カローラクロス 自動車

【2024年最新】カローラクロスの納期・値引き情報まとめ!納車が早まるコツも解説

カローラクロスの納期・値引きの最新情報

トヨタ カローラクロスは2023年10月のビッグマイナーチェンジによりさら大幅に進化したことで注目を集めています。

本ページでは、新型カローラクロスの納期・値引き情報について、私自身の現地取材も交えて徹底解説していきます。

納期はリアルタイムで変動中で、推移一覧表も用意しているので併せてご参考ください。

関連記事
新型カローラクロスのマイナーチェンジ情報
新型カローラクロスのマイナーチェンジ情報!発売日と価格、進化ポイントを解説

トヨタの大人気シリーズであるカローラ。 カローラ「ツーリング」や「スポーツ」、「セダン」につづき「カローラクロス」もマイナーチェンジの実施が予定されています。 SUVの完成系と評されるカローラクロスで ...

新しい車を購入する前に、愛車の査定相場を知っておきましょう。

ディーラー下取りや買取で損をしないためには、車一括査定の結果と比べることが大切です。

人気のナビクルは、無料で車一括査定ができて45秒で査定相場が分かります。

無料査定は下記の公式HPで可能です。

現在の愛車の最高額をチェック!

 

新型カローラクロスの納期・納車の最新情報2024年

カローラクロスの納期・納車の最新情報

トヨタ新型カローラクロスの納期について、販売店情報と口コミを踏まえて目安を算出しました。

購入時期や販売店によっても大きく異なるため平均目安をご紹介しています。

最新納期目安

  • ガソリン車:4~9ヶ月程度
  • ハイブリッド車:8~9ヶ月程度

新型カローラクロスの平均納期目安はガソリン車が4~9ヶ月、ハイブリッド車が8~9ヶ月程度となっています。販売店の割り当て数によって納期に5ヶ月ほどの差が出ている状況です。

なお、納期遅れのピークは過ぎた感じではあります。

ガソリン車やハイブリッド車の4WDなど、販売店で在庫がある場合には大幅に納車が早まるケースもあります。納期が早い仕様はないか訊ねてみても良いでしょう。

トヨタは国内生産を強化していますが、カローラクロスは供給を大きく上回る需要が見込まれます。

カローラクロスは人気が高く、購入を検討する方は1日でも早く販売店に問い合わせるようにしましょう。

最新の工場稼働状況

工場停止なし。

納期の推移一覧表

直近の納期目安の事例をまとめました。時系列順に記録しています。

販売店によって納期は異なるため、あくまで参考程度にしてください。

年月納車目安
2024年3月ガソリン車:4~9ヶ月
ハイブリッド車:8~9ヶ月
2024年2月ガソリン車:4~7ヶ月
HEV車:8~11ヶ月
2024年1月ガソリン車:4~7ヶ月
HEV車:8~11ヶ月程度
2023年12月ガソリン車:4~5ヶ月
HEV車:9~12ヶ月程度
2023年11月ガソリン車:4ヶ月
HEV車:8カ月程度
2023年10月ガソリン車:3ヶ月
HEV車:4~7ヶ月程度
2023年9月ガソリン車:3ヶ月
HEV車:3~5カ月
2023年8月ガソリン車:3~5ヶ月
HEV車:4~5カ月
2023年7月ガソリン車:3~5ヶ月
HEV車:4~5カ月
2023年6月ガソリン車:5ヶ月~1年
HEV車:1年~1年6カ月
2023年5月ガソリン車:5ヶ月~1年
HEV車:1年~1年6カ月
2023年4月ガソリン車:1年前後
HEV車:1年~1年6カ月
2023年3月ガソリン車:未定(6ヶ月超)
HEV車:未定(6ヶ月超)

最新の一部改良によって2024年以降は納期が遅れはじめてきています。

納期については販売店ごとに大きな差が見られますので、あまり周りに振り回されない方が得策です。

新型カローラクロス今後の納期予想

カローラクロスの今後の納期予想

今後の納期については、一時的に遅れる可能性があり注意が必要です。

2023年の一部改良をきっかけに、毎月納期がずれ込んでいる状況であり、しばらくは納期遅れが続く可能性が高いでしょう。

それほど高い人気をほこり、一時的に需要が供給を上回っているといえます。

しかし、過去の事例やトヨタの生産力をふまえると長い目では納期は改善されていくはずです。

トヨタが2023年から国内生産を強化していることも追い風となっています。

そのため納期遅れについては深刻になることはないでしょう。

新型カローラクロスの納車待ちSNSの口コミ

カローラクロスの納車待ちツイッターの口コミ

最新の口コミをツイッターなどSNSから気になるものを引用してご紹介します。

全体的に明るい話題も増えてきていて期待感が感じられます。予定より遅れているという場合は、ディーラーに確認してみましょう。

マイナーチェンジ後は5~8ヶ月が多い

東北エリアですが、24024年時点でハイブリッド車が8ヶ月で遅れているようです。ただ、ガソリン車を選ぶと早く納車は可能とのこと。
納期は5~7ヶ月くらいが目安のようです。ある程度、見通しが立っているので契約がしやすいです。
納期は5~7ヶ月くらいが目安のようです。ある程度、見通しが立っているので契約がしやすいです。
9月に始まった先行予約の段階で、納車は1月の予定です。
9月契約で1月納車予定です。

未だ未定との声も

新型カローラクロスの納期・納車時期が早まる方法!

カローラクロスの納期・納車時期が早まる方法

カローラクロスの納期は人によって差があり、購入前に納車を早めるポイントを確認しておく必要があります。

数か月も待てないという人は、以下の方法を試してください。

①売れ筋グレードとカラーから選ぶ

ディーラーが発注を行う際、売れやすいものをを優先的に発注します。したがって、納期が早い傾向にあるのは、一般的に人気の高いグレードやボディカラーの車となります。

  • 売れ筋グレードは「Z」「ハイブリッドZ」
  • 売れ筋カラーは「アティチュードブラックマイカ」「プラチナホワイトパールマイカ」「スパークリングブラックパール」

ハイブリッドZのみツートーンカラーが選択できますが、納期の観点ではモノトーンの選択が無難でしょう。

2WDではなく4WDを選ぶと納車が半年以上早まるケースもあり、販売店でそれぞれの納期の違いを確認してみるのも良いでしょう。

②中古車・新中古車を狙う

「どうしても納期が待てない」時は、状態のよい中古車を買うのも選択肢です。

新中古車(未使用・キャンセル車)であれば新品に近いカローラクロスが即納できます。

2023年10月マイナーチェンジ前のカローラクロスであれば、お得に手に入る可能性があるため非常に狙い目です。

③KINTOで納期短縮可能

トヨタKINTOでは最速2カ月程度で納車できるため、リース契約する人も増えています。

トヨタが提供しているサービスなので信頼性も申し分ありません。

一時的にラインナップから消えているので定期的にチェックしておきましょう。

新型カローラクロスの最新値引き相場・限界額

カローラクロスの値引き相場・限界額

カローラクロスの最新値引き相場は以下のとおりとなります。

カローラクロスの値引き相場

  • 車両本体+オプション値引き:20万円
  • 値引き限界額:30万円
  • 本体価格:218万4000円~345万9000円

カローラクロスは良心価格でありながら値引きしやすいのも人気の理由といえます。

マイナーチェンジ後も比較的値引きはしやすく、オプション込みで20万円程度が相場となっています。

現時点で確認できる値引き限界額は30万円です。

きちんと交渉しなければ値引きが出ないケースもあり、準備して臨むことが大切でしょう。

トヨタ販売店同士で値引きする

カローラクロスの値引き

カローラクロスは、トヨタのディーラー同士で競合させることが基本です。

ご存知のとおり、2020年からトヨタではすべての店舗でどの車種でも購入が可能になりました。しかし、同じトヨタのディーラーといっても、それぞれ別の会社が運営するディーラーです。

  • トヨタ店
  • トヨペット店
  • ネッツ店
  • カローラ店

この中でもカローラ店はカローラの販売実績に優れ、庶民的な量販店といえるので値引きしやすい傾向があります。

同じ車種でも、すべてのディーラーが同じ金額で、サービスも同じということはありません。各社に特徴があり、ローンの金利やサービスの内容、また、車両価格からの値引きに違いが生まれます。

注意ポイント

東京など一部のエリアでは、トヨタモビリティ―として統合されており、ディーラー同士の値引きが困難となっています。
その場合は、ヴェゼル・エクストレイルなど人気のライバル車を引き合いに出しましょう。

ディーラー同士の競合のやり方

トヨタの販売店Aでカローラクロスの見積もりを取り、それを元に別のトヨタ販売店Bに行って交渉していきます。

見積もりは見せずに口頭で「トヨタの販売店Aでは~円の値引きが出た」と伝えれば問題ありません。

値引きを優先する場合は、複数のディーラーで競合させ、値引き額が大きいところに決めると良いでしょう。

新型カローラクロスの値引きポイント

カローラクロスの納期・値引き

カローラクロスの値引き交渉のポイントはシンプルに一つです。

それは車をすぐにでも購入したいという意思を示すこと。その上で、どこで買おうか迷っていることを伝えましょう。

「何となく見にきた」だけのお客さまより、「車を今日にも契約したい」というお客さまの方がディーラー側も歓迎します。

購入の意思を示すには、カローラクロスの契約に必要な書類や印鑑などを持参しているとを伝えればOKです。

カローラクロスを即決で購入するという姿勢を見せることで、値引き交渉の一押しになるでしょう。

ディーラーの担当者も人の子ですから、「あとほんの少しでも値引きしてくれれば、今この場で契約する」というお客さまに、値引きしてあげようという気持ちが働くもの。

このポイントだけ押さえて、複数の販売店をまわってみましょう。

カローラクロスを安く買うなら下取りアップを

カローラクロスの値引き

車の購入にかかる費用は、下取りする車の査定額と合わせて考えることが大切です。

仮に値引きが出なくても、下取り査定が高ければカローラクロスを安く買えます。

ディーラー下取りは安いため注意

ディーラー下取りはその性質上、どうしても安くなりがちです。

そのため、事前に買取業者から下取り相場を確認しておきましょう。

WEB上で無料査定ができるサービスでよく利用されるのが「ナビクル車査定」です。

ナビクルでは45秒以内のクイック査定があり、簡易相場もすぐに分かるためこの情報を押さえておきましょう。

無料で1分以内にできるため、早めに済ませておきましょう。

▼ナビクルの公式サイト

「買取専門店」と「ディーラー下取り」で良い条件の方に売るのが手堅いでしょう。

相場を確認後、あらためてこのページの続きをご確認ください。

カローラクロスのリセールバリューは良好

カローラクロスの納期・値引き

リセールバリュー

(4.0)

カローラクロスは非常に人気が高く、安定したリセールバリューが期待できます。

もし高リセールを重視するなら「ボディカラー」と「グレード」もチェックしておきましょう。

リセールバリューの高いカラー

  • 1位:プラチナホワイトパールマイカ
  • 2位:アティチュードブラックマイカ
  • 3位:スパークリングブラックパール

白と黒のリセールバリューがもっとも高く、リセールに殆ど差はありません。ブラックは2色ありますが好みで選んで問題ありません。

リセールバリューの高いグレード(HV・ガソリン共通)

  • 1位:Z
  • 2位:S
  • 3位:G

残価率の観点で見ていくと「Z」がもっとも値が落ちにくく、リセールバリューが高いでしょう。

中古車市場を見ても「Z」の流通量は突出し、売れ筋であることや最上級モデルで装備が充実していることからも高く売りやすいことがうかがえます。

便利なハンズフリーパワーバックドアがついているのもZグレードのみです。

カローラクロスの納期以外の欠点をチェック

カローラクロスの欠点・デメリット

購入してから後悔しないためにも、カローラクロスの代表的な欠点・デメリットを確認しておきましょう。

  1. 後部座席の足元空間が狭い
  2. 荷室の使い勝手が悪い
  3. 車格に対する燃費が悪い

後部座席の足元空間が狭い

カローラクロスの足元空間は、他のコンパクトSUVと比べて狭い部類に入ります。特に後部座席の足元スペースは、他のコンパクトSUVよりも拳1つ分は狭いため事前の確認が必要です。

カローラクロスはボディーサイズが大きく、横幅と高さにゆとりがありますが、足元空間は盲点になりやすいので注意して下さい。

荷室の使い勝手が悪い

荷室は充分なスペースを確保していますが、使い勝手はやや難があります。
後席を折りたたんで収納しようとすると大きな段差ができてしまうため、大きな荷物が収納しにくいのはもちろん車中泊もやりにくくなります。

なお、ディーラーオプションの「ラゲージアクティブボックス(28,050円)」を購入すればこの問題を解決することは可能です。

新型カローラクロスの納期・値引き情報まとめ

あらためてカローラクロスの納期・値引き情報をまとめると以下のとおりです。

ポイント

  • 最新納期目安は4~9ヶ月
  • 納期は遅れ気味
  • 値引き相場は20万円
  • リセールバリューは安定
  • 下取り価格には注意する

カローラクロスの納期はマイナーチェンジ後、遅れが出はじめています。

最新のマイナーチェンジでは大幅に進化し、かなりの人気が集まっている状況です。

値引きは引き出しやすく購入に最適な状況となっています。

人気により再び受注停止になる恐れもあるため、早めに契約し、じっくりと待つことがおすすめです。


関連記事はこちら

-カローラクロス, 自動車

© 2024 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5