UVカットガラスが上級なのも、美容を気にする女性には嬉しいですね。

第2位 ダイハツ・トール X (2WD)

本体価格:1,490,500
燃費:24.6km/L

価格の安さを最も重視するなら、「X」。

安価なXグレードではありますが、UVカットガラスが標準で付いていますし、左側のみですがスライドドアもあります。

必要最低限の装備はありますので、日常用で特に困ることはありません。

街乗りだけという場合は、Xにしてコストを押さえるのもおすすめです。

カスタムグレードはどうなの?

「カスタムグレード」は、上級装備が揃っています。
標準グレードよりも格好いい見た目・インテリアにこだわりがある人には、カスタムグレードがおすすめです。

ダイハツ・トールはあなたにあったグレードを選ぼう!

ダイハツ・トールは、小さくて収納スペースの多い、実用性が高いコンパクトカーです。

普段の街乗りやファミリーにピッタリな車ですので、価格も安くて装備も必要最低限が揃っている「標準グレード」でも、十分にその利便性を実感できるでしょう!

また、どうしても上級装備にこだわりがあるなら、「カスタムグレード」も視野に入れてみると面白いですよ。

あなたにピッタリだと思うグレードを選んでくださいね。

新型トールの最新の値引き情報はこちら!

新型トールの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

トールの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
ダイハツ新型トールの値引き交渉方法のまとめ

 

スポンサーリンク