タントカスタムのおすすめグレード

2019年に6年ぶりのフルモデルチェンジをして注目を集めるタントカスタムですが、その変わりぶりが話題となっています。

安全性が高まり、内装の使い勝手が良くなる他、目的やニーズに合わせてグレードを選びやすくなりました。

そんな新型タントカスタムの各グレードの特徴、おすすめをご紹介していきます。

タントカスタムのグレードの違いとポイント

タントカスタムのグレードの見所
(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

タントカスタムには、3つのグレード(4WDを含めて6つ)がラインナップされています。

7つあったグレードも減少し選びやすくなりました。

グレード一覧

 グレード  エンジン  燃費  価格
カスタムL 自然吸気 27.2 1,578,500円 (2WD)
1,705,000円 (4WD)
カスタムX 自然吸気 27.2 1,699,500円 (2WD)
1,826,000円 (4WD)
カスタムRS ターボ 25.2 1,782,000円 (2WD)
1,908,500円 (4WD)

もっとも安いグレードが「カスタムL」で、中間が「カスタムX」。そして最上級グレードが「カスタムRS」となっています。

それぞれのグレードの価格差は、10万円ほどになります。

なお、一番安いカスタムLと、中間のカスタムXの燃費は同じとなります。

タントカスタムは、各グレードのみに装備されている機能、すべてのグレードに共通して装備されている機能があります。

それぞれついてくわしくみていきましょう。

カスタムLの特徴  1,578,500円~

タントカスタムLグレード

一番安い「Lグレード」ですが、代表的な装備は以下のとおりです。

  • 14インチフルホイールキャップ
  • 大型エアロバンパー(フロント/リヤ)&大型フロントグリル
  • フルLEDヘッドランプ
  • 手動格納式カラードドアミラー(2WD)&LEDドアミラーターンランプ
  • ステアリングホイール(加飾)なし
  • センタークラスター&マニュアルエアコン

安全装備はしっかりしていますが、内装の質感・利便性は最低限となっています。

カスタムXの特徴  1,699,500円~

タントカスタムXグレード

中間グレードの「Xグレード」は、Lに比べると内装の質感と利便性がアップします。

カスタムLからの追加要素

  • ステアリングホイール、インパネがメッキ仕様
  • センタークラスターがプレミアムシャインブラックに変更
  • 片側パワースライドドアが追加

Lには装備されておらず、XとRSグレードは装備されている機能は以下の通りです。

  • プッシュスタート機能
  • 運転席のロングスライドシート
  • 後部座席のロングスライドシート
  • サイドのスライドドアがオート

カスタムRSの特徴 1,782,000円~

タントカスタムRSグレード

RSグレードは、Xグレードから以下が変更されます。

カスタムXからの変更点

  • エンジンがターボ仕様に変更
  • タイヤが14インチから15インチに変更
  • ステアリングホイール、インパネが本革仕様に
  • 両側パワースライドドアに変更

大きな装備は変わりありませんが、ターボ車になるので軽自動車でもパワフルな走りが可能となります。高速道路や家族を乗せて遠出する場合はおすすめのグレードです。

内装も本革仕様となるので、もっとも高級感が高まっています。

ここまでのまとめ

  • カスタムL → 最低限の質感と機能で安く買いたい人向け
  • カスタムX → 質感と機能にこだわりたい人におすすめ
  • カスタムRS → 走りにパワーがあり、高速や遠出する人におすすめ

スマートアシストは全グレードに装備

まず、新型タントカスタムの全グレードに標準装備となっている機能の一つに、スマートアシストがあります。

ドライバーの安全運転をサポートしてくれるセーフティ機能として評価が高く、もっとも安いグレードでもしっかり完備されているので安心です。

ぎぶさんぎぶさん

一番お安いグレードでも、安全装備がしっかりしているのはタントカスタムのメリットです。

タントカスタムのグレードに関する口コミ

以下では、ユーザーのグレードに関する口コミをまとめました。

どのグレードを選んでも安心して乗れるいう点で高い評価を獲得しています。

グレードに関する口コミ抜粋

口コミ小

新型タントカスタムをできるだけ安く買いたいと思い、Lグレードを試乗させてもらったところ、機能があまり充実していませんでした。
やっぱり人気が高いカスタムRSの方が良かったです。

口コミ小

新型タントカスタムを購入する際に、フル装備でいろいろとつけておいて良かったです。
使っていてかゆいところに手が届くような利便性があるから、車に乗ることが楽しくなります。

口コミ小

Lグレードだとほとんど機能がついていないので物足りない気がします。安くてお得だと思ってLを購入したけれど、すでに買い替えを検討しています。

口コミ小

Xグレードを購入したので、運転席側のドアが手動です。正直、とても面倒だし、力が必要ですね。カスタムRSにしておけばよかった。

口コミ小

カスタムRSはいろいろ付いているので便利だしおしゃれだけれど、正直必要ない装備もあると思います。
例えば、私はステアリングフィールなどは革巻きでなくても良いので、できればオプションを外して安くできるシステムにしてもらいたい。

口コミ小

マルチインフォメーションディスプレイに表示されるドライブアシストイルミネーションは、私が一番気に入っている機能です。
安全運転の度合いを色で示してくれるので、感覚的に自分がいまどういう運転をしているのかが分かります。

などの声があります。

口コミではRSグレードがもっとも評価が高いといえます。

おすすめ人気グレードランキング

以上を踏まえた、新型タントカスタムの人気おすすめランキングは以下のとおりです。

  • 1位 カスタムRS 1,782,000円~
  • 2位 カスタムX 1,699,500円~
  • 3位  カスタムL 1,578,500円~

1位  カスタムRS

タントカスタムの中でも最上級グレードとなるカスタムRSは高い人気があります。

唯一のターボ車仕様となり、軽自動車でも力強い走りができ、内装の質感・装備もすべてがそろっています。

特にカスタムRSに搭載されているフロントLEDイルミネーションランプは、昼間の走行時にも自動的に点灯する補助ランプで、視野性が高まり事故のリスクを減らすことができます。

ユーザーが手動でライトの点灯をする必要がないという点で、人気の装備です。

価格は高くなりますが、予算に余裕がある場合にもっともおすすめのグレードです。

2位 カスタムX

カスタムXはもっともバランスの取れたグレードですが、82,500円を追加すればターボ車を選ぶことができるので2位としています。

ターボ車よりも燃費は良いため、遠出したりアウトドアに行く機会が少ない方はこちらがおすすめとなります。

内装や機能性についても充実しているといえるでしょう。

こだわり過ぎずイマイチすぎず、な車選びをしたいユーザーに人気なのが、新型タントカスタムのXグレードといえるでしょう。

3位  カスタムL

Lグレードはもっとも価格の安いグレードとなりますが、タントでは全グレードの安全装備がしっかりしているため、低グレードでも安心して乗ることができます。

内装の質感・機能は最低限となりますが、予算を抑えてタントカスタムを購入したいという方におすすめです.

口コミでの評価はそれほど高くないことも踏まえ3位としました。

まとめ

目的と予算によってグレードを選べばOK

新型タントカスタムはファミリーユースを目的とした軽自動車です。

そのため、普段の生活の中でりたいユーザーは多く、家族でレジャーに出かける時に利用したいというユーザーもたくさんいます。

タントカスタムのグレードを選ぶ際には、以下をおさえておきましょう。

  • レジャーに利用したい方→カスタムRS(ターボ車)
  • 日常的に乗りたい方→カスタムL or X

タントカスタムの機能や装備を思う存分に満喫したい人には、最上級レベルのカスタムRSがおすすめです。ターボ車なので、走りの面でも申し分ありません。

カスタムLとXについては、自分の予算に応じてどちらにするか決めましょう。安全性能は同じであるため、どちらを選んでも安心してお乗りになれます。