インサイトの納期・納車

こんにちは。ぎぶさん(@give333)です。

2018年12月に発売されたホンダの新型インサイトの最新納期・納車情報をまとめました。

今回の新型インサイトは、過去のインサイトから大きくマイナーチェンジされており、ターゲット層も変わっています。

ホンダが満を辞して発売する新型インサイトの納期について、実際の口コミや販売店に確認した情報を元にくわしく検証していきます。

納車を早めるコツまでまとめているので、ぜひご確認ください。

新型インサイトの納期の目安

納期:1ヵ月半~3ヵ月

新型インサイトの納期ですが、現在の状況は平均すると2ヶ月待ちです。

この2ヶ月待ちという情報は、実際に販売店に確認した際に得られた回答を元に記しています。別段、この納期が遅いのかというとそうでもありません。

発売が開始されてから、実際に工場が稼働を開始し、販売店の元に新型インサイトが到着する流れを考えると、この納期は妥当といえます。

2ヶ月はあくまで目安。期待感は高い


ただし、2ヶ月という納期は、あくまでも先行予約や、発売日当日などに注文を入れたユーザーが対象になります。どちらかというと、早くても2カ月と考えておく方が良いでしょう。

販売店の担当者曰く「今回の新型インサイトは、実際に実車を確認してから購入されるお客様の方が多いだろう」とのことです。

理由としては、今回のインサイトは先代トとは雰囲気もコンセプトも違い、ネームバリューで興味はあるものの、価格も含めて、吟味したいという人が多いためです。

話を伺った販売店にもインサイトのカタログ請求が増えており、期待感は高いといえます。

新型インサイトの予約状況をチェック

新型インサイトの予約状況
(出典:https://www.honda.co.jp)

新型インサイトの事前予約台数を調べることは、納期を図る上で重要な指針となります。

リサーチによると、事前予約の段階で既に700台近くは契約がされていたようです。

価格が高額なため、どこまで発売開始後に販売台数が伸びるのかは予想が難しいところですが、なかなかの健闘具合といえるでしょう。

今後の流れによっては納期が延びる可能性も

初期製造台数がどれほどなのかは推測しかできませんが、過去の例などから考えると、恐らくは2,000台前後でしょう。

そうなると、事前予約の分と、発売日前後の受注分が初回生産で対応できるとして、その後の流れによっては、納期が延びる可能性もあるので注意しましょう。

新型インサイトの納車予定の事例

  • 11月中旬契約→2月納車 (2ヵ月半)
  • 11月契約→2月納車 (3ヵ月)
  • 12月初旬契約→2月初旬納車 (2ヵ月)
  • 12月中旬契約→1月末納車 (1ヵ月半)

納車時期には幅があり、最短で1カ月半。時間がかかる場合は3カ月のケースもあります。

販売店によって納車時期に開きがあることは押さえておきましょう。

12月にラインが動き出すとされ、納車は2019年以降に本格化する見込みです。

インサイトのライバル車から将来の納期を予想!

新型インサイトの納期を知るにあたり、知っておきたいのが、ライバル車やターゲット層です。

インサイトの価格は、エントリーモデルでも326万円という高価格帯です。

インサイトの宿敵といえるプリウスで同じ価格となると、プリウスPHVの326万円が該当します。しかし、ホンダ販売員によると「敵はプリウスにあらず」だそうです。

新型インサイトのライバル車は新型カムリ

新型インサイトのライバル車
(出典:http://toyota.jp/

新型インサイトのライバル車は、トヨタの新型カムリを想定しているようです。新型カムリは、トヨタの高級セダンに位置付けされます。

ライバル車から察するに、資金に余裕があり、セダンに思い入れがある年代層が新型インサイトのターゲットです。ホンダとしては、費用対効果ではなく、車本来の魅力である「かっこよさ」や「走りの楽しみ」を重視する人を大切にしています。

カムリと同様に売れても納期は大きく延びない

ここで気になるのが、ライバルである新型カムリの売れ行きです。

調べてみたところ、新型カムリは予定月間生産台数が約2,400台であったのに対し、月間販売台数は約10,000台と大きく販売台数を伸ばしています。

しかし、納期は約2ヶ月と大きくずれることはなく、順調に対応をしています。新型インサイトが新型カムリと同様の売れ行きをみせるのかはわかりませんが、恐らくは2ヶ月待ちというラインは余程のことがない限り、崩れないと考えていいでしょう。

グレードやカラーで納期は大きく変わる

新型インサイトのグレードとカラー

2ヶ月という納期が予想される新型インサイトですが、グレードやカラーで納期が大きく変わる可能性があります。

現段階で人気のあるグレードは、中間グレードのEX。ついでベースグレードのLX。最上級グレードのEX BLACK STYLEも、LXと同程度の人気はあるようです。

また、新型インサイトにはボディーカラーが7色ラインナップされています。一般的に人気グレードや色は在庫が多い傾向にありますので、確認しておくと良いでしょう。
新型インサイトの人気色ランキング!アンケート結果を大公開

オプションのつけすぎは納期を遅らせる

さらに注意点としておさえておきたいのが、オプションのつけすぎです。あれもこれもとオプションをつけていくと、その分、納期に遅れが出る可能性があります。

新型インサイトをいち早く納車させるには、最低限必要なオプションを決めておき、後付けできるものは保留にするのがおすすめです。

納車を早めるなら必ず複数の販売店をまわろう

新型インサイトの発売後、実車を確認してから購入を決めようと考えている人も多いはずです。

しかし、購入を決めたとしても、新型インサイトの人気が予想以上に高く、想定していた納期よりも大きくずれそうな場合には、その販売店だけではなく、他の販売店の販売状況も確認してみることをおすすめします。

販売店によって納期は大きく変わる

販売店が違うだけで、納期が変わってくるというのはある意味、この業界での常識です。

販売店同士でホンダという看板は同じでも、全く別資本の会社である、ということもこの業界ではよくあります。

新型インサイトを購入しようと決めて、いざ納期を確認したところ、予想以上に遅いと感じた場合は、遠慮なく他の販売店も検討対象に入れましょう。

ただし、値引きやオプション交渉の結果を、そのまま他の販売店で適用することは難しいといえます。そのため交渉前に事前に納期を確認し、そこから交渉を始める方がいいでしょう。

新型インサイトの納車を早める方法

新型インサイトの納車を早める

新型インサイトの納期を早める方法ですが、もし、カラーやグレードにそこまでこだわりがない場合には、販売店に最速で手に入るグレードとカラーを問い合わせることが一番です。

ディーラーから回答が得られない場合、前述した人気グレードとカラーを選びましょう。

キャンセル待ちも狙い目だが

また、キャンセル待ちを狙う手もあります。こちらもグレードやカラーにこだわらない人向けの手法です。しかし、人によっては「縁起が悪いので最速では欲しいけど、キャセル車はイヤ」という人もいるでしょう。

先述した販売店の問い合わせ時には、キャンセル車は避けたいという意思は明確に伝えておくことも重要です。

新型インサイトの納期はそこまでかからないと予想

ここまで、新型インサイトの納期に関して予測を交えて解説していきました。現段階では、新型インサイトの納期は大きくずれるということは考えられません。

ハイブリッド車という特性上、どうしても2ヶ月ほどは納期はかかりますが、大幅に遅くなることは余程の人気が出ない以上、まずないと考えていいでしょう。

それどころか、生産体制が整い、順調に売れ行きが伸びていけば、増産体制が確立される可能性もあります。そうすれば、1ヶ月以内の納車も不可能ではありません。

新型インサイトは納期の側面から見ると、とても買いやすい車といえるでしょう。

新型インサイトの値引き情報をチェック!

新型インサイトは値引きできる場合があることをご存じですか?

発売して間もないことで、インサイトの値引きは辛口な傾向といえます。

しかし、高価格帯であるため、絶対に値引きはトライするほうがお得といえるでしょう。

値引きの方法はシンプルで、相場を踏まえてライバル車を引き合いに出すだけ。

既に購入を検討している方は、事前に情報を確認しておきましょう。
インサイトの最新値引き情報!

 

スポンサーリンク