新車 自動車

Gクラスのミニ版「リトルG」発売計画が明らかに!価格や発売日、魅力の詳細解説

Gクラスのミニ版リトルG

2023年9月、メルセデスベンツのCEOがCNBCのインタビューで、高級オフロード車であるGクラスの小型版「リトルG」の発売計画について語りました。

Gクラスは世界的に熱狂的な人気をほこる本格オフロード車で、40年以上にわたる販売歴史をもちます。

そんなGクラスのミニ版は、日本の道路状況にも適し、大きな注目をあつめています。

このページでは発売日や価格予想、ポイントをご紹介します。


Gクラスのミニ版「リトルG」の発売計画が明らかに

Gクラスのミニ版リトルG

メルセデスは、「リトルG」と呼ばれる新しいGクラスについて2023年9月に公式ティーザー画像を公開しました。

ティーザー画像から判断すると、「リトルG」は現行Gクラスと同様の昔ながらのレトロデザインを採用するとみられ、伝統的なトランクにスペアホイールが取り付けられた G クラスの箱型のシルエットを維持。

Gクラスのミニ版という明確な位置づけとなっていることが分かります。

Gクラスのミニ版リトルG

リトルGは、レクサスやレンジローバーなど高級SUVセグメントとは異なる価格帯で、新たな購入者層を対象とし、サイズだけでなく価格も大幅に抑えられる見込みです。

海外で販売されている「ジムニー5ドア」の高級バージョンといった位置づけで、独自のポジションを築くといわれています。

Gクラスが手の届きやすい価格に

日本の交通事情において「ベンツGクラス」はやや大きく、価格も1,294 万円~と購入者を選びます。
しかし、リトルGクラスは高級感を維持しつつも、日本でも乗りやすく、かつ手が届きやすい価格帯になることが予想されます。

過去の事例において小型化されたブランド車は、平均的に半額に近い価格になっていることから、リトルGクラスの価格は600万円台から購入できる可能性があります。

価格が大幅に下げることで、市場が拡大する可能性が高いでしょう。

発売日に関する予想

メルセデスのオラ・カレニウスCEOは、「リトルG(ベビーG)」は「数年後」に発売されると述べましたが、小型化のアイデアは既に数年にわたって検討されています。

基本的なコンセプトやデザインは確立され、市場拡大が見込まれることから3年以内には登場するという見方が多いでしょう。

ドイツ大手メディアの予想もふまえると、2026年頃の発売が有力視されます。

現時点で「リトルG」には明確な競合車がおらず、市場を独占できることからも予想以上にリリースが早まる可能性はあるでしょう。

注目のスペック

リトルGはオンロードでも運転が楽しめる車であることが既に判明し、ベンツGクラスのような本格オフロード車ではなく、ジムニー5ドアのように都市部向けの設計も意識されています。

2023年9月に発表された「コンセプトCLAクラス」と同じ設計フレームを搭載し、Gクラスのフレームをあえて採用せずに軽量化することで、オンロードでの取り回しや乗り心地が大幅に向上。

Gクラスのミニ版リトルG
(出典元:https://www.motor1.com/)

ジープラングラー スポーツがライバルになると言われることから、サイズは全長: 約 4,336 mm×全幅: 約 1,877 mm×全高: 約 1,839 mm程度と予想されます。

パワートレインはEV(電気自動車専用)専用ではなく、従来のパワートレインも搭載される予定で、さまざまなニーズに応える方向です。

ベンツGクラスのミニ版「リトルG」のまとめ

待望ともいえるメルセデスベンツGクラスのミニ版の登場は、日本の交通事情にもマッチし、手の届きやすい価格帯が予想されることから非常に注目度が高いでしょう。

Gクラスに興味があっても乗れなかった人には最良な選択肢になりえます。

日本では「スズキ ジムニー5ドア」に近い位置づけとなりますが、類似する車が少ないことも「リトルG」の特徴です。

発売は2026年が有力視されていますが、新たな市場拡大が見込まれることからも、いち早くリリースされる可能性もあります。

日本でも今後、「ジムニー5ドア」や「ランクルミニ」などが投入される見込みで、オフロード向けのコンパクトSUV市場は要注目です。

今から期待して待ちましょう。

愛車を高く売る準備から始めましょう

車を高く売る

車の乗り換え時は、まず愛車を高く売る準備から始めましょう。

ディーラー下取りや車買取で損をしないためには、一括査定の結果と比べることが肝心です。

人気の「ナビクル車査定」では無料で一括査定ができ、価格相場もすぐに分かり便利です。

ナビクルは豊富な加盟店を持つため、高値で車を売りたい時にも向いています。

愛車の価格相場は今すぐ確認しておきましょう。

価格相場を確認後、あらためて当サイトをご確認ください。

関連記事はこちら



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。ウォルターインターナショナル合同会社運営。

-新車, 自動車

© 2023 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5