タフト 自動車

タフトの人気色・カラーランキング!全9種類のラインナップでおすすめは?

タフトの人気色ランキング

ダイハツ新型タフトは、落ちついた色から明るい色まで、さまざまなボディカラーがラインナップされています。

全9色と数も多く「どの色にしようか?」迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

今回はタフトの人気色ランキングをご紹介し、それぞれおすすめのポイントを解説していきます。

このページは有料色やランキングを一覧表にしているので先に保存しておくと便利です。

タフトの見た目とカラーの特徴

新型タフトのエクステリアとカラーの特徴
(出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/kicks.html

まず、タフトの見た目について解説をします。

タフトはエクステリア向けオプション装備が充実

新型タフトの目玉として、「メッキパック」オプションが2種類、「スタイルパック」オプションが3種類用意されている点に注目です。

「メッキパック」オプションは、外観のフロントの見た目がより上質になり、個性的なデザインになると評判です。

メッキパック(左)/スタイルパック(右)

メッキパック

また、「スタイルパック」オプションも細部にわたってこだわりの見られるデザインで、よりオリジナリティを求めている方に向いています。

「メッキパック」と「スタイルパック」の詳細は以下ページでご確認できます。
タフトのメッキパックとスタイルパック

ベーシックなデザインも良いですが、こだわりたい方は「メッキパック」と「スタイルパック」オプションも注目です。

ボディーカラーは全9色のラインナップ

タフトでは従来のダイハツカラーに加え、3色が新たにラインナップされました。

上質な色がそろい、骨太なSUVスタイルのデザインにマッチするとして高く評価されています。

有料色をふくむ9色のラインナップは以下の通りです。

※.Gターボ、Gのみで選択可能。

 名称 色 料金
レイクブルー
メタリック
水色
フォレストカーキ
メタリック
カーキ
サンドベージュ
メタリック
ベージュ
コンパーノレッド(※) 赤色 22,000円
レモンスカッシュ
クリスタルメタリック(※)
 黄色 22,000円
スプラッシュブルー
メタリック(※)
 青色
シャイニング
ホワイトパール(※)
 白色 22,000円
ブライトシルバー
メタリック
 シルバー
ブラックマイカ
メタリック(※)
黒色 22,000円

新型タフトの人気色ランキング

ダイハツ新型タフトの人気色ランキングは以下の通りになります。

ランキングは現地取材、口コミを元に算出をしています。

順位名前
1位レイクブルーメタリック水色
2位シャイニングホワイトパール
3位ブラックマイカメタリック
4位フォレストカーキメタリック
5位ブライトシルバーメタリック
6位スプラッシュブルーメタリック
7位サンドベージュメタリック灰黄色
8位コンパーノレッド
9位レモンスカッシュクリスタルメタリック

ポイントとしては、タフトはどの色も完成度が高く、甲乙つけがたい水準にあります。

そのため下位であっても充分に購入する価値があります。

以下、それぞれの色のポイントを詳しく解説していきますので、購入を検討している人は最後まで確認しておきましょう。

1位 レイクブルーメタリック

レイクブルーメタリック

レイクブルーメタリックは新型タフトのイメージカラーということもあって、ランキングトップとなっています。

ほかに「スプラッシュブルーメタリック」もブルー系ですが、こちらと比較して色合いが上品で落ち着いています。

あまり派手な色は苦手だけれども個性も出したいと思っているのであれば、レイクブルーメタリックはピッタリといえるでしょう。

汚れが目立たないため、それほど頻繁に洗車しなくてよいメリットもあります。

インパクトのある色合いですが、一方でどこかレトロな印象もある不思議な魅力を持っています。

完成度の高いカラーで、アクティブにドライブを楽しみたいと思っている方やファミリー層におすすめです。

2位 シャイニングホワイトパール

シャイニングホワイトパール

シャイニングホワイトパールも新型タフトの中では定番カラーということもあって、安定した人気があります。

ホワイトというと淡泊でオーソドックスなイメージを抱く人が多いかもしれませんが、個性的な色合いに仕上がっているところも、人気の理由。

特にホイールアーチのところがブラックになっているため、ちょうどいいコントラストに仕上がっています。

膨張色であるホワイトをメインにしているので、大きめで存在感のある車が欲しいと思っている人にもおすすめです。

ホワイト系のボディカラーだと、すぐに汚れが目立ってしまうのではないかと心配する人もいるでしょう。

しかしダーク系と比較すると洗車キズなどを気にしなくてもいいので、メンテナンスはむしろ楽といえるでしょう。

3位 ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリックもタフトで高い人気のあるボディカラー。

マイカ塗装ということで、普通のブラックと比較すると気品のある仕上がりです。

新型タフトはどちらかというと穏やかな表情をしている車ですが、ブラックにすることで精悍さが表に出てきます。

精悍でカッコ良いカラーを求めているのであればブラックマイカはイチオシです。

リセールバリューも高く外れのない色ということができるでしょう。

一点だけ、ネックなのは、グレードによって適用されていない点。

Xグレードでは使用できないカラーで、Gターボ、Gのみで選べるのでその部分は注意が必要です。

4位 フォレストカーキメタリック

フォレストカーキメタリック

フォレストカーキメタリックもタフトのイメージカラ―に採用される人気色で、アウトドアを利用したいと思っている人の間で高く支持されています。

カーキ色ということで、いかにもオフロードでもしっかり走ってくれそうな雰囲気をまとっています。

タフトにはメッキパックオプションがありますが、こちらとの相性も良好。

メッキパーツと樹脂パーツがバランスよく配置されて、デザイン性が高まりますので、メッキパーツとの組み合わせもおすすめ。

新型タフトの中でも骨太感とアウトドア感が高く、タフトのコンセプトにもよくマッチしているボディカラーといえます。

5位 ブライトシルバーメタリック

ブライトシルバーメタリック

ブライトシルバーメタリックも新型タフトでは人気ランキングの上位に来ます。

普通シルバーといわれるとありきたりの色で、個性がないイメージがあるかもしれません。

しかし新型タフトに限っては、逆に車の魅力を引き出してくれるような上品で光沢のある色合いに仕上っています。

タフトは骨太で角ばったデザインをしていますが、そこにシルバーを持ってくると、都会的でスタイリッシュな印象に仕上がります。

ホイールアーチやルーフ部分のブラックカラーとの相性も抜群で、タフトでもオシャレ度はピカイチといえます。

街中でスマートに運転したいと思っているのであれば、おすすめのカラーです。

6位 スプラッシュブルーメタリック

スプラッシュブルーメタリック

ランキング6位に来たのは、スプラッシュブルーメタリック。

1位で紹介した「レイクブルーメタリック」と比較すると、ブルー感がより強く鮮やかな印象です。
もしブルーの車が好きと思っているのであれば、スプラッシュブルーメタリックの方がむしろおすすめです。

スプラッシュというようにまるで水しぶきを上げるような爽やかで目を奪われる明るい色合いをしています。

天気のいい日には青空とマッチしますので、さわやかなドライブを満喫できるでしょう。

順位は6位ですが明るい青が好きな方にはイチオシのカラーになります。

ただしこちらの色、Xグレードでは対象外なのでその部分は注意が必要です。

7位 サンドベージュメタリック

サンドベージュメタリック

サンドベージュメタリックは、ベージュの中でも明るめのトーンの色合いです。

全体的に見ると穏やかな印象の色合いですが、見方によってはミリタリー系の車のような雰囲気もあります。

上品さとレトロ感のあるオシャレなカラーリングであり、街中に溶け込む一方で、アウトドアにも向いています。

順位は7位ですが総合バランス、オリジナリティーが高くタフトでも注目のカラーとなっています。

控えめではあるものの、さりげなく個性をアピールしたい方にもおすすめ。

どのような景色にも溶け込むので、どんな色がいいのか迷ったときにチョイスしてみるのもいいかもしれません。

8位 コンパーノレッド

コンパーノレッド

レッド系の色合いの車が好きな方は、タフトではコンパーノレッド一択になります。

タフトのコンパーノレッドの場合、赤の中でも朱色に近いテイストのカラー。

タフトは武骨な中にもどこかキュートなテイストも見受けらるので、このキュートさを引き出したいときにもピッタリです。

女性のドライバーが乗っているとクールでガーリーさも出せて、男性が乗ってもオシャレです。

とても良い仕上りの色となっていて、赤色が好きな方にはイチオシです。

コンパーノレッドは、ダイハツ「ロッキー」のイメージカラーであり、ダイハツらしい個性的な赤といえます。

9位 レモンスカッシュクリスタルメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック

人気ランキングで見ると決して高くないですが、レモンスカッシュクリスタルメタリックにしたいと思っている人も少なくありません。

新型タフトのカラーバリエーションの中でも派手さはトップとなります。

明るい黄色のボディは、街中で運転していると目立つことは間違いなく、運転しているだけでも気分を高めてくれます。

タフトでもっとも目立つ色のため存在感は断トツのナンバーワン。

しかし新型タフトとのマッチングも上々であり、すぐに慣れるでしょう。

爽やかで明るいビタミンカラーは見ているだけでも元気をもらえます。

近年、SUV風の車でイエローカラーに乗る方は増えていて、思いっきり気分を上げたい方におすすめのカラーとなります。

ダイハツ新型タフトのおすすめ人気カラーは?選び方まとめ

タフトの人気カラーと有料色について一覧表にすると以下の通りです。

※.Gターボ、Gのみで選択可能。

順位 名称 色 料金
1位レイクブルー
メタリック
水色
2位シャイニング
ホワイトパール(※)
白色22,000円
3位ブラックマイカ
メタリック(※)
黒色22,000円
4位フォレストカーキ
メタリック
 カーキ
5位ブライトシルバー
メタリック
 シルバー
6位スプラッシュブルー
メタリック(※)
 青色
7位サンドベージュ
メタリック
 ベージュ
8位コンパーノレッド(※) 赤色 22,000円
9位レモンスカッシュ
クリスタルメタリック(※)
黄色 22,000円

個性的な色合いから落ち着いたテイストのものまで、いろいろな種類の色がラインナップされています。

選び方としては、どのカラー選んでも問題ありません。

タフトは必ずしも定番色だけが人気があるわけではなく、リセールバリューなどあまり気にせず、自分が好きな色を購入されるのがおすすめです。

タフトをお得に買う方法をチェック!

タフトはしっかりとした値引きができるのをご存じでしょうか。

トータル15万円以上の値引き事例も多くでています。

タフトは軽自動車の中ではやや高いといえますが、値引きができれば安く買えるでしょう。

くわしくは以下の記事でご紹介しています。

>> タフトの納期・値引きレポート

 

中古車高騰の今、高額査定が出る絶好のチャンス

車の乗り換え時は、まず車を高く売ることから考えましょう。

買取やディーラー下取りで安くならないために、複数の店で査定しておくことは大切です。

無料一括査定できる「ナビクル車査定」では簡単な入力で査定結果が分かり人気です。

査定だけでも問題なく、1分以内にできるためチェックしておきましょう。

▼ナビクルの公式サイトはこちら

関連記事はこちら

sponsored link




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。ウォルターインターナショナル合同会社運営。

-タフト, 自動車

© 2022 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5