ミライース値引き

低価格で乗りやすい新型ミライースは、全ての世代に人気のある軽自動車です。

燃費の良さも抜群で、ダイハツでもっとも財布に優しいクルマとして知られています。

低価格のため値引きが難しい面がありますが、今回は値引きに必要なすべての情報をまとめました!

さらに、ミライースに安く乗るためのアイデアを徹底的にご紹介しているので、最後までご確認ください。

ミライースの値引きレポート

値引きレポート
ミライース  

・値引き相場はオプション込みで8万~12万

・値引き限界額は15万円

・値引きは辛口

・競合車はスズキ・アルト

・限界額を引き出すには下取りアップが必須

リセールバリューが高いグレードはL

元の価格が安いミライースの値引きは辛口ですが、できないわけではありません。

それでは以下よりくわしく見ていきましょう。

ミライースの最新値引き相場

  • 本体価格の値引き:2~4万円
  • オプション込みの値引き:6万~8万円
  • 値引き限界額:15万円
  • 値引き難易度:辛口

値引きは緩やかに緩和されていますが、それでも全て込みの平均は8万円前後。

本体価格だけであれば4万円前後になります。

ミライースは値引きゼロの報告も多く、相場通りに値引きできれば上出来です。

ミライースの値引き難易度は?

軽自動車の値引きのしやすさランキングは以下の通りです。

  • 1位ダイハツ・タントカスタム
  • 2位 ホンダ・Nワン
  • 3位 ダイハツ・タント
  • 4位 ホンダ・Nワゴン
  • 4位 スズキ・ハスラー
  • 6位 ダイハツ・ウェイク
  • 6位 ダイハツ・ムーヴキャンバス
  • 8位 スズキ・ワゴンR
  • 9位 スズキ・スペーシアギア
  • 10位 ダイハツ・ミライース:2~4万円
  • 11位 ホンダ・Nボックス

ミライースは人気があり、元値が安いためランキングは下位です。

ミライースの値引きは少し辛口

軽自動車は値引きがしにくい傾向がありますが、中でも新型ミライースは値引き幅が小さく、そのことを念頭に置いて交渉をすると良いでしょう。

普通車では最低でも10万円、多いと30万円程度となることもありますが、このタイプの軽自動車であれば5万円できれば十分です。

しかし、値引きは十分に可能ですので、これからそのためのコツを解説します。

新型ミライースの値引き方法は2通り

ミライースの値引き方法
(出典:http://www.daihatsu.co.jp/index.htm

新車購入時の値引き交渉では、主に2つの方法が有効です。

他車との競合は有効

ライバル車との比較は、軽自動車においては特に有効です。

軽自動車の競争はもっとも激しいことで知られています。

他のメーカーの同じようなタイプの車を引き合いに出し、それぞれの価格を提示しながら交渉をしていきましょう。

販売店を変えてみよう

もう一つの方法は、同じミライースでも、販売店を変えて交渉をしてみるというもの。

販売店や担当者によって、値引き限度というのは違ってきます。

特にゼロ円提示をされたら、複数の店舗を回って相場のチェックとどこまで下げられるかを確認することをおすすめします。

全体的な相場を知るためにも、いくつかの店舗を回っていくらまで下げられるかを聞くのは大事なポイントです。

新型ミライースの競合車とは?

新型ミライースは、同じジャンルにいくつものライバル車がありますので、値引き交渉をするのがラクです。

具体的には、

  • アルト(スズキ)
  • プレオプラス(スバル)
  • ピクシスエポック(トヨタ)

もっとも代表的な競合車はアルト。経済的でどの世代にも人気のある車ですので、競合車として意識されています。

ミライースはOEM車

ミライースはOEM、つまり販売メーカーは違うものの、同じ車という形で販売されているケースが多く、それらも競合車となります。

たとえば、スバルのプレオプラスやトヨタのピクシスエポックがそれにあたります。

安くしてくれた販売所で買う

OEMですので、若干のインテリアなどの違いはありますが、ほとんどの部分は同じ車ですので、それぞれのメーカーでより値引きをしてくれるところで買った方がお得です。

こうした柔軟性を持って購入を検討する方が良いでしょう。

実際の値引き交渉の流れ

ミライースの値引きの流れ

新型ミライースの値引きをする際には、まずファーストタッチでどのくらい下げられるかを聞くようにします。

その後、アルトや他のメーカーのOEM車(プレオプラス、ピクシスエポック)をライバル車にして交渉を進めます。

方法としては、ライバル車の価格を確認しておき(できれば見積もりを入手)、それを元にミライースと購入を迷っていることを伝えます。

やるべきことはいたってシンプルです。

ただし、ディーラーとの相性が重要になるので、すぐに値引きの話をせずに、場が温まってから切り出しましょう。

無理せずに交渉をし、限界に来たと思ったらすぐに購入手続きに入るのが得策です。

ミライースの値引きは下取りを重視する

最後に、ミライースは値引きゼロの例も多く、値引きは辛口な傾向にあります。

そのためお得に購入するためには、ディーラー下取りをいかに引き上げるかが重要です。

ディーラー下取りは安く買われることで有名ですが、少しでも引き上げるために自車の見積もりを用意しておきましょう。

もっともポピュラーな「ナビクル車査定」で簡易見積もりを無料で入手しておけば、理不尽な下取り価格になるリスクが避けられます。

\カンタン45秒で無料査定/

ディーラー下取りを出す際に、事前の見積もりはもはや必須です。

相場が下がらないうちに見積もりは今すぐ手に入れておきましょう。

あまり語られることはありませんが、値引きと同じほど大切といえます。

なお、自分のクルマが売れないと思ったら廃車買取サービスも検討してください。

廃車でもしっかりと買い取ってもらえることがありますよ。

ミライースに安く乗るなら車のサブスクもおすすめ

「ミライースに安く乗りたい」
「車が一時的に必要になった」

そんな時に、中古車以上におすすめなのが車のサブスクリプションです。

車のサブスクは、頭金なしでお得に車が乗れるサービスで以下のメリットがあります。

  • 頭金不要
  • 税金、車両代、登録諸費用全てコミコミ
  • ネット申込みが基本で月額料金が安い
  • 在庫があるので納車が早い
  • 全国どこでも納車可能

ミライースのサブスクは特に安いので狙い目です。

特に信頼性、知名度、月額料金の安さでは以下2つのサービスがおすすめです。

ミライース サブスクの月額比較

サービス名 3年契約 7年契約 備考
カルモ 29,128円 17,138円 ・業界最大手
・契約は1年~
SOMPOで乗ーる 26,290円 19,360円 ・損保ジャパン運営
・契約は3年~
・任意保険もコミ

※6年契約以上だと「カルモ」が最安値。
※5年契約以内だと「損保で乗ーる」が最安値。

軽自動車のサブスクサービスは以下でもまとめているので、参考にしてみて下さい。

これからの時代はサブスクの利用もおすすめです。

>> 軽自動車サブスク・カーリースの人気6つを比較!最安値が一目で分かる

 

ミライースの値引きがしやすい時期

ミライースの値引き2

元ライースは値引きが難しい車ですが、オプションをつけることで値引きをアップできます。

決算時期の3月・9月

決算の時期は、どの販売店でも売り上げ額を上げたいと思っていますので、オプションを着ければ値引きをしてくれるチャンスが増します。

そのため、決算時期である3月や9月に、オプションとのセットで値引きをするのが一番効率の良い方法です。

7月や12月のボーナス時期も、値引きをもちかけやすい雰囲気はあります。
しかし、ミラーイースはコンスタントに売れるため、大きな期待はできません。

あまり時期にとらわれず、値引き相場を目安に交渉してしまっても問題ないでしょう。

ミライースのリセールバリューをチェック

ミライースのリセールバリュー

値引きの準備が済みましたら、最後にリセールバリューをチェックしましょう。

リセールバリューとは下取り価格のこと。

車は資産価値がありますので、リセールバリューが高い色やグレードを選ぶとお得です。

皆さんが少しでもお得になるために、資産価値の高い色とグレードをご紹介します。

リセールバリューの高いカラーランキング

  • 1位:パールホワイト
  • 2位:ブラックマイカメタリック
  • 3位:スプラッシュブルーメタリック
  • 4位:マゼンダベリーマイカメタリック

基本的には、ホワイト・ブラックのリセールバリューが高い傾向が顕著にあります。

こだわりがなければいずれかの色を選ぶことを強くおすすめします。

また、スプラッシュブルーはミライースを象徴するカラーで高い人気があります。
マゼンタベリーもダイハツ限定カラーのため、一定のリセールバリューが期待できますよ。

リセールバリューが高いグレードランキング

  • 1位 ミライースL
  • 2位 ミライースL “SA Ⅲ”
  • 3位 ミライースX “SA Ⅲ”(4WD)
  • 4位 ミライースL “SA Ⅲ”(4WD)
  • 5位 ミライースX “SA Ⅲ”

次にリセールバリューの高いグレードを詳しくご紹介します。

軽自動車の場合、最上級グレードは価格面で小型車と競合するため割高な印象になり、ベースグレードでは装備が極端に貧弱になるため、結果的に装備も価格もほどほどな中間グレードが売れ筋となる傾向があります。

新型ミライースのリセールバリューをチェックしたところ、安全装備であるSA Ⅲ(スマートアシスト)が装着されていない中間グレードのLが最も高くなっています。

新型ミライースの本体価格は100万円前後なのでのSA Ⅲの装備価格(6万円)が与える影響が大きいためと考えられます。

ただし、この種の安全装備については他車でも急速に普及が進んでいて、数年後には「付いていて当たり前」の装備となりそうな勢いです。

そうなるとSA Ⅲが装備されていないミライースでは一気にリセールバリューが低くなる可能性があります。なによりも、万一のことを考えればSA Ⅲ装着グレードを選んでおいた方がベターでしょう。

2WDと4WDでは全体的に4WDの方がリセールバリューは高いようです。

ミライースのようなセダンタイプの軽自動車は生活の足として購入する方が多いので、雪の多い地方などでは一定のニーズがあるからでしょう。

新型ミライースの値引き情報の総まとめ!

あらためてミライースの値引き情報をまとめると以下の通りです。

  • 値引き相場はオプション込みで8万~12万
  • 値引き限界額は15万円
  • 値引きは辛口
  • 競合車はスズキ・アルト
  • リセールバリューが高いグレードは「L」
  • 限界額を引き出すには下取りアップが必要

価格が安く、軽自動車であるため値引きは辛口です。

より多くの値引きを目指すなら下取りアップが必要ですが、無料の「ナビクル車査定」を利用しておき、ディーラー下取り価格と比べるようにしましょう。

ナビクル車査定の公式サイト

クルマ査定は無料で、1分以内にできます。

カンタンにできることから始めて、値引きの流れをつくっていくことががおすすめです。

 

The following two tabs change content below.

ぎぶさんの車購入ガイド

大手自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、国内車に精通しています。このサイトは車の購入・売却に役立つ情報を発信。徹底した中立視点と、分かりやすいレビューを心がけています。/ 運営元:ウォルターインターナショナル合同会社