ノートのグレードの違いとおすすめを解説

国内No.1の人気を誇る日産ノートe-POWERのグレードについてまとめました。

かなりの魅力を持った車ですが、グレードごとに価格や装備が違うため、購入する際には押さえておく必要があります。

このページでは、ノートe-POWERの魅力をまとめつつ、各グレードの特徴や価格・装備の違いを分かりやすく解説していきます。

おすすめグレードもご紹介しているのでぜひチェックして下さい!

日産ノートe-POWERは充電不要の電気自動車!

epower-grade
(出典:http://www.nissan.co.jp/

2016年11月、日産・ノートから新しいモデルが販売されました。その名も「e-POWER」。

これはモーターだけで走行する「電気自動車」になります。

『電気自動車』と聞くと、「走るためには充電する必要があるのでは?」と疑問に思う方もいるかもしれません。ですが、充電は不要。燃料はガソリンなのです。

実は、エンジンは完全に「発電用」。

走行用の電気が足りなくなるとエンジンを回して充電し、それを動力としてモーター走行する、という仕組みとなっています。

まさに、最先端の装備をほこる電気自動車であり、e-POWERのおかげでノートは国内売上NO.1となりました。

ノートe-POWERの特徴!ノートから全面的に進化

ノートe-POWERの特徴

エンジンとモーターの動力で動くハイブリッドと違い、完全にモーターだけで走行するのが、ノート「e-POWER」。

従来のノートにはなかったそ「e-POWER」の特徴を簡単に見ておきましょう。

加速の瞬発力がある!

モーター走行ですので、アクセルを少し踏み込んだだけでも、力強い加速が出せます。高速での追い越しなども楽々!

ワンペダルで自由自在に操れる

「Sモード」「ECOモード」で運転すると、アクセルペダルを緩めるだけで回生ブレーキが強くかかります。停止状態にまですることができますから、アクセルペダル一本だけで自在な運転が可能となるのです。

静寂性に優れている

エンジンは発電時のみに稼働するので、ガソリン車などと比較すればとても静かです。

燃費が抜群に良い!

ハイブリット車で有名なトヨタ・アクアの燃費が38.0km/L(JC08モード)。
対して、ノートe-POWERの燃費は、なんと37.2lm/L(JC08モード)!

ハイブリット車に並ぶ、かなりの低燃費であることが分かりますね。

ノートe-POWERを是非購入したい、または買い替えたい!と思った時に気になるのが、グレードですよね。
以下、そのグレードを詳しく見てみましょう。

日産ノート e-POWERのグレード一覧と価格

ノートe-POWERのグレードは大きく大別すると「S」「X」「MEDALIST」「AUTECH」「NISMO」の5つになります。
価格と燃費は以下の通りです。

それぞれの違いをザックリと押さえておきましょう。

価格  2WD / 4WD 燃費
S 1,937,100円 37.2 km/L
X 2,059,200円 / 2,279,200 円 34 km/L
X ブラックアロー 2,153,800円 / 2,373,800 円 34 km/L
MEDALIST
2,396,900円 / 2,616,900 円
34 km/L
MEDALIST ブラックアロー 2,469,500円 / 2,689,500 円 34 km/L
X シーギア 2,301,200円 / 2,521,200 円 記載なし
X シーギア リミテッド
2,312,200円 / 2,532,200 円
記載なし
AUTECH 2,306,700円 / 2,526,700 円 記載なし
AUTECH SPORTS SPEC 2,499,200円 記載なし
NISMO 2,534,400 円 記載なし
NISMO S 2,721,400 円 記載なし

以下、分かりにくい用語をご紹介しておきます。

ブラックアローとは?

ブラックアローとは

ブラックアローとは、特別装備のことを指します。

具体的には、エクステリアとインテリアをブラック化しているのが特徴。

価格は若干上がりますが、ブラックの高級感が好きな方におすすめです。

装備は以下の通りです。

  • ブラックカラールーフ
  •  専用デザイン15インチアルミホイール
  • ブラックドアミラー/ブラックアウトサイドドアハンドル
  • ダークシルバーフィニッシャー
  • 内装トリム黒色

シーギアとは?

シーギアも特別装備のことを指しています。

こちらはアウトドアに対応した装備が充実しており、アウトドアシーンの利用を考えている方におすすめ。

装備は以下の通りです。

  • ダーククロムフロントグリル
  • ダークメタリックフロントスタイリングガード
  • フォグランプフィニッシャー
  • ルーフモール
  • ダークメタリックサイドスタイリングガード
  • ダークメタリックリヤスタイリングガード
  • ダークメタリックホイールアーチガーニッシュ
  • グロスブラック15インチアルミホイール

泥ハネなどにも対応しているので、野外で遠慮なく走らせることができますよ。

日産ノートe-POWERの各グレード特徴と装備

e-POWERのグレードは、「S」「X」「MEDALIST」「「AUTECH」「NISMO」の5つです。
各グレードには、以下のような特徴があります。

「S」 の特徴と装備

e-POWERの中で最安値かつ一番燃費の良いグレードとなります。
ですがこの「S」グレード、オススメはできません。

なぜなら、

  • エアコンなし
  • リアウインドウは手動で開閉タイプ
  • ドアミラーも手動で格納タイプ

といった、まさに燃費に特化するために作られたようなグレードだからです。
商業用ならともかく、自家用ならば「X」グレード以上を選びましょう。

「X」 の特徴と装備

e-POWERの基本となるグレードであり、一番売れているグレードです。
主に以下のような装備が標準で付いています。

  • e-POWER専用ファインビジョンメーター
  • オートライトシステム
  • オートエアコン
  • プッシュパワースターター
  • プライバシーガラス
  • LDW(車線逸脱警報)、車両接近通報装置

「MEDALIST」 の特徴と装備

「X」より更に上級グレードとなるのが、MEDALISTです。

ステアリングが本革巻、シートの質感がアップするなど、インテリアの高級感が増しています。
エクステリアに関しても、MEDALIST専用の外装(フロントが若干変化・MEDALISTエンブレム・15インチのアルミホイール等)となります。

「AUTECH」の特徴と装備

AUTECH社と日産が協力して作り上げたモデルです。

AUTECH専用装備によってボディ剛性が強化され、スポーティな走りとゆるぎない走行安定性を両立しています。

後述するNISMOとの違いについては、公式サイトで以下のように書かれています。

「NISMO」と「AUTECH」は、スポーティーパフォーマンスと言う共通土台を持ちつつ、「NISMO」は日産のモータースポーツ活動をそのDNAとしてピュアスポーツを志向するブランドとして、一方「AUTECH」は走りの性能を「NISMO」と共有しながら、カスタムカーづくりで蓄積してきた職人のこだわりを注入したプレミアムスポーティ志向のブランド

大きな違いとしては見た目が挙げられます。

AUTECHの方が内装も含めた上質感に力を入れ、NISMOの方が随所にレッドアクセント施してスポーティーな見た目に力を入れています。

「NISMO」 の特徴と装備

NISMO

こちらはスポーツモデルタイプとなります。足回りがスポーツ走行に最適となるよう、チューニングされているのが特徴です。
これにより、モーター走行の力強い加速をより楽しめるようになっています。

日常用というよりは、走りの楽しみを最大限に楽しみたい人向け、といったグレードですね。

日産・ノートe-POWERのおすすめグレードランキング!

それではここで、ノートe-POWERのおすすめグレードをランキング形式でご紹介します!
(日常用としてのおすすめの為、「S」「NISMO」は除外)

第1位 ノート e-POWER X (2WD)

車両価格 2,059,200円
燃費   34.0km/L

一番売れ筋の「X」が、やはり一番のおすすめ!
なんといっても、標準だけでも十分な装備があるからです。

  • 「LDW(車線逸脱警報)」「車両接近通報装置」などの安全装置
  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ
  • 「プライバシーガラス」のプライバシー保護
  • 「オートライトシステム」「オートエアコン」などのオート装置
  • 「プッシュパワースターター」(ボタンによりエンジン始動)

などなど、装備は満足できる水準。

日産の公式サイトでは人気2位となっていますが、実質的には1番人気と考えられます。

本体車両価格が200万円以下で購入できるのも、おすすめのポイントです!

実際の口コミ・評判

「加速が本当に気持ちいい!」
「運転に慣れると楽しい、面白い。」
「Xグレードで十分e-POWERを楽しめる。」

第2位 ノート e-POWER MEDALIST(2WD)

車両価格 2,396,900円
燃費   34.0km/L

「X」グレードより30万円ほど高いMEDALISTですが、インテリア・エクステリアともに大きな変化はありません。
装備でLEDランプが標準であったり、ステアリングが本革巻になる程度でしょうか。

日産公式サイトでは人気1位となっていて、「X」グレードよりもちょっとした高級感を味わいたい、という人にピッタリです。

実際の口コミ・評判

「細かい所で高級感が感じられて良い。」
「MEDALISTとX、よく見ないと違いがわからないかも。」

第3位 ノート e-POWER NISMO

車両価格 2,534,400 円
燃費   記載なし

ノートe-POWERではスポーツモデルのNISMO(ニスモ)も人気があり、その中では安価なこちらのグレードが人気です。

見た目と内装は随所にレッドアクセントが施され、スポーツカーといった風合いがあります。

流れるようなエアロフォルム、HR12DDRエンジンとエクストロニックCVTによる加速レスポンスなど、走りにも徹底的にこだわっていますので、そこに惹かれる方にはおすすめです。

 

 

日産・ノートe-POWERのおすすめグレードまとめ!

  • モーター走行を楽しみたい
  • ワンペダル操作の運転がしたい
  • 高速走行が多く、追い越しなどでスイスイと加速したい
  • とにかく低燃費の車が欲しい

そんな方には、まさにピッタリな日産・ノートe-POWER。

グレードは、「MEDALIST」に魅力を感じなければ、「X」を選択するのがベスト!

便利な機能や装備が標準でついていますし、e-POWERの走りを十分に楽しむことが可能。

グレードの特徴や、価格・装備の違いは分かりにくかったりしますので、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

ノートe-POWERの最新の値引き情報はこちら!

ノートe-POWERの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

ノートe-POWERの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
日産ノートe-POWERの最新値引き情報

 

スポンサーリンク