Pocket

新型ジムニー

こんにちは。ぎぶさんです。

新型ジムニーはスズキから販売され、社会現象を巻き起こすほど人気の軽自動車です。

そんなジムニーのエクステリアや内装、燃費、走行や価格にいたるまで、実際の評判を通じてメリットとデメリットを評価しました。

最後には、良い点と悪い点を一覧にしてまとめています!

新型ジムニーのエクステリアの評価と評判

2018年の7月に20年ぶりのフルモデルチェンジで販売された新型ジムニーは、これまでのジムニーの良い点を残しつつ、最新のデザインや技術を取り入れていることが特徴。

見た目で最大の評価を集めているのが、角ばったフォルムになります。

口コミでもほぼ「かっこいい」という声で埋めつくされています。

無駄のないデザインが好評

新型ジムニーでは、奇をてらわない角ばったデザインが好評となっています。。

軽自動車は角のないソフトなフォルムのデザインが主流ですが、新型ジムニーはその流行に逆行することで、結果的に多くの人を目をくぎ付けにします。

決して時代遅れのデザインという印象はなく、かっちりとしたデザインはタフでワイルドな走りの印象も与えてくれます。

ジムニーの見た目でデメリットを挙げる口コミは少なく、誰もがかっこいいと思えるエクステリアは大きなメリットと言えるでしょう。

新型ジムニーのカラーも全部で9色と豊富で、料金追加で2トーンにすることも可能。
人気色については下記で確認ができます。
新型ジムニーの人気色ランキング!鉄板カラーはこれだ!

 

新型ジムニーの内装や広さに関する評判

新型ジムニー


(出典:http://www.suzuki.co.jp/

新型ジムニーの内装は、賛否両論がありメリット・デメリット共にお伝えしていきます。

内装の広さの評価

新型ジムニーは見た目はコンパクトな印象ですが、シートは240mmも可動域がありますので、決して窮屈なことはなく、女性から男性まで余裕をもって座ることが可能。

天井もセダン型に比べて高くなっているため、高身長の方が狭く感じることもないでしょう。

ただ、広さを重視して作られているわけではないため、「後ろ席は座れなくもない」という口コミも出ており、後席に広々空間は期待できません。

荷室については、後席のリクライニングが倒すことができ、広さが確保できると評判です。

荷室としては352Lの大容量スペースを確保でき、キャンプやアウトドアでも大活躍します。

通常でも9.5インチのゴルフバッグ(1300mm)が2つ入り、広さは充分にあります。

インテリアの質感は賛否両論あり

次に運転席ですが、ステアリングは外観のワイルドさとは反対に、落ちついたデザインと質感が確保されています。

しかし、そんな質感については、ツイッターで悪いという評価も見られました。

見てきました。新型 #ジムニー 。デザインはさすが #スズキ 。旧型に比べ、かなり大きく、ロングホイールベースに感じます。後席は居住性がかなり改善されていて、荷物がなければ余裕を持って座れます。
尤もジムニーのレベルでの話ですが。残念だったのは、インテリアの質感が超絶低かったこと。

一方、、チープだけど遊び心があると言った肯定的な評価も見られます。

新型ジムニー試乗してきたんですけど先代のモデルよりサスの収まりが良くなった印象を持ちました。内装はチープさがありながらもオフロードカーらしい遊び心のあるインテリアで面白かったです。
シフトノブの震えは完全にはなくなってませんでしたが気になるほどではなく素晴らしい車だと思いました。

内装の質感は人によって感じ方が異なるため、実際に確認しておくと良いでしょう。

なお、新型ジムニーのグレードがアップすると、ステアリングに本革が使用されますので、高級な質感を感じることもできます。

運転席は細かい配慮が目立つ

ジムニーの運転席


(出典:http://www.suzuki.co.jp/

新型ジムニーは運転席が広く、ステアリングも軽くて操作性に優れています。

ステアリングにはラジオや音楽再生関連のボタン、クルーズコントロールのボタンも設置され、
運転しながら操作ができると評判。

また、新型ジムニーの場合は悪路走行を考慮して、助手席のダッシュボード前にもグリップが取りつけられています。

内装においては、旧型よりも広さが確保され、オフロード走行への配慮が徹底されている点が高く評価できます。

昔のようにオフロードで衝撃を受けたい人は物足りないかもしれませんが、今の時代にあった、新しいタイプのオフローダーといえるかもしれません。

その他の口コミ

「内装がチープだという声がありますがそんなことはありません。個人的にはシックで武骨な雰囲気を感じていて気に入っています。」

「広さは先代よりも大幅にアップしていて、充分な水準です。ただ、後ろ席は今の軽自動車にあるような広々空間ではありません。後ろ席には期待しない方が無難でしょう。」

新型ジムニーの燃費についての評価と評判

燃費の悪さはデメリット

新型ジムニーの燃費については、他の軽自動車と比べるとどうしても見劣りします。

カタログ燃費

  • 5MT:16.2㎞/L
  • 4AT:13.2㎞/L

ただし、思ったよりも悪くはないという口コミも頻繁に見られました。

新型ジムニーの実燃費については、下記記事でもまとめていますが、一般に思われているほど悪くないと考えることができます。
スズキ新型ジムニーは燃費が悪い?実燃費を徹底検証!

カタログ燃費は確かに悪いですが、実燃費ではN-BOXなどと比べて大きな違いはありません。

他の軽自動車からの乗り換えだと、燃費の悪さを感じるかもしれませんが、充分ににタウンユースとしても使うことは可能です。

マニュアル(5MT)の燃費に優れる

新型ジムニーの気になる燃費ですが、グレードによって燃費が違うことはありません。

違いがあるのはモードとマニュアルかオートマによる違いだけです。

  • マニュアル(5MT):16.2 km/L
  • オートマ(4AT)  :13.2 km/L(共にWLTCモード)

こうして見てみると、マニュアルの方が燃費効率が良いことがわかりますね。

実際の口コミ

新型ジムニーをマニュアル車で乗りたいという声は非常は多く、MTの燃費の良さを評価する声は目立ちました。

新型ジムニーの走りの評判を解説

新型ジムニーはコンパクトですが、オフロードにおける走破性は文句なしと言えるほどの評価を集めています。

路面状況に応じて2WDから4WDまで自由に変更でき、どんな天候や悪路でも走ること可能。
実際の走りについては動画を確認しておくと一目で分かります。

新型ジムニーのオフロード走行

なお、ATでも問題なくオフロードは走れるという口コミがあり、ATとMTのどちらでもジムニーらしさは発揮できます。

ATを選びたいが走れるか不安、という方にとっても満足できるでしょう。

乗り心地の良さに評価が集まる

新型ジムニーでは乗り心地を高く評価する声が目立ちました。

「意外と良い」「ゴツゴツしない」など、旧型ジムニーから連想される乗り心地の悪さが改善されていることが分かります。

市街地でも問題なく使える

ジムニーは市街地における運転のしやすさも評価が高く、街乗りや通勤からアウトドアまで幅広く利用できるのが強み。

目線はやや高い分、視界が確保されて安心して運転ができます。

オフロード走行の機能が充実

さらに、新型ジムニーはオフロード走行のための機能が徹底され、安全かつダイナミックな走りが楽しめるようになっています。

特に注目したいのが下記のヒルディセントコントロールです。

ヒルディセントコントロール


(出典:http://www.suzuki.co.jp/

ヒルディセントコントロールは、傾斜の急な坂道を下っている際に、ブレーキ操作なしで自動的に速度を緩めてくれる機能。この機能があれば、危険な坂道の下りでも安全に下っていくことができます。

新型ジムニーでは、あらゆる状況を想定した機能が配置されており、オン/オフロードのどちらでも快適な走りが可能です。

新型ジムニーの納期の長さは大きなデメリット

新型ジムニーにおいては、納期の長さが最大のネックとなります。

ジムニーの納期目安

  • ジムニー:1年
  • ジムニーシエラ:1年半~2年

2018年9月に生産ラインが5割増産することが決定すましたが、それでも他車と比べると納期の遅さは際立っています。
実際に、納車の遅さを理由に購入を見送っている口コミも見られました。

納期を理由に見送る声も

一方、ヒットの要因として、納期を考慮しても買う価値があると感じる人が多く、長くても待つという声が目立ちました。

長く待ってでも買う価値があると考えている方が多いようです。

ジムニーとジムニーシエラはどっちが買いか?

新型ジムニーとジムニーシエラの違いが気になる方も多いですが、口コミにおける評価に大きな違いはありません。

また、実際の見た目やサイズ、機能も殆ど変わらないと言えます。

大まかには新型ジムニーの方が車体価格が安く、燃費や維持費に優れます。

一方、ジムニーシエラはデフォルトでオーバ―フェンダーが付くため存在感があり、パワーユニットに優れ、より力強い走りが実現します。

特にこだわりがなければ、ジムニーを選んで問題ないでしょう。

新型ジムニーの価格はお得感あり

新型ジムニーの価格は145万8千円からと、級型と比べてやや値上がりしています。
XGの5MTでが145万8千円と最安モデルとなり、XCの4ATが最も高い184万1400円です。

しかし、新型ジムニーの価格を見て、値上がりしたことに不満を持つ方や、高いと感じる口コミはほぼ見られませんでした。

コストパフォーマンスは高い

新型ジムニーはコストパフォーマンスが高く、下取り価格が下がりにくいため、お得感があるという声が目立ちます。

安全装備も完備

ジムニ―では、フロントサイドエアバッグとカーテンエアバッグが全モデルで標準装備となっていますので、安全性を考慮した場合にも

また、上位モデルになると自動ブレーキがつき、オプションにはなりますが誤発進抑制機能や車線逸脱警報、そして標識認識機能といった様々な機能を備えた「スズキセーフティサポート」も利用できます。

ここまでの機能があると考えると、ジムニーの販売価格は妥当と言えます。

新型ジムニーの総合評価は?

新型ジムニーは、これまでのジムニーの良いところを受け継ぎつつも、さまざまな面で進化しています。全体の評価は以下の通りです。

メリット

・見る人を釘づけにするカッコよさ。
・運転席が広く、操作性が高い。
・乗り心地は先代に比べて大幅アップ。
・市街地でも問題なく乗れる。
・オフロード、安全機能が充実。

デメリット

・後席は決して広いとは言えない。
・乗り心地でジムニーらしい衝撃は減った。
・燃費は他の軽自動車と比べて悪い。
・納期が非常に長い。

納期は要注意

デメリットは、「納期の長さ」「燃費の悪さ」が挙げられますが、実燃費は今回解説した通り、そこまで悪いものではありません。
新型ジムニーを購入する上で、納期を許容できるかどうかが焦点になるでしょう。

総合評価は高い

見る人を釘づけにする見た目、どんな路面でも走れる走行性、機能と安全装備まで、新型ジムニーは国内トップクラスの評価ができます。

デメリットを上まわる軽自動車であり、迷わず買いの一台です。

新型ジムニーの最新値引き情報はこちら!

新型ジムニーは値引きして購入できることをご存じでしょうか?

軽自動車の値引きは辛口と言われますが、値引きは十分に可能です。

ジムニーの値引き自体はカンタンで、相場と時期などのコツを抑えるだけ。

値引きを検討している方は下記の記事も確認しておきましょう。
新型ジムニーの値引き相場レポート

 

スポンサーリンク