スペーシア 自動車

スペーシアギアの値引き情報!最新の相場・限界額・競合車

スぺーシアギアの値引き情報

デザイン性の高さと使い勝手の良さが自慢の新型スペーシアギア。

海へ山へとアクティブな生活を送る人にぴったりな仕上がりとなっています。

本記事では、スペーシアギアの値引きを検討する人に相場・限界額・競合車、そして安く買うためのポイントをご紹介します。

この記事で分かること

・最新の値引き相場
・値引きに関する口コミ
・値引きのポイントと流れ

実際のカンタンな手順もまとめているのでご参考ください。

スペーシアギアの値引き相場レポート

スぺ―シアギアの値引き相場
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

数字に偏りが出ないように、大手メディア(価格ドットコム、グーネット)と口コミの最新データを平均化して算出しています。

スペーシアギアの値引き相場

  • 車両本体+オプション:20万円
  • 車両本体のみ:15万円
  • オプション:5万円
  • 値引き限界:30万

車体本体のみの目安は15万円で、オプションを沢山つければ上乗せされます。

軽自動車ということで車両本体価格から5%以上値引きしてもらえれば合格といえるでしょう。

一般に新車の値引きは軽自動車が車体本体価格から5%が目安です。
スペーシアギアはオプションも充実しているので、さらに上乗せも可能でしょう。

一般的な軽自動車の値引き計算

  • 車体本体価格170万円なら8.5万円の値引き
  • 車体本体価格180なら9万円の値引き

こうして計算すると、スペーシアギアは軽自動車の値引き相場よりも安くできる可能性があります。

N-BOXやタントなど強力なライバル車が存在するため値引きもしやすいでしょう。

スペーシアギアの値引きに関する口コミ

新型スペーシアギアの値引きですが、成功事例が多く出ています。

ここでは実際にディーラーに出向いてスペースギアの商談を行ったり、契約した人の値引きコメントをご紹介します。

「合計200万円を越えて高いと思ったが、値引きは15万円できて良い買い物ができた。」
「商談後、XZターボを契約しました。車両値引き(93,000円)+オプション値引き(26,000円)で計119,000円という値引き額でした。」
「XZ・NA・2WD(車両価格174万2040円)の商談をしています。
メンテナンスパック+部品取付費+諸費用込で1,931,000円でしたが、120,000円の値引き額が提示されました。」
「ターボ(2WD)の商談をしていますが、2,000,000円以上の見積もりになったにもかかわらず、車両値引き(50,000円)+オプション値引き(17,000円)で計67,000円という値引き額だったので、ディーラーとは契約していません。」

大幅な値引きはできないものの、しっかりとした値引き事例は多くでています。

ただ、思ったほどの値引きがでないこともあるので要注意。

このようなことから、値引き総額は10万円前後いけば合格点でしょう。

中古車を高く売る方法をチェック!

もし車の乗り換えを検討している場合、まずは中古車を高く売ることから考えましょう。

中古車を一番高く売る方法は、複数のお店に査定依頼を出すことです。

ナビクルなら45秒の簡単な入力で一括査定の結果が分かるのでおすすめですよ。

\無料で買取相場が分かる/

スペーシアギアの値引きのポイントは?

スぺーシアギアの値引きのポイント
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

(1)ハイグレードを狙って値引き限界を引き出す

スペーシアギアは、軽自動車ですので大幅な値引きは難しいことはご理解して頂いたと思います。

ただ、口コミにもあったようにスペーシアギアの中でもXZターボなどハイグレードになると大きな車両値引きを提示するディーラーもいます。

グレード間で発生する値引きの差はあると考えられ、余裕がある人はハイグレードの購入を検討してみるとよいでしょう。

(2)オプション値引きで限界を引き出す

ご存じとは思いますが、フロアマットなどディーラーで装着するオプションはディーラーオプションと呼ばれています。

このディーラーオプションの値引きをしてもらうことをオプション値引きといいます。

ディーラーオプションの価格にディーラーの利益が30~60%含まれるといわれているため、ディーラーの裁量で値引きができます。

余裕があればオプション値引きを持ちかけましょう。

(3)現金一括払いやローンの金利で限界を引き出す

ディーラーの営業マンにとって現金一括払いできる人は上客です。

そんなに時に、購入資金に余裕があれば、現金で一括で支払うのでもっと値引きして欲しいと要求してみましょう。

値引きしてくれれば今すぐ買うというのはかなり効果的です。

金利引き下げ交渉はあり

また、ローンで購入を検討している場合であっても、金利を下げる交渉はできます。

金利を下げてもらうことで支払総額を下げることができ、値引きと同じ効果があります。

ディーラーによっては、要求や交渉に応えてくれる場合があります。

スペーシアギア値引きは競合車を引き合いに

スぺーシアギアのライバル車
(出典:https://www.honda.co.jp)

スペーシアギアのライバル車としてよく登場するのがホンダ・N-BOXとダイハツ・タントです。

この2台を引き合いに出せば、有利に値引き交渉ができるため紹介します。

(1)ホンダ・N-BOX

Nボックスは軽自動車販売数ナンバー1です。

スぺーシアギアとの競合車としてはこれ以上ないほどピッタリでしょう。

例えば、Nボックスは人気でホンダのディーラーはあまり値引きしてくれないので、スぺーシアギアを値引きしてくれたら購入してもよい、とディーラーの営業マンに相談すれば、値引き額を上乗せしてくれるかもしれません。

N-BOXの値引き情報!2023年最新相場と商談のコツは?

(2)ダイハツ・タント

室内空間の広さと使い勝手の良さでダイハツ・タント。

例えば、タントはダイハツのディーラーで車両値引きしてくれそうなので契約を迷っているが、タントより多く値引きしてくれたら、スペーシアギアを購入してもよいとディーラーに相談してみるのがよいでしょう。

スペーシアギアの値引き交渉の流れ

スペーシアギアの値引き交渉の流れ

(1)基本的な流れ

まず、ライバル車を販売しているディーラーに行って、なるべく商談し値引き額を掴み、その後にスズキアリーナ(正規代理店)に行きます。

ここでは、商談ができなくても値引き目安は押さえておきましょう。

どうしてもめんどうな場合は、省略してしまってもかまいません。

後は、スズキでライバル車の値引き額を引き合いに出して商談して、値引きをしてもらいましょう。

(2)複数の代理店に行くと尚良い

さらに余裕があれば、スズキアリーナ(副代理店)に行って、スズキアリーナ(正規代理店)の値引き額を引き合いに出して値引き交渉するのもありです。

値引き価格をスズキアリーナ(正規代理店)とスズキアリーナ(副代理店)で比較して高い方で契約すればよいです。

この流れを踏まえれば、ベストな買い物ができるはずですよ。

スペーシアギアのリセールバリューを確認

スペーシアギアのリセールバリュー

リセールバリューとは中古車市場での人気を示す言葉です。

車には資産価値がありますので、迷ったらリセールバリューの高い色やグレードを購入されるのも一つの手です。

(1)リセールバリューの高い色

スペーシアギアは、ホワイト、シルバー、ブラックといった定番カラーが人気です。

  • ピュアホワイトパール (ホワイト)
  • スチールシルバーメタリック (シルバー)
  • ブルーイッシュブラックパール (ブラック)

色選びに迷った際は、これらのボディーカラーを選べば手堅いでしょう。

(2)リセールバリューの高いグレード

リセールバリューは、グレードも大きく関係してきます。スぺーシアギアでラインナップされているグレードは2種類。

  • 1位 HYBRID XZターボ
  • 2位 HYBRID XZ

やはりハイグレードなほど、リセールバリューが期待できます。

なお装備は、どちらのグレードもほぼ共通し、充実の内容となっています。

価格が高いのではないか?という声もありますが、装備を踏まえれば妥当でしょう。

スペーシアギアの値引き情報まとめ

スペーシアギアの値引き情報をまとめると以下の通りです。

  • 車両本体+オプション:20万円
  • 車両本体のみ:15万円
  • オプション:5万円
  • 値引き限界:30万円

発売当初から値引きは広がっていますので買い時という印象があります。
なお、車両本体価格の5%値引きができれば合格点でしょう。

同じスズキのジムニーと似ていますが、納期が早い点もメリット。

軽自動車ということで大幅な値引きはできない点はご注意ください。

スペーシアギアを安く買うなら下取りアップと上手に組み合わせるのが大切でしょう。

中古車高騰の今、高額査定が出る絶好のチャンス

車の乗り換え時は、まず車を高く売ることから考えましょう。

買取やディーラー下取りで安くならないために、複数の店で査定しておくことは大切です。

無料一括査定できる「ナビクル車査定」では簡単な入力で査定結果が分かり人気です。

査定だけでも問題なく、1分以内にできるためチェックしておきましょう。

▼ナビクルの公式サイトはこちら

関連記事はこちら



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。

-スペーシア, 自動車

© 2023 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5