セレナe-POWERの値引き1

今回は「セレナ」と「セレナe-POWER」において、値引き相場と商談のコツをまとめ、少しでもお得に買う方法をご紹介します。

2018年3月に発売されたセレナe-POWERに関しては、セレナの主軸になると言われますが情報がまだ少なく、誤った値引き情報が錯綜しています。

本記事ではリアルタイムに情報を更新し、セレナとセレナe-POWERの正確な値引き情報をお届けしていきます!

ぎぶさんぎぶさん

下取りアップやリセールバリューまで、損をしないための情報を余すことなくまとめています。毎月更新中!

新型セレナ/e-POWERの最新値引き情報

新型セレナ/e-POWERの最新値引き情報
(出典:http://www.nissan.co.jp/

セレナ/e-POWERの値引きは実際の口コミ、カーメディア、雑誌、全ての数値を平均化し、より実態に近い数字を算出しています。相場は毎月更新しています。

値引き相場の目安

  • 本体値引き相場:24万円
  • オプションの値引き相場:10万
  • 全体の値引き相場:34万(車体+オプション)
  • 値引き限界額:100万
  • 値引き難易度:易しい

セレナ・セレナe-POWERの値引き相場はともに大幅値引きが期待できる状況。

発売当初は10万円前後でしたが、最新の値引き平均はグッと上がっています。

セレナの値引き推移額

・2016年:25万円
・2017年:31万円
・2018年:33万円(セレナe-POWERが追加)
・2019年:34万円

基本的に値引きはゆるやかに拡大基調にあります。

セレナe-POWERが追加されてからも、その傾向に変わりはありません。

e-POWERは予想を超える人気ぶり

セレナepowerの値引き
(出典:http://www.nissan.co.jp/

日産のメインモデルであるセレナにe-POWERも搭載したことで、発売後も多くの注文が入り、予想以上の人気ぶりとなっています。

しかし、発売後から時間が経ち大幅な値引きも見られるようになってきています。

口コミによる実例では100万円という値引き報告も出ていました。

オプション値引きで限界を引き出す

セレナで値引き限界額を引き出すなら、オプション値引きは必須。

自分にとって必要なオプションを決めておいて、オプション値引きや無料サービスでつけてもらえるように交渉してみましょう。

ぎぶさんぎぶさん

オプション値引きは最初に持ちかけると、本体の値引きに組み込まれてしまいます。本体値引きが終わった後に持ちかけるのが◎

値引き前にセレナ/e-POWERの価格を確認

セレナとセレナ/e-POWERを値引きする上で、通常価格を確認しておきましょう。

セレナの価格一覧

 グレード名  燃費(JCB)  価格
 e-POWER X  26.2 km/L  2,968,920円
 e-POWER ハイウェイスター  26.2 km/L  3,178,440円
 S  15 km/L  2,440,800円
 X  17.2 km/L  2,504,520円
 G  16.6 km/L  2,853,360円
 ハイウェイスター  17.2 km/L  2,683,800円
 ハイウェイスターG  16.6 km/L  3,016,440円
 e-POWER XV  26.2 km/L  3,128,760円
 e-POWER ハイウェイスター V  26.2 km/L  3,404,160円
 X VセレクションⅡ  16.6 km/L  2,662,200円
 ハイウェイスター VセレクションⅡ  16.6 km/L  2,874,960円

セレナもセレナ/e-POWERも「ハイウェイスター」のグレードの価格は高くなりますが、口コミではその分だけ大幅な値引きが出ています。

人気と値引きの両面で考えた場合、ハイウェイスターはおすすめです。

ぎぶさんぎぶさん

ハイウェイスターはセレナで人気ナンバーワンのグレード。リセールバリューも期待できて狙い目です。

新型セレナの値引きは今がチャンス!

新型セレナの値引き時期

新型セレナは値引きが拡大基調にありますので、現在は非常にチャンスです。

セレナe-powerも発売から1年に以上経過しており、こちらも狙い目。

今すぐ買ってしまうのがおすすめですが、値引きが苦手・緊張するという方はボーナスと決算時期を狙ってみても良いでしょう。

ボーナスと決算時期は初心者におすすめ

ボーナス時期、年末時期というのは販売店側も値引きの受け入れ態勢に入るため、スムーズに値引き商談が進むことが多いです。

ぎぶさんぎぶさん

特に商談会やキャンペーンの「のぼり」があったらチャンス!

値引きしやすい時期

  • 8月(ボーナス時期)
  • 9月(決算時期)
  • 12月(ボーナス時期)
  • 3月(決算時期)

値引きが苦手ならこの時期を見計らいましょう。

基本は値引き幅が大きく変わることはないため、自分が買いたいと思ったタイミングで値引きをしてしまって構いません。

新型セレナ/e-POWERの値引き方法は2つ

セレナe-POWERの値引き4
(出典:http://www.nissan.co.jp/

セレナ/e-POWER(イーパワー)の値引き方法は2つあります。

  1. 日産系列店同士でセレナ/e-POWERを競合させる(おすすめ)
  2. 競合車と比較して値引きを狙う

系列店同士で競合させる(おすすめ)

セレナe-POWERの場合は独自のe-POWERシステムを持っていますので、どうしても競合車が少ないという点があります。

つまり、日産系列店同士での競合がもっとも無難です。

「系列店の中でもっとも安くしてくれるところから買う」というシンプルな手段です。

系列店と言っても別会社同士で競合させる必要があるのでそこは注意しましょう。

お店が別会社かどうか見分ける方法

別会社か見分ける方法に関しては、

・お店の名前をネット検索して、会社概要を確認するだけでOK。

ここで会社名が違えば、別会社だと分かります。商談術は後ほどご紹介しますが、遠くまで足を運んでみる価値もありますよ。

競合車はステップワゴン

ステップワゴンハイブリッド
(出典:https://www.honda.co.jp)

セレナと他モデルと競合させるのであれば、ステップワゴンハイブリッドが最適です。

ステップワゴンはハイブリッドモデルを投入し、売上好調なため競合車に向いています。

もし、販売店がない場合はトヨタ3兄弟のノア、ヴォクシー、エスクァイアでもOK。

なお、電気自動車という観点で見てしまうと、セレナe-POWERは独自のシステムと性能を持っていますので、なかなか比較が難しい車です。

そのため、上記のタイプが違う車を持ってきて、どっちにしようか迷っているということを匂わせていきましょう。

新型ステップワゴンの具体的な値引き交渉術

ぎぶさんぎぶさん

値引き方法はやりやすい方を選べば◎。両方やるとベストです。

新型セレナの値引きを引き出す商談術

セレナの値引きポイント

新型セレナは値引きしやすい車種ですが、限界を引き出すにはコツが必要です。

基本は、以下のポイントだけ押さえおくだけで大丈夫です。

競合店か競合車を引き合いに出す

基本的に、値引きは競合させていけば問題ありません。

「他店(他車)では~万円の値引きだが、それ以上の値引きをしてくれたら今日買います」

という流れに話を持っていけば◎。

ハンコも持参して、値引きしてくれたら買う姿勢を見せれば万全です。

いい返事が得られなかったら保留

新車の値引きには上限があり、販売店によって異なる場合があります。

もしいい返事が得られなかったら、その時点で保留にします
そして、他の販売店を2つか3つ回って、もっとも値引き額の高いところを探りましょう。

担当者や店によっても値引き価格は違うものですので、足で稼ぐことも大切です。
セレナは大幅値引きが期待できるので、県をまたいでも良いでしょう。

車購入時の下取りは安く見積もられるので要注意!

最後の注意点は、セレナ/e-POWERを買う時に下取りを出す時です。

下取りを出してくれればその分安くできると担当者から言われても、うのみにせず、事前に車の見積もりを出しておきましょう。

なぜかというと、ディーラーの下取り価格は安いのが常識だからです。

そのため、事前に車の見積もりを出して、それをディーラーに見せましょう。

インターネット上で複数見積もりが手に入る「かんたん車査定ガイド」の利用が最もポピュラーです。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

こうした事前の見積もりはもはや必須です。

車の価格が落ちる前に、今すぐ無料で入手しておきましょう。

そしてディーラー下取りがあまりにも安い場合は交渉し、あまりにも安い場合は他の形で売却することも視野に入れて下さい。

新型セレナのリセールバリューをチェック

値引きの準備を終えたら、セレナのリセールバリューを押さえておきましょう。

リレールバリューが高いグレードを選ぶと、資産価値が増えるのでおすすめですよ。

セレナのグレード別リセールバリュー

グレード名 価格 リセールバリュー
S 244.0万円 70.4%
X 250.4万円 75.0%
XVセレクションⅡ 266.2万円 72.1%
G 285.3万円 71.5%
ハイウェイスター 268.3万円 77.8%
ハイウェイスターVセレクションⅡ 287.4万円 76.8%
ハイウェイスターG 301.6万円 74.2%

このように見ても、「ハイウェイスター」グレードのリセールバリューが高いのは一目了然。

ハイウェイスターは断トツで人気がありますし、デザインも機能もワンランク上です。

購入するのであればハイウェイスターを強くおすすめします。

セレナでリセールバリューが高い色

日産セレナでリセールバリューの高い色は以下の通りです。

以下ではセレナe-POWERのケースでご紹介します。

  • 1位:ブリリアントホワイトパール
  • 2位:ダイヤモンドブラック
  • 3位:ブリリアントシルバー
  • 4位:アズライトブルー
  • 5位:ミントホワイトパール

基本的には、ホワイト・ブラック・シルバーを購入すれば問題ないでしょう。

セレナはブルー系統も人気があり、おすすめですよ。

新型セレナの値引き情報の総まとめ!

あらためて新型セレナの値引き情報をまとめると以下の通りです。

  • 値引き相場はオプション込みで34万円。
  • 限界額は100万円。
  • 値引きは拡大傾向。セレナe-POWER登場後も変化なし。
  • 競合車はステップワゴン。トヨタ三兄弟。
  • おすすめグレードは「ハイウェイスター」。
  • 限界額を引き出すには下取りアップが必須。

セレナは値引きという点では、積極的におこなうべきクルマです。

より多くの値引きを目指すなら下取りアップが必要ですが、無料の「かんたんクルマ査定」を利用しておき、ディーラー下取り価格と比べるようにしましょう。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

クルマ査定は無料で、1分以内にできます。

カンタンにできることから始めて、値引きの流れをつくっていくのがおすすめです。

スポンサーリンク