日産新型マーチの値引き

日産マーチは日本のコンパクトカーの草分けともいえる存在で、日産のラインナップのボトムレンジを40年近くもの間支えてきました。

現行型の登場から10年以上経ち、フルモデルチェンジに関する情報も出回ってきています。

本記事ではそんな新型マーチの最新値引き状況、限界額、値引きする上での競合車について解説をしていきます。

ぎぶさんぎぶさん

マーチは値引きしやすい部類に入るのでチェックしてみて下さい!
必要な情報をすべてまとめています。

新型マーチの最新値引き相場は?

新型マーチの値引き相場
(出典:http://www.nissan.co.jp/

一般的に販売価格が低く抑えられているコンパクトカーは値引き額も大きくありませんが、マーチは大幅値引きが期待できるようです。

それでは早速、最新値引き相場を見てみましょう。

最新値引き相場

  • 本体+オプション値引き:24万円
  • 本体値引き:18万
  • オプション値引き:6万
  • 限界値引き額:100万
  • 値引き難易度:易しい

日産マーチの値引き相場ですが、ディーラーでは特に交渉をしなくても最初から10万円以上の値引きを示してくるようです。

さらにオプションも含めて交渉すれば25万円前後までが一つの相場となります。

現行型マーチがデビューしたのは2010年で、その後に仕様の追加などはありましたが基本的なメカニズムに大きな変更はなく、競合車に比べ性能面でアピールできるポイントが少ないことが影響しているようです。

これだけ大幅な値引きが期待できるのであれば、新車を購入したいけれど軽自動車はちょっと、と考えている方にマーチは良い選択となるでしょう。

ぎぶさんぎぶさん

今後、フルモデルチェンジが控えていることもあり、さらに値引きは進むと考えられます。まさに狙い目ですね。

新型マーチの値引きがしやすい時期

新型マーチの値引き時期

  • 狙い目の時期:2月、3月、8月、9月

マーチに限りませんが、どこのディーラーも決算期である年度末には一台でも多く販売したいものです。

この時期はメーカーでも販売に力を入れていて、各ディーラーにも資金援助を行うので一層の値引きが期待できるのです。

またメーカーでは3月、9月の決算セールに向けて、マーチのような量販車については大幅に見込み生産を行うので納期も短めになるなど、値引き以外のメリットも大きくなります。

急いで車を購入した場合を除き、大幅な値引きを引き出したいのであれば3月ですが、それ以外では営業日が少なく、目標販売台数の確保が厳しくなる2月と8月もねらい目です。

すぐ購入をする場合は下取りアップが最優先!

マーチのように価格が低く抑えられている車は、車体価格からの値引きには限界があります。

このため、下取り車があれば相場よりも高く買い取ってもらうことで実質的に値引き額を拡大する方法があります。

もし下取り車があれば、まずはその車の相場を知ることが大事なのでインターネットの自動見積もりサイトで確認しておきましょう。

査定自体は車種や年式などを入力するだけといった簡単なもので、入力すれば数十秒で終わるものがほとんどです。しかも、無料で利用できます。

もっとも代表的なサイトとしては「かんたん車査定ガイド」があります。

かんたん車査定の公式サイトは下記より

見積もり依頼したら、DMなどが大量に送られてきたり、頻繁に電話がかかってきたりするのでは?と心配される方もいるかもしれません。

しかし、利用後に直接店舗から電話やメールでセールすることはないというサイトが現在は主流となっているので気軽な気持ちで利用しておくと良いでしょう。

ぎぶさんぎぶさん

下取り車の価値が落ちないうちに、今すぐやっておくのが吉です。

新型マーチの価格一覧

日産マーチのグレードは全部で9種類となります。

価格一覧

グレード 燃費 価格(税込)
S  21.4 km/L 1,172,600円
S プラムインテリア  21.4 km/L 1,311,200円
X Vセレクション  23 km/L 1,401,400円
X Vセレクション パーソナライゼーション  23 km/L 1,434,400円
G  23 km/L 1,586,200円
G パーソナライゼーション  23 km/L 1,619,200円
ボレロ  23 km/L 1,615,900円
NISMO  – 1,633,500円
NISMO S  – 1,876,600円

新型マーチは低価格のため、値引きしなくても安く買えます。

大きな値引きを引き出したい場合は、上位グレードをチョイスすると良いでしょう。

新型マーチの値引き交渉の流れ

新型マーチの値引きの流れ

マーチの値引き交渉にあたっては、まず近隣のディーラーを複数ピックアップすることから始めましょう。

マーチはすべての日産ディーラーで取り扱っていますが、値引き額、条件は一律ではなくディーラーごとにかなり差があります。

ディーラーを確認したら、次は有利な条件を引き出すために価格や性能面で後の項でピックアップする他車のコンパクトカーを競合車として選択して、そちらも見積もりを取っておくことも大事です。

交渉のコツとしては、『競合車で~万円の値引きが出たので、マーチでも値引きしてくれれば即決します』という流れがおすすめ。

また、ディーラーで値引き交渉を行う際にはマーチが今後フルモデルチェンジされる可能性が高いのを知っていることを匂わせて、ディーラー側のガードを下げておきましょう。

新中古車や未仕様車も狙い目

なお、新車価格がリーズナブルなマーチの場合、ディーラーが登録台数を増やすことを目的に自社で登録した上で、いわゆる「新古車」あるいは「未使用車」などとして販売するケースも少なくありません。

あるいはディーラーで試乗車や展示車として登録した車が中古車として販売されるケースもあります。

ボディカラーや装備などが自由に選べないというデメリットはありますが、新車よりも格段に割安なプライシングがされている例が多くあります。

ぎぶさんぎぶさん

中古車の販売店も併設しているディーラーであればそういった出物がないかどうかもたずねてみると良いでしょう。

新型マーチはエクステリアに注目

新型マーチのエクステリア

値引き率が高いマーチはコストパフォーマンスが抜群ですが、エクステリアも注目。

マーチは1982年デビューの初代からほぼ10年ごとにモデルチェンジを行うという、国産車では珍しいロングセラーカーでした。

現行のマーチも登場2010年のデビューからから10年近く経過しますが、曲線を多用した優しい印象のエクステリアはスタイリッシュで好感度も高いものです。

デビュー時はややコストダウンを進め過ぎたせいか、シンプルを通り越して、ややそっけない印象もありましたが、フロントグリルに日産のアイデンティティであるVモーショングリルを取り入れることで品質感も向上しています。

価格が安いだけでなく、見た目にこだわる人にもおすすめできる車です。

ボディーカラーも豊富

ボディカラーも全11色が用意されており、中でもナデシコピンクやサンライトオレンジやフレッシュグリーン、ナイトペールパープル、カプリブルーといったネーミングも素敵で個性的なカラーがそろっています。

安く買えるだけでなく、見た目や走りの質も高く、かなりおすすめできるコンパクトカーです。

新型マーチで値引きしたいオプション

新型マーチで値引きしたいオプション

オプションを選ぶ際にはメーカーオプションよりもディーラーオプションの方がディーラーの利幅が大きくなるので、有利な条件を引き出しやすくなります。

値引きでおすすめのオプション

  • ナビレコお買い得パック
  • エクステリアパーツ
  • プラズマクラスターLEDランプ

まず、おすすめなのはナビレコお買い得パックと呼ばれるナビにドライブレコーダー、ETC2.0をセットにしたオプションで「NissanConnect サービス」がすぐ使えます。

マーチのナビ

エクステリアパーツのおすすめはルーフスポイラー(36,720 円:消費税込)とエキゾーストパイプに追加するエキゾーストフィニッシャー(8,126 円:消費税込)です。

キュートなイメージのマーチですが、この2つのアイテムを装着することにより、ちょっとスポーティなイメージに仕上がります。

また、これ以上の値引きは厳しい、と言われた時には代わりに手ごろな価格のディーラーオプションをサービスしてもらうという手もあります。

そんな時におすすめなのがリングイルミフォグ(白色LEDリング照明付フォグランプ)。

マーチのフォグランプ

マーチをオシャレに演出するだけでなく、フォグランプ機能を使えば、霧のかかった道や雨天・夜間の運転時でも視界がクリアになります。

新型マーチの競合車をご紹介

マーチの競合車ですが排気量、価格面で近い車を挙げるとトヨタ・ヴィッツ、パッソ、三菱ミラージュ、ホンダ・フィット、スズキ・スイフトといった排気量が1L~1.3Lのコンパクトカーが対象となります。

基本はどれをチョイスしても問題はありません。

新型マーチのおすすめ競合車

  • トヨタ・ヴィッツ(もっともおすすめ)
  • トヨタ・パッソ
  • 三菱ミラージュ
  • ホンダ・フィット(おすすめ)
  • スズキ・スイフト

これらの競合車の中で、マーチはヴィッツと並んでデビューが早く、しかもヴィッツが2017年に大幅なマイナーチェンジを行ってハイブリッドモデルを追加させるなど商品力を強化したのに比べると、見劣りしてしまうというのが正直なところ。

特に衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどの先進安全装備が一切用意されていないのは大きなマイナスポイントですが、そこを逆手に取って好条件を引き出していくようにしましょう。

一方、値引きなどを含めた価格では他車のコンパクトカーだけではなく先ごろデビューした同じ日産の軽自動車、デイズとも競合関係になります。

新型マーチの値引きレポートまとめ!

それでは、改めて新型マーチ の値引き情報をまとめておきます。

  • 最新値引き相場はオプション込みで24万円
  • 値引きは易しい部類に入る
  • 下取り車の見積もりは今すぐやっておく(項目に戻る
  • おすすめの値引き時期は2月、3月、8月、9月
  • おすすめオプションはナビレコお買い得パック、フォグランプ
  • 値引き競合車は、ヴィッツやフィットが最適

マーチはエクステリアや性能に優れ、値引きも考慮するとコストパフォーマンスが高い車です。

ぜひ本記事を参考に、上手に値引を引き出してお得に買い物をしていきましょう!

新型マーチのリセールバリュー

最後に、値引きの準備が済みましたらマーチのリセールバリューも確認しておきましょう。

リセールバリューは車の売却価格のことで、意識しておくと資産価値が高まりますよ。

マーチのグレードのリセールバリューランキング

  • 1位:ニスモS
  • 2位:Sプラムインテリア
  • 3位:X Vセレクション

マーチもデビューから10年近くが経ち、商品性が低下していることもあり、グレードによるリセールバリューの差はさほどありません。

そのため、より廉価なグレードの方が有利になりますが、最も価格の安いSは装備的にやや寂しく、個人ユーザー向けではありません。

そのため実質的にベースグレードとなる「Sプラムインテリア」及びSに装備を追加した中間グレードの「X」をランキング上位としました。

新型マーチの下取りは40万円程度。長く乗るのがおすすめ

さすがにデビューから10年近くが経ち、商品性が低下していることは否めません。

大手中古車サイトでチェックしてみると中古車の平均価格は59.5万円であり、3年落ちとなる2016年式で走行距離1万キロ以下のマーチでも60万円台で容易に探せます。

このことから、下取り価格の相場はオプションなどにもよりますが40万円前後と考えておくのが良いでしょう。

ただしマーチでも「ニスモS」だけは例外です。

ちなみに先代マーチ(2002年~2010年)にも同様に5MTのスポーツグレード、12SR というモデルがありましたが、程度の良いものであれば、現在でも70万円近いプライスタグがついていることがあります。

ぎぶさんぎぶさん

マーチは短期間での乗り換えではなく、長期間にわたり乗ることを前提に購入することをおすすめします。

 

スポンサーリンク