Pocket

新型CH-Rの値引き情報

こんにちは。ぎぶさん(@give333)です!

SUV市場で最も注目を集めるトヨタC-HR(CHR)の値引き情報をまとめました。

最新の値引き相場から限界額・競合車・値引きのコツまで解説しています。

なおSUV市場は競争が激しく、新型CHRの値引きは軟化傾向にあります。

損をしないための情報も掲載していますので、ぜひ最後までご確認ください。

トヨタ新型C-HRの最新値引き相場

chrの値引き

トヨタC-HRは、新しい車種でかつ、人気No.1のコンパクトクロスオーバーSUVですので大幅な値引きは期待できませんが、安定した値引きは可能な状況です。

値引き相場は偏りがないように、月間自家用車・価格.com・みんカラ・口コミ・現地調査の平均値で算出しています。

最新値引き相場

  • 車体本体値引き:10万~20万
  • オプション値引き:5万~10万
  • 車体+オプション:15万~30万

最も多い値引きゾーンは車両本体で10万円~20万円、オプションで5万円~10万円です。
車両本体、オプション合わせると15万円~30万円が値引きの相場となります。

値引きの幅があるのは、それだけ交渉次第によるところが大きいからと言えます。

本体価格から値引きはしにくい分、オプション値引きはしやすいのも特徴。

必要なオプションがある場合は積極的に値引き交渉をしましょう。

ぎぶさんぎぶさん

値引き額は大きめですが、交渉次第で大きく上下する傾向があります。
何としても成功させましょう。

値引き目標額

  • 値引き目標額:20万~25万(本体+オプション)

平均相場の中間点である20万~25万円程度であれば上出来です。

値引き限界額

  • 値引き限界額:35万(本体+オプション)

車体本体の最大は20万円、オプションは15万円が一つの限界値となります。

これ以上の事例も多くありますが、あくまで例外となります。

3月・9月の決算期や7月・12月のボーナス商戦などの時期を狙うこともおすすめです。

新型C-HRを値引き交渉する上での競合車

CHRの競合車

トヨタC-HRはコンパクトSUVであり、類似車に日産エクトレイル・フォレスター・ヴェゼル・CX-3が該当します。

SUV市場は競争が激しく、その分だけ値引きしやすい状況にあります。

ゆえにライバル車について精通しておくことは、確実に値引きに有利に働きます。

ここではこれらの競合車について、トヨタC-HRにはない強みをご紹介します。
C-HRと競合車で迷っていることがディーラーに伝われば、交渉もスムーズにいきます。

自分が気になるライバル車の強みを押さえ、値引き交渉をしましょう。

ホンダ新型ヴェゼル

燃費と価格で考えた場合に、C-HRよりもコストパフォーマンスが高い車です。

ホンダのVEZELは、、燃費が20.6km/L(ガソリン車の場合)と、他のガソリン車よりも高い燃費性能を有しています。また価格も割安感があるのが特徴。

C-HRの明確なライバル車であるため、競合車として最適です。

日産エクストレイル

日産のX-TRAILは、トヨタC-HR(ハイブリッド、ガソリン車)より高出力な自動車です。
アウトドアに最適で水や汚れに強く、山道や雪道はC-HRより優れています。

燃費性でみても、ガソリン車であれば日産のX-TRAILの方が若干良いと言うことができます。

総合力にも優れ、CH-Rの競合車に最適です。

スバル新型フォレスター

フォレスターは抜群の走行性能を誇り、アイサイトを始めとする安全性のも優れています。
走行性能や、先進的な安全装備はCH-Rよりも優れていると言えます。

マツダ新型CX-3

マツダCX-3に関しては走行性能、燃費の二つの面でトヨタC-HRを上回っています。

ただし、価格でトヨタC-HRを上回っていますので当然と言えば当然。
C-HRより価格が高いので、競合車としては使いにくい部分もあるかもしれません。

新型C-HRの値引き交渉のポイント

トヨタ新型C-HRの値引き交渉のポイント

トヨタのC-HRは、2017年に発売された車種ではありますが、年数も経過してきていますので値引きはしやすくなっています。

とはいえ、人気SUVですので過度な期待は禁物です。

最悪、他社のラインナップと比較してもなかなか思った通りの値引き額を引き出すことができない場合も想定しておきましょう。

基本は前述したライバル車を引き合いに出し、競合をさせて値引きを進めて問題ありませんが、別の値引き方法も用意しておくと万全です。

競合車との値引きが上手くいかない時のコツ

値引きが上手くいかない時のコツ

もし思った通りの値引きが難しいような場合はどのようにすればよいでしょうか。
ここでは、更なるトヨタのディーラーとの値引き交渉の方法をご紹介します。

トヨタのディーラーの対抗相手は別のトヨタのディーラー

トヨタのC-HRの場合、「日産のX-TRAILだと〇〇万円の値引きを受けることができた」という交渉する場合、絶対に上手くいくという保証はありません。

なぜなら、トヨタは自社のブランドとC-HRは人気があり、他社の自動車よりも売れるという自信があるからです。

しかし、対抗相手が同じトヨタのC-HRであればどうでしょうか?

例えば、A店とB店で同じようにC-HRの見積もりを出してもらい、こっちだとこれだけ値引きしてもらったと交渉すれば、更なる値引きに応じてもらえることがあります。

特に、そのトヨタが別の系列店の場合、多少なりとも売り上げの取り合いがありますので、交渉が成功する可能性が高くなります。

別系列かどうかはホームページの会社情報を確認し、名称が異なれば違う系列となります。

本体の次はオプションで

オプション値引き

ディーラー同士で車両価格の値引きを引き出した後は、オプションの値引き交渉を行います。

特にディーラーオプションは、ディーラーの裁量によって大きく値引きできる場合があるため、思った以上のオプション値引きが受けられます。

必ず押さえるべき点としては、最初の段階でオプション値引き交渉はしないこと。

最初に言ってしまうと本体価格に織り込まれてしまいますので、本体の値引き交渉が終わったタイミングでオプション値引きを打診しましょう。

C-HRを値引きする際の注意点

少しでも無理を言って値引きを引き出したいところですが、行き過ぎた値引き交渉を行ってしまうと、今後のディーラーとの付き合いに影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、納得できる値引き額を事前に想定しておき、それを超える値引きを受けられた場合は手を引くのがおすすめです。

ディーラー下取り価格で損をしない方法は?

最後に、値引きと共に重要なディーラー下取りについて注意点をまとめておきます。

ディーラー下取りに関しては、何もしなければ安く見積もられて損をすることがありえます。

そのため、車の購入を検討している方は、必ず自分の車の見積もり価格を用意して下さい。

WEBでできる一括無料見積もりとしては「

かんたん車査定ガイド」が代表的ですが、数分でデータが取れるので必ず利用しておきましょう。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

ディーラー下取りをお願する場合は、この見積もりデータを事前に把握しておけば大きく損をすることはありません。

車の価値が落ちる前に、真っ先に無料で査定しておきましょう。

ぎぶさんぎぶさん

下取りアップは値引きと同じくらい大切です。絶対におろそかにしないようにしましょう。

新型CHRのリセールバリューをチェック!

値引きの準備が済んだら、最後にCHRのリセールバリューを確認しておきましょう。

車は資産価値がありますので、リセールバリュー(売値)が高いカラーやグレードを選んでおくとお得といえます。

以下では、リセールバリューの高い色とグレードをご紹介します。

リセールバリューが高い色ランキング

  • ホワイトパールクリスタルシャイン(白)
  • ブラックマイカ(黒)
  • メタルストリームメタリック(シルバー)
  • ラディアント・グリーン・メタリック(緑)

人気色とリセールバリューは一致しています。

CH-Rは見た目の形状が凝っている分、シンプルなカラーが好まれる傾向にあります。

原則的にはホワイト・ブラック・シルバーの定番色が高リセールが期待できます。

その他では、公式サイトで頻繁に登場するグリーンもおすすめです。

リセールバリューが高いグレードランキング

  • 1位 CH-R G-T(2WD)
  • 2位 CH-R G(2WD)
  • 3位 CH-R S-T(2WD)
  • 4位 CH-R G-T(4WD)
  • 5位 CH-R   S(2WD)

新型トヨタCH-Rのグレード展開は比較的シンプルです。

エンジンは1.2Lの直噴ターボエンジンと1.8L+モーターのハイブリッド仕様の2種類、直噴ターボには4WDも用意されています。

ターボとハイブリッドを比較すると車体価格差が約32万円安く、走りも活発なターボ(グレード名に「T」が付く)の方が人気も高く、リセールバリューの面でも有利です。

グレードではターボ、ハイブリッドともにベーシックなSと上級グレードのGの2種類です。

販売ではGが中心となっていますが、これはGのみブラインドスポットモニターとクリアランスソナー&バックモニターが標準装備されていることも大きいです。

CH-Rはデザインを優先させたためか、窓ガラスの面積が小さく、特に後方の視界があまりよくありません。当初はSを購入するつもりで、実際に試乗してGに切り替えたというパターンも多いのでしょう。

CH-RはSUVですが、価格が約20万円も高くなることもあって4WDにはさほどリセールバリューの点では特にプラスになっていません。

ユーザー側ではSUVというよりも、新種のクーペとしてとらえているようで、口コミサイトではエアロパーツが付いている方が下取り価格が高くなる、という報告もありました。

値引きをする前にCH-Rの価格を確認

toyota-chr 2


(出典:http://toyota.jp/

最後に、トヨタのC-HRを購入される方にとって、購入を決めるポイントの1つとして「価格」があるかと思います。しかし、C-HRの価格がどの程度なのかを知っておかなければ、値引きが高いか安いか判断することができません。

そのため、最初にC-HRのメーカー希望小売価格をグレードごとに押さえておきましょう。

 グレード 駆動  価格(税込)  燃費
 G“Mode-Nero” 2WD  2,979,200円  30.2km/L
 G-T“Mode-Nero” 2WD/4WD  2,655,200円  15.4〜16.4km/L
 G“Mode-Bruno” 2WD  2,979,200円  30.2km/L
 G-T“Mode-Bruno” 2WD/4WD  2,655,200円  15.4〜16.4km/L
 G 2WD  2,929,200円  30.2km/L
 G-T 2WD/4WD  2,605,200円  15.4〜16.4km/L
 S“LED Package” 2WD  2,670,000円  30.2km/L
 S-T“LED Package” 2WD/4WD  2,346,000円  15.4〜16.4km/L
 S 2WD  2,614,000円  30.2km/L
 S-T 2WD/4WD  2,290,000円  15.4〜16.4km/L
スポンサーリンク