nwgn値引きレポート

本記事では「N-WGN」と「N-WGNカスタム」の最新値引きレポートをまとめました。

ホンダN-WGN(エヌワゴン)の人気は高く、大きな値引きは期待できませんが、交渉次第である程度の値引きはできる状況です。

本記事は、取材を元にした値引き相場、下取りアップやリセールバリューなども含め、NWGNをお得に購入するための情報をお届けします。

ぎぶさんぎぶさん

値引きのプロがくわしく解説していきます。

N-WGN(エヌワゴン)の最新値引き相場

N-WGN(エヌワゴン)の最新値引き相場

以下、最新の値引き相場をまとめました。

値引きデータは価格ドットコム・SNSの口コミデータを元に最新情報を更新しています。

N-WGN 通常モデル

  • 本体+オプション値引き 9万円
  • 本体値引き:6万
  • オプション値引き:3万
  • 限界値引き: 17万

N-WGN カスタム

  • 本体+オプション値引き:13万
  • 本体値引き:7万
  • オプション値引き:6万
  • 限界値引き:25万

N-WGNの値引き相場は通常モデルが約6万円、カスタムモデルが13万円です。

なお、カスタムモデルの方がオプション値引きしやすいのが特徴。

新型モデルが発売されたのが2019年8月で、ある程度の値引きが引き出せるようになっていますがまだ辛口といえます。

N-WGNの値引きは厳しいという声もあり、「あまりよい反応が得られなかった」という口コミも見られました。

一方、Honda Carsの別店と競い合わせることによって値引きを伸ばすことに成功した人もおり、やり方次第で有利に商談を進めることはできます。

N-WGNの競合車と値引きのコツ

N-WGNの競合車と値引きのコツ

N-WGNの競合車はデイズ、ワゴンR、ムーブが代表的です。

  • 日産 デイズ
  • スズキ ワゴンR
  • ダイハツ ムーブ

まずは、これらと競合させるのが常套手段ですが、それでもあまりよい反応が得られない場合は、Honda Cars同士で競わせるのがおすすめです。

別会社同士の値引きが有効

N-WGNのように新モデルかつ、ライバル車との競合がうまくいかない場合、別会社同士の値引きが効果的です。

特にホンダの車はその傾向が見てとれます。

別系列店で値引きに大きな差があることが分かります。

Honda Carsの店名には、「Honda Cars東京中央」のように「Honda Cars」の後に地域名がつきますが、この地域名が違う店は基本的に別の会社です。

ですので、地域をまたいで複数の店舗でN-WGN同士を競わせることによって、確実に値引きが引き出せることがあります。

県をまたぐのは面倒ですが、店舗間の距離が近いところにお住まいなら試してみる価値はあるでしょう。

N-WGN(エヌワゴン)の値引き推移

・モデルチェンジ前の相場:9万円
・モデルチェンジ前の限界額:35万円

・最新モデルチェンジ以降:6万円
・最新モデルチェンジ以降の限界額:17万円

過去と比べると近年もようやく緩んできたようにも見られますが、新型ウイルスの影響もありしばらくは現在の状況が続くと予想されます。

したがって、今買ったとしても、「もう少し待ってから買った方がずっと安く買えたのに」と後悔することにはならないでしょう。

前ほど限界額は出しにくいですが、全体としては「買い時」とはいえそうです。

N-WGNの限界値引き商談のポイント

N-WGNの限界値引き商談のポイント

ホンダN-WGNのようなトールワゴンタイプの軽自動車は、メーカー同士の競争が激しく、各ディーラーも特に力を入れている分野です。

そのため、N-WGNも一定の値引きは期待でき、まずは競合車と競わせることで値引きを引き出すことが基本になります。

具体的な流れ

ここでは、ダイハツのムーヴカスタムを相手に出して、ホンダN-WGNの値引き交渉をする流れをご紹介します。

ムーヴの方が値引きで有利なことはホンダ側もわかっているため、金額を重視していることを強調して商談を進めれば、値引きアップを引き出すことは可能だと考えられます。

「両車甲乙つけがたくてかなり迷っているので、安い方を選びたいと思う」と伝えれば、大きな値引きは厳しくても妥協点を見出すことはできるでしょう。

ダイハツのムーヴ以外にも、N-WGNの競合車となり得る車種はたくさんあります。

  • スズキ ワゴンR
  • 日産 デイズ
  • eKワゴン
  • ダイハツ タント

これらをぶつけることでN-WGNの値引きをまずは引き出しましょう。

さらに、値引きをより確実にするのであれば、あらかじめ競合車に関して見積もりを取っておくことをおすすめします。

ぎぶさんぎぶさん

どうしても値引きが厳しい場合、見積もりを持って前述したホンダの別系列店に足を運びましょう。

下取りアップで値引きを最大化する

N-WGNの値引きはまだ辛口といえる状況です。

しかし、乗り換えの場合は、下取りに出す車の下取り金額を限界まで高値につり上げてから売却することで、N-WGNの値引きを最大化することが可能です。

車購入の値引きで成功するには、購入する車の値引きだけでなく、下取りに出す車の下取り金額アップも考えなければなりません。

ディーラー下取りは安い

ディーラーからはよく「これ以上は値引きできないので、下取り金額で調整いたします」などと言われることがあります。

その通りに5万円や10万円当初よりも下取り金額がアップすれば、多くの人は十分お得な買い物だと感じて契約してしまうのではないでしょうか?

ところが、その下取り金額はまだ十分でない可能性もあるのです。

中古車市場の相場を確認

下取り金額を提示される前にやるべきことが、その金額が中古車市場の相場を反映したものかどうかを確かめることです。

多くの人はそれをやらないため、ディーラーの言われるがまま「得した」と思って実は損してケースことがあります。

5万円や10万円下取り金額がアップしたところで、中古車市場の相場では20万円以上高い金額で取引されていることはよくあるのです。

したがって、下取り車で損をしてしまうのを避けるには、ディーラーが提示する下取り金額が妥当かどうかを判断しなければなりません。

今はWEBで、買取専門店から下取り車の見積もりを無料で取ることができます。

ナビクル車査定」であれば、数分で複数の買取店の見積もりを手に入れることができます。

自分のクルマは適切な価格で買い取ってもらうようにして下さい。

N-WGNの乗りだし価格の目安

N-WGNの乗りだし価格の目安

車両価格にプラスして、オプション価格や税金などの諸経費を含めた金額を「乗りだし価格」といいます。

N-WGNの乗り出し価格がいくらぐらいになるかの目安をシミュレーションしてみます。

売れ筋のN-WGN Gグレードの場合

N-WGNにはいくつかグレードがありますが、ここでは人気の「N-WGN G」を例に取ります。

  • 車体本体:1,298,000円
  • ベーシックインターナビ+取付アタッチメント
  • ドアバイザー
  • フロアカーペット
  • 諸費用(登録費用+税金)

車両価格は130万円を切りますが、ボディカラーによってはこれに3万円から8万円ほどの上乗せとなりますが、有料色ではないノーマルカラーを選ぶとします。

オプションは、ディーラーオプションの基本であるベーシックインターナビとナビ取付アタッチメント、それにドアバイザーとフロアカーペットマットを選びます。

工賃込みでおよそ22万円ほどになる見込みです。

これに登録などにかかる費用や税金として約12万円をプラスすると、合計金額はおよそ164万円になります。

値引き込みで150万円台で買える

N-WGNの値引き相場は先にお伝えしたように9万円ですので、相場通りの値引きに成功すれば約155万円になる見込みです。

値引きができれば、さらにお手ごろな乗り出し価格になるでしょう。

オプション値引きは10~20%を目安に

ディーラーオプションからは、10~20%程度の値引きを期待したいところです。

値引き額は車のグレードによって変わることがありますが、N-WGNの場合、上級グレードを選んでも車両価格からの値引きは他のグレードとさほど変わりません。

ただその分、オプションから多めに引いてくれる傾向があります。

相場は3万円程度ですが、沢山オプションをつける予定のある方は、オプション値引きも意識しておきましょう。

ホンダ N-WGNのおすすめ競合車

N-WGNの競合車についてはここまで何度か触れてきましたが、ここでは特にライバルにふさわしい3台の特徴をまとめました。

日産 デイズ

日産デイズ

アラウンドビューモニターが搭載されており、運転が苦手な人にとっても使い勝手のよい車として人気を獲得しています。

もともとリーズナブルな車ですが、さらに値引き額も大きいことで有名なため、N-WGNと競合させれば値引き額を限界まで引き出せる可能性は高いです。

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR

マイルドハイブリッドモデルが登場したことによって、その燃費の優秀さからさらなる人気を獲得しています。

N-WGNとの競合力が高く、お値打ち感のあるクルマのためワゴンRを引き合いに出して交渉すれば、値引きを引き出すことは十分に可能でしょう。

ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴ

ちょうどよい広さで乗り心地のよさも定評がある車ですが、さらにスマートアシスト搭載によって安全性能も高くなっています。

N-WGNと競合関係にあり値段もかなりお手ごろなので、こちらもおすすめです。

最後にN-WGNのリセールバリューをチェック

ホンダN-WGNの値引き交渉の準備は整いました。

最後に、N-WGNのリセールバリューをチェックしておきましょう。

カスタムモデルはリセールが高い

現在の業者オークションの状況を見ると、標準よりもカスタムの方がリセールバリューは高くなっています。

駆動方式では4WDより2WDの方がリセールバリューがよいと考えられます。

ちなみに、旧型モデルでは、全グレードの平均で3年落ちのリセールバリューは50%を超える辺りでした。

人気グレードはG

N-WGNのグレードのなかで特に人気があるのは、標準の「G ホンダセンシング」です。
これが最も多く売れています。

「L ホンダセンシング」がそれに続き、「カスタムL ターボ ホンダセンシング」と「カスタムL ホンダセンシング」がさらにそれに続く売れ筋グレードです。

  • 1位 G
  • 2位 カスタムL ターボ
  • 3位 カスタムL

基本はこうした売れ筋グレードを買われることをおすすめします。

リセールが高い色はブラック&ホワイト

安定して高値で推移すると考えられるのが、「クリスタルブラック・パール」と「プラチナホワイト・パール」の定番のモノトーン2色です。

ただ、クリスタルブラック・パールは無料ですが、プラチナホワイト・パールは33,000円プラスになる有料色であることに注意してください。

人気のないカラーより5~10万円ほど売却時に高く売れる可能性はありますが、他に好きなカラーがあれば無理をして選ぶことはありません。

リセールバリューはあくまで目安とし、値引きも含めお得にN-WGNを購入していきましょう。

▼当サイトの人気記事はこちら

一番高く売れる!車買取サービス1位をご存じですか?
車の乗り換えを検討している方必見!車買取のランキング
今すぐ確認する