中古車 自動車

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか?

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

高級ブランドの車に乗りたいけれど、新車で購入する余裕がない人はいると思います。

そんな時には、中古車に乗るという方法がおすすめです。

中でもアウディは、中古なら購入しやすいブランドとしてよく知られています。

今回はアウディの中古が安い理由に加え、購入した場合のポイントまでご紹介します。

アウディの中古車をお得に買う方法もご紹介しているので最後までご確認ください。

中古のアウディが安い理由は5つ

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

中古車は車種ごとに、価格変動の傾向がことなります。

中古になっても値が崩れにくい車種もあれば、アウディのように中古になると安くて買いやすくなる車種もあります。

それをふまえて、アウディの中古車が安い理由は大きく5つあります。

ポイント

  1. 価格の下落率が大きい
  2. 信頼性が国産車より弱い
  3. 維持費がかかる
  4. オーナーが手放しやすい
  5. 車のラインナップが豊富

1.価格下落率が大きい

アウディの中古車相場を見ると、2年から3年落ち程度では、価格の下落率は国産車と大きな違いはありません。
車種やグレード、状態によって下落率は異なるものの、おおむね30%前後といえるでしょう。

しかし、アウディは年式が古くなればなるほど下落率が大きい傾向が見られます。

例えば7年落ちの中古車価格を見ると、国産車の下落率は50%程度。しかし、アウディの下落率は国産車の平均よりもはるかに大きな75%というケースも珍しくありません。

もちろん、全ての7年落ち中古アウディが新車の75%程度の査定になるというわけではありません。
同じ車種でも下落率が10%程度というものもあります。

アウディは年式が古くなるほど下落率が高まる傾向にあり、リーズナブルにアウディに乗りたいというユーザーは、年式が古めのものを探すのがおすすめです。

品質は問題なくても、古いだけで安くなっているアウディは狙い目です。

2.信頼性が国産車より弱い

車の信頼性は、中古車の査定に大きく関わります。
この信頼性は、不具合や故障などがどれだけ起こりやすいかという点でユーザーは判断しています。

そして中古車になると、メーカーへの信頼性が値崩れという形で顕著になり始めます。

国産車は、世界的にも信頼性が高い日本のメーカーが製造しています。
国産車が値崩れしにくいのは、メーカーに対する信頼性が高い証といえるでしょう。

アウディは、ドイツ車です。ブランド力はあっても信頼性は国産車ほど高くはありません。

不具合や故障が起こる頻度を踏まえると、年式が古いアウディの評価は下がりやすくなってしまいます。

ただ、ブランド価値やステータスなどは国産車を大きく上回ります。

3.維持費・メンテナンス代がかかる

中古になればなるほどアウディが安くなる理由の一つに、維持費が高くつくというものがあります。

どんな車種でも、年式が古くなるとパーツごとの摩耗や寿命によって交換作業が必用となることは多いもの。

不具合や故障の頻度が大きければ、それは修理費やメンテナンス費が多くなるということです。

国産車と比べると、前述のとおりアウディは故障や不具合が起こるリスクは若干高いことで買い手がつきにくいと言えます。

4.オーナーが手放しやすい

アウディはドイツメーカーのため、故障や不具合が起こった場合に必要となるパーツは、国産車よりも3割から5割程度割高です。その度にディーラーへ持ち込み、工賃も加わります。

こうした事態が頻繁に起こると、オーナーはどうしても手放してしまいがちです。

また、アウディは技術の進化が早く新しいモデルが出るため、オーナーが買い替えにより手放すこともあります。

結果的に、アウディの中古車が増えて、相場が落ち込みやすい傾向にあります。

5.車のラインナップが豊富

中古市場にはさまざまなアウディが流通していますが、中には「年式が古いもの」や「走行距離が長い」ものなども数多く存在します。

さらに同じ年式であっても、車種によって価格が安いものがあります。

輸入車の中でもラインナップが豊富で、特に安いアウディが全体の中古価格を押し下げている面もあるでしょう。

アウディの中古はやめた方がいい?

アウディの中古はやめた方がいい

アウディの中古はやめた方がいいということはありません。

一般的に故障しやすいといわれますが、それ自体にハッキリとした根拠はありません。

アウディに限らず外車が壊れやすいと思われてしまうのは国土に起因します。

そもそも日本の国土は入り組んでいてストップ&ゴーの多い交通事情であるため、外車にとってはハードな環境にあります。

そのため消耗品の交換頻度が高くなりやすく、故障しやすいと思われがちです。

しかし、そもそもアウディの品質自体には問題はありません。

むしろ以下の点さえ踏まえれば中古もおすすめです。

  • 保証がしっかりしている
  • 10年落ち以上は選ばない
  • 並行輸入車は選ばない

上記のポイントを押えておけば、買って後悔することは避けられるでしょう。

アウディの中古車をさらにお得に買う方法!

アウディの中古車は安く買いやすいといえます。

しかし、インターネットで得られる中古車の情報は30%ほどで、残りの70%はプロ向けの非公開情報といわれます。

一般公開されている情報は、手あかがついていることが多く注意が必要。

個人の方でも「ズバブーン車販売」を利用すれば、中古車のプロ向け情報にアクセスでき、状態の良い中古アウディを紹介してもらえる可能性があります。

なるべく表に出ていない鮮度の高い情報を入手するようにしましょう。

中古アウディを買うのであれば、一般公開されている情報ではなく、まずは非公開車を探されることをおすすめします。
>> ズバブーン車販売の公式サイトを見る

中古アウディのグレード(車種)ごとの相場

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

アウディでは複数のグレードがラインナップされています。

実際に購入する上では、グレードごとに価格下落率と相場も異なります。

結論としては「A1」と「A3」は、中古で安い傾向が見られ、アウディを安く買いたい時に狙い目です。

以下、アウディで代表的な人気グレードの特徴と中古相場をご紹介します。

アウディはさまざまなグレードがあるので、迷った時は参考にしてください。

人気グレード

  • TT
  • A4
  • A1
  • A3
  • A8

スポーツタイプで人気の「TT」

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

アウディの中でも、スポーツクーペとして人気のTTは、高級車という風格を持ちながらもコンパクトなサイズが大きな特徴です。

美しい流線型で丸みを帯びたシルエットは、男性ユーザーだけでなく女性ユーザーからも高い人気があります。

アウディTTは、人気が高い車種のため3年落ちで、中古車の価格下落率は30%前後です。

アウディTTに関しては、価格下落率は国産車と同じと言えます。
もしもTTをよりお得に購入したい人は、3年落ちよりも古い年式のTTを探すという方法がおすすめです。

ミドルクラスのセダン「A4」

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

アウディの中で売れ筋モデルとして人気のA4は、ミドルクラスのセダンです。

見た目は、アウディらしい美しい流線型を感じさせながらも、ドッシリ落ち着いた風格を持ち合わせており、男性ユーザーから高い人気があります。

アウディA4を新車購入すると、価格は450万円から870万円程度です。価格帯が全体的に高めという点で、国内台数はそれほど多くはありません。

3年落ちのA4の価格下落率は30%前後となります。
ただし、状態やグレードによって25%程度しか値崩れしないケースもあれば、35%程度になることもあります。

アウディのエントリーモデル「A1」

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

アウディの中ではエントリーモデルとして位置づけられているA1は、他の車種と比べるとコンパクトでリーズナブルです。

新車価格は250万円から440万程度に設定されていて、多くの人にとっては比較的手が届きやすい車種と言えるでしょう。

A1は、日本国内でも多く普及している人気車種です。
そのため、中古車の価格下落率は年式に限らず全般的に高めとなっています。

2年落ちや3年落ち程度なら、価格下落率は30%程度ですが、7年落ちになると下落率70%超となってしまいます。

もしもアウディをお得な価格で購入したい人は、A1の年式が古めのものは狙い目といえます。
古くなれば古くなるほど、お得感はビッグになるでしょう。

コンパクトな売れ筋「A3」

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

アウディA3は、国産車で言うなら「カローラ」ぐらいの位置づけです。

コンパクトなハッチバックスタイルで、新車価格も他の車種と比べてリーズナブルです。
A3の大きな特徴は、プラットフォームをフォルクスワーゲン(VW)の人気車種ゴルフと共有しているという点です。

A3の新車価格は、300万円~625万円程度。
価格下落率は35%~55%程度で、国産車よりも高めとなっています。

コンパクトで小回りの利くアウディが欲しい人は、A3の年式が古いものを見つけると、意外なほどリーズナブルに購入できるかもしれません。

アウディのフラッグシップ「A8」

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

アウディの中でも最高級セダンとして人気のA8は、メーカーのフラッグシップにもなっている車種です。

最高級と呼ぶにふさわしい高級感とクオリティを誇り、新車価格も期待を裏切らない1,130万円~2,240万円程度と強気です。
この価格は、日本で人気のBMWやメルセデスと肩を並べるレベルですが、年式がそれほど古くなければ下落率は10%~15%程度でそれほど値崩れしません。

しかし5年落ちより古くなると、価格下落率は75%程度となり、国産高級車よりも高めとなります。

もしも高級セダンをリーズナブルに購入したい人は、年式が古めを狙うと良いでしょう。

アウディを購入した場合の経費

アウディの中古車が安い理由!なぜ安いのか

アウディを中古車で購入した場合、メンテナンスや税金などの維持費はどのぐらいかかるのでしょうか?

外車だから割高になってしまうのは心配、という人もいると思いますが国産車と大きく変わりません。

車検や税金は国産車と同じ

車検や税金は、国産車でも外車でもかかる維持費です。

しかし、高級車メーカーだからといって車検が高くなったり、税金が高くなることはありません。
その理由は、車検も税金も、自動車の排気量によって決められるため。

アウディは、コンパクトなサイズの車種から大型セダンまで複数がラインナップされています。
車検や税金を安く抑えたい人は、アウディの中でもコンパクトなモデルを選ぶことをおすすめします。

ガソリン代はハイオク

ガソリン代に関しては、アウディはすべての車種がハイオク仕様となっています。
そのため、国産車と比較するとガソリン代は少し高くなります。

ただ、コンパクトタイプを選べばそれほどかかることはありません。

整備工場が見つかれば安い

アウディはドイツメーカーのため、修理や整備に必要となるパーツは、全てドイツから輸入することになります。

ただ、近年ではディーラーだけでなく、一般的な整備工場などでもアウディに対応できるところが増えています。
そういったところを見つければ、修理や整備の費用はリーズナブルです。

状態のよいものを買えば、そこまで維持費を心配することはありません。

アウディの中古が安い理由まとめ!なぜ安い?

アウディの中古が安い理由とおすすめな理由

ここまでアウディの中古車がなぜ安いのか?くわしくご紹介してきました。

アウディが安い理由をまとめると以下の通りです。

ポイント

  • 価格の下落率が大きい
  • 信頼性が国産車より弱い
  • 維持費がかかりやすい
  • オーナーが手放しやすい
  • 車のラインナップが豊富

アウディの品質そのものに問題はありませんので、中古は狙い目です。

気になる維持費もコンパクトタイプを選べば、それほど心配はありません。

裏を返せば、状態の良い中古のアウディが見つかれば、お得に高級車に乗れます。

なるべく保証つきものを選び、アウディ対応の整備工場があることを事前に確認はしておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎぶさんの車購入ガイド

自動車関連会社で仕事をしていた経験を持ち、日本車に精通しています。車のニュース・購入・売却・カーリースまであらゆる情報を中立視点で解説しています。

-中古車, 自動車

© 2023 ぎぶさんの車購入ガイド Powered by AFFINGER5