デリカ 自動車

【2024年】三菱デリカD:5の値引き・納期の最新情報まとめ

三菱デリカD:5の値引き・納期

三菱デリカD:5は、ミニバンでありながら悪路走破性に優れたSUV的な要素もそなえた独特なモデルです。

2007年1月の登場から実に16年以上フルモデルチェンジをしていない息の長いモデルですが、最近の販売状況はどうなっているのでしょうか?

この記事では、三菱デリカD:5の最新値引き情報や、値引きのテクニック、そして納期がどうなっているのか詳しく解説します。

新しい車を購入する前に、愛車の査定相場を知っておきましょう。

ディーラー下取りや買取で損をしないためには、車一括査定の結果と比べることが大切です。

人気のナビクルは、無料で車一括査定ができて45秒で査定相場が分かります。

無料査定は下記の公式HPで可能です。

現在の愛車の最高額をチェック!

 

三菱デリカD:5の最新値引きレポート

三菱デリカD:5の値引き・納期

デリカD:5の最新値引き相場は以下のとおりです。

値引き相場

  • 本体+オプション値引き相場:37.5万円
  • 限界値引き額:65万円
  • 値引き難易度:緩い

三菱デリカD:5の値引き相場は、2019年2月のビッグマイナーチェンジ後に渋くなった時期がありましたが、現在ではオプション値引きも含めて37.5万円前後です。

デリカは多くのグレードが展開されますが、値引き目標として車両本体価格の7%前後とオプション価格の20%前後が目安となります。

浮かんでは消える三菱デリカD:5のモデルチェンジの話ですが、確かな情報は出ていないので、購入に影響を与える要素は見当たりません。

三菱デリカD:5は残価設定ローンがおすすめ

今はどのメーカーでも「残価設定ローン」が設定されていますが、三菱デリカD:5を現金購入や通常ローンで買うより大きい値引きが期待できます。

ユーザーとしては金利負担が増えますが、増えた分だけディーラーへのマージンが多くなり、値引きも大きくなる傾向があります。

残価設定ローンは、メーカー側からみても顧客囲い込みの効果があるので、値引きしてでも誘導したい思惑があるのです。

今乗っている車を生かしてデリカを安く買う

三菱デリカD:5の値引き・納期の最新情報

新車の購入にかかる費用は、今のっている車の査定額と合わせて考えることが大切です。

デリカを買う前に、まずは今乗っている車を高く査定してもらう準備を始めましょう。

車を高く売るなら競争させる

車買取店やディーラー単体では、足元をみて安い査定額を提示されることがあります。

そのため、複数の買取店同士で競合させて、高い査定金額を引き出しましょう。

MOTA車査定」のような無料一括査定をつかえばカンタンにできます。

MOTAは、高額査定をした3社とやりとりするだけなので負担もかかりません。

少しでも査定額を引き出して、デリカをより安く買えるでしょう。

デリカD:5の値引き交渉のコツ

三菱デリカD:5の値引き・納期

三菱デリカD:5の値引き交渉にはいくつかのポイントがあるので、それらを踏まえたうえで交渉に臨みましょう。

デリカD5の値引きを引き出すためのコツについて説明します。

ライバル車と競わせる

三菱デリカD:5の値引き交渉では、当たり前のようにライバル車をぶつけて話を進めるのが基本となります。
ここで悩むポイントが、三菱デリカD:5をミニバンとして考えるのか、アウトドアのギアとして考えるのかです。
この点も考慮しながら、現時点で考えられる三菱デリカD:5のライバル車をピックアップします。

トヨタ・ヴォクシー、ノア

トヨタのヴォクシー・ノアは、トヨタのミニバンでミドルレンジを担う人気車種です。
現行型は、2022年1月にフルモデルチェンジした4代目モデルで、装備が充実しハイブリッドモデルもあるなど、三菱デリカD:5にはない強みを持っています。

三菱デリカD:5の交渉におけるポイントは、ヴォクシーとノアの納期の長さとなります。
とくにハイブリッドモデルでトヨタチームメイト付(全方位モニター)だと、最長2年近い納期になっているので、「ヴォクシーを購入したいが納期が長いので、デリカと迷っている」という形で値引き交渉すると良いです。

ホンダ・ステップワゴン

ホンダ・ステップワゴンは、1996年5月に初代モデルがデビューして以降、高い居住性と安定した走りを両立したミニバンとして、高い人気を維持したモデルです。

現行型ステップワゴンは利便性が高められ、ファミリーユースでは三菱デリカD:5を上回るポテンシャルを持ったモデルです。

特徴が違う両車なので、「家族向けとしてステップワゴンと迷っている」といった交渉をするとよいでしょう。

マツダ・CX-8

マツダ・CX-8は、SUVでありながら実用性の高い3列シートを備えていることが特徴で、ディーゼルモデルがある点や悪路に強いという共通点が、値引き交渉では抑えるべきポイントとなります。
三菱デリカD:5はCX-8上位グレードと価格帯としてはぶつかるので、CX-8の「Sports Appearance」や「Exclusive Mode」をライバル車としてぶつけてみましょう。
ミニバンでありながらSUVに寄せている三菱デリカD:5と、SUVでありながらミニバンに寄せているCX-8は、最大のライバルかもしれません。
CX-8の納期は三菱デリカD:5と同じくらいのため、非常に現実的な選択肢として悩んでいると伝えてみるとよいでしょう。

三菱のディーラー同士で競合

三菱デリカD:5は、どの三菱ディーラーでも販売していますが、いくつかの都道府県で経営母体の違うディーラーが存在しています。
その場合は、同じ三菱ディーラーであってもライバル関係になるので、ディーラー同士で競合させるのも非常に有効です。

経営母体が違う三菱ディーラーでは、見積もりの違いだけではなくサービスや納期も変わってくるので、全ての点を確認しましょう。

デリカD:5の値引きの口コミ

新型デリカD:5値引き相場レポート
(出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/)

三菱デリカD:5の値引きに関する口コミを確認してみましょう。

強気というか捨て身の交渉で56万円という値引きを引き出した実例もありますが、イメージ以上の高額さに驚く方が多いようです。

商談するディーラーによって値引きにたいする温度差もあるようなので、辛口な場合は三菱ディーラー同士で競合させましょう。

三菱デリカD:5の納期最新情報

三菱デリカD:5の納期の最新情報

三菱デリカD:5の最新納期目安は以下のとおりです。

最新納期目安

  • 2ヶ月程度

三菱デリカD:5の納期は、4ヶ月程度となっており、標準モデルもアーバンギアも変わりはありません。

デリカはライバルのミニバン車と比べると早い納期のためおすすめです。

なお、マイナーチェンジが予定され、オーダーストップになっている店舗が増えているのでご注意ください。

納車を早めるコツは後ほどご紹介しますが、具体的なスケジュールについてはディーラーによく確認しておきましょう。

三菱デリカD:5の納期に関する口コミ

三菱デリカD:5の納期は、比較的安定しているようですが、実際のところはどうなのか確認してみましょう。

やはり納期は安定しているようで、2~3ヶ月で納車という方もいます。

このところ納車まで2年以上といったニュースに慣れたせいなのか、三菱デリカD:5の納期は異常に早く感じるのです。

デリカD:5の納車が早まるコツ

三菱デリカD:5の納期の最新情報

三菱デリカD:5の納期ですが、少し伸びたとはいえ他メーカーのような「納期未定」や「受注停止」ということはないでしょう。

工夫によっては、納期が短くなる可能性があり、そのために意識すべき点について説明します。

(1) 売れ筋のグレード・カラーを選ぶ

納期を意識するなら、生産の多い人気グレードとカラーを選ぶことで、少しでも納車が早まる可能性があります。

デリカD:5には、通常モデルのほかに街乗りを意識したアーバンギアというラインナップがあります。
やはりデリカD:5はミニバンSUVとしてのイメージが強いため、通常モデルが人気はあり、とくに「2.2 Gパワーパッケージ」が売れ筋です。
カラーでいえば「ホワイトダイヤモンド」「ブラック、ブラックダイヤモンド」、そしてツートンカラーが人気となっています。

注意ポイント

ツートンカラーは納期が遅れるケースが目立っています。ツートンを選ぶ場合は納期遅れがないか事前に確認しておきましょう。

(2) オプションを付けすぎない

納期にはメーカーオプションも影響を与えるので、納期を早めたいならオプションを付けすぎないほうが良いでしょう。
とくに半導体がかかわる「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)」「後退時車両検知警報システム」などは、納期が延びる要因となりえます。
ただ、これらが付いているとリセールバリューが高くなるので、納期とのバランスをよく検討しましょう。

(3) キャンセル車や新古車を狙ってみる

今の納期でも待てないという方には、キャンセル車や新古車を探してみることをオススメします。
このような車両が確実にある保証はないのですが、商談のときにディーラーで聞いてみる価値はあるでしょう。

三菱デリカD:5のリセールバリューをチェック

三菱デリカD:5のリセールバリュー

リセールバリュー

(3.0)

三菱デリカD:5は中古車市場でも人気があるため、リセールバリューも比較的安定しています。乗換えや売却をすることを考えても、損をすることはないでしょう。

ここではさらにリセールバリューを意識した選び方を紹介します。

値段が落ちにくいグレードとカラーを選ぶ

新車の売れ筋グレード・カラーは、中古車市場でも人気があるため、リセールバリューが高い傾向があります。

先ほども触れたとおり、通常モデルの方が需要は多く、グレードの中でも「2.2 Gパワーパッケージ」が人気ですが、その一つ下の「2.2G」に好きなオプションを追加するのもありです。

カラーは定番の「ホワイトダイヤモンド」や「ブラック、ブラックダイヤモンド」が手堅いのですが、シルバーやグレーでもツートンカラーだと、同じようなリセールが期待できます。

査定があがるオプション品とは

オプションは多いほど査定額は上がりますが、リセールを意識して安全装備を追加するなら、それが標準装備となっている「2.2P」にしてしまう方が良いかもしれません。

「本革シート」は意外と査定で評価されるものの、オプション追加費用の元を取れるほどではないので、好みで考えたほうがよいでしょう。

三菱デリカD:5の値引きと納期まとめ

三菱デリカD:5の値引きと納期についてまとめると以下のとおりです。

全体のまとめ

  • 値引き相場はオプション込みで37.5万円
  • 値引きの限界は65万円
  • 競合車はヴォクシー・ノア、ステップワゴン
  • 納期は2ヶ月と早い状況
  • リセールバリューは比較的安定
  • 人気グレードやカラーを選ぶのがおすすめ

三菱デリカD:5は、ミニバンSUVという独特の存在感を放っているモデルです。

かなり値引き額は拡大したとはいえ、乗り出し価格が500万円前後になることを考えると、値引き交渉もけっして簡単とはいえません。

しかし一部では50万円を超える値引き事例もあるので、この記事を参考に商談に臨んでいきましょう。

-デリカ, 自動車

© 2024 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5