中古車 自動車

オデッセイの中古車が安い理由!なぜ安いのか?

オデッセイの中古が安い理由

1994年に発売されたホンダオデッセイはミニバンの中でも高い人気を誇ってきました。超低床のプラットフォームを採用し、室内スペースを広めにレイアウトされています。

しかも、スタイリッシュなデザインということで、街乗りで手軽に運転できる車なのが魅力です。今では生産中止になってしまいましたが、中古車市場ではなお取引が活発に行われています。

オデッセイの中古が安い理由と、維持費、購入をおすすめする理由をご紹介します。

中古のオデッセイの安い理由

オデッセイの中古が安い理由

オデッセイの中古車の相場はお手ごろな価格で購入できます。オデッセイが安い理由は大きく3つありますので詳しく解説します。

ミニバンの需要が変わってきている

オデッセイはミニバンですが、ミニバンに消費者が求めていることが変わってきています。発売当初は上級ミニバンのパイオニア的な存在として、高い人気を集めました。

オデッセイの中古が安い理由

しかしオデッセイのような乗用車に近いワゴンから人々のニーズが「背の高いボックス型のミニバン」に変化しました。低床プラットフォームを採用しているオデッセイとは少し人々のニーズやトレンドとの間にずれが生じました。

その他、オデッセイは従来のワゴンのヒンジ開閉式ドアが主流です。しかし今では「両側スライドドア」のニーズが高いです。狭い駐車スペースでも無理なく開閉でき、何か重たい荷物を持ちながらでも無理なく開け閉めができます。

このようなミニバンの需要が変わってきたことで、現在ではあまり人気が集まっておらず、中古の安さにつながっています。

エンジンパワーが不足している

オデッセイのパワーユニットを見てみると、2リッターのハイブリッドもしくは2.4リッターのガソリンエンジンの2種類となります。

ライバル車種と比べて、少しパワー不足に感じられるのも安い理由の一つです。同じミニバンのほかのメーカーを見てみると、ハイブリッドでも2.5リッター、ガソリンエンジンだと3.5リッターエンジンが搭載されているものも見られます。この辺のところも中古オデッセイが安く購入できる理由の一つです。

生産が終了している

オデッセイは上質なミニバンですが、需要の変化によって生産が終了しています。

中古車市場では「ヴォクシ―」「ノア」「アルファード」など現役の人気ミニバンの需要が高いことから、オデッセイには人気が集まりにくく、その分だけ値が安くなっているということができるでしょう。

中古オデッセイのグレードごとの相場

オデッセイの中古が安い理由

オデッセイには複数グレードがラインナップされています。グレードによっても中古車の販売価格は異なります。
自分の予算に照らし合わせて、どのグレードのオデッセイなら購入できるか検討してみるといいでしょう。

オデッセイはどのグレードも安全装備は備わっていますので、安心して購入できます。
相場はあくまで目安なので、実際の販売店でもご確認ください。

ABSOLUTE

オデッセイのグレードの中でもベーシックなのがABSOLUTEです。ベーシックグレードといわれると、装備は必要最低限しかないというイメージを持っている人もいるでしょう。

しかし、ABSOLUTEでも必要な装備はほとんどそろっています。ですからグレード別に見ても人気です。例えばHonda SENSINGというホンダの安全技術パッケージはすべて標準装備されています。

ABSOLUTEの中古車販売価格を見てみると、だいたい200万円前後といったところが相場になるようです。新車と比較すると半額くらいの価格で購入できます。新車では予算的に厳しかった人でも中古車なら購入できるという方もいるでしょう。

ABSOLUTE・EX

ABSOLUTE・EXは従来のABSOLUTEにプラスアルファの装備がついてきます。

例えばブラインドスポットインフォメーションが標準装備になります。こちらはドライバーの死角になりやすい隣車線後方から車両が接近してきた場合に通知してくれる機能です。またHondaスマートパーキングアシストシステムといって、駐車時のバックや縦列駐車をするときのハンドル操作を自動的にアシストしてくれる機能もついてきます。

ABSOLUTE・EXの中古車価格の相場を見てみると、220万円前後といったところです。ABSOLUTEと比較して価格に違いがありません。装備の内容も踏まえると、ABSOLUTE・EXを購入した方がお得と判断できるかもしれません。

G・ Honda SENSING

オデッセイの中でも低額のグレードになります。必要最低限の装備にはなりますが、それでもHonda SENSINGは搭載されています。ヘッドライトにはLEDライトが使われ、夜間運転する場合でも周辺を明るく照らしてくれます。周辺の交通状況をきちんと把握しながら、安全運転できるでしょう。サイドエアバッグシステムを導入しているので、万が一交通事故に遭遇してもしっかり守ってくれます。

G・Honda SENSINGの中古車価格の相場を見ると、だいたい170万円強といったところです。ABSOLUTEと比較すると40万円近く安い価格です。中古のオデッセイを購入したいけれども、できるだけ安い価格で手に入れたい時に向きます。

その他、さまざまなグレードや年式がありますが、基本的にはどれでも問題はないでしょう。

中古オデッセイを購入した際の維持費

中古オデッセイの維持費

中古のオデッセイを購入した後も維持費を負担していかないといけません。
どのくらいの維持費がかかるのか簡潔にまとめました。

税金

車両を保有すると、自動車税と自動車重量税がかかります。それぞれ新車登録時期がいつかによって違ってきます。2019年10月より前と以降とでは適用される税額が異なりますので注意して下さい。

自動車税

自動車税はその年の4月1日時点で車を保有している人を対象にした税金です。エンジンの排気量によって税額は異なります。
1,500~2,000ccの場合2019年10月より前であれば39,500円。2019年10月以降であれば36,000円です。
同じく2,000~2,500ccだとそれぞれ45,000円、43,500円。2,500~3,000ccはそれぞれ51,000円と50,000円になります。

自動車重量税

自動車重量税は文字通り、車両重量をベースに税額の決まる税金です。車検ごとに向こう2年間、次回車検時までの税金をまとめて支払います。

オデッセイはグレードで重量に違いがないのでどのタイプでも、32,800円となります。

車検費用

2年に1回のタイミングで車検を受けることが必要です。車検の費用は「法定費用」と「車検基本費用」「部品交換費用」が発生します。
法定費用はだいたい54,000円前後になるでしょう。

車検基本費用は安いところでは2万円のところがあり、部品交換費用はゼロ円の場合もあります。

ガソリン代

5代目モデルのオデッセイで見るとハイブリッド車はリッター当たり20.6km、ガソリンエンジンは12.6kmです。もし年間10,000km走行した、レギュラーガソリンがリッター140円だったと仮定するとハイブリッド車が67,961円、ガソリンエンジン車111,111円です。
もしガソリン代を節約したければハイブリッド車を購入した方が43,000円程度年間でお得になります。

オデッセイの中古の購入がおすすめの理由

オデッセイの中古車

オデッセイは国産ミニバンの中でも、上質でデザイン性に優れ、安全性も含めた品質が申し分がありません。
広々とした室内空間も兼ね備えているためファミリーカーとしても機能します。

エンジンパワーはライバル車よりも不足していますが、僅かな差であって問題になるような水準ではありません。
高速でパワー不足を感じるケースはあるかもしれませんが、日常使いでパワー不足を感じることはないでしょう。

未だにオデッセイの生産終了を惜しむ声も多く、過小評価されていることは否めません。

優れた車であるにも関わらず過小評価されているため、安く購入できるという面がありますので非常に狙い目です。

お得に中古オデッセイを購入する方法

オデッセイの中古が安い理由

中古車でコンディションのいいオデッセイを購入したければ、インターネットを使って情報収集することが大事です。

ネットを見てみると、中古車販売店でオデッセイがどの程度の価格で販売されているのか、年式や走行距離がどうかチェックできます。

慣れない人はプロに任せた方がいい

オデッセイの中古車情報は無数にあり、年式や走行距離は確認できても、慣れないと細かい状態までは把握できません。

中古車はトラブルを避けるためにも「状態が良いもの」「保証付き」のものを購入するのが望ましく、プロと相談して購入するのが確実です。

人気の「ズバット車販売」を利用すれば、状態が良くて保障付きの中古車情報を無料で紹介してもらえるので、中古ミニバンが欲しい人はチェックしておくと良いでしょう。

中古車高騰の今、高額査定が出る絶好のチャンス

車の乗り換え時は、まず車を高く売ることから考えましょう。

買取やディーラー下取りで安くならないために、複数の店で査定しておくことは大切です。

無料一括査定できる「ナビクル車査定」では簡単な入力で査定結果が分かり人気です。

査定だけでも問題なく、1分以内にできるためチェックしておきましょう。

▼ナビクルの公式サイトはこちら

関連記事はこちら

sponsored link




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。ウォルターインターナショナル合同会社運営。

-中古車, 自動車

© 2022 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5