新型デイズのおすすめグレードランキング

このページでは日産新型デイズのおすすめグレードをランキング順で解説しました。

全グレードで安全装備は軽自動車の枠を超え、さらにセレナで人気となった運転アシスト技術のプロパイロットも導入するなど、相当力が入っているのでチェックしてみて下さい。

ぎぶさんぎぶさん

おすすめのポイントを詳しくまとめているので、デイズのグレードのついてはこのページで全て分かるはずです。

新型デイズのグレードの見所は?

新型デイズのグレード
(出典:http://www.nissan.co.jp/

新型デイズのグレード構成ですが、先代と同じく「標準車」とスポーティグレードの「ハイウェイスター」の2タイプに分けられます。

標準車とハイウェイスターは外観が異なるだけでなく、エンジンも標準車は自然吸気のみなのに対し、ハイウェイスターでは自然吸気とターボのいずれもモーターが追加されたマイルドハイブリッド仕様となっています。

グレードの種類をチェック

標準車は「S」と「X」の2グレード展開。

ハイウェイスターは「X」と「Gターボ」でそれぞれに運転支援機能であるプロパイロットを標準装着した「プロパイロットエディション」を加えた合計4グレード。

さらに日産の特装車部門のが手掛ける「ボレロ」を加えた全7グレードが用意されています。

価格は「S」(FF)の1,296,900円から「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」(4WD)の1,677,500円までとなります。

新型デイズのおすすめグレードランキング

ぎぶさんぎぶさん

それでは新型デイズのおすすめグレードをランキング形式で紹介していきましょう。

各グレードのメリット・デメリットを詳細に解説しているので、購入を検討されている方はくまなくチェックしてみてください。

第6位  ボレロ(FF:1,437,700円)

ボレロ

ユニセックスなイメージの標準車に対し、「ボレロ」は専用のツートーンカラーが用意され、インテリアもピンクを基調にした2トーンのシートやモーブピンクをあしらったインパネなどキュートな仕上がりが特徴。

ただし、デザイン自体はフロントグリルなどにダーククロームを使うなどワンポイントのアクセントが入れられている程度で、価格的にバッティングする「ハイウェイスターX」ほどの差別化はされていません。

またエンジンもモーターのつかない自然吸気仕様となるので、割高感はあります。

デザインとインテリアのコーディネートが気に入った、という方以外にはおすすめしづらいということで6位としました。

第5位  S(FF:1,296,900円)

S

新型デイズの特徴として装備が全般的に充実していることが挙げられます。

ベーシックなグレードの「S」であっても車両と歩行者両方を検知可能な緊急自動ブレーキであるインテリジェントエマージェンシーブレーキ、LI(車線逸脱防止支援システム)に加えサイド及びカーテンエアバッグをすべて標準装備しています。

コスト管理に厳しい軽自動車の場合、こういった安全装備は標準装備どころかオプションでも選択できないことも多いことを考えればデイズの充実ぶりは際立っています。

ボディカラーが3色からしか用意されないのは残念ですが、装備については必要なものは一通り揃っていて、ベーシックグレードにありがちな貧相な印象もありません。

とにかく実用的で安全装備が充実した車をリーズナブルな価格で購入したい、という方にはおすすめのグレードです。

第4位  X(FF:1,349,700円)

X

標準車の上級グレードとなるのがXです。Sとの価格差は51,840円ですが、バックビューモニター&ディスプレイつき自動防眩式ルームミラー、インテリジェントキーにアルミホイールも装着され、エアコンもマニュアルからオートエアコンになります。

このオートエアコンは上級車を思わせるタッチパネル式のもので、見た目のクオリティもぐっとアップします。「S」
に比べて購入後の満足度は格段に高くなるでしょう。

もし、これらの装備をすべて「S」にオプションで装着すると約14万円と計算できることからかなり割安感のある設定ではないでしょうか。

ボディカラーも全10色と選択の幅が「S」に比べて広がるのもうれしいですね。

第3位  ハイウェイスターX(FF:1,497,100円)

ハイウェイスターX

日産ミニバン伝統のスポーティグレードが「ハイウェイスター」で、ライバル車でいうところの「カスタム」系となります。デイズではこのハイウェイスターが人気です。

ハイウェイスターはデザインが秀逸

デイズのハイウェイスターではぎらぎら感を抑えたスタイリッシュなデザインを採用。

前後のエアロバンパー、サイドシルプロテクター、ルーフスポイラーなどの外装パーツに加え、アルミホイールもよりスポーティなデザインに変更されています。

インテリアに目を移すと、カラーは精悍なブラックに変更され、ステアリングも本革巻仕様となり、インナーハンドルもメッキ仕様と上級車顔負けの仕上がりです。

デイズのハイウェイスターの内装

さらに大きな違いはエンジンがECOモーターを使ったハイブリッド仕様になる点。

いわゆるマイルドハイブリッドなのでモーターだけで走行できるほどのパワーはありませんが、実用燃費の向上には役立つとされています。

アイドリングストップから再始動する際もECOモーターが使用されるので、通常のスターターモーターよりもエンジンへの移行がスムーズ。

標準車の「X」と比べて価格は144,760円のアップとなりますが、外装で約10万円、インテリアやエンジンに20万円かかると考えれば、むしろ安いです。

第2位  ハイウェイスターGターボ(FF:1,578,500円)

ハイウェイスターGターボ

自然吸気仕様の「ハイウェイスターX」に比べて価格は79,920円高くなりますが、アルミホイールが14インチから15インチにサイズアップされることからターボによる価格差は実質的には6万円程度と考えられます。

ターボを追加することで最大トルクは約1.7倍となり、実質的には軽自動車にリッターカークラスのエンジンを搭載したようなもので普段の運転でもパワーに余裕が感じられます。

かつて、軽のターボ車は市街地を走ると10km/L以下だったことを経験されている方もいらっしゃるでしょうが、新型デイズでは燃費の落ち込みがほぼありません。

加えて、高速でも走りに非力さを感じることがありません。

標準車よりもパワーに余裕がある分、アクセルを深く踏み込む機会も少なくなることから実燃費に優れ、快適なドライブが楽しめます。

第1位  ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF:1,677,500円)

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション

新型デイズの最上級グレードとなるのが、「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」です。

新型デイズで話題となっているのが、運転支援システム「プロパイロット」の搭載です。

これまでセレナやエクストレイルといったより上級のクラスの車にしか用いられていなかった最新のシステムが軽自動車であるデイズに採用されたのには正直驚かされました。

プロパイロットは高速道路を走行中に前車との車間距離を自動的にキープし、車線の中央を走るようにステアリングをアシストしてドライバーの疲労を軽減します。

高速道路を使った長距離移動もストレスなくこなせるだけの実力を備えているターボ車であればプロパイロットの恩恵にあずかれる機会も多くなるでしょう。

日産デイズはハイウェイスターグレードがおすすめ

全体をカンタンにまとめると以下の通りになります。

  • 価格の安さで選ぶ → グレードS
  • 内装・外装の質感で選ぶ → ハイウェイスターX
  • 燃費とパワーで選ぶ → ハイウェイスターGターボ
  • 高速道路も重視する → ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション

新型デイズ全てのグレードのクオリティーの高さが目立ちます。

価格の安さで考えるならば標準グレードのSがベストな選択になります。

しかし、外観・内装・走りのクオリティを考慮するならハイウェイスターをおすすめします。

その中でもより走りにこだわりたいならGターボを選ぶとよいでしょう。

新型デイズの値引き情報をチェック!

全7グレードに及ぶ新型デイズは、値引きが期待できることをご存じですか?

辛口と言われる軽自動車ですが、デイズは大幅な値引き事例も出ています。

値引き方法はシンプルで相場を知りライバル車を引き合いにだすだけ。

購入を検討している方は、値引き情報もチェックしておきましょう。
日産新型デイズの値引き相場情報!限界まで安くするコツは?

 

スポンサーリンク