タフトの値引きレポート

このページではダイハツ新型タフトの値引きレポートをまとめました。

車は安くない買い物だけにタフトにしても、できるだけ安く買いたいものです。

購入する際に値引きを持ちかければ、より安い価格で購入できることがあります。

タフトの購入を検討されている方はご参考ください。

ぎぶさんぎぶさん

タフトの値引きに関するポイントを、現地調査もふまえて余すことなくまとめました。

ダイハツ新型タフトの値引きの全体レポート

タフトの値引きレポート

まず、ダイハツ タフトの値引きに関する全体レポートをまとめました。

ポイントは以下の通りです。

  • 値引き相場はオプション込みで10~12万円
  • 限界の値引き額は15万円
  • 値引きは渋くゼロ回答の事例あり
  • 限界の値引き額に到達するには下取りアップを
  • 競合車種はスズキのハスラー
  • おすすめグレードはGグレード

タフトには「ハスラー」という明確なライバル車がいて、競争の激しい「SUV型軽自動車」となりますので値引きは可能です。

タフトの特徴は以下の動画で分かりやすく解説されていますのでご確認ください。

タフトはとても人気の高いクルマとなりますので、値引きは渋めと考えておく方がよいでしょう。

ダイハツ タフトの最新値引き相場

ダイハツ新型タフトは2020年6月から販売開始されました。

あらためて最新相場を見てみましょう。

データは、価格ドットコム・現地取材・SNS口コミの最新データを元に算出しています。

  • 値引き相場:10~12万円(本体+オプション)
  • 値引き限界額:15万円(本体+オプション)
  • 値引き難易度:難しい

上記は各種メディア・現地取材・SNSの口コミ情報を平均化した数値です。

本体価格とオプションで10万円値引きできれば合格と考えて問題ありません。

体験談を見てみると、一切値引きに応じてもらえなかったという声もでています。

ぎぶさんぎぶさん

お店によっては値引きゼロもありえるので注意。このページを見て少しでも優位に進めましょう。

タフトの値引きの現状をレポート

タフトの値引きの現状をレポート

新型タフトの値引きは辛めですが、現地取材によるとそれには理由があります。

予想を上回る人気ぶり

タフトはSUVタイプの軽自動車として評判がよく、予想以上の受注状況となっています。

  • 発売一ヶ月で1万8000台の受注
  • 月間目標の4.5倍

ディーラーにしてみれば、自分たちから積極的にサービスしなくても売れている状態。

しかし、今後販売台数が落ち着いてきたら、値引きに応じてもらえる可能性はあります。

また販売店によっても売れ行きなどの事情もさまざまなので、いくつかの店をまわることで思わぬ値引きをしてもらえる可能性はあります。

タフトの値引きをするなら時期に注目

タフトの購入時期

タフトは強力なライバル車がいるため、これから受注は落ちついてくるでしょう。

そのため2020年6月の発売から半年、1年と待つほど値引きは拡大していくはずです。

もし「待つのは嫌だ」という場合は、以下のタイミングを押さえておきましょう。

値引きは辛口のため、値引きの期待できる時期も意識する必要があります。

9月と3月の決算前後がねらい目

新型タフトの値引き交渉をするには決算時期を視野に入れましょう。

  • 中間決算の9月
  • 本決算の3月

この時期はシビアに数字が求められるため値引きに対応してもらえる可能性が高まります。

決算時期にタフトを購入する際には、いくつかディーラーをまわってみると限界値引きが引きだしやすくなります。

夏と冬のボーナス商戦も狙い目

夏と冬のボーナスの時期には、販売店も売り上げアップのため、さまざまなキャンペーンや大商談会が行われます。

販売店側も値引きの受け入れ体制が整っていますので、値引きが持ちかけやすく交渉もスムーズに進みます。

今すぐ購入なら下取りアップを重視

タフトは人気の車種であり、今すぐにも出購入したいと思っている人もいるでしょう。

その場合、思うような値引き交渉ができないかもしれません。

もしそうなら値引きではなく、現在乗っている車の下取りをアップすることで実質的な値引きを狙う方法がおすすめです。

そのためには自分の車の価格を正しく把握しておくことが大切です。

インターネット上の無料査定が便利

複数の買取店で見積もりを取るのが大変であれば、査定サイトがあるので、こちらに見積もり依頼をしましょう。

24時間好きな時に利用できますし、見積価格が出るまで数分ですから手間もかかりません。

シェア率ナンバーワンの「ナビクル車査定」であれば、45秒以内に無料査定が可能です。

ナビクル車査定の公式サイト

カンタンにできるので今すぐ済ませておくとよいでしょう。

新型タフトの納期は2~4か月

ダイハツ新型タフトの納期ですが、現在のところ2~4か月が目安となっています。

予想されていた以上の受注が続いているため、多少時間がかかると思ったほうがいいでしょう。

また新型ウイルスの流行状況によっては、工場や流通がストップする可能性もあり、納期は長めに見積もっておくようにしてください。

タフトの値引き交渉の流れ

タフトの値引き交渉の流れ

新型タフトの値引き交渉をするといっても、具体的にどう進めればいいかわからないという人もいるでしょう。

しかし、流れはシンプルです。

競合車を引き合いに出す

どの車種でも競合車があるものですが、タフトは特にライバル車がひしめいています。

減速は「競合車との間で何を購入するか迷っているが、値引きしれもらえるならタフトに決めたい」という風に伝えましょう。

購入の意思を示した上で、ハンコを持って即決するという気持ちを見せると効果的です。

タフトのライバル車(軽SUV)

  • スズキハスラー
  • スズキジムニ―
  • スズキ スぺーシアギア
  • 三菱eKクロス

新型タフトの場合、最大のライバル車となるのがスズキのハスラー。

ハスラーはタフト発売と近い時期にフルモデルチェンジしているため、ハスラーを持ち出してみるのはおすすめです。

このとき「条件が良ければ即決しますよ」と伝えると、値引きに応じてもらえる可能性もアップします。

オプション値引きのポイント

本体価格の値引き交渉をして、これ以上に引き出せそうになければ、そのタイミングでオプションをつけるので値引きしてほしいと持ちかけます。

オプションも値引きできると、実質的にタフトを値引きしてもらったのと同じです。

そのためにどんなオプションをつけるべきか、前もって準備しておきましょう。

タフトの魅力である車内スペースをチェック

タフトの車内スペース

新型タフトは軽SUVらしいデザイン性の高さに加え、コンパクトでありながら快適な車内空間を確保できています。

このため、ドライブするのが本当に楽しくなるとユーザーの間でも評判です。

以下、タフトの最大のメリットといえる車内スペースのポイントをご紹介します。

開放感ある前席

タフトの前席

前席は「クルーススペース」と呼ばれており、開放感があって、運転しやすいのが特徴。

スカイフィールトップを採用したことで、視界の良さもしっかり確保されています。

非日常的な空間を演出することで、レジャーでも使える車に仕上がっています。

抜群に使い勝手のいい後席

一方後席は「フレキシブルスペース」と呼ばれており、リアシートのアレンジが魅力。

リアシートを使用しないときには全部に倒せるような設計になっているので、荷室部とフラットなレイアウトになります。

つまり、より広く荷室部を使えるようになり、大きな荷物でも積載が可能になるのです。リアシートには汚れにくい加工が施されているため、汚れを気になりません。

荷室部分はフレキシブルボードによって仕切られており、背の高い荷物も積み込みやすいでしょう。

タフトの競合車ランキング

タフトの競合車ランキング

タフトの値引き交渉をするのであれば、競合車の特徴を把握することは大切です。

あらためて、ランキングとともにライバル車のポイントをまとめました。

1位 ハスラー

スズキから発売されているハスラーは、たびたびタフトと比較される競合車。

ハスラーがライバルになるのは、そのコンセプトからもわかります。デザインテーマは「タフさ」と「力強さ」で両者とも同じ。

基本的なコンセプトが一緒なので、スタイリングを見ても共通する部分が多いです。

ダイハツのディーラーもハスラーの存在は十分意識しているはずですから、値引きの際に持ち出すのがおすすめです。

2位 ジムニー

同じくスズキから発売されている車種のジムニーも競合車種になります。

むしろ新型タフトは、ハスラーよりもこのジムニーを意識して開発されたのではないかと指摘する声も出ています。

両車については、若干それぞれの個性に違いもあります。

ジムニーは武骨なデザインに仕上がっており、加飾されている個所はほとんどなく、いたってシンプルなつくり。

一方タフトはSUVらしいタフさを押さえているものの、楽しい遊び心も感じられます。

オシャレな車が欲しいと思っているのなら、ジムニーよりタフトの方がおすすめです。

3位 スぺーシアギア

同じくスズキから出ているスぺーシアギアも、タフトと同じくアウトドアテイスト万歳の軽SUVとなっています。

遊び心がありデザイン性と機能性を持ちあわせているという点では、もっともタフトと似ていると言っても過言ではありません。

ぎぶさんぎぶさん

以上のライバル車を引き合いに出されることをおすすめします。

タフトのリセールバリューをチェック

タフトのリセールバリューをチェック

新型タフトを購入しても、いずれは買い替えようと思っている人もいると思います。

その場合、リセールバリューのことも念頭に入れて購入したほうがいいでしょう。

リセールバリューとは、車を売る時の価値をさします。

もしリセールバリューを考えてタフトを購入するのなら、ボディカラーとグレードを意識するようにしましょう。

リセールバリューの高いカラー

  • 1位 レイクブルーメタリック
  • 2位 シャイニングホワイトパール
  • 3位 ブラックマイカメタリック

この3つのボディカラーは人気なので、色にこだわりがなければ、こちらのカラーの中から購入すると、リセールバリューも期待できます。

ホワイト・ブラックはタフト以外でも人気が高く、老若男女誰が乗っても違和感がないため、中古車でも買い手がつきやすいです。

また、レイクブルーメタリックは新型タフトのイメージカラーになっています。

「この車種といえばこの色」というイメージカラーは人気が高く、需要も高いのでリセールバリューも期待できます。

リセールバリューの高いグレード

順位 グレード 価格(2WD/4WD)
1位 G 1,485,000/1,611,500円
2位 Gターボ 1,606,000/1,732,500
3位 X 1,353,000円/1,479,500円

タフトのグレードは以上3つだけなので、グレード選びで迷うことはまずないでしょう。

Gグレードがおすすめ

その中でも人気の高いのはGグレードです。

廉価モデルのXと比較して新車価格は13万2000円と高めです。

しかし「X」にはついていない装備が多数搭載されていて、それゆえリセールも期待できます。

この装備の合計が18万円相当といわれているため、Gグレードを購入したほうが実質的にはお買い得になるわけです。

Gターボもアウトドア派に人気!

「Gターボ」はターボエンジンと共に、運転支援機能が加わります。

ターボというと走りが良くても燃費が悪いのでは?と不安になる人もいるかもしれませんが、ターボでもNAエンジンと比較して、ほとんど燃費も悪化しません。

高速道路や山道などを走行する機会の多い方におすすめのグレードです。

全体のポイントまとめ

最後に新型タフトの値引きする際のポイントを今一度まとめてみました。

  • 値引き相場はオプション込みで10~12万円
  • 限界の値引き額は15万円
  • 下取りアップなら限界の値引き額に到達する可能性が高い
  • 競合車種はスズキのハスラー
  • おすすめグレードはGグレード

新型タフトは予想以上の売れ行きとなっていて、値引きは渋い状況にあります。

そのため値引き時期や下取りアップ、リセールバリューを考えたり、いろいろと工夫しながらお得に購入していきましょう。