1996年にデビューした初代から数えて4代目となる新型マツダデミオ。

「クラスの概念を打ち破る」というコンセプトで2014年にモデルチェンジしてからも、欧州車のように常にアップデートが行われています。

そんな新型デミオの中でも、本記事では特に注目度の高い内装を解説しました。

欠点らしい欠点は少なく、内装のレベルが高いということができますが、デメリットも含めてくわしくレビューしていきたいと思います。

ぎぶさんぎぶさん

画像つきでくわしく評価していきます。購入の参考にしてください。

運転席&インパネまわりをチェック!

デミオの内装
(出典:http://www.mazda.co.jp/

運転席とインパネの評価:94点

デミオの内装を一言で表現すれば、「ハイクオリティ・ハイセンス」となります。

この点は明確なストロングポイントとなります。

特に運転席&インパネまわりはデザインと機能性のバランスに優れ、国産コンパクトカーの中では飛び抜けた水準です。

インテリアの質感が高い

demioの内装

demioの運転席
(出典:https://www.netcarshow.com/

シンプルな直線基調のデザインながら、メタル調やレザー風のマテリアルがあしらわれたインパネはコンパクトカーとは思えない高い質感があります。

コンパクトカーなので素材はさほど高級なものを使用しているわけではありませんが、表面加工の細かさや加飾の演出が◎

印象的なのはメッキ処理のリングで加飾された丸形のエアコン吹き出し口で、国産コンパクトカーでは見られないセンスです。

demioのエアコン

先代までのデミオの内装は、よく言えばカジュアル、悪くいえばチープな印象がありましたが、新型デミオではよい意味で裏切られます。

ステアリングホイールは操作性重視

ステアリングホイールは、スムーズに操作性できることを重視してどの位置で握っても太さの変わらないものを採用しています。

流行りのDシェイプのものに比べればオーソドックスですが、逆に走りに関するマツダのこだわりを感じさせるポイントです。

ナビゲーションは見やすい設計

デミオのナビ

今や必需品ともいえるナビですがディスプレイは、インパネに立ててレイアウトされています。

視線の移動量が少なく、運転中にも見やすいというメリットを優先して採用されました。

このディスプレイはセンターコンソールに設けられたコマンダーコントロールを用いてオーディオやエアコンなどの設定を行います。

ぎぶさんぎぶさん

デミオの運転席はコンパクトカーをは思えない質感です。
運転者のことを考えた作りも◎

室内空間の居住性をチェック

居住性の評価:86点

前席はワンクラス上のクオリティ

デミオの前席

デミオは現行型にモデルチェンジした際、全幅は旧型同様の1695㎜に抑えましたが、全長は4060㎜と旧型よりも160㎜長くなりました。

ホイールベースもそれに合わせて80㎜拡大され2570㎜となりました。

一般に全長とホイールベースを拡大する場合は居住空間を広くすることを目的とすることが多いのですが、デミオは延長分を前輪位置を前に出すことに使いました。

これによりコンパクトカーらしからぬ伸びやかなスタイリングを手に入れるとともに、運転席側の余裕が増えたこともドライバーにとって大きなメリット。

ドライビングポジションの自由度が高い

全長の短いコンパクトカーで右ハンドルは、前輪のホイールハウスで足元が狭くなりがちです。

新型デミオは前輪位置を前に出したことにより、各ペダル位置を旧型よりも20㎜ほど右側に寄せています。

これによりデミオは自由度の高いドライビングポジションも手に入れています。

シートにもマツダのこだわり

 

デミオのシート

デミオのシート

前席についてはシートの構造をワンクラス上のアクセラと共通化したことにより、コンパクトカーらしからぬ余裕のあるサイズのものとなっています。

シートの座り心地は市街地だと固い

デミオのシートの座り心地

シートの座り心地ですが、決してふわふわと柔らかな印象はなく、市街地を走っているだけでは、「固い」と感じる方もいらっしゃるようです。

その一方で高速道路やワインディングロードでは、「コシがあってサポートも十分」という意見も多く、評価が分かれています。

オルガン式のアクセルペダルに注目

オルガン式アクセルペダルは、より微妙なアクセルコントロールが可能で長距離走行にも適しているとされています。

ポルシェやBMW、メルセデスベンツなどの欧州車に数多く採用されていることからも、マツダの走りに関するこだわりが見て取れます。

旧型から進歩の感じられない後席

デミオの後席

前席に比べて、どうしても見劣りしてしまうのが後席です。

ライバルとなるフィットやノートと比較すると、膝回りの空間には余裕がありません。

背が高いと頭上が窮屈に感じる恐れ

demioの後席

クーペのようなルーフラインは確かに流麗ですが、その分、後席の頭上空間は狭くなっており、背の高い方だと少し窮屈に感じるかもしれません。

前席のシートバックをえぐったような形状にし、前席シート下にもつま先が入る空間を確保する工夫はされていて、スペースはコンパクトカーの標準レベルは確保しています。

乗降性もやや気を使う

また、サイドウインドウの形状に合わせるようにリアドアの開口部が低くなっており、乗り降りの際の頭運びにはやや気を使います。

後席に人を乗せる機会が多い方は試乗してみて、前席だけではなく後席の使い勝手もチェックしおくことをおすすめします。

ぎぶさんぎぶさん

全体的にこだわりが感じられますが、後席はデメリットもあり。

荷室を含めた全体の収納力をチェック

荷室の評価:75点

荷物の搭載はやや苦手科目

デミオの荷室

スタイリッシュなルーフデザインからわかるようにデミオは荷室の広さよりもデザインを優先したパッケージングとなっています。

荷室の開口部は狭く、ハッチドアの位置もライバル各車と比べて高いため、大きな物や重い荷物をのせるのには向きません。

荷室の奥行きは680㎜と十分な広さを確保していて、画像のようにトランクケース2台がつめるほどになっています。

demioの荷室

車中泊には向かない

後席は6対4の分割可倒式を採用していてカスタム可能ですが、シートを倒しても完全なフラットにはならず段差が残るので、車中泊に向いていません。

小物入れスペースも不足気味

荷室以外の小物入れのスペースですが、6か所に用意されています。

その内の2か所はサンバイザーのチケットホルダーと助手席シートバックポケットなので、実質的に3か所だけ。

また、それぞれの小物入れの容量自体も小さく、スマートフォンの置き場にも困るという意見も見受けられました。

グレードによる内装の違いをチェック

デミオにはコンパクトカーにありがちな内装の品質を落とした最廉価グレードは存在しません。

それぞれ、代表的なグレードによる内装の違いをみていきましょう。

15Sグレード

デミオの15Sの内装

もっとも安価な15Sではメッキなどの加飾は少なくなりますが、シフトレバーにシフトブーツが標準装備されるなど他のコンパクトカーよりこだわりを感じさせます。

Touringグレード

デミオのTouringグレードの内装

Touringグレードを選ぶと黒基調でドット柄を採用したシートにスイッチパネルがピアノブラック仕上げになり、ドアトリムにもステッチが施されるなど、一気に高級感が増します。

L Package

デミオの内装の白

布シートではなくレザーシートが欲しいのであれば、L Packageを選ぶことになります。

この仕様ではブラックとホワイト(白)の2種類のレザーシートのパッケージから選ぶことができます。

ブラックレザーは本革に、「グランリュクス」と呼ばれる高級な手触りのスエード調人工皮革を加えたシックな仕様です。さらに、インテリア全体を黒一色にするのではなく、深い赤をインパネやドアトリムに配し、大人の空間を演出。

一方、白い内装はドアのトリムまでホワイトと華やかなテイストです。

ぎぶさんぎぶさん

デミオの内装はどのグレードも外れがありません。
マツダの白いレザーシートは評判が良く、個人的にもおすすめです。

デミオの便利な機能や装備はこれだ!

最後に、デミオだけの注目の機能を厳選してご紹介します!

未来感覚のアクティブ・ドライビング・ディスプレイ

デミオのアクティブ・ドライビング・ディスプレイ

一部グレードにはアクティブ・ドライビング・ディスプレイが標準装備されています。

デミオのエンジンを始動すると自動的に運転席の前に立ち上がる半透明のパネルで、いわゆるHUD(ヘッドアップディスプレイ)の一種です。

これまでのHUDは速度表示を映し出すのにとどまるものも多かったのですが、アクティブ・ドライビング・ディスプレイは一歩進んでナビのルート誘導やレーダークルーズコントロールの警告情報を映し出すことが可能。

これにより視線を移さなくても、必要最小限の情報を得られることでわき見を防止し、より安全に運転を楽しめます。

交通標識認識システムと連携!

さらに交通標識認識システム(TSR)と連携しているところがポイントです。

TSRとは、走行中に前方のカメラが認識した交通標識(最高速度標識、車両進入禁止標識、一時停止標識)をディスプレイに映し出すとともに警告音で知らせるもので、ドライバーの「ミス」を防止するのに有効なシステムです。

マツダコネクトで最新の情報をアップデート

デミオのマツダコネクト

センターディスプレイとコマンダースイッチを使って、マツダが用意するコネクトサービス、マツダコネクトを利用することが可能です。

マツダコネクトは常に最新のナビを利用できるだけでなく、Bluetoothを利用したハンズフリー通話やメールやSNSの読み上げ機能などにも対応します。

寒い日でも安心なシートヒーターも完備

デミオでは一部グレードを除き運転席と助手席にシートヒーターを装備しています。

車内が寒い時でも、シートヒーターが座面と背もたれを速やかに温めるので真冬のおでかけでも安心でしょう。

また、細かいところですがヒーターのダクトが後席にも装備され、足元に温風を直接送ることができるのも地味ですが、ちょっと気の利いた装備となっています。

新型デミオの内装まとめ

新型デミオの内装についてまとめると、

  • 運転席とインパネの評価:94点
  • 居住性の評価:86点
  • 荷室の評価:75点
  • L Packageは白い内装が選べる。
  • 標準装備が充実。

コンパクトカーとは思えない内装の質感は強力なストロングポイント。

ドライバー目線で設計された運転しやすいインテリアもデミオの強みです。

室内空間や荷室はデメリットがあるものの、高級感のあるこだわりの作りは、それを補ってあまるほどのメリットが感じられます。

楽しくカッコよく車を走らせたい方には、イチオシの車種と言えるでしょう。

新型デミオをお得に買う方法をチェック!

内装に優れるデミオは多くの値引き事例があるのをご存じですか?

デミオの値引きにはカンタンな方法があり、誰でも実行することができます。

商談することで、何十万円も安く購入できるケースもあってお得です。

値引きの最新情報は下記の記事も確認してみてください。
新型デミオの値引き情報!最新相場と値引き方法

 

 

スポンサーリンク