プリウス 自動車

【2024年最新】新型プリウスの納期・納車情報まとめ!時期が早まるコツも解説

2022年12月28日

新型プリウスの納期・納車情報

2022年11月16日のワールドプレミアで華々しく発表された新型5代目プリウスですが、トヨタ車の納期遅延がニュースになる中、気になるのはプリウスの納期です。

フルモデルチェンジでは、プリウスらしさを継承しながらワイド&ローでスタイリッシュなデザインとなり、走りの性能も格段に向上。

それにともない人気も殺到し、納車遅れが懸念されます。

この記事では、新型プリウスの最新の納期情報や受注状況、今後の予想などをはじめ、徹底解説していきます。

トヨタ新型プリウスの納期最新情報2024年

新型プリウスの最新納期情報

トヨタ新型プリウスの最新納期目安は8ヶ月となります。販売店ごとに納期は異なるため、全国平均目安をリアルタイムでご紹介しています。

プリウスの最新納期目安

  • Zグレード(2.0L HEV):6~7ヶ月
  • Gグレード(2.0L HEV):6~7ヶ月
  • PHEV:4~5ヶ月

新型プリウスは生産好調につき最新納期は早まる傾向にあります。

新規の注文となると「Zグレード」で全国平均7ヶ月程度の待ちは想定しておく必要があります。販売店ごとに割り当て台数は異なり、3ヶ月程度で納車されたケースも出ています。

プリウスは生産台数が増えていて、全体的にも納期が改善されて今は買い時です。

なお、2024年4月に大規模なリコールが発生した影響により、受注が受注が一時停止していることがあるので注意が必要です。
トヨタ、プリウス約13万台リコール 対策品の準備が整うまで生産停止

新型プリウスの人気は高く、注文が遅れるとさらに納期が延びたり受注停止になるリスクがあるので気をつけましょう。

プリウスの納期目安の推移

最新の納期目安の事例をまとめました。商用車のXグレードはのぞいています。

販売店によって納期は異なりますので、あくまで参考程度にしてください。

契約時期納期目安
2024年5月6~7ヶ月
又は受注停止
2024年4月6~7ヶ月
2024年3月7ヶ月
2024年2月8ヶ月
2024年1月8ヶ月
2023年12月8ヶ月~9ヶ月
2023年11月7ヶ月~1年
2023年10月1年3ヶ月~1年7ヶ月
2023年9月1年5ヶ月~1年7ヶ月
2023年8月1年8ヶ月~1年10ヶ月
2023年7月2年~2年1ヶ月
2023年6月1年4ヶ月~2年1ヶ月
2023年5月1年1ヶ月~2年1ヶ月
2023年4月1年半~2年5ヶ月
2023年3月8ヶ月~2年4ヶ月
2023年2月1~2年
2023年1月1~2年

プリウスの納期はハイブリッド車を中心に改善傾向がみられます。

未だ1年近くかかってしまう事例もありますので、あくまで目安としてご参考ください。

中古車を高く売る方法

車の乗り換えをする場合、今乗っている車を高く売ることから始めましょう。

中古車を一番高く売る方法は、複数の買取店で競合させて高い査定を引き出し、さらにディーラー下取りと比べることです。

無料一括査定で人気の「ナビクル車査定」ならカンタンな入力で相場価格もすぐ分かるのでおすすめです。査定だけでも問題ありません。

新型プリウスの納期遅れに関する注意点

プリウス納期遅れ

トヨタ新型プリウスの納期は流動的となっているため、想像以上に納期遅れが出てしまう可能性があります。

その際の注意事項を確認して、そなえておきましょう。

車検は早めに更新しておくと良い

プリウスの場合は納期が遅いため、車検切れには間に合わないと考えておくべきです。

万が一、そのような事態になりそうな場合はディーラーに相談するようにしましょう。空きがあれば代車やレンタカーを手配してもらえることがあります。

もし、販売店に頼んでもむずかしい場合は、下取り車を車検に通すしかありません。

既に契約されている方におすすめなのは、今すぐ格安車検を利用して通しておくことです。

特に「楽天car車検」は車検の中でも安いうえに、楽天ポイントもつくので重宝します。

プリウスの契約している人は、今すぐ車検を済ませておくと心が楽になるでしょう。

車検を心配してストレスを感じる機会も減るはずです。

上位グレード「Z」の納期が長くなる公算

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

新型プリウスのグレードは「Z」「G」「X」「U」の4展開で、すべてハイブリッド車となっています。

このうち、一般向けに販売されるのは「Z」と「G」グレードのみです。

注意ポイント

  • 「X」グレードは法人向け
  • 「U」グレードは「KINTO」専用

「Z」「G」のグレードと価格は下のとおりで、人気は最上位グレードの「Z」。グレードが上になるほど装備が増えるため、納期も延びやすく注意が必要です。

グレード駆動方式本体価格
G(2.0L HEV)2WD
E-Four
3,200,000円
3,420,000円
Z(2.0L HEV)2WD
E-Four
3,700,000円
3,920,000円

 

新型プリウスの受注停止状況について

新型プリウスの受注停止状況

2024年以降、新型プリウスが受注停止になったという正式発表はありません。

一部の法人グレードをのぞき、基本的にどの販売店でも注文は可能となっています。

販売店によって在庫は異なり、万が一注文できない場合は、他の販売店に足を運ぶようにしましょう。

トヨタ車の中でも納期が長く、今後はいつ受注停止になってもおかしくはない状況です。

なるべく早めに契約しておきましょう。

新型プリウスの納期・納車待ちに関する口コミ

新型プリウスの納期・納車情報まとめ

プリウスの納期・納車待ちに関する口コミをまとめました。

販売店によって在庫状況はことなるため差が出ている状況といえます。

納期1年以内がという声

4月契約で10月頃に納車予定です。
1月に契約をして予定納期は9月ごろ。
春に契約した場合で、納車は秋ごろとのことです。

納期が早まるという声

納期2年近くかかったケース

新型プリウスの今後の納期予想!いつ早まる?

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

新型プリウスは、あまりの人気ぶりからスタートから納期が読みにくい船出となりましたが、今後の納期はどうなるでしょうか?

プリウスに限らず、最近のトヨタ車の納期遅延は同じ理由で発生しているため、他のモデルの動向を見ることで予想がつきます。

受注停止の可能性も

新型プリウスの最新納期情報

プリウスの納期は、契約が1日違うだけで数か月単位の遅れが見られ、私が取材したディーラーでは1日違うだけで3ヶ月納期が変わったケースがあります。

それほどの人気があった経緯があり、いつ受注停止になってもおかしくはないでしょう。

今後は納期短縮もありえる

納期遅延については、トヨタや関係者も「解決が重要な課題」と認識し、それに対する取り組みについての労使会合の様子がトヨタイズムで公開されています。
https://toyotatimes.jp/toyota_news/roushikon_2022/003.html

国内向けの増産を検討することや、中長期的な生産に関する改善を推進することで、納期短縮を進めるアナウンスがされました。

現在は、国内生産を強化することで、トヨタ全体でも改善されてきています。

プリウスも人気が落ちつけば納期が早まる可能性は高いでしょう。

トヨタ新型プリウスの納期遅れが出ている理由

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

実際の発売前から納期が延び続けるというのは、トヨタ新型プリウスだけではなく人気車で多いパターンといえます。

では、新型プリウスに納期遅れが出ている理由と、それが今後どうなっていくのか考えてみましょう。

長く続く半導体不足

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

トヨタだけではなく世界中の自動車メーカーが、半導体不足を大きな理由として減産せざるを得ない状況になっています。

一口に半導体といっても、車載用の半導体は「レガシー半導体」といわれる古いタイプのもので、はやり病の拡大で世界中の自動車メーカーが一時的に発注をキャンセルしたことが、現在の「自動車用半導体」不足の大きな原因です。

この措置に対して、半導体メーカーは生産を先端チップへシフトさせたため、レガシー半導体の生産を簡単に増やせない状況になりました。

半導体市場の供給不足は解消されつつあると言われますが、自動車向けの非先端半導体の供給不足は2023年も続くと予想されます。

円安の影響

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

歴代プリウスは、長年にわたって世界中のハイブリッド車をけん引してきたモデルで、海外市場でも人気があります。

とうぜん新型プリウスも生産数のうち、かなりの割合を海外輸出向けに割り当てているので、国内向け生産数が需要に追い付いていないのが現実です。

これは「納期4年以上」で話題になったランドクルーザーでも見られたことで、輸出企業に有利な円安も原因として考えられます。

しかし、2024年以降は円安も落ち着き、むしろ円高傾向が出始めていることとから、先ほど説明した「国内向けの増産」が進みつつあります。

今後の納期短縮へ改善は期待できる状況となっています。

プリウスの納期・納車が早まるコツ

新型プリウスの納期・納車情報

納期遅れが不安視される新型プリウスですが、一部では納期短縮につながるような情報も出ています。

ここでは納期が早まるコツについて考えてみましょう。

人気の色やグレードを選ぶ

一般的に人気の色やグレードは、多く生産される可能性があるため、定番を選んでおくのが無難といえます。

プリウスで人気の色は「アティチュードブラックマイカ」「プラチナホワイトパールマイカ」で、人気グレードは「Z」です。

注意ポイント

上級グレードほど装備が充実し、納期が遅れることがあるため人気でも注意は必要。

なお、販売店によって発注や在庫状況はマチマチであり「納車が早い仕様はないか?」ダメもとで聞いてみるのもありでしょう

納期が延びそうなオプションを選ばない

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

新型プリウスの車両自体は半導体不足の影響で生産に遅れがでていますが、この現象はオプション品の生産でも同じことがいえます。

むしろオプションの有無が納期を大きく左右する状況となっています。

個人ユーザー向けの「G」「Z」で、納期に影響が出そうなオプションは下のとおりです。

納期に影響が出そうなオプション

  • パノラミックビューモニター
  • デジタルインナーミラー
  • 12.3インチディスプレイオーディオ
  • ETC2.0
  • ソーラー充電システム

PHEV車については「ソーラー充電システム」を装着すると半年程度の遅れが出ることがあります。

基本的にはディーラーに「納期が早い仕様はないか?」とたずねると良いでしょう。

せっかく新型プリウスを買うのなら、満足できるオプションは付けたいものですが、納期とのバランスを考えて判断されることをおすすめします。

トヨタ店とトヨペット店は狙い目か?

新型プリウスは、ディーラーごとに割り当てが決められていて、あくまで予想ですがトヨタ店とトヨペット店に多く割り当てられる可能性はあります。

全車種販売前は、トヨタ店は上級車種、トヨペットは中級車種をあつかっておりプリウスの購入層と合致するためです。

なお、割り当ての多いディーラーは、基本的に「よく売る」ディーラーなので、納期を少しでも短くしたいのなら「手あたり次第問い合わせる」作戦も有効です。

サブスクのKINTOなら納期が早い

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

「KINTO」は、トヨタが提供する車のサブスクで、車両本体価格と維持に必要な費用をコミコミで毎月負担するものです。

2.0Lモデルの「G」と「Z」グレードは従来のKINTOで利用可能です。

1.8Lモデルの「U」グレードは新サブスクサービス「KINTO Unlimited」のみで利用が可能となっています。

KINTOの現時点での納車目安は「3ヶ月程度」で、早く新型プリウスに乗りたい方にはおすすめです。

新型プリウスのリセールバリューをチェック

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

リセールバリュー

(4.0)

新型プリウスは過去の動向と、新型プリウスの人気ぶりを考慮すると良好なリセールバリューが期待できるでしょう。

非常に高い評価を集めており、高需要が見込めます。

ここでは更にリセールバリューを高めるためのコツを説明します。

値段が落ちにくいカラーを選ぶ

トヨタ新型プリウスの納期・納車情報

新型プリウスのリセールバリューを意識するなら、人気の高いボディカラーを選ぶのが鉄則です。

新型プリウスには、下のとおり8色のボディカラーがラインナップされています。

カラーラインナップ備考
アッシュZ、G、Uグレードで選択可
マスタードZ、G、Uグレードで選択可
ダークブルーマイカメタリックZ、Uグレードで選択可
エモーショナルレッドⅡZ、Uグレードで選択可
(有償:55,000円)
プラチナホワイトパールマイカZ、G、Uグレードで選択可
(有償:33,000円)
アティチュードブラックマイカZ、G、Uグレードで選択可
スーパーホワイトⅡ
シルバーメタリックXグレードで選択可

この中でリセールバリュー優先なら「プラチナホワイトパールマイカ」「アティチュードブラックマイカ」が無難な選択肢となるでしょう。

定番色の一つといえるシルバーが法人向けの「X」グレード専用色なのは残念ですが、法人向けとはいえ個人でも購入が可能だという情報があります。

査定があがるオプション品とは?

新型プリウスのリセールバリューは、純正オプションが多いほど上がる傾向があるので、納期が気にならないのなら好みのオプションを付けることをおすすめします。

その中でも先ほど紹介した「納期が延びてしまうオプション」ほど査定でプラスになるので、バランスにはご注意ください。

トヨタ新型プリウスの納期情報まとめ

トヨタ新型プリウスの納車についてまとめると以下のとおりです。

  • 通常納期は6~7ヶ月
  • 納期は改善傾向にある
  • 工場生産状況は好調
  • 円安も新型プリウスの納期に影響
  • リセールバリューも良好

新型プリウスですが、人気の高さから納期遅れが心配されています。

PHEVも含め、購入を検討するならなるべく早めに商談の予約をしておきましょう。

当記事では新型プリウスの納車情報について、新しいものを追っていますので、定期的にご確認ください。

【愛車の最高額が分かる】ナビクル車買取

愛車の無料査定申し込み直後、すぐに買取相場が分かるのが魅力で、他の査定額と比べることができて重宝します。
76.9%の方が高く売却できたと実感し、上場企業運営だから安心です。


【納車前に車売るなら】MOTA車買取

やりとりするのは高額査定の上位最大3社だけで、電話ラッシュが苦手という人も安心です。最大20社が競い合うため愛車の高額査定が期待できるが魅力。


関連記事はこちら

  • この記事を書いた人

ぎぶさんの車購入ガイド

ぎぶさんの車購入ガイドは、自動車メディア業界で長年の経験を持つプロが、車の新型モデルや最新の納期、モデルチェンジ情報など、車を購入する際に気になる情報を独自の取材に基づいて発信しています。

-プリウス, 自動車

© 2024 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5