トヨタ新型ライズの値引きレポート

2019年11月5日に発売されたトヨタの新型SUVライズは、ダイハツからのOEM車であり、ダイハツのSUVロッキーと同型車になります。

今回は、新たに発売されたライズ(RAIZE)の最新値引き相場と限界額、値引き交渉方法、リセールバリューについて解説していきます。

トヨタ新型ライズの値引き相場レポート

トヨタ新型ライズは、実際に予約された方への取材、ディーラーへの確認、WEBメディアや口コミなどの情報を元に、データを平均化して算出しています。

最新値引き相場

  • 本体+オプション合計 10万円
  • 本体値引き 5万円
  • オプション値引き 5万円
  • 限界値引き 24万円

ライズの最新値引き相場は約10万円です。発売されたばかりですので、値引きは辛口となっています。

特にディーラーではなく、整備工場などの提携店では本体価格を5万円以上値引きするのは難しいといえる状況です。

値引き上限は販売店ごとに異なるため、限界値引きを目指す場合は複数のディーラーに足を運ぶことも大切になります。

値引き相場は合計10万円になれば上出来で、日が経てば値引きは拡大されるでしょう。

ライズの値引きは上げることは可能

現状、本体価格とオプション値引きで合計10万円の値引きは可能です。

本記事でそのノウハウを予習し、新型ライズの値引き交渉に臨みましょう。

ライズはオプション値引きを有効活用する

ライズのオプション値引き

ライズのような人気車種の場合、営業マンにによりますが本体値引きで妥協をしない場合があります。

そんな時は、オプション値引きで交渉を行っていきましょう。

オプション値引きを活用する理由

車本体の値引きは販売店によって上限を決められている場合もありますので、店によって限界ラインがあります。

オプションに関しては、販売員にも裁量権があります。最終的にトータルで値引きできれば問題はありませんので、オプション値引きも意識してみてください。

すぐ購入をするなら下取りアップが重要

新車購入の場合、値引き交渉にばかり目がいきがちですが、忘れてはならないのが下取り車の査定額です。

どんなに大きく値引きをもらっても、下取り車を安く買い叩かれては意味がありません。ライズは値引きが辛口な分、高く下取り査定をしてもらい値引きに上積みをしていきましょう。

ディーラー下取りは安いので要注意

下取りの際、気をつけなければならないのはディーラーの下取りは安いということ。安く下取りされないためにも、前もって買取業車から下取り相場を確認しておく必要があります。

基本的に、買取業車はディーラーよりも高い金額で買い取ってくれますので、その見積もりを用意して、ディーラーと交渉してみましょう。

見積もりはウェブで無料で買取相場を出してくれる「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。

無料で1分以内でできるため、こちらはすぐに済ませておくと良いでしょう。相場を確認後、このページの続きをご確認ください。

新型ライズ(RAIZE)の値引き交渉方法

ライズの値引き交渉方法
(出典:https://toyota.jp/raize/

新型ライズの値引き交渉方法については、新型ライズはライバル車も多く、販売店も多いためその部分を有効活用していきます。

ライバル車との競合

新型ライズはコンパクトSUVになりますが、このクラスは激戦区です。

同じトヨタ車であればC-HR、ホンダであればヴェゼルなどが強力なライバルになります。

そのほか、スズキのクロスビーやハスラー、同型車であるダイハツのロッキーなど競合車は充分にそろっています。

値引き交渉の際は、自分がライズ以外で気になる車種を対抗馬としてあてていきましょう。

ダイハツとの競合も可能

ダイハツはライズ発売と同時に、新型ロッキーの発売を開始しました。

ダイハツの新型ロッキーは、新型ライズと同型の車種であり、フロント部分が多少違うだけで、性能は全く同じになります。

ロッキーと競合させて、より値引きしてくれた方を買うというやり方もおすすめです。

ライズの値引き交渉はライバル車を引き合いに

新型ライズのライバル車

まず、トヨタが意識しているSUVはホンダ ヴェゼルとダイハツ ロッキーです。

特にヴェゼルは、トヨタのC-HRとガチガチに戦っている車種で、対抗馬としてはもってこいでしょう。

この2車種を軸に、交渉用の見積もりを取得していくのがスタンダードな方法です。

余裕があれば、ヴェゼルかロッキーの見積もりも取得しておきましょう。「新型ライズと迷っている」と伝えれば、ホットな見込み客とみなされ、良い見積もりが手に入る可能性があります。

新型ライズのライバル車ランキング

新型ライズを交渉する際に、優先して見積もりを取得しておきたい車種を紹介します。

  • 6位 トヨタC-HR
  • 5位 フォルクスワーゲン T-クロス
  • 4位 スズキ クロスビー
  • 3位 スズキ ハスラー
  • 2位 ダイハツ ロッキー
  • 1位 ホンダ ヴェゼル

スズキ車では、クロスビーよりもハスラーの方がインパクトはあります。ハスラーはとにかく人気車種ですので、有無を言わさず対抗馬といえます。

2位と1位は、販売店側としては絶対に負けたくない車種ですので、見積もりの取得はマスト。

ロッキーは同型車ですので、負けるわけにはいきませんし、ヴェゼルはガチガチなライバルになります。

ライバル車の情報収集は、値引き交渉には必要な作業です。この記事を有効活用して、値引き交渉の準備を行なってください。

新型ライズの価格、グレードをチェック

購入前に新型ライズのグレード・価格をチェックおきましょう。

  • グレードX  2WD  ¥1,679,000
  • グレードX  4WD  ¥1,918,800
  • グレードXS 2WD  ¥1,745,000
  • グレードXS 4WD  ¥1,984,800
  • グレードG  2WD  ¥1,895,000
  • グレードG  4WD  ¥2,133,700
  • グレードZ  2WD  ¥2,060,000
  • グレードZ  4WD  ¥2,282,200

基本的な価格がSUVとしては安いので、仮に値引きできなくても問題はありません。

新型ライズ(RAIZE)の見積価格

新型ライズの見積価格ですが、今回はバランスのとれた中間グレードであるグレードGを見積もりしてみました。

  • グレード G ¥1,895,000
  • ボディーカラー ターコイズブルーマイカメタリック ¥0
  • ナビ T-Connectナビ(ステアリングスイッチ付き) ¥155,100
  • オプション エアロパーツセット ¥120,780
  • その他 諸費用
  • 合計 ¥2,347,289-

本体カラーは標準色を選択しましたが、カラーによってはオプション料金が追加されます。オプションもエアロパーツのセットをチョイスしましたが、パーツを増やしていけば、それなりの金額が加算されます。

それでも200万円前後とSUVとしては割安な印象があり、かりに値引きできなくてもコストパフォーマンスは高いでしょう。

今回の見積もり内容ですと、その他の諸費用を含め概算で税込の¥2,347,289-が乗り出し価格となりました。参考にしてみてください。

新型ライズのリセールバリュー

最後にリセールバリューの高いグレードをチェックしておきましょう。

リセールバリューを意識して新型ライズを購入しておけば、次に新車へと乗り換えするときに、高価な下取りが期待できます。

リセールバリューの高いグレードはZ

リセールバリューの高いグレードは、最上級グレードのZです。

グレードZは、走りの性能こそは、他のグレードと違いはありませんが、内外装での豪華さ、さらに安全装備が群を抜いています。

バランスが取れてお買い得なグレードは、グレードXSですが、妥協をしたくなく、リセールバリューまで考えるのならば、グレード Z一択でいいかもしれません。

リセールバリューの高いカラー

リセールバリューを考えるのなら、カラー選択は重要です。

ここでは、新型ライズのリセールバリューが高いカラーをまとめました。

  • 4位 ターコイズブルーマイカメタリック
  • 3位 ブライトシルバーメタリック
  • 2位 ブラックマイカメタリック
  • 1位 シャイニングホワイトパール

実際に販売店にリセールバリューが高くなりそうなカラーを確認したところ、上記のカラーが返答として返ってきました。

新型ライズは、オプションでルーフ部分をブラックマイカメタリックにする2トーンもありますが、上位にランクしたのは標準的なカラーです。

シャイニングホワイトパールはオプション料金¥33,000-が加算されますので注意が必要です。

トヨタ ライズの値引きレポート総まとめ

あらためて新型ライズ(RAIZE)の値引きレポートをまとめます。

  • 新型ライズの値引き相場は10万円
  • 限界値引きは24万円
  • 本体価格値引きは渋い傾向
  • 本体値引きが難しい場合にはオプション値引きを活用
  • 最大のライバル車はヴェゼル・ロッキー
  • 安く買うには下取りアップが重要

激戦区の小型SUV市場に参戦してきた新型ライズの注目度は高く、見積もり交渉は難しいかもしれません。

しかし、今回の記事を有効活用してもらえば、それなりの結果が出るはずです。

あとは下取りアップをどれだけできるのかになりますが、あらゆる工夫をもって新型ライズをお得に購入していきましょう。

スポンサーリンク