2015年に現行の3代目モデルが発売されたスズキラパンですが、2019年現在も女性を中心に人気は高まる一方となっています。

取材先のお店でも「ラパンの問い合わせは多い」とのことですので、今回は人気の軽である新型ラパンの最新値引きレポートをご紹介していきます!

実際の取材を元にしていますので、ぜひ参考にしてください。

ぎぶさんぎぶさん

損をしないための情報をあますことなくまとめました。
情報が多いのでぜひ保存してからチェックしてください。

新型ラパンの最新値引き相場

ラパンンの値引き情報

高い人気をほこる新型ラパンの値引き相場は、下記の通りです。

  • 本体値引き 10〜15万円
  • オプション値引き 3〜5万円
  • 値引き限界額 18万円
  • 値引き難易度 期待できる

新型ラパンは、発売から数年が経過していることもあり、最新車種よりも値引き交渉はやりやすいといっていいでしょう。

軽の値引きは、通常は5万円ていどですが、ラパンでしたら交渉次第では上記の金額までは値引きできる可能性はあります。

女性ウケのいい軽自動車は激戦カテゴリです。確実に値引きを勝ち取るには、競合車をうまくひき合いに出し、値引きを進めていきましょう。

女性に人気の軽自動車ランキング

1位 ホンダ N-BOX 値引き 3〜5万円
2位 ダイハツ タント 値引き 8〜12万円
3位 スズキ ラパン  値引き 10〜15万円
4位 ダイハツ ミラココア 値引き 10〜15万円
5位 ダイハツ ムーブキャンバス 値引き 8〜13万円
6位 スズキ ハスラー 値引き 5〜10万円
7位 ダイハツ ミライース 値引き 3〜5万円
8位 スズキ ワゴンR 値引き 5〜8万円
9位 三菱 ekワゴン 値引き 5〜8万円
10位 日産 デイズ 値引き 5〜8万円

女性に人気の軽自動車ランキングと、その値引き金額をまとめました。

ランキング的には、ラパンは3位と上位に入っています。これから見ても発売から年数がたっても人気があることがわかります。

軽自動車は競争が激しいので、ランキングを参考に上手に交渉していきましょう。

新型ラパンの値引きが期待できる時期

ラパンの値引き時期

新型ラパンは発売から年数が経過しているため、他の人気車種よりも値引き交渉はやりやすい軽自動車になります。ただ、せっかくならもっとも得をする時期も押さえたいところ。

では、新型ラパンをお得に購入できる時期はいつなのでしょうか?

ボーナス時期や決算時期が狙い目

新型ラパンをお得に購入できる時期は、ボーナス時期と決算時期です。

  • ボーナス時期:6月、7月、12月
  • 決算時期:3月、12月

ボーナス時期は、お店がこぞって商談会などのキャンペーンをしたり、オプションサービスを充実させてきますので、この時期は確実に狙い目。

また決算時期になると、お店としてはとにかく数を出して目標をクリアさせる必要があります。そのため、値引きにも積極的になる可能性が高いです。

新型ラパンをお得に購入したい場合には、ボーナスと決算時期をイシキすると、交渉を優位に進めることができます。

今すぐ購入したい場合は下取りアップが優先

ラパンの下取り
(出典:https://www.suzuki.co.jp/car/lapin/

新型ラパンの値引きを最大限引き出し、さらに、まだ安く新型ラパンをゲットする方法が実はあります。

それは、下取りをアップさせることです。

ディーラー下取りは安いので注意

新車を購入する場合、初めての自動車購入でない限り、下取り車が発生します。

人によっては、新車購入時にディーラーに下取りを任せてしまう人もいますが、それは非常にもったいないことです。

ディーラー下取りは、はっきり言ってかなり安いというのが実情。
値引き交渉でうまくいったのなら、下取りも上手に交渉して損を回避しなければなりません。

下取りをアップさせる方法はカンタンです。

インターネットで事前に下取り見積もりができる無料の「かんたん車査定ガイド」で複数の見積もりをとり、それをディーラーに提示するだけ。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

これで下取り金額がアップすれば損しませんし、ディーラーと交渉が折り合わなくても、別の方法で売ることを考えればOK。

最短1分で複数の見積もりがとれますので、新型ラパンの購入を検討している方は、今すぐにやっておきましょう。

新型ラパンの値引き商談の流れ

ラパンの値引き商談の流れ

ラパンは、新車としては値引き商談がしやすい部類にはいります。

ここでは、ラパンをスムーズに値引きしてもらうための値引き商談の流れをお伝えします。

事前情報

  • 本体値引き 10〜15万円
  • オプション値引き 3〜5万円
  • 値引き限界額 18万円
  • 値引き難易度 期待できる

この値引き相場は、値引き交渉を行ってはじめて達成できる金額です。

スムーズな値引き交渉を行い、できるだけ値引き限界に近い値引きをゲットしましょう。

原則は競合車と競合させる

新型ラパンを効率よく値引きしてもらうには、やはり競合車を出して交渉するのが一番。

現在、女性向けの軽自動車は種類も多く、選択肢はたくさんあります。

新型ラパンの直接的なライバル車とも言えるミラトコットをはじめ、人気車種のN-BOXやダイハツタントといった車種が競合としては狙い目。

特に新型ラパンよりも年式が新しく、性能も高い車種を競合にだすことで、その差を埋めるための手段として、値引きアップをしてもらいましょう。

具体的には、

「NBOXと購入を迷っているが、ラパンを値引きしてくれれば購入します」

というように交渉し、印鑑をみせて即決する姿勢を見せればとても効果的です。

ぎぶさんぎぶさん

買う意思を示した上で、競合させれば基本はバッチリです。

新型ラパンはエクステリアに注目

ラパンのエクステリア
(出典:https://www.suzuki.co.jp/car/lapin/

ラパンのエクステリアは、レトロな雰囲気と丸みを帯びた可愛さが特徴。

トレードマークでもある「うさぎマーク」もおしゃれですので、とにかくかわいい要素が詰まったエクステリアです。

「車のことはよくわからないけど、見た目が可愛いから」という理由で、新型ラパンを成約される人も多いようです。

ほとんどが、見た目を決め手に挙げていくほど、評判が高いのが新型ラパンのエクステリアになります。

ここまでオシャレな軽自動車は少なく、かなりおすすめできる国産車種です。

新型ラパンで値引きしたいオプション

新型ラパンはオプションが充実している軽自動車になります。

せっかくならオプションをうまく利用して、他のラパンと差をつけましょう。

オプションも交渉次第ではうまく値引きしてもらうことが可能ですので、ラパンおすすめのオプションをご紹介します。

新型ラパンの必須オプション

  • ホワイト2トーンルーフ ¥43,200-
  • スズキ全方位モニターナビ ¥120,000〜160,000-
  • オリジナルフロアマット ¥20,142-
  • ラゲッジマット(ソフトトレー) ¥8,424-
  • ラゲッジマット(トレー) ¥7,776-

新型ラパンは、2トーンルーフの設定があるため、天井部分をホワイトに塗って2トーン仕様にするだけで、雰囲気が大きく変わります。

注目のエクステリア・インテリアオプション

  • フロントグリル ¥30,510-
  • ルーフラック ¥41,310-
  • フードデカール ¥9,504-

可愛さにプラスしてアウトドア要素を入れたい場合には、ルーフラックがおすすめ。

また、フードデカールでワンポイントの装飾をすることで、オシャレ度が大幅にアップします。

オプション値引きは本体値引きに後に

ディーラーオプションの場合、値引きの決定権はディーラーが握っています。

そのため本体価格の値引き交渉を終えたあとか、交渉がそれ以上厳しい場合に交渉するのがベストです。(本体値引きに組みこまれないように注意してください)

予想以上に、オプション値引きがもらえるかもしれません。

新型ラパンの競合車を解説!

ラパンの値引き交渉をスムーズに行うためには、競合車をチェックしておくことが重要。

新型ラパンの競合車は、代表としてミラトコットが挙げられますが、先述したランキングのように、N-BOXやタントといった人気車種もあります。

ホンダ・N-BOX

NBOX

日本でもっとも売れている自動車といえる競合車がホンダN-BOXです。

販売台数は、N-BOXが圧倒的に抜きん出ており、スズキの販売員もかなり意識しています。

走行性能に関しては、両車種とも同等のスペックになりますので、そこまで比較にはなりません。N-BOXとラパンの違いは「圧倒的人気」か「圧倒的可愛さ」の選択です。

価格的にはラパンの方が求めやすいのですが「人気車種と迷っている」というニュアンスで交渉すれば「本体追加値引き+オプション追加値引き」で提示してくる可能性はあります。

事実、この交渉手法を取られたら「値引きをせざるを得ない」という販売員がいましたので、間違いはないでしょう。

ホンダ新型N-BOXの値引き情報

ダイハツ・タント

タント

ダイハツの人気軽自動車であるタントも、新型ラパンの強力なライバルになる車種です。

タントの最大の特徴は「居住空間の広さ」になります。

CMでもおなじみのタントですが、居住空間が広いため、ファミリー層にも人気の車種です。そのため、ファミリーでラパンの交渉に行き、タントを引き合いに出すと、かなりリアリティがありますので、効果は抜群です。

新型タントカスタムの値引き情報

ダイハツ・ミラトコット

ミラトコット

新型ラパンの直接的な競合車と言われているのが、トコットです。

トコットと新型ラパンはターゲットも同じで、外観コンセプトも似ていますので、差をつけるにはやはり金額やサービスといった点になります。

車としての性能自体は、どちらも甲乙つけがたい部分がありますので、はっきりと「安くなるのであればラパンに決めます」といってもいいでしょう。

新型ラパンの値引きレポート

ラパンのリセールバリューをチェック!

ラパンのリセールバリュー

最後に、値引きの準備ができたらリセールバリューをチェックしておきましょう。

リセールバリューは、新型ラパンの値引きには直接的には関係ありませんが、新型ラパンを手放す時に、より高い価格がつけば、結果的に安くラパンを手に入れたことになります。

値引きと合わせて、リセールバリューの高い新型ラパンのカラーやグレードをチェックしておきましょう。

新型ラパンのリセールバリューが高いカラー

  • 1位 フォーンベージュメタリック
  • 2位 フレンチミントパールメタリック
  • 3位 アーバンブラウンパールメタリック
  • 4位 コフレピンクパールメタリック
  • 5位 シフォンアイボリーメタリック

ラパンのリセールバリューが高いカラーは、可愛すぎず地味すぎないカラーが上位となります。

年齢、性別問わずに受けるカラーの方が、リセールバリュー的にはいいという結果です。

新型ラパンのリセールバリューが高いグレード

  • 1位 グレードG
  • 2位 グレードL
  • 3位 グレードS
  • 4位 グレードX

意外なことに、新型ラパンでリセールバリューの高いグレードは、新車価格で最も安いグレードGという結果でした。

実はラパンに限らず、ノーマルに近いグレードの方がリセールバリューが高いという事例はよくあります。

ラパンは人気車種ですので、他のグレードでもリセールバリューはそれなりに高いため、リセールバリューをそこまで気にしすぎる必要はありません。

最終的には自分の気に入った新型ラパンを手に入れて、素敵なドライビングライフをおくっていきましょう。

スポンサーリンク