SUV市場でナンバーワンの人気をほこる、トヨタ新型C-HRの口コミと評判をまとめました。

発売してから年数が経過しているため、最新の口コミを集めています。

メリットはもちろん、押さえておきたいデメリットまで厳選してご紹介していきます。

トヨタC-HRはデザインと燃費に評判が集まる

c-hr
(出典:http://toyota.jp/

トヨタ新型C-HRは、SUVに属する車です。その中でもコンパクトクロスオーバーというカテゴリーに分けられます。

基本的にはセダンなどの乗用車との共有のことで、SUVでありながら日常の走りに重視されていると言えるでしょう。

デザイン性の高さが評判を呼ぶ

クロスオーバーの顧客にはデザインを重視する人が多いこともあり、新型C-HRの特徴はデザイン性にあります。
ダイアモンドを意識したという引きしまったボディは、これ以上カッコいい車はないという声が出るほど多くの人を惹きつけています。

口コミ小

これ以上カッコイイクルマないんじゃないかと思うぐらい、かっちょえぇ〜!

燃費の良さも口コミで評判

車体のデザイン性だけでなく、C-HRの魅力は燃費にも現れています。

C-HRには、通常のモデルとハイブリットがあり、ハイブリットではエコカー減税の対象となるほどで、約30.2km/リットルというトップクラスの低燃費です。また、実燃費にも優れています。

ライバル車のヴェゼルが27.0km/Lであることを考えると、優位性があります。

トヨタ新型C-HRの口コミと評判

C-HR発売前から人気があり、SUV売上ナンバーワンを獲得しています。

そこで購入を考えている人も多いと思いますので、実際に購入された方や試乗した方の口コミをご紹介していきます。

C-HRの最新の口コミと評判を集めるために、ツイッター上のリアルな声をまとめました。

メリットもデメリットも厳選して掲載しています。

デザインを評価する口コミは非常に多い

口コミ小

今の車のデザインがダサいかと言われると、
単純な問題で、ボンネットの高さと車の全高のバランスが悪い。それだけ。
ボンネットが高すぎる。
だからヴェゼル、C-HR、CX-3、ジューク
全部カッコ重視ポジションで、売れてるでしょ?
バランスが合ってるもん。

今までのトヨタに無かったデザイン性が評価され、多くの人が惹かれています。

ヴェゼル・CX-3・ジュークといったデザイン性重視の車とも引けを取るどころか、リヤドアハンドルを縦ではなく横にするなど独自の個性も際立っています。

ツートンも含めると全16色のカラーライングもみどころといえるでしょう。
トヨタ新型C-HRでおすすめ人気色は?鉄板カラーはこれ!

後方の見にくさやラゲッジの狭さは難点

トヨタ嫌いの人を巻き込んでしまうほどの『カッコ良さ』を持つC-HR。

一方、コンパクトなため後方の見にくさ、ラゲッジの狭さはデメリットといわれます。

室内空間は心配するほど狭くないという口コミが多いものの、一部でコンパクトであるが故の弊害も見られます。

燃費と走行はトップクラス!パワーは物足りなさも

口コミ小

C-HR 踏んでも実燃費 24.6km/l オートクルーズコントロールでアクセル離しても追従するし乗り心地もこの価格帯(300万円)ではずば抜けて良い。買って後悔しない車。
ただパワーがないのでそれを求める方はやめた方がいい。

燃費、走行性能は文句なしという口コミが大半を占めました。
一方で、パワーの弱さを挙げる口コミも目立ちました。

乗り心地は文句なしで

乗り心地についてはプリウスがベースであり、さらに乗り心地が良いという評判が目立ちました。

『ショックアブソーバー』をザックス製に変更したことで、走行中のショック吸収率が高まり、深い満足感が得られる乗り心地が実現しています。

CHRのエンジン・パワーは平均水準クラス

CH-Rのエンジンは街乗りも意識された設計になっているため日常走りにピッタリですが、坂道や高速におけるパワー不足を不安視する声も見れれました。

加速感は水準クラスになりますが、街乗りでは必要以上の動力性能はあります。

パワーや動力を追求したい場合は、一応注意しておきましょう。

ハイブリッドに4WDなしが残念という口コミも

C-HRのハイブリッドには4WDがないことをデメリットに挙げる声も目立ちました。

雪道や未舗装路で重宝する4WDですが、1.2Lターボモデルのみの搭載となっています。

こうした選択肢の狭さはC-HRのデメリットです。

実際見ると驚くほどカッコいいという口コミが多い

口コミ小

トヨタ C-HR がほしい こないだ展示見て一目惚れ

インターネット上では賛否両論あるCH-Rの見た目ですが、実際に現地で見た人の声はほぼ称賛となっています。

一見すると個性的なので、批判的な目もありますが、そのカッコよさは本物です。

特に生で見た人の声は、今までの口コミよりも興奮を隠せないほど熱いものもありました。

実際に見ると、その魅力が何倍にもなるのがC-HRの特徴といえます。

トヨタと気づかない人も?

口コミでは車体だけを見た人は、輸入車だと勘違いする人も多いようです。

それだけ今までと違ったデザイン性を取り入れた新型C-HRは、予想通りトヨタ嫌いまでも魅了してしまったと言えるでしょう。

細かい点が気にならないほど、生の魅力を持つのがC-HRが支持を集める理由です。

C-HRを試乗して共通したデメリットは

試乗に行った方も多いようです。期待があっただけに楽しみにされていた方の中で多い不満の声は共通していました。

後方が見にくいという声が多数あり

コンパクトクロスオーバーSUVということで、走りも運転のしやすさも好評のようですが共通して聞くのが後方の見にくさです。

デザインが個性的なだけに、窓の形も小さめに作られています。
デザイン性を重視した結果、乗り手にとってデメリットが生じる部分は確かに存在しています。

ただ、意外にも後方視界以外では、口ココミによるデメリットは限定的です。

少し高めの価格設定でもメリットは大きい

口コミ小

この価格帯(300万円)ではずば抜けて良い。買って後悔しない車。ただパワーがないのでそれを求める方はやめた方がいい。

デザイン性と低燃費で人気は高いですが、購入に踏み出せない理由の1つとして価格があるようです。ただ、質を考えればずば満足感を感じる声も目立ちました。

ハイブリット購入は300万近くかかるため、値引き情報も押さえておくとよいでしょう。
トヨタ新型C-HR(CHR)の値引き情報

購入して良かったという口コミがほとんど

口コミ小

納車して1週間目、頑張って200km走りました。
快適ですねー(^^)

C-HRのメリット・デメリットを挙げてきましたが、購入された方の口コミは良好です。

「買って良かった」という声が殆どを占めていました。

実際には大きな不満のないクルマと言えるでしょう。

C-HRで新しい出会いや日常が生まれる

毎日のように車に乗る人にとって車は相棒のような存在です。

口コミにもあるように、新しい出会いとして日常を共にする人も多くいます。

CH-Rを通じてオフ会や新たな出会いが増えた方も多いようでした。

C-HRは安全性に対する評判も非常に高い

最後に、クルマはカッコよくて楽しく走れたら良いというわけではありません。

新型C-HRはトヨタらしく安全性が徹底され、衝突テストで最高評価を獲得しています。

もしもの時を考えた上で安全に乗れるところも高いポイントになります。。

トヨタ新型C-HRの口コミと評判のまとめ

改めて、C-HRの口コミと評判を厳選してまとめると以下の通りになります。
メリット、デメリット共に洗い出しておきます。

CHRのメリット・デメリットまとめ

  • デザインが国内トップクラスに格好いい。
  • これまでのトヨタにはない個性的な外観。
  • 燃費、実燃費共にトップクラス。
  • 日常における走り心地は最高クラス。
  • 安全性が高い。
  • コンパクトなため後方が見にくい。
  • ラゲッジスペースが狭い。
  • ハイブリッド車に4WDがない。

試乗が始まってからは後ろが見にくいという声が目立ちましたが、実際の購入者の口コミではそのような不満の声は見られません。

購入者の満足度が高い車であることは間違いないでしょう。

洗練されたデザイン性と安全性、運転の楽しさだけでなく低燃費まで兼ね備えています。
オーナーに多くの喜びや価値を提供してくれることでしょう。

トヨタC-HRの最新の割引き情報はこちら!

トヨタC-HRの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

C-HRの割引にはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

くわしくは下記の記事を見ておけば、誰でもにできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
トヨタ新型C-HR(CHR)の値引き情報

 

スポンサーリンク