Pocket

RAV4の値引き情報

トヨタ新型RAV4は発売と同時に爆発的な人気となりましたが、気になるのは値引き額です。

今回の新型RAV4ですが、どれほどの値引きが期待できるのでしょうか?

ここでは徹底したリサーチを元に、新型RAV4の値引きについてご紹介していきます。

ぎぶさんぎぶさん

損をしないための情報を網羅しているので、ぜひご確認ください。

新型RAV4の値引き情報まとめ!

まずは、新型RAV4の値引き情報について全体をまとめました。

  • 値引き相場はオプション込みで13万~15万。
  • 限界額は20万円。
  • 値引きは辛口。
  • 競合車はCR-V、CX-5、フォレスター。
  • 限界額を引き出すには下取りアップが必須。
  • おすすめグレードはアドベンチャー。

トヨタ新型RAV4は発売されたばかりということで、値引きはやや辛口。

しかし、SUVは競合が激しいので一定の値引きは期待できます。

それでは、以下よりくわしく見ていきましょう。

新型RAV4の最新値引き相場

RAV4の最新値引き情報


(出典:https://toyota.jp/

早速ですが、新型RAV4の値引き状況を確認していきましょう。

値引き情報は現地のディーラー担当者に確認した情報と、口コミによる情報を平均化して算出しています。

  • 本体値引き:10万円
  • オプション値引き:3万~5万
  • 本体+オプション:13万~15万円
  • 値引き限界額:20万円

現地の最新情報について

現実的な値引き合格ラインとしては、本体値引きで10万円。オプション値引きで3〜5万円の合計13〜15万円が新型RAV4の値引き合格ラインです。

実際に、知人のディーラー担当者と面談したさい、上記の金額までであれば対応も可能とのことでした。しかし、それは交渉ありきのことです。

おそらく、値引き交渉に長けていなければ値引きのセオリー金額の5万円までを提示される可能性があり、勿体ないので本記事で知識を得ておきましょう。

値引き限界額は20万円前後

ネットでの口コミでは、限界額の最大で20万円近くの値引きを獲得した人もいました。しかし、これは相当まれなパターンと言えます。

今回の合格ラインを達成するためにも、後述する交渉材料をゲットして交渉に臨みましょう。

現状の値引きが辛口な理由は?

RAV4の値引きは辛口


(出典:https://toyota.jp/

新型RAV4は、発売中止になったという経緯があるにも関わらず「トヨタ」というブランドと、SUV人気の再燃も手伝い、予約の段階ですでに多くの注文が入っています。

また、デザインと走行性が格段にアップしているため、発売直後から人気に火が付く可能性が高いと見て間違いありません。

RAV4は多少値引きを渋っても売れることは、販売店の営業もわかっています。

そう考えると現状の値引き状況は厳しく、まずは、新車値引きの相場である5万円までが販売店の設定になってくるでしょう。

新型RAV4の値引き相場最新レポートまとめ

おさらいですが、新型RAV4の最新値引きは下記になります。

・最新値引き相場(本体) 5万円〜10万円
・最新値引き相場(オプション) 3万円〜5万円
・限界値引き 20万円

限界値引きの20万円はさすがに難しいですが、オプション込みで15万円は狙えます。

もし、新型RAV4の購入交渉を行ったさい、10万円以下の値引き提示があった場合には、もう少し交渉できると思ってもいいでしょう。

新型RAV4の値引きが狙い目の時期

新型RAV4の値引き狙い目の時期


(出典:https://toyota.jp/

新型RAV4をお得に購入したい場合、値引きを最大に引き出して購入できる可能性のある時期は以下の通りです。

  • 販売から少し時期を待つ。
  • ボーナス時期を狙う。
  • 決算時期を狙う。
  • あえて早めに購入する。

今、購入を検討されている方もいると思いますので、それぞれみていきましょう。

販売から少し時期を待つ

RAV4は、日本市場で高まっている SUV人気を受けての再登板ですので、トヨタは自信を持って投入してきています。

そう考えると、トヨタも強気の姿勢。発売直後は値引きをしなくてもそれなりに売れるという自信を持っているはずです。

そうなってくると、あえて値引きが辛口な時期は避けて「新型」のイメージが薄れる時期に大幅値引きを狙うのは手堅い手段と言えます。

ボーナス時期を狙う

・7~8月
・12月

RAV4の一つの値引きとして考えられるのがこれから訪れるボーナス時期。

また、自動車販売店を含む、基本的に物販を生業としている会社は、このような時期には特別な目標を設定していることも多く、商談会やセールが増える時期です。

値引きの受け入れ態勢が整っているため、通常より値引きがしやすい時期となります。

決算時期を狙う

3月、9月

消費者の経済状況に呼応して値引きを行うボーナス時期とは違い、決算時期は販売店側の都合で値引きが開始される時期になります。

決算はメーカーがより販売台数に敏感になる時期ですので、ディーラーに通常よりも販売促進の支援が行われます。

しかし大幅に値引きが取れる車種は、型遅れの車種や、売れ行きの芳しくない車種になる可能性もあります。その意味ではボーナス時期がおすすめです。

あえて早めに購入する

最初の「少し待つ」とは矛盾しますが、値引きに最適な時期になることもあります。理由として、「スタートダッシュをきりたい」販売店の思惑と一致することがあるからです。

新型RAV4の販売チャネルは「トヨタカローラ」と「ネッツトヨタ」です。

近年中にトヨタは販売系列チャネルを統合しますが現行は、新型RAV4を購入するには、「カローラ」か「ネッツ」の販売店を利用する必要があります。

後述しますが、販売店はそれぞれ熾烈な競争を強いられていて、目玉となる新型RAV4の初回売れ行きには敏感になっています。

あえて、早めにお店に行って感触を確かめることもおすすめです。

ぎぶさんぎぶさん

新型RAV4は値引き難易度が高いため、時期にもこだわりましょう。

新型RAV4値引きは競合車を押さえよう

RAV4の値引き競合車

新車値引きの一種のセオリーであるのが、競合車との比較です。

基本的なポイント

  1. 競合車の値引き額を引き合いに出し、RAV4の値引きを引き出す。
  2. 競合車と検討していることを伝え、RAV4の値引きを引き出す。

競合車の見積もりを取り、安くしてくれればRAV4を買うというスタンスが最も有効。

RAV4の場合、初回から値引き限界額を提示される可能性は低く、以下でご紹介する競合車は意識しておきましょう。

RAV4以外は考えられないという人には、あまりおすすめはできませんが、 値引きを検討されている方は検討してみて下さい。

新型RAV4の競合車種の考察

現在の日本市場では、 SUV人気が過熱しています。新型RAV4の直接的なライバルになる車種は以下の通りです。

  • ホンダ CR-V
  • マツダ CX-5
  • スバル フォレスター
  • 日産 エクストレイル

現在の日本市場は、ミドルサイズのSUVが人気を博しており、トヨタの新型RAV4投入により、戦いが過熱することは間違いありません。

上記は、いずれもクオリティーを兼ね備えているので競合車として機能します。

なお、販売店側も顧客がライバル車の見積もりで値引き交渉に来ることは想定済みです。

弱気な態度ですと、目標金額よりもずっと安い値引き額で押し切られてしまいますので、自信を持って交渉しましょう。

最大のライバルはホンダCR-V

ホンダCRV


(出典:https://www.honda.co.jp)

RAV4と因縁が強く、販売店も間違いなく意識している車が「ホンダCR-V」です。

RAV4とCR-Vは、初代の発売開始時期も同時期であり、日本のSUV人気を牽引してきた歴史があります。共にバージョンアップを繰り返し、切磋琢磨してきました。

その後は、まずはホンダ新型CR-Vが日本に再投入され、月間目標1200台を大きく上回る6000台を2ヶ月で販売した実績があります。

直接的なライバルであるCR-Vとの比較は、もっとも有効と考えられます。

トヨタ同士の競合もあり!新型RAV4同士で競合

新型RAV4は「カローラ」「ネッツ」のいづれかでの販売になります。そして、この2社は同じ「トヨタ」ですが、基本的には違う会社です。

地域によっては同一資本の場合もありますが、基本は競合他社になります。

つまり、同じトヨタの販売店同士で新型RAV4を競わせることも可能。

購入を本気で検討しているホットな顧客であれば、他店に逃すまいと、値引きを通常よりも多く提示してくることも十分あり得ます。

通常の値引きをした後に、さらに別店舗にいって交渉してみるのも良いでしょう。

トヨタ新型RAV4値引き交渉の流れ

RAV4の値引き交渉の流れ


(出典:https://toyota.jp/

新型RAV4値引き交渉のポイントは、まずは自分がホットな顧客。つまり見込みの強い顧客であることを相手に認識させることです。

本気の値引き交渉を行うのならば、まず購入したいという意思を伝えましょう。「このお店で買います」ではなく「購入するつもりです」という言い回しでOKです。

交渉は本体価格を先にしてオプションは最後

新型RAV4の値引き交渉で先にやってはいけないのが、オプション値引きです。

基本的に値引きは本体価格とオプションで枠があると思ってください。

敏腕な営業マンは、本体値引きとオプション値引きを合算させて数万円といった金額で落としどころを提示してくることもあります。

得な気分になりますが、実際はそれ以上に値引きできる可能性が高いです。

本体で粘って、落としどころでオプション値引きに移行する。これが良いでしょう。

車の下取りは値引きと同じくらい重要

車の買取

新車購入時に、気になるのが、現在乗っている車の下取りです。

販売店では、車の下取りも提案してきますが、はっきりいって下取り金額は安すぎます。

もちろん、それなりの金額を提示してくる時もありますが、下取りも値引きと同じで、相見積もりを取得しておくことはとても重要です。

あらかじめ一括査定を行うのがベスト

相見積もりを準備するにも、査定に持っていくのが面倒臭い。これはよくある話です。しかし、今はインターネットであっという間に下取り査定ができます。

おすすめの査定サイトが「

かんたん車査定ガイド」です。今では定番ですが、必要な情報を記入するだけで、無料で下取り予定車の一括査定ができるという、優れものです。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

値引きはまだしないという場合も、相見積はすぐに入手しておきましょう。

ここでの査定結果をもとに、販売店での下取り交渉に臨めば、さらにお得に新型RAV4を購入できるかもしれません。

値引きをする前にRAV4の価格を確認

RAV4の価格


(出典:http://toyota.jp/

トヨタのRAV4を購入される方にとって、購入を決めるポイントの1つとして「価格」があるかと思います。しかし、RAV4の価格がどの程度なのかを知っておかなければ、値引きが高いか安いか判断することができません。

そのため、RAV4のメーカー希望小売価格もグレードごとに押さえておきましょう。

グレード 駆動 価格(税込)
X 2WD(FF) 2,608,200円~
X 4WD 2,835,000円~
G 4WD 3,202,200円~
G Zパッケージ 4WD 3,348,000円~
アドベンチャー 4WD 3,137,400円~
ハイブリッドX 2WD(FF) 3,202,200円~
ハイブリッドX 4WD 3,450,600円~
ハイブリッドG 4WD 3,817,800円~

新型RAV4のリセールバリューをチェック

値引きの準備が終わったら、忘れずにチェックしておきたい部分が、車のリセールバリュー。
すなわち買取価格です。

新車であっても、いつかは手放す時がきます。そのような時に、できるだけ高く下取りや販売ができたら、それに越したことはありません。

なおトヨタではハリターと迷う声もありますが、リセールで考えるなら断然RAV4です。

新型RAV4のリセールバリューの高い色とグレードをご紹介しておきます。

リセールバリューの高いカラー

日本ではホワイトパールーやブラックパールが鉄板人気ですが、海外では逆で、パールはあまり人気ではありません。

現在、日本仕様の新型RAV4のカラーラインナップは正式公開されてはいませんが、北米仕様カラーをベースに、リセールバリューの高いカラーをご紹介します。

  • 1位 アティチュードブラックマイカ (黒)
  • 2位 ホワイトパールクリスタルシャイン(白)(有料オプション)
  • 3位 シルバーメタリック (シルバー)
  • 3位 グレーメタリック (灰)

原則的に、ブラックとホワイトは例外なく高リセールバリューになります。
この二つは純粋にカッコいいのでおすすめですね。

また、シルバーメタリックやグレイ色もRAV4では選択されやすいため、このような順位となっています。

公式サイトで押し出されているアーバンカーキやアッシュグレーメタリック/シアンメタリックの2トーンも評価が高く注目と言えるでしょう。(2トーンはAdventureグレードのみ)

新型RAV4のグレードはアドベンチャーが人気!

  • 1位 Adventure(4WD)
  • 2位 G”Z package”(4WD)
  • 3位 X (4WD)ガソリン車
  • 4位 G(4WD) ガソリン車
  • 5位 X(FF) ハイブリッド

まず、最上級のG”Z package”グレードは、価格以上に装備や機能が充実しています。

当然、高リセールが期待できますのでおすすめです。

そして新型RAV4のリセールバリューが高いグレードとして注目を集めているのが、「アドベンチャー」グレードです。

これはRAV4にオフロード感を高めた新仕様になっており、先行予約でもこのアドベンチャーに人気が集まっています。

そう考えると、間違いなくこのアドベンチャーはリセールバリューも高く設定されますので、新型RAV4を検討する際には、チェックしておきたいグレードといえるでしょう。

スポンサーリンク